服が人生

お洒落というより服が好きなだけの服好き。
人生の楽しみが服しかないというイタいヒト。
服浪費によって人生を破壊し続ける人生をひたすら下る。
チビ童顔地味顔上半身は幼児体型下半身はどすこい体型。
なのに今日もまた服を求める。


テーマ:
あれー?まただ・・
何か、私の使い方が悪いのか、写真を投稿すると
ときどき、画面がなくなる。
で、書き直し・・

なぜー?

Mac、やっぱりよくわからない・・

で、トラマンド。

セールで買ったスカートとシャツの拡大



服が人生
服が人生


で、昔買ったタンク。写真が歪んでしまってすみません。これ裏表いけます。
ところどころ破れていますが、それがまたいい味。まったくもってシワには無縁v
何でも合います、意外にも。これもセール。




服が人生


で、スカートのコーデ編・・・


・・・・・・・・?!

画像が保存されていないー!!!!!!!ヽ((◎д◎ ))ゝ



なんか、最近、こういうのが多すぎ。

辛うじてあったのが、これ



服が人生


着ているのはジュンヤの革ジャケ???コート???
ものすごーくカッコいいです。半端なく。
これは・・・

一生手元におく!!!!


で、NG編はしっかりと保存されていました・・

ジャケ:シャネル
シャツ:ジュンヤ

どうも、コットン素材とは相性が悪いみたいです。
何かしっくりこない・・
柔らかい素材のシャネルジャケとも。
革との相性がいいですね。
バレンシアガのバイカーとも、これまたかなり相性良かったです!
チビでもOKなクールになりました。写真消えたけど・・・





服が人生


今日は楽しい日でしたー

でもって、変態全開してしまいました・・・

いや、可愛いもの、弱いのです・・・
めろめろになります・・

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
着物というより、たぶん、そっちの方にハマると言われた帯。
帯というか、その生地というか、糸に何か、もう着るというよりも
見るだけで幸せな気分になり、それから、このすんばらしい子たちが

存亡の危機

いや、実滅危惧種に指定されてもいいんじゃないかって現状に
話には聞いていたけれど、着物着ていないのに、何一つ偉そうな
ことを言う資格などないとわかっていても・・・

それでも・・


これ、やばいくないですかー!!


業界では、10年後、有松絞りが消えてしまうかも知れないと囁かれているとかー!

大島で頑張っていた染め職人さんが、あまりの貧困さに廃業、介護士になって
しまったー!とか。


着物レポのはずが、何か、違う方向で始まってすみません。


なぜ絶滅危惧種とか叫んだかといえば、

蚕・・_

元は蚕多いから!

栗繭で出来た帯とか!
健気に糸を紡ぐんでくれる蚕は2000種類はいるとか!

もちろん着物のためだけに蚕がいるわけではないのですが、
でも、国内の蚕が滅ぼうとしている!!ってことで
絶滅危惧種ではないの?

いえ、真剣な話。


例えば、京都では最盛期3万軒あった養蚕農家さんが、今は・・4・・4軒って・・・・(°д°;)


今回、案内して下さったお友達は、とても博識な方で、
店員さんが難しい説明をすると、とてもわかりやすくフォロー入れて
説明してくれました。
でも頭悪いので、覚えられない・・

生地って奥深い・・_

この帯には、ぜんまい、ほら、この茶色はぜんまいvが使われているvとか。
食べるあの薇です。

この帯は和紙が使ってあるvとか

竹の繊維を煮込んだものを使っているのv

とか・・・


???

どんな世界????


他にも、何か、すごいものを聞いた気がするのですが
覚えきれませんでした・・・

日本の繊維、すごすぎる・・・!!


なのに、絶滅危惧種!!


会場内で、ワンコインでなだ万のお弁当を食べながら
思わず、この危機的状況をどうすればよいのか、
着物素敵ーvな話をするはずが、このすんばらいし技術を
ぜひ世界の人にも知ってもらいたい!
富士山のように、一般の人にも、浮世絵だけではなく
着物というか、生地を知ってもらいたい!
とか・・・

私は着物を愛用をしていないので、守るとか、存続させるため・・・とか
言えません。
でも、この素晴らしい生地たちを、もっと世界の人に見てもらいたいと
思いました。

かえって素人の方が、頭柔らかいし、手段を選ばないので、
そういった人たちにアイデアを出してもらうのも手かも知れません。

さっきテレビつけたら、きゃりーぱみゅぱみゅがうつっていて
よく見たら、ワンピの生地なんですが、帯つけて着物ワンピにして
いるんですよね。これを絞りの生地で着てもらうとか。
今日見たしぼり、これ、しぼりなの?!というぐらい、見た目はわからない、
でも、絞りだからの生地感が素晴らしくて、THE着物!にならないです。
伝統を捨ててまで生地を守ることはない、とたぶん、本当に好きな方からしたら
中森明菜のデザイア(わかる方は同年代ですね・・・は邪道!!と拒絶感満載でしょうが、
職人さんたちが生活できないような産業は滅びます。後継者はできません。

これだけ凝ったものがこの価格で売買されて、やれるわけがないと思ったら
やっぱりな職人さんたちの大変な状況で・・
店員さんも、お友達も、職人さんたちのプライドと根性だけで
作られている・・でも、もうどなたもご高齢で、これだけのものを
作れる人がいなくなる・・と憂いてました。

長くなってきましたね、また。


んで、まず最初に考えることは

A:伝統が守られないのであれば、滅んでもいい

B:消えてしまえば意味がない。どんな形でもいい、残したい


こっからでしょうね。

残すためにBを選択した場合

まず、着物そのものは、残念ながら忙しい現代人の服、としては
かなり向かない。なので、着物として広めるのは難しい。
そこで、ここでまた軽く二つのパターンにわける

①生地として世界、日本に広め、あらゆる用途で使ってもらうことで残す
②自由な着方、簡単に着られる着方、これまでの着物ではなく、
 元は着物、ということで広める。

海外ハイブランドに売り込む手もあるのでしょうが、現実的に
大量生産が出来ないという致命的欠点があるので、
ブルジョワ向けと、庶民向けのものでわける。
まず知ってもらう。
そのために、国も漫画だけじゃなくて、着物もぜしクールジャパンとして
もっと具体的に、せめて税制面で優遇をする。
職人さんたちに、海外で言うならソムリエとかなんちゃらとか(え)ちゃんとした
地位を作って、憧れ職業の地位を確立させる。←友人案

で・・


あ、これ、書き出したら長くなるわー。
止めよう(え

ただ、やみくもに、きゃりーみたいに崩して残す、のではなく
美術教育として、中学校でぜひ、着付けを習わせて欲しいです←これも友人案
右翼的でもなければ愛国心的でもないと思います。
これは日本の伝統として、柔道を授業で取り入れるのなら
着付けもあったもいいと思うのです。
着物が何で一般的に駄目かって、

まず着ることができない、これ、致命的。

あと、動き辛い、高い、そろえるものが多すぎる、着ていく場所がないなど。

学校で着付けを習って、中には、あ、大人になったら着物で旅行したい、とか、
食事に行きたい、とか、まずは浴衣着てみたい、とか・・
この授業がきっかけで、着物に目覚める子が、クラスに1人ぐらいは
現れると思うのです。
大人になってから、ふと思い出して、着ようと思う人もいると思います。


もし私が中学生のとき、着付けの授業があったら
たぶん、着物に対する気持ちが変わっていたと思います

でも、どーせ日教組が、あれこれ、着物業界だけ繁栄させるのは
違うとか、色々と理由つけて認めないでしょうね。

と、着物レポじゃなくてすみません。


試着はしましたv

思ったより違和感なかったし、センスをすごく要求されるものなので
真剣勝負?できて、楽しかったです。
奥深すぎるー
そして学ぶことが多すぎて・・・

はー・・・

すんばらしかった・・・・(〃∇〃)

この歳まで、まるで興味を持たなかった己の未熟さに唖然としました。
も、お恥ずかしい。本当に。

日本の伝統を知らず、海外ブランド云々語るのは滑稽だなーとかさえ
思ってしまいました・・・

ああ、無知って恥ずかしー・・

ところで・・・・
約束通り?


買いませんでしたので!


さすがに、着ることもできないし、必要なもの持っていないし
何より、こんな無知な状態で何を選べというの。
職人さんが、何も知らないで着られるのは嫌だ、とはっきり(笑)
おっしゃいました。
知っている人に着て欲しい、と。

まー、そこは、上に書いた、伝統という、難しい壁というかプライドというか・・
立ちはだかるわけですね。
難しい問題だと思います。それがあるからこそ、保っていられたわけですからね。
着物だけに限った問題ではないのですが。



ということで、トラマンド続きはまた今度。





AD
いいね!(0)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぎゃ!
写真投稿したら、なぜか書いたブログが消えたー!!!

時間がないー!!

トラマンド。アルゼンチンのデザイナーさんでアルゼンチン製にこだわる、
デザイナーというより、アーティストが作る服という感じです
なので糸をあまり使いません
主にポリウレタンです。
かなり個性的です
春夏向きで秋冬は向いていません。
かさばらないし、シワになりませんので、旅行とかに使えます。

とりあえず、今日は先日のプレセールで買った服の写真だけ

また明日ー!

明日は朝から出かけて着物見に行ってきまーす


見るだけですから!!!



服が人生
服が人生
AD
いいね!(0)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。