【金属アレルギー専門店】代官山指輪工房

アレルギーの心配がない9種類のレアメタルで世界で他のどこにもない指輪を作ります。


テーマ:
ディアナサンダイヤモンドの開発者・首藤尚丈氏が、新聞で取材を受けたインタビュー記事を見つけました(大島氏から譲り受けました)。

『きっかけは、妻から誕生日にもらったブリリアント・カットの本。それに屈折と反射の数式が書いてあり、計算したら全反射ではなく、92%くらいの反射率だった。建築の誤差許容率2%に比べればダイヤの世界はずいぶん甘いな、と。自分でもできるのではと考え、幾何学とパソコンを使い、狙った色が出せることが分かった。それで九八年に八十六面体のカットが完成しました。』

『カット面とダイヤのディプスを調節し、プリズム効果で七色を分離させるのです。赤色系の光を下方に逃がせば、表の反射光は青色系になる。百十四面体にすれば”ブルーゴールド”のダイヤもできます。”黄金色”のみも可能。夕方の海の輝きと同様の乱反射をつくればいいのです。やってみたら中心に菊の文様が浮かび、周囲が紫に輝いた。皇室の十六弁の菊になりました。』

『ディアナサン・カットは光が螺旋状にはね返る構造になっています。レーザーをダイヤに照射したら、その反射光に触れたリンパ球が活性化し、がん細胞を攻撃する力が強まることが分かった。青森高校で同級生だった新潟大医学部の安保徹教授(免疫学)と共同研究を進めています。百十四面体ではリンパが200%活性化し。特にバーキットリンパ腫という子どもの白血病に有効なことが分かった。基礎研究で効果が確認されたので。今年は臨床実験に取り組む予定です』

引用元:東奥日報 2005年3月6日 日曜日


86面カットのディアナサンダイヤモンド、ジャン・ル・ブルーの開発の経緯と、青色に輝く原理、医療分野への応用が述べられていて興味深いです。


86面カット ディアナサンダイヤモンド ジャン・ル・ブルー


青色に輝く原理については僕自身、どういうことなんだろう?とずっと気になっていたのですが、この記事と大島氏の説明を聞いて、理解が深まりました。どういうことなのかを、もう少し詳しく説明したいと思います。


86面カットのジャン・ル・ブルーは、パビリオンの角度が44度で出来ています。

通常のブリリアントカットのパビリオンの角度の理想は40.75度と言われていますから、ジャン・ル・ブルーはパビリオンに深さがあります(つまり尖っています)。パビリオンの角度は、40.75度を基準にして大きくなっても(深くなっても)、小さくなっても(浅くなっても)、ダイヤのテーブル方向から入った光がダイヤ背面に抜けやすくなります。

一般には、光がダイヤ背面に抜けやすくなるということは、見た目には輝きが暗くなるのですが、ジャン・ル・ブルーはダイヤ内部で分光した光のうち、波長の長い赤色の光のみがダイヤモンド背面に抜けていくように設計されています。反射光の中に赤色成分が少ないので、青色が強く現れるわけです。

では、どの面で反射(屈折)するときに分光し、どのように赤色の光だけを、背面に抜けさせているのか?まだ、すべてが分かったわけではないのですが、波長によって臨界角が異なるので、波長の長い赤色光だけを反射させないで背面に抜けさせるように設計しているのだと思います。

この点については今後更に追求してゆきたいと思います。

首藤氏が語る「螺旋状にはね返る構造」についても、正確に把握したいです。



ちなみに、ディアナサンダイヤモンドに関する特許の文献も見つけました。

特許庁のホームページ
http://www.jpo.go.jp/index/tokkyo.html

で、特許検索ができるのですが、発明者に「首藤」、キーワードに「ダイヤモンド」と入れると、次のように見つかります。

ダイヤモンドを通したレーザー光によるリンパ球活性の方法の特許
http://www23.ipdl.inpit.go.jp/PDF/display/JPA_2003052816.pdf?id=7139&N0005=TvIHU2a8lO7PCsZdtUkD&N0000=2010

9面カットのディアナサンダイヤモンド・アンクのプロポーションに関する特許
http://www23.ipdl.inpit.go.jp/PDF/display/JPA_2002210728.pdf?id=2331&N0005=TvIHU2a8lO7PCsZdtUkD&N0000=2010


このように必要な情報を残していくことによって、後世の人がこのダイヤモンドを再現する事がしやすくなる手助けをしたいと思っています。



RINGOLOGY 代官山指輪工房
http://ringology.org/
TEL:090-3581-0401(365日 8時~23時)
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ディアナサンダイヤのジャン・ル・ブルーを身に着けはじめたら、ずっと体調不良だったのが直ってしまった」

と、お客さんからお声をいただいたのですが、あなたは信じられるでしょうか?


免疫学の第一人者・新潟大学大学院の安保徹教授のとの共同研究によって、「ジャン・ル・ブルー」を通した青色のレーザー光はリンパ球を活性化させ、免疫機能を向上させる効果があることが認められましたが、癒しの淡い青い光を放射しているからなのかもしれません。

わたし自身は、ダイヤモンドを身につければ、それだけで幸運になるとか、リンパが賦活され健康になるとか、オーラが強化されるとか、盲目的に信じる気はありませんが、どうせ身につけるダイヤモンドを選ぶならば、効果があるのものがあるとすればそれを身に着けたほうがいい、と考えています。

そして、この「ジャン・ル・ブルー」を必要とされる方には、お届けするお役に立ちたいと考えています。


そこで、そのように効果を感じていただく方がいらっしゃった、ディアナサンダイヤモンドの「ジャン・ル・ブルー」につきまして、手に入れやすいように、小さなサイズから1カラットを超える比較的大きなサイズまで、在庫リストをお見せしたいと思います。

「ジャン・ル・ブルー」を全方向から撮影した動画はこちらになります。
↓    ↓    ↓

(この動画は、免疫学の第一人者・新潟大学大学院の安保徹教授との共同研究に用いられた時のダイヤモンドそのものです。)

<86面カット「ジャンルブルー」在庫リスト>
0.211ct Fカラー VS1  ¥420,000
0.260ct Fカラー VVS1 ¥530,000
0.347ct Fカラー VS1  ¥820,000
0.753ct Lカラー SI1  ¥2,630,000
0.788ct Hカラー VS2  ¥2,453,000
1.228ct Jカラー VS2  ¥3,645,000
1.232ct Eカラー SI2  ¥3,798,000
0.568ct Gカラー SI1  ¥1,100,000

*カラット、カラー、クラリティ、価格の順に並んでいます。

*クラリティは、ダイヤモンド内に含まれる不純物の大きさ(=透明度)の表記です。
VVS1(Very Very Small Inclusion):10 倍のルーペでも発見が困難な程度の極極小さな含有物
VVS2(Very Very Small Inclusion):VVS1よりわずかに大きな含有物
VS1(Very Small Inclusion):10 倍のルーペで目立たない程度の極小さな含有物
VS2(Very Small Inclusion):VS1よりわずかに大きな含有物
SI1(Small Inclusion):ルーペで簡単に見つけられる小さな含有物
SI2(Small Inclusion):SI1よりわずかに大きな含有物

どれも、一点ずつしか存在しない石ですので、売り切れ次第販売終了となります。

再制作を行なう場合は、受注生産となりますので、しばらくお時間をいただくことになります。


ご希望の方は、以下からお問い合わせください。


東京ダイヤモンド株式会社
RINGOLOGY 代官山指輪工房
TEL:090-3581-0401
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
問い合わせフォーム:http://ringology.org/grape1/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたも、全てのタイミングがぴったり合う「神のしわざ」のような体験をしたことがないでしょうか??

僕の場合、最近、ディアナサンダイヤモンドを正規代理店として、取り扱いを始めることになったのですが、その体験が「神のしわざ」のように思える体験だったので、今日はそんな話をお話したいと思います。


=============================
僕がなぜ?ディアナサンでなければならないと思ったのか?
=============================

僕は、筑波大学の在学時から、学生生活を飛び出して、世界を一周、28カ国81都市を放浪し、神秘学派や象徴学、秘教的な幾何学を探求してきました。

大学卒業後は、しばらく会社員を経験して後、今のこの結婚指輪オーダーメイド事業を起こして、たくさんのお客さんの幸せに関わってきました。

そんな僕がはじめて、ディアナサンダイヤモンドを知ったのは、7年ほど前の2005年ぐらいだったと思います。

知人からの紹介で知ったのですが、銀座に当時あったディアナサンダイヤモンド本社サロンに予約をして訪ね、開発者・首藤さんの功績に非常に打たれたのを覚えています。

知人からは、「船井幸雄さんも薦めていて、ガンも消えてしまう、人を救うダイヤモンドらしいよ」と聞いていて、「ホントか?」と疑っていたのですが、実際にサロンで本物を見ると、そう言われるのもなんとなく分かる気がしました。

なんだか、とても神々しい雰囲気なのです。


当時から宝飾の世界に身を置いていたので、日常的にダイヤモンドには触れていましたが、ディアナサンダイヤモンドは別の世界の物のようでした。

ちなみに、その時、案内してくれた、お店の方に、「ダイアモンドだけの購入は出来るんですか?」と訪ねましたが、「それは出来ません」と断られたのも覚えています。

じゃあ、自分が結婚するときは、このディアナサンダイヤモンドだな!と心に想ってサロンをあとにしました。



=============================
自分の結婚指輪にディアナサンダイヤモンドを選ぼうとしたが。。。
=============================

さて、それから7年。
結婚のご縁をいただきました。

そして、指輪にはディアナサンダイヤモンドを、と購入しようと思ったのですが、
いざ調べてみると、銀座のサロンはもう無くなっている。
ホームページを見ると本社は池袋に移っているらしく、でも電話はつながらない。
2ちゃんねるしか情報は見つからなくて、首藤氏が亡くなった、とか買いてある。


「えーーーっ!買えないじゃん」
これは大変だ!と思いました。

人類にとって、すごい価値のあるものが失われてしまったような、気持ちになりました。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本当にそんな気持ちになったのです。



=============================
この世から、消えかけた神の国のダイアモンド
=============================

「ディアナサンダイヤモンドが見つからないんだったら、設計図だけでも見つかればいい。」

そんな想いでした。


人のつてを辿って、必死に探しました。

インターネット上を探しても全く見つからないのです。

出てくるのは、7年も前の首藤尚丈さんと船井幸雄さんの対談や、船井メディアさんの昔の販売サイトなど。

手に入らないと知ると、不思議と逆に、どうしても手に入れなければいけないと思えてきます。

58面ブリリアントカットはユダヤの人たちが開発した世界標準のダイヤモンドですが、ディアナサンダイヤモンドは日本人が設計した日本のダイアモンドです。

ひとりの神憑った日本人が発明して、生涯をかけて生み出した後、誰も広める人が現れず、失われようとしている。

何か、使命に似たような想いを感じていました。

そして、、



=============================
運命の出会い
=============================

ある方から、ディアナサンダイヤモンドの
現在の権利保持者・大島俊昭社長をご紹介いただいたのですが、そこからは話はあっという間に進みました。

そして、ついにお会いするご縁に恵まれることが叶いました。

本当に感謝です。


当初は、自分が欲しいと思ったディアナサンダイヤモンドでしたが、大島社長にお会いしたとき、すぐに口をついて出てきたのは、

「一緒にやらせてもらえませんか?」

ディアナサンダイヤモンドの後世への継承は、探しまわるうちに、いつの間にか「じぶん事」になっていたのです。


しかも、すごいお話を後日、ご本人から伺いました。

それというのは、始めてお会いしたときに、大島社長は、

「廣瀬さんにお会いした瞬間、ディアナサンの社長になられたらいいんじゃないかなぁと勝手に直感していました。」

と思ったとおっしゃるのです。

本当に、ご縁というのは不思議です。



=============================
ダイヤモンド屋さんになりました。
=============================

これまで、僕は結婚指輪のオーダーメイド事業を、インターネットを通して無店舗で経営してきました。

他にも、インターネットを上手く仕組みとして使う事業を、多く手がけており、カンボジアへの古物輸出、パソナ代表南部靖之氏や「伝説のホテル」鶴岡秀子氏といった有名経営者を招いた大規模講演会、ミャンマーをテーマにした大規模講演会、を成功させてきました。


素晴らしい価値を、世の中に広めること。

存続可能な事業モデルを確立することで、価値あるものを後に伝えていくこと。

このスキルは、経営を始めて、まず始めに習得したものでもあり、僕が最も得意とするところでもあります。


そして、今、ディアナサンダイヤモンドを手がけています。

かつて、開発者の首藤氏に憧れ、首藤氏の存命中は購入する事さえも叶わず、もちろん取り扱う事などは夢にも思わなかったディアナサンダイヤモンドですが、貴重なご縁の巡り合わせによって、手がけさせていただくことになりました。


今思えば、すべての出来事のタイミングが、ぴったり合います。

タイミングが半年遅くても、こんなふうにはなっていないでしょうし、
結婚が1年前でも、こんなふうになっていないでしょう。

ディアナサンダイヤモンドを巡っては、大変な裁判もあったと聞きますから、その当時であったら、叶っていなかったでしょう。

また、僕自身がスキルを身につけないうちでは、自分の準備が出来ていなかったでしょう。



=============================
すべてのディアナサンダイヤモンドが揃う
=============================

僕のところでは、ディアナサンダイヤモンドの全ての種類を取り扱わせていただいております。

その中には、首藤尚丈氏が存命中に制作した最も初期のディアナサンダイヤモンドもありますし、石だけでも購入可能です。

また、オーダーメイドでお作りさせていただくものは、全て、あなたのご希望通りのものを注文することが可能です。

あなたが望むなら、3カラットオーバーの1億円を超えるようなディアナサンダイヤモンドだって、ご用意いたします。

こちらは、最高峰1008面カットのディアナサンダイヤモンドです。
↓    ↓



僕の想いは、ただ一つ。

このダイヤモンドを善意で使って世の中を良くする事に使ってくれるなら、あなたの理想を叶える為に、どんな努力も惜しみません。



=============================
ディアナサンダイヤモンドを後世に引き継ぐには?
=============================

ここまで、これまでのディアナサンダイヤモンドと僕の経緯をお話してきました。

このダイヤモンドには、運命と使命のようなものを感じていることもお話してきました。

ディアナサンダイヤモンドを手に入れやすく
ディアナサンダイヤモンドの力を世の中の為に
ディアナサンダイヤモンドの職人技術を後世に正しく継承する
神の国のダイヤモンドで世界をつなぐ

こんなふうに思っています。


とはいえ、ディアナサンダイヤモンドを広める役割は、まだ僕1人です。

僕が、この仕事をやめてしまえばディアナサンダイヤモンドは買えなくなりますし、また極論するなら、僕が売らない、といえば買えないのです。

だから、このダイヤモンドを分かち合い、一緒に広めてくれる仲間を求めています。


ダイヤモンドに選ばれることは、幸せなことだと思います。

もし、ご協力いただけるなら、わたしのところまでご連絡ください。


RINGOLOGY 代官山指輪工房
TEL:090-3581-0401
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com
HP:http://ringology.org/


こちらでは、全てのディアナサンダイヤモンドを公開しています。
↓    ↓

http://ringology.org/muscat1b/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ディアナサンダイヤモンドは素晴らしいです。


子供にも、残るものといったら宝石ぐらいじゃないでしょうか?

お金なんて、ちょっとぐらい残したって、
使ってしまえば何も残らないですよね。

着物や洋服なんて、着てくれないです。


お母さんが身につけていたものを形見というんです。


こういうものを形見に娘さんに残していったら

「あら奇麗な指輪ね」

って娘さんが将来言われた時に

「これはうちのお母さんの形見なの」

その度にお母さんの名前が出てくるじゃないですか


お母さんに叱られたこと

褒められたこと

その指輪を見る度に思い出すんです。


そんなディアナサンダイヤモンドで、指輪をお作りします。


ディアナサンダイヤモンド正規代理店代官山指輪工房
HP  :http://ringology.org/
TEL :090-3581-0401
MAIL:taiyo.chikyu@gmail.com

ディアナサンダイヤモンドはこちらをご覧下さい。
→ 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本では新年を迎える時間、僕らは、クフ王のピラミッドの王の玄室で過ごしました。ふしぎな体験をしました。

ピラミッドの内部は写真撮影が禁止されているので、その様子をお見せすることが出来なくて残念ですが、ピラミッドを貸し切ったので、王の玄室の石棺に横たわることが出来ました。

この石棺は、ナポレオンがピラミッドを訪れた際にも、その中に一晩横たわって何かの体験をしたのち、その後の戦いでは連戦連勝し皇帝に昇りつめたと言われています。


こちらは、宿泊したル・メリディアン・エジプトから見えるピラミッドです。

メリディアン・エジプト

メリディアン・エジプト


光がピラミッドと同じかたちに写って、美しいです。

実は、この旅は、ディアナサンダイヤモンドを正規代理店として扱うようになって、1ヶ月後に急遽、船井メディアの人見ルミさんからお声掛けいただき、

「ピラミッドを貸し切りにするんですよー。」

というお話をいただいて、その場でエジプト行きを決断。出発は1週間後だったのですが、すべての予定を調整して訪れました。

なんというか、最近、スゴいスピードでいろいろな物事が進展してゆきます。

そして、これまでやってきた事が全部まとまっていくような感覚。


この体験は、ディアナサンダイヤモンドを手元に置くようになったことと、なにか関係があるように思えてなりません。


僕が取り扱っているディアナサンダイヤモンドは、こちらのとおりです。
↓    ↓
http://ringology.org/muscat1b/




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)