りんご姫の国防ブログ

嫌韓、嫌中です。自主憲法を制定し、日本を日本皇国に。自衛隊を国軍に!
中国の覇権主義を阻止し、韓国に正しい歴史を認識させて竹島を奪還する、強い日本を復活させましょう。と、微力ながらのお手伝い。
支那朝鮮と国交断絶し、愛する日本を正しい姿に戻しましょう。


テーマ:
日本がレールガンの開発に着手するそうです。


【『超速射・レールガン(電磁加速砲)』を日本独自で開発へ 中露ミサイルを無力化 防衛省が概算要求】28.8.22(産経ニュースより)




これはアメリカが開発したレールガン(電磁加速砲)の技術の供与を受けるためなのですが、日本はリニアモーターカーによる電磁事象などの技術も有るので、アメリカが実用化したものを小型化、高効率化、などによって独自化できるのではないかと思います。





ついでにレールガンとはどんなものかを簡単に説明しておきますね。
(私よりも詳しい方は飛ばしてね)


簡単に言うと、磁力の反発を利用して、物体を加速させる仕組みです。
ただ、その加速力が半端じゃない。

なんと、現在の所、マッハ7、時速約7240キロの速度で200キロメートルの射程を持つという事ですから、弾道工学における空気抵抗(co)に対する 推進energy又は加速energy(g)がとてつもなく大きい ということは、つまり150キロぐらいはほぼ直線で物体(弾丸)を飛翔させる事ができる(弾丸の形状にもよりますが)ことになります。


ということは射撃管制レーダーと組み合わせれば、超精密射撃が出来る。ということは、中国などからのミサイル攻撃に対して、コブラなどのミサイル追尾レーダーとリンクさせれば、ほぼ完璧にミサイル防衛が可能ということになります。

 
その他に1分に10発の連続射撃が可能、火薬を使わないので安定した射撃コントロール可能。迎撃ミサイルの例えばPAC3だとレーダーその他を含む1ユニット当たり一発何億円という価格になるのに比べて、数百万円程度とコストが低いなどのメリットがあげられています。


 当面の問題は効率の良い安定した電源装置のコンパクト化、レーダーと連動するロンチャー(発射機台)の開発。実証機から実用機に移行するための研究と開発など、実用化までに克服すべき課題はありますが、ノーベルの火薬以来の発明になるかも知れません。


 現在この能力を出すためのシステムには小さな家一軒ほどの大きさが必要、という事ですけど、でも、パトリオットの陣地展開を考えたら、それと同じかそれよりもコンパクトです。

 実はこれ、小出力のものでしたら航空母艦のカタパルトとして使われているのだそうですよ。アメリカの技術恐るべしですね。

  
このニュース解説者が 「それでも兵器ですからね。平和には逆行します」なんておきまりの知ったかぶりをしていましたが、いい年をしたおじ様が、戦争は駄目、平和を守れと口で言うばかり。 何故、平和を作る方法を語れないのでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「国防」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。