女子プロレス専門誌
「LADYS RING」公式サイト
女子プロレス専門誌「レディースリング」

オフィシャルFACEBOOK
Ringstars

リングスターズ
オフィシャルサイト
リングスターズオフィシャルサイト
「リングスターズ」発売中!
RingStars Vol.14 リングスターズVol.14
RingStars Vol.12 リングスターズVol.12
RingStars Vol.11 リングスターズVol.11
「LADYS RING」発売中!
LADYS RING Vol.7 LADYS RING








Yozawa-tsubasa.net

Yozawa-tsubasa.net

2011-04-15 19:00:00

【結果】ビギニング4・15新宿

テーマ:★団体外ほか(女子)
『Beginning』
◆4月15日(金)東京・新宿FACE(19:00)
観衆未発表
 
▼20分1本勝負
 チェリー(8分32秒/チェリトーンボム→片エビ固め)中森華子
▼キックルールエキシビションマッチ2分2ラウンド
 いつか(時間切れ引き分け)吉田実代
▼30分1本勝負
 山縣優&Leon(11分18秒/同期(変形デスバレーボム)→体固め)Ray&バンビ
▼ボクシングエキシビションマッチ2分3ラウンド
 高橋ナオト(時間切れ引き分け)コウジ有沢
▼市井舞引退試合
 華名(14分6秒/バズソーキック→体固め)市井舞
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』-Beginning4・15新宿  試合前にデビュー戦やしなしさとこ戦など、市井の7年間を振り返る映像が流れ、華名、市井の順で入場。一周してからリングに上がった市井は、いつものポーズを「よっしゃー!」と決めた。
 
 グラウンドの攻防から試合開始。バチバチした展開の中でも、ヒジを立てたり、噛みついたりと、市井らしいやんちゃっぷりも見せる。コーナーに振られると、駆け上がってクロスボディアータック。さらに彗星キックも決める。蹴りの攻防から市井が二段蹴り。三角飛びプランチャと畳み掛け、客席の中でも蹴りを放っていく。リングにも戻ってからミサイルキックを見舞ったが、2発目はスタナーに切り返される。それでも二段式ハイキック、ミドルキック、ローキック、サッカーボールキックと攻め続けた市井だが、ジャーマンで投げ捨ると、ヒザ立ちでエルボーを、立ち上がって張り手を打ちあった。市井がグラウンドでヘッドロック、華名が裏アキレス腱固め。華名のブレーンバスターから裏拳を浴びた市井だが、クロスフェースで絞めあげ、先に立ち上がって側頭部に蹴りを放つ。足をキャッチされ足首を極められるも、市井は逆に取り返し、二段式ハイキックを狙う。これをかわされ後ろ回し蹴りを食らった。最後はヒザ立ちのところでバズソーキックを浴び、最後の3カウントを聞いた。
 
▽市井舞引退セレモニー
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』-Beginning4・15新宿  花束&記念品贈呈。主な選手、関係者では元ボクシング日本ライト級1位の大嶋宏成さん、元日本スーパーフェザー級王者のコウジ有沢さん、MARUさん、千春さん、JWPのLeon&中森華子、ユニオンのチェリー、アイスリボンのRay&藤本つかさ&都宮ちい、スターダムの夏樹☆たいよう&夢&風香GMがリングに上がった。「明るく終わりたい」という市井の希望で10カウントゴングは行われず、市井が最後の挨拶。
 
 「話したいことはすごいたくさんあって、自分はデビューして6年か7年ぐらいなんですけど、すごい格闘技戦とかやって、すごいすごい強くなった気持ちでいました。でも、今日リングに上がってみて、自分はデビューした頃と何も変わってないとすごい思いました。たくさんの人に迷惑をかけて、いろんな人の迷惑になって、それでも本人は頑張ってるつもりで、でもやっぱりみんなに迷惑をかけてる、そんな感じのプロレスラー人生でした。でも、引退する時は絶対に前を見てやめようって思いました。えー、自分は引退したらお嫁さんになります。本当です! そして、今この会場に旦那さんが来ています。勇気があったら(リングに)上がってみろ、コノヤロー!」
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』-Beginning4・15新宿  婚約者が客席から立ち上がり、リングに向かう。外資系の企業に勤める大宮司浩智さん(39歳)はAACCの会員だが、2人の交際はジムの人でもほとんど知らなかったとのこと。最前列にいた藤井惠、富田里奈も初めて知り、驚いた表情を見せていた。
 
 「本当に上がると思わなかった」という市井は照れながら大宮司さんにマイクを渡す。「こんにちわ。一般人なんで写さないでください。えっと、自分の関係の方はすごく驚いてると思うんだけど…」。客席からは「オメデトー!」の声が飛ぶ。再び市井がマイクを持つ。「これからは世界一のお嫁さんを目指して頑張りたいと思います。最後だけコールをお願いします」と締めようと味方リングアナに振る。コールとともに紙テープが投げ込まれ市井がリングを下りる。セレモニーで渡せなかった華名、富田、藤井から花束や記念品を受け取ると、客席の大宮司さんの元へ。最後はラブラブぶりを見せ付けていた。
 
▽市井「これからは奥さんとして頑張っていく」
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』-Beginning4・15新宿  「もう…本当に恥ずかしいこと、この上ないです。リングでも言ったんですけど、たくさんの試合を重ねて、それでもやっぱりプロレスを始める前と自分は変わってないんだなって改めて思い知らされて、自分にとってプロレスはすごい全力でやってきて、やっぱり何だかんだ言っても自分はプロレスラーでプロレスが一番だったんだなって感じることができました。3カウントを聞いたときには『痛いぞコノヤロー!』って思ってました(笑)。自分はひとつのことしか頑張れないので、リングに上がると家庭を疎かにしてしまうし、旦那さんを疎かにしてしまうし、そうすると相手に悪いので。これからは奥さんとして頑張っていこうかなって(笑)。すみません、恥ずかしくて。(まだやりたい気持ちも?)そうですね。ないって言ったらウソになるし、まだやりたい気持ちはどこかにありますけど、ケガとか練習しないといけないとか、いろいろ考えたらここで区切りをつけないと自分自身が。応援してくれるファンの人にも申し訳ないなって。さすがに奥さんとプロレスラーとの二足のわらじはできないので(笑)。(一番印象に残っているのは?)昔、新木場で練習していた頃に、自分はすごいマジメに真剣に頑張っているのに、意味もなくさくらさんに殴られ続けたことが思い出に残っています。そのお返しをしてやれなかったのが残念ですけど、ひとつだけ言えます。さくらさん、お先に失礼しま~す。早くお嫁さんに行ってください。精一杯の嫌みです。イェイ! (試合では?)未来さんとの試合かな(05年1月8日、NEO横浜赤レンガ倉庫大会)。赤レンガでやった試合がやっぱり。あの時、自分はプロレスに悩んでいた部分があって、自分もその日すごい風邪で試合する前からダメだって気持ちが弱かった部分もあったんですけど、あの時は試合で体調とか関係なしに全力でぶつかって、絶対に勝ってやるってそういう気持ちで戦えたんです。どんな時でも全力でやるって教えてもらった気がするので、一番思い出深い試合ですね。(最後のコールで頭に浮かんだことは?)デビューした時です。北沢でデビューした時(04年4月10日、NEO北沢タウンホール大会)のリングコールだったり、それを一番思い出しましたね。これで最後だなって思うと…。こんな自分をいっぱい応援してくれてありがとうございます。これからも自分は何も変わらないので、自分の第2の人生を違う方向ですけど、一生懸命突っ走って頑張っていきたいと思います」
 
▽藤井惠「おめでたいニュースは嬉しい」
 
女子プロレス専門誌『RINGSTARS』-Beginning4・15新宿  「(AACC会員との結婚を)知らなくて『上がってこいや』みたいなことを言った時に、AACCの方がリングの方に向かっていかれたので、あれ?って思って。明るくて冗談好きな方なので、(冗談で)わざとやってるのかなって思ったんですけど、階段を下りていったので本当? って感じで(笑)。めっちゃビックリしましたね。でも、何となく去年ぐらいから引っかかる感じはあったんですよ。ん? って。だから、あれはそうだったんだなって、今日合致しました。本当に日本が大変な時だから、こういうニュースはおめでたいなって、すごく嬉しいですね。(引退試合を見て)いろんな思いが伝わって来ましたね。(市井は)不器用なので、それをうまく表現できなかったと思うんですけど、だからこそ一生懸命に総合の練習も取り組んでいたので、プロレスでもそうだったんだなとか、いろんなことを考えながら見ていて、今日の戦いも彼女らしい最後だったなって思いました」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

RINGSTARSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。