こんにちは

富士見市西みずほ台、鶴瀬駅の自転車屋

リングジャパン藤久保店の佐々木です




最近、無灯火の取り締まりが厳しいので

懐中電灯をカゴの中に入れたり

指で挟んでハンドルを握る光景を目にします

大人の方に多いですが

本来の電気をつける意味をご存知でしょうか??

自転車は、軽車両です

車両にはいくつかのルールが有ります

その中で大切なのが灯火です

なぜつけないといけないのか?

実は、自分を守る為なんです




走行中に障害物がないか?

他の車両に自分が気づかれているか?

それが灯火の役目です




正確には10m先の地面を照らさないといけない法律があります

では、カゴに入れた場合

平行な場所なので、地面を照らしません




では、100均のハンドルに着けるタイプは??

だめです

カゴに荷物が有る場合、荷物が邪魔で地面を照らしません




ちゃんと車種にあった取り付けが存在するのです

もう一点




懐中電灯は、横から見えない作りになっております

これは懐中電灯だからです

では、自転車用のライトとは

{4E51CD65-C427-47A9-A46F-B26EE3E10A12:01}


この様に横からでも見える様にできております




夜間暗い道では、このよこから見えることがとても大切なんです


車から見えているだろう?と思って横断すると


実は見えていなかったなんてことが多くあります




自分を守る為にも適正な装備が大事なんです









らんきんぐクリック御願い致します


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 修理・整備へ




お問い合わせは


サイクルショップ リングジャパン西みずほ台店


埼玉県富士見市西みずほ台3-11-3


みずほ台駅西口徒歩6分


TEL049-293-5199


10:00~19:00


木曜日定休








サイクルショップ リングジャパン藤久保店


埼玉県入間郡三芳町藤久保266-4


鶴瀬駅西口徒歩9分


TEL049-257-4533


10:00~19:00


木曜日定休





e-mall ring5199@live.jp



HP www.ring5199.com


当店は修理をメインの自転車店です。





AD