テーマ:
こんにちは!
今日は真夏みたいに高い青い空がとってもきれいな日です。




今月から新しいことを始めました。

今までずーっとやりたかったことです。
始められて本当に幸せで、
すーっごく楽しいです!

素晴らしい環境と素晴らしい指導者の方々、素晴らしい仲間に囲まれて、
素晴らしいタイミングで始めることかでき、
わたしって世界で一番ラッキーでハッピーな女の子だと思います。


それをやっているとき、本当に楽しいんです。
ただ、楽しいんです。






さてさて、今日は夢についてです。


りんごさん、最近、よく夢を見ます。

今までも夢は見ることはもちろんあったのですが、
夢の内容が変わってきたんです。


今まで十年間くらい、夢を見たら、必ずと言っていいほど、中学時代についての夢でした。
中学卒業してからずーーーーっと、
見る夢と言えば、中学時代に関わる夢ばかり。

だから、

夢って昔のことを見るんだな~
みんな誰でも中学生くらいの年代の夢を見るもんなのかな~
思春期だしな

なんて思ってました。



もうほんと、夢=中学時代 だったんです。




でも、エイブラハムやバシャール、セスのメッセージを聞いていくうちに、

それって、わたしが中学時代のトラウマをいつまでも引きずっているからなんじゃなかろうか

と思うようになりました。


実際、わたしは中学時代の教師に対して憎しみや強いトラウマを持っていて、
その後の十年間くらい、そのときに作られた観念によってかなり苦労してきました。

十年たっても、毎日毎日、中学時代の教師や関係者への憎しみの気持ちを一日中感じていました。








そして、ふと気づいたのです。







毎日毎日、あのときの記憶に縛られていて、
この十年間、一日も今を生きていなかったんじゃないか。







毎日毎日、どうやって復讐しよう、どうやって見返してやろう、と、
あの人たちの不幸を願っていました。

毎日毎日。


そして、あの時期に得たネガティブな観念に振り回されて、
人を信じられなかったり、いつも自ら不幸になる選択をしてしまったりしました。

あのときのトラウマに、毎日毎日振り回されていました。




毎日毎日振り回されて、一日も、その日自体を生きていませんでした。

一日も、目の前にいる人をきちんと見ていませんでした。

一日も、その瞬間を生きていませんでした。





愕然としました。

中学を卒業してから、高校、大学と、
はっきり言ってかなり高いレベルの素晴らしい教育機関で学ばせていただき、
人が羨む環境と、素晴らしい方々に囲まれてきました。
たくさんのエナジェティクで素晴らしい人たちと出会ってきました。


それなのに、その人たちと接しているときも、その人たちと接していなかったんです。



その人たちではなく、過去の記憶の中をただ泳いでいたんです。


だから、その人たちの素晴らしさに全く気づけませんでした。
その人たち自身を見ることができませんでした

たくさん助けられていたと思います。
たくさん与えられていたと思います。
たくさん愛してくれていたと思います。

でも、全くそれに気づけず、自分の思い通りにならず、彼らさえも憎んでいました。




彼らがわたしのもとを去って初めて、わたしは彼らの有り難さに気づきました。




去ってしまった人やものを取り戻すことはできません。

でも、もうそういうことはしたくないと思ったんです。

目の前にいる人たち、あることに、感謝できるようになりたい。
目の前にいる人たち自身を見たい。
目の前の一瞬を生きたい。



だから、中学時代の教師への憎しみや、当時得た観念を手放したいと心の底から思いました。



そして、今年の冬から、岩盤浴中にそのことを徹底的にデトックスしました。(こちら参照→



最初は「デトックスなんかしたくない」という気持ちが私の中を占めていました。

だって、それって、彼らを許すことでしょう?
許したくなんかありませんでした。
彼らに不幸になってほしかったからです。



でも、だんだんと気づくのです。
彼らを許さないことで不幸になるのは私自身だ、と。
わたしは彼らと闘っていたわけではなかった、そこには自分しかいなかったんだ、って。
(そのへんのことはいつか別の記事で書くかもしれません)



そして、本当に自分でもびっくりなんてすけど、春くらいには、
彼らのことを完全にデトックスすることができたんです


あのとき(それから、それ以外の今までの人生)に得たネガティブな観念すべてをデトックスできたと言ったら嘘になります。

でも、少なくとも、彼ら自身を許すことができました。

今では彼らに対して感謝の念まで感じるほどです。



それから、前よりも「今」を楽しむことができるようになったんです。

「今」目の前にいる人たちを楽しむことができる。
「今」目の前にある物事を楽しむことができる。



心が軽くなった。


そうしたら、いつのまにか、中学時代の夢を見なくなるようになっていたんです。


そして、今、現在進行形で付き合っている人たちが夢に出てくるようになったんです。



初めてそういう夢を見たときは起きたときにびっくりして、感動しました。


それって、

今までは過去にフォーカスしていたから、過去に関する夢を見ていた

でもいまは、わたしが過去ではなく現在にフォーカスしているから、現在に関する夢を見ている

ってことだと思ったからです。





わたし、今目の前にいる人たち、今目の前にある状況にきちんとフォーカスできている。


最近、夢を見るたびにそう実感するんです。










ちなみに、今では毎日と言っていいくらい頻繁に夢を見ますが、(つまり覚えているってことね)
こんなに頻繁に夢を見られるようになったのは、「セスは語る」を読んでからです。

実際、この本を読むことによって読者が夢にアクセスしやすいようにしている、というような発言をセスはしています。
(具体的に何て言ったかは調べるのがめんどくさいので是非読んでください!笑)


セスの本のお陰で、夢を覚えていられるようになり、そのお陰で解決しなければいけないことに気づくことができました。

セス、本当にありがとう。


偉大な作品というのは、作品自体が奇跡のようなパワーを持っていると、本当に知りました。







人を許した時、とっても楽になります。
許すって難しいよね。え?わたしだけ?笑

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
AD

コメント(2)