被爆ピアノ・被爆ヴァイオリンチャリティーコンサートを開催いたします。

こちらは、日本に2台しか現存しない6歩足の日本製ピアノ
(しかも一度もオーバーホールしていない希少品)と、
広島女学院所有の被爆ヴァイオリンが、初めて福山にやってきます。
被爆ヴァイオリンは、ロシア革命を逃れて、シベリア、朝鮮半島、日本、アメリカへ・・・
戦争の時代の世界を旅したドラマティックな楽器です。
2012年、イタリアで修理後、音色が蘇って、日本へ戻ってきました。
イタリア・クレモナで修理にあたったのは、マエストロの称号を持つ、石井髙さん。
皇太子さまのヴィオラや、さだまさしさんのヴァイオリンを製作された方です。
修復不可能といわれるほどのダメージを受けたヴァイオリンを、
かのストラディヴァリウスを知り尽くされたマエストロが、
ストラディヴァリウスをお手本に修復されました。
生まれ変わったヴァイオリンはこれから何百年の後まで、平和の音色を奏でていくことでしょう。

被爆ヴァイオリンについては、アップルツリーのブログ、『被爆バイオリンとマエストロ石井高さん』をご参照ください。  →   http://s.ameblo.jp/ringobiru-appletree/entry-11829027821.html

世界をつなぐ平和のヴァイオリンの広島以外でのリサイタルは今回の福山が初めてとなります。

田野倉さんのヴァイオリン演奏は圧巻。被爆楽器とは思えない音色を奏でます。
横山先生のベートーヴェンも必聴。室内楽も素晴らしいです。
お2人の息はぴったり。ご期待ください。

チケット販売開始は、2014年9月17日からの予定です。

チケットのお取り扱いは、

リーデンローズチケットセンター (084-928-1810)
スガナミ楽器本店
天満屋福山店8階プレイガイド
福山北ライオンズクラブ

ほか、アップルツリーでもお取り扱いいたします。

♪ 公演情報 ♪

催事名: 被爆ピアノ・被爆ヴァイオリンチャリティーコンサート

日時: 2014年11月25日(火) 17:15開場 18:00開演(演奏は18:45~)

場所: リーデンローズ福山 大ホール
    福山市松浜町2-1-10

入場料: 全席自由 3000円

プログラム:
【プレトーク】18:00~18:30
 「被爆ピアノと被爆ヴァイオリンのお話」
   石井高氏(ヴァイオリン製作者・マエストロ)
   矢川光則氏(矢川ピアノ工房)

【演奏】18:45~

 ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ9番「クロイツェル」
 ベートーヴェン ピアノソナタ14番「月光」
 ショパン ノクターン 遺作
 ショパン 幻想即興曲
 ショパン バラード4番
 ブラームス ヴァイオリンソナタ3番
 
ピアノ: 横山幸雄
ヴァイオリン: 田野倉雅秋

※本公演の収益の一部は、2014年8月豪雨での広島土砂災害被災者への義援金の他、
    福山市で開催される広島交響楽団の演奏会に小学生を招待する費用に充てるなど、
 福山近郊の子ども達の育成のための寄付に使われます。

※演奏会に関するお問い合わせは、NPO文化を未来につなげる会までお願い申し上げます。
  メール  npo.bunka.mirai@gmail.com
 
♪ ♪ ♪

白秋

五行説では、秋の異称を、白秋としています。

木々が色づき、色の濃い季節に、
あえて色を持たない白を秋とする意味は…。

1年の中で、もっとも完成度を感じる秋には、
正義感、理想主義、清潔感を表す白がふさわしいのかもしれません。







Android携帯からの投稿
AD