2016-05-02 12:47:46

なおきちゃんの不動産講座【無茶な高額査定に要注意】

テーマ:なおきちゃんの不動産講座

今日は ひさびさ 不動産講座です。

 

ちなみに 本日 スポットを 当てるのは

 

マイホーム売却時における 

 

査定額についての 落とし穴。

 

 

 

 

 

100% 売れないと 断定できる

 

無茶な 高額査定をして 

 

取り敢えず 媒介を 預かろうとする

 

不親切な 業者が 増えてます。

 

 

 

 

 

その 代表的な 手口としては

 

とにかく 他社に 重複して 

 

依頼できない 専任媒介契約を 

 

無理やり 勧め 媒介契約を結び

 

預かったら こっちのもん。

 

もともと 売れるわけない 高額なので

 

売り出し当初は しばらく 放置し

 

頃合を 見計らって 売主を 説得し

 

価格を 下げされるって 手段です。

 

 

 

 

 

売主さまからすれば 査定額が

 

どこよりも 高額の 回答であれば

 

その会社に 依頼したいと 思う

 

心理は 理解は できます。

 

ただ 査定価格と 言うのは 

 

成約価格を 確約するものとは 違います。

 

あくまで 購入者は よく 相場を 調べ

 

いくつもの 売り物件と 比較して

 

購入するかどうかの 答えを出します。

 

誰が どう見ても 高い物件を 

 

買ってくれる方は いつまで待っても 

 

現れる 訳が ありません。

 

 

 

 

 

仮に 最終的に 2580万円で

 

成約に至った 物件の場合

 

どんな流れで 成約に至ったか?

 

それを 解説しましょう。

 

 

 

 

一般的な 流れとしては

 

売り出す前の 査定価格は

 

2680万円から 2480万円の

 

範囲内で 査定価格が 出たはず。

 

その後 少しでも 高く売りたいので

 

売り出し価格は やや 高めの

 

2780万円で スタートすることに。

 

 

 

 

 

しかし 相場より 高いことで

 

内覧者も 少なく このままでは

 

売れそうに ありません。

 

売主さんは 3ヶ月間ほどで 

 

売却したいという 希望もあるので

 

1ヶ月後に 2680万円に 値下げし

 

内覧者が 徐々に 現れだしました。

 

 

 

 

 

そして その後 1ヶ月が経過し

 

とある 購入希望者の方が

 

2580万円だったら 購入したいと

 

購入申し込み書が 入り

 

それを 売主さんが 快諾して

 

2580万円で 成約に至った

 

こんな 流れが 考えられます。

 

 

 

 

それでも もともと

 

査定範囲内であった 2480万円より 

 

100万円高い 成約価格なので 

 

上手に 売却したと 言えるでしょう。

 

それは あくまで 高め 売り出しでも

 

常識の 範囲内で あったからです。

 

 

 

 

 

それが 異常に 高額の査定により

 

3080万円で 売り出したとします。

 

当然 内覧者は ゼロか

 

若しくは 内覧者が あったとしても

 

他物件を 決めるための 

 

アテ物に 利用されただけ。

 

その後 全く 動きがなく

 

高額査定した 営業マンは

 

値段を下げることを 勧めてきます。

 

 

 

 

 

それではと 2980万円に下げますが

 

それでも 異常な 高額なので

 

全く 動きはなし。

 

2880万円 そして 2780万円

 

そして 更に 2680万円と

 

徐々に 下げますが 動きはなし。

 

売り出して 3ヶ月が 経過し

 

はじめの 高額査定に 騙されたと

 

ようやく 気がついて 

 

媒介契約の 期限切れを 待って

 

他社さんに 依頼することに。

 

 

 

 

依頼を受けた 新たな 業者は

 

2580万円の 売り出しを 勧め

 

2580万円で 売り出すことに。

 

ようやく 内覧者が 訪れだすものの

 

売りに出て 3ヶ月以上が 経過し

 

何回も 値下げしている ダメージで

 

なかなか 商談に 至らず

 

とうとう 2480万円に 下げる事に。

 

その後 ようやく 商談が 入り 

 

2400万円の 値段交渉を 

 

しぶしぶ 受けて 成約。

 

 

 

 

 

結局 最終的には 

 

2480万円から 2680万円という

 

適正査定価格を 下回って

 

マイホームを 売却するはめに。

 

長い時間と 労力を 無駄にし

 

しかも 損して 売却・・・

 

 

 

 

そうです

 

そんな事になった 原因は ひとつ。

 

有り得ない 高額査定を 信じ

 

売れもしない 金額で 売りに出たから

 

原因は はっきりしています。

 

もともと 2780万円で 売りに出た

 

前者のケースと 比べると

 

180万円も 損してますよね?

 

 

 

 

あくまで マイホーム売却は

 

売り出し 当初の デビューーも 大事

 

誰ひとり 見向きもしない 

 

異常な価格で 売りに 出ることで 

 

最終的に 相場を 下回って 

 

売却する はめになる なんて事

 

必ず 回避してください。

 

 

 

 

なので 無謀な 高額査定に 要注意

 

買う方は 100% 訪れません。

 

あくまで 相場の 適正範囲内で

 

少しでも 高く 売ることに 

 

チャレンジしてください。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東大阪の不動産速報!東大阪市不動産とれとれ情報さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。