2006-01-05

出会い (No.7)

テーマ:ブログ

彼との出会いは、会社に勤める後輩と先輩の仲でした。



私より6歳年下のまったく、ドジで見ていて危なっかしくていちいち、教えてあげなくてはいけないタイプでした。



もし、弟がいたらこんななのかなぁなんて、思うくらいで好きとか嫌いだとかの感情は一切なかった。



あの日までは…。



残業して遅くなってしまい終電も終わってしまい(彼の修正せいで…。)どうしようか困っていたんだ。

そして、会社のシャッターを閉めていた時にふいに、「先輩の心のカギはどうしたら開くんですか?」

などと、言われまったくもって意味がわからなかったが、家まで送ってもらい、その日から、恋に落ちてしまった。



いかんせん、6歳年下の彼だなんて、ありえない?どうして?の毎日だった。



でも、そんな日々は、長くは続かなかった。



まぁ、そんなホロ苦い思い出が1ページ合ってもいいかな、なんて最近は笑えるようになったけどね。



後から、好きになった方がやっぱり負けだったなぁなんて、ちょっと公開もしつつね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-05

出会い (No.6)

テーマ:ブログ

彼女が男友達にお金を貸したりして、それを返してもらってないみたいなんだよね、


だから、別れようと思うんだけど…。


そう相談されて、そんな人これから先もだらしないんだから別れた方がいいよなんて言っていた矢先の出来事でした。


やっぱり、別れるって話になったらやっぱり女々しいのは男の方で、やっぱり彼女以外の相手は現れないと思うといいだした。


別れるって自分が言ったクセして、別れないでほしいと月10万以上の携帯電話料金を払い説得し続けた模様。


あぁ、あぁなったらダメだなってハタから見ていたら、しばらくして結婚しました。


でも、そうなったら一生、女の尻にひかれて生活するんだろうなって思いました、。


まぁ、今はそれなりに男の子をもうけて、3人で暮らしていますが。


今後はどうなのでしょうかね?


別れるって話になってやっぱり追いかけた方が一生、頭あがんなくなるもんですね。


怖い。怖い。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-01-05

出会い (No.5)

テーマ:出会い

思い出したくない記憶だ。


何年前だったか、忘れたが私より7歳年上の先輩。


かっこいいというよりは、いい人だった。


でも、その朴訥とした雰囲気が好きで、だんだん惹かれていった。


一緒に話したり、結構いい雰囲気になっていた。あの人が現れるまでは…。


彼女も、私が先輩のことを好きなことは知っていた。


飲み会で、先輩が私を車で送ってくれた時に、恐ろしいほど携帯がなり続けていた…。


彼女だ。なんで、こんなことするんだろう???ってずっと思っていた。


彼女は必要以上に私と先輩と自分の3人で遊ぼうと、せがむ。


私も、なんか嫌な予感はしていたが「まさかねぇ?」とタカをくぐっていた。


携帯を持っていない彼女は私の携帯を使って先輩に電話をかける。


「やめて」と思ったが、その一言が言えないでいた、ちっぽけな自分。


先輩を待っていた喫茶店で耳を疑うような一言が聞こえた。


「私…あぁいうカラダがタイプ。]「カラダがほしい」と横でつぶやかれた。


彼女の過去を聞くと東京ではヤマハの店長と不倫していて半ば逃げるように田舎に帰ってきたようだった。


それに高校生のセフレもいたしと聞けば聞くほど、おぞましい過去を持つ女だった。


確かに体系が妙になまめかしい女だった。


そこからは、もう「あっ」という間に先輩と身体の関係を持つと恐ろしいほど豹変した。


先輩との仲を私に自慢気に話し出したのだ。


卒倒しそうだった。


だから、その日から絶交だと言わんばかりに無視すると「なんで」「どうして」としつこくまとわりつかれた。


きっとあの2人が結婚することがあるとすれば「できちゃった結婚しかないだろう」と思っていたら、しばらくして真顔で「聞いてほしいことがあるの。」とか言うから「赤ちゃん出来たとか?」って聞くと「コクッ」と頷いていた。


あんなバカ女に騙されるような男には未練はないよってカンジでした。


天罰か結婚式当日は、どしゃぶりで道路が冠水するくらいの雨でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-05

出会い (No.4)

テーマ:出会い

私は、3人姉妹の長女。


お婿さんを貰わなければ、いけない立場…。


でも、なかなか理想の人に会えないよぉ~。


24歳を過ぎておばあちゃんもそろそろ結婚してもらわないと、私の生きているうちに頼むよ…。


などと会えば、口をつく言葉は、「早く結婚・結婚」。


もうむかつくなぁ。


私はどうすりゃぁいいわけ。


これは後輩のいつものボヤキであった。


まぁ、まだそんな歳でもないし慌てなくてもいいよなんていうのが私と彼女の日常会話。


私が彼女の運命の人と出会ったのは、飲み会の席で彼女と出会う前だった。


私より1つ年下のジャニーズ系の可愛いベビーフェイス君だった。


今度、飲みに行きませんか?とか誰か紹介してくださいよとどう見てもチャラ男1確な男だった。


まぁ、そんな風にしか見ていなかったが。


こともあろうに私の後輩にちょっかいを出していたのだ、周りの友達からは大反対されているみたいで彼女もすごく困っていたんだよね。


これで私も反対しちゃったら、行き場がなくなっちゃうよね。と思い…私は応援してみることにした。


まぁ、性格は良さそうだし腰も低いし。婿にはピッタリか?なんて考えていただけだけどね。


彼女は、かばんを持ってくれるような尽くしてくれるタイプが好きだから、まさしくマス男向きな彼ではあった。


まぁ、それからまもなく付き合って結婚したんだけど、まぁお似合いと言うか彼女の面倒を見る為に生まれてきたような彼でした。


彼女の格言は、子供はディズニーで育てるが口癖で、まさしく彼も超ディズニーオタク。


今も仲がいいが、微笑ましい2人です。プラス1(男の子が産まれました。2歳。)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-05

出会い (No.3)

テーマ:出会い

初めの印象は、最悪だった。


1mmも近づきたくないタイプだった。


でも、意外とそんな人でもだんだん相手が見えてくると自分に似たところもあるんだと気付く。


食わず嫌いでは、何も始まらない。


今度は逆に嫌いなものから、わざと箸をつけていくことにした。


今は、一番分かり合える友達になれた。


だから、一見で相手を決め付けるのはやめた。


だって、そうすることによって自分から出会いを狭めてしまうことになるから。


もっと大海を見ようと思った。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-01-05

出会い (No.2)

テーマ:出会い

友達の紹介で、メル友から始めることになったゆかり。


よくヤフーのオセロのチャットで相談されたっけ


会ったことない人だけど大丈夫かな???


まぁ、自分が気が向けば会えばいいし、ダメなら友達でいいんじゃない?


そんな2人の出会いもかれこれ3年付き合っている。


出会いのキッカケなんてどこにでも落っこちているはず。


まぁ、焦らずにテスト形式で気が合う気が合わないってあると思うから


もっと気を楽に、人生楽しまないとね…。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-01-05

告白(その1)

テーマ:ブログ

すごい暴走した告白を私は目撃したjことがある。


会社の回覧用紙に、クリップバサミでシャーペンの芯のケースにラブレターを入れて告白しようとしている友人を見た。


きっと今頃読んでるよとか「ドキドキ」してるんだけど私はきっとそんなの気づかないと思った。


そのまま違う人に回覧したら笑えるけどね。


彼はすごくカッコいい人だった。


でも私から見れば、ただの男友達だったから、ズカズカと行って、回覧用紙になんか付けたらしいから見てあげてって言ってみた。


でもさぁ、彼女33歳なんだよ。


いまどきの小学生でもそんな手は使わないだろうって内心思ってた。


それがさぁ、笑えるから何分たっても、全然シャーペンの芯の蓋があかないわけ。


私は噴出しそうになってたけど、ガマンするのに必死だった。


だいぶたって見たようだったけど、逆ギレ気味だった。


みなさんも、こういう告白だけは相手も迷惑をこうむるので、もっとストレートに伝えた方が好印象だと思いますよ。


P.S. 結局その告白の結末は玉砕されていました。。。。みなさんもくれぐれも注意して下さいね。(笑)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-05

出会い (No.1)

テーマ:出会い

友達の話なのですが、まだパソコン通信の時代に、ネットで運命的な出会いをしたと聞きました。


それは、本当に驚きの連続で、本当にこんなことが実際におこるのだと驚きました。


2人はあるパソコン通信で出会い、そして愛用のノートパソコンのMacが故障してしまい。


会って直してもらうことになりました。


それが14歳年上の王子様。


彼女が24歳で彼が38歳での結婚でした。


それから8年がたちますが、今でも出会った頃のままの2人です。


これからもお幸せに…。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-01-04

出会い (No.8) つづき

テーマ:ブログ

スキー場へつくと、雪はシンシンと降り続いていました。



朝、目を覚ますと外は、記録的な雪で、車が半分埋まっていました。



こんなじゃぁ、滑れそうにないから、帰ろうとしたところ。。。。。



ガーン。全面通行止めで、その場から動けなくなってしまった。



なんか、もうここから動けないかも。。。どうしよう。。。。



2人で、ジュースを買いに自動販売機まで歩いていった。



すると、自動販売機の取り出し口が埋まっていた。



2人で、それを見て大笑いしたっけ。



そして、足下が雪で不安定なので彼が私に手を差し出してくれた。



なんか、右手と右手で握手みたいになってしまった手を彼は、そっと繋ぎ直して、しばらく雪の中を2人で歩いていました。



はじめて、男の人と手を繋いだので、ドキドキしてる心臓の音が彼に聞かれてしまわないか、ずっと照れながら歩いていたっけ。



それから、お互いの事を車で語り合ったっけ。



可愛いのが、そこのスキー情で「プリクラ撮ろうか?」って言ったら、「俺、プリクラ撮ったことがないんだよ。」だって。



今でも、その初めて撮ったプリクラは、私の宝物です。



彼は、ディズニーランドにも行ったことがなくて、2人で一緒に行きました。



今は、本当に彼に出会えたことと、記録的な雪のお陰で2人の距離が近づけた奇跡に感謝です。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-04

出会い (No.8)

テーマ:ブログ

今から、8年前のこと。


付き合ったことがなかった私は、会社で出会った彼に友達とその彼女とスキーへ行くけど、行かないか誘われた。


うーん。どうしようか、迷う。


男性の免疫のない私は、どういう対応をすればいいか分からないし、困っていた。


でも、超自分好みのタイプだし、誘いを受けることにした。


早朝に開門とともに並んで入ろうと言うことになり、親には女友達とスキーへ行くと嘘をついた。


はじめての、嘘にすごくためらいを覚え、わかりもしないのに、なぜか友達にこういう事でスキーへ行くから口裏を合わせて欲しいなんて、アリバイ作りもしてたっけ。


まだまだ若いなぁ。あの頃の自分。


今思い出すだけでも。ドキドキが止まらない。


(つづく)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。