2014-05-26 09:41:49

【気の毒な売主になってませんか?】

テーマ:なおきちゃんの不動産講座

わたしたち 不動産業者が



売主さまから 売却依頼を 預かると



その情報を 



通称レインズという システムに登録し



幅広く 同業他社さんに



販売協力を 促すように なっています。



あくまで 少しでも 好条件で



少しでも 早期に 



買主さまを 見つけることが 



わたしたちの 役割だからです。








しかし それは 



あくまで 建前の はなし。



実際のところは 



残念ながら そうでは ありません。



売主さんに バレないように



出来るだけ情報を 独占して



自社で お客さまを 見つけようとする



業者さんが 一部 います。



まぁ それらは どっちかいうと



大手さんと 呼ばれてるところ。



まぁ 大手さんの 全てが 



そうだとは 言えませんが。








そんじゃ なんで そんことするのか?



売主さんには 気の毒ですが



仲介手数料を 売主さん 買主さんと



両方頂いて 売上を あげるため。



ただ それだけのこと。



そのため なかなか 売れなくても



そんなことは お構いなし。








まぁ そんな 



あくどい 手法が 通用するのも



会社が 大きく 歴史があるから。



売主さんの 多くは



その ネームバリューに 信頼を寄せて



この 不動産会社であれば 



変なことは しないだろう



っていう 信頼を 寄せていますので



それを 逆手にとって



裏切ることは 簡単です。








実は 昨日も 



こんな事が ありました。



ある大手さんから とある 



中古マンションが 売りに出ました。



ちなみに 物件は 居住中です。



もともと その マンション限定で



探されている お客さまに



情報を 伝えたところ



すぐに 内覧して 



よほどのことが ない限り



購入したいとのこと。



マンション そのものの 



築年数は まずまず 新しいので



よほどの事が あるとは 思えません。








ちなみに 売り出した ばっかりなので



価格は やや 高め。



お客様にも 微妙な価格を 伝えましたが



購入できるので あれば 



その価格で 欲しいとの事。



もう 半分 決まったような もんでした。








そこで さっそく 内覧予約のため



とある 大手さんに 電話しました。



まず 事務員さんが 電話にでて



物件が 売れてないか?



確認したところ 残ってますとのこと。



ただし 担当者が 不在なので



後ほど 折り返し 電話しますとのこと。








その後 ずいぶん 待たされたあと



ようやく 担当者から 電話があり



「今 購入者が 決まりました」とのこと。



え? 今? って感じです。



そんじゃ 2番手でも 良いから 



案内できないか?と 確認したところ



売主さんは 多忙なので



それも 無理とのこと。



値段交渉もなく 購入するはずなので



売主さんにとっても 



良い 話だと 説得しますが



「無理です。」の ひとこと。








仕方ないので お客様に



正直に その旨を 伝え



「多分 嘘なので 直接 とある 大手さんに

 電話すれば 内覧できますよ」



と 伝え 電話を 切りました。








その後 10分ほどして



お客様から 折り返しの 電話があり



「直接 電話したところ

 岩下さんが 言うように 

 まだ 売れてないみたいです」



とのこと。



直接 とある 大手さんを 通じて



内覧して 購入することを 勧めました。








まぁ 結論としては 売主さんの 



不利益に 繋がりませんでしたが



これも あくまで わたしが



馬鹿みたいに お人好しだからです。



普通じゃ こうは いきません。



内覧希望者に 商談中で あることを



そのまま 伝えて



内覧を あきらめて 貰ってたはず。



そうなると 売主さんは



溜まったもんじゃ ありません。








残念ながら こんな事は 



日常茶飯事で 行われています。



情けないですが 不動産業界には 



大手だから 大丈夫



なんていう事は 通用しません。



確かに 大手でないところも



どうよ?って 



会社は たくさん あります。



だから いつまで 経っても



日本の 不動産屋は うさんくさく



レベルが 低いと 思われています。








今現在 売りにでている あなた



頼んでいる 業者さんは 大丈夫ですか?



ちなみに 大手さんに 



頼むなとは 言いませんが



必ず 一般媒介契約にして



複数業者さんに 依頼してください。








そして そのうち 1社だけでも



信頼できそうな 街の不動産屋を



ぜひ 加えてみてください。



多分 最終的に 



期待していない 街の不動産屋さんが 



成約に 関わっている



可能性が 意外と 多いはず。



それは 自社で 抱え込まないのと



大手さんみたいに たくさん 



売却依頼を 預かることが ないので



より 真剣に 取り組むからです。



なので 売却は



一般媒介契約にすべし。



これ 肝心ですよ。








あと 本日 たまたま



仲の良い 同業者さんも



わたしの 記事と 似たような 



ブログ記事を アップしているので



こちらも 貼り付けて おきます。









(エイトコーポレーション 赤山氏の記事)


  ↓    ↓    ↓





最近 また増えてきましたねえ

物件を こそっと売り出す 売り主さんが

いや 違う 

“こそっと売り出す 不動産業者が” です


不動産業界では 

売り主さんから 売り物件をお預かりした 

不動産業者は その売却物件情報を

自社で 抱え込まずに 広く流通を促す


要は 

一社で紹介出来る お客さんの数なんて

たかが知れてるから 情報をオープンにして

早く売却出来るように = 売り主の利益

確保に努めましょう
  

って ことになってるんですけど

たま~に この最低限のルールを

守らん輩が出てきます



その 【流通を促す】 ことを目的として

レインズ と言って 不動産屋さんだけが

見ることが出来る 情報網が有ります



以前流行ってた手法は

(↑↑ って アカンことですよ)

レインズに 物件登録はするけど

内覧予約を 入れようとすると

『商談中です』 って 空(ウソ)商談を

理由に 他社のお客さんには

内覧させない方法


これは 今年2月の レインズの規約改定で

少なくなってきました


最近見かけるのは もっと悪質

その 【レインズ】 にすら 登録しない手法


レインズに登録して 『商談中です』 って

言うと レインズの新規約によって

「いつからの商談か?」

「どの程度の 商談か?」 って質問に 

答えなアカンように なったんですよね


だから レインズにすら登録しない 

って輩が 出てきたんですよね



ほんで どうするのか?? です


自社のホームページに掲載するんですよね

“こそっと”

なんで “こそっと” かと言うと

そう言う 業者のホームページって 

意外と見られてないんですよね



あとは 不動産ポータルサイトに載せる

これも 案外 即効性(すぐ売れる可能性)は

低いんですよね


なぜかと言うと 

いまのお客さんは 掲載物件を ピンポイントで

『これ 見せてください  買います!』

って パターンは少なくて

色々と情報収集する中の 1物件として

問い合わせを してくるんですよね 



だから 【問い合わせをもらう】 ってのは

入り口で そこから 色々見て 提案して

物件を絞って行くんです

だから 【即効性は低い】んですよね


だから そんなことをする不動産業者に 

大事物件の売却を 任せると

“百害あってなんとやら” です





先日もこんな事がありました

チラシで見かけた物件を その業者に

「○○マンションは 有りますか?」って

問い合わせをすると

「いま ローンあたってるお客さんが 居るんです」 って



そして 一週間後 改めて

「ローンのお客さん どうなりました?」 って

問い合わせをすると

「もう まも2,3日で結果が出ると思うんです」 やって



ほんで 次の週

折り込み広告に 掲載してるから

「○○マンションは 有りますか?」 って

再度 問い合わせをすると

「いま ローンあたってるお客さんが 居るんです」 って

漫画みたいな話でしょ




何が何だか ???? やったから

「いやいや チラシに載せてますやんか!」

って 言うと

「しばらくお待ちください」 って電話を保留にして

(多分 社長に指示を仰いだんでしょうね)

「はい いま確認しましたが ローン打診中です」

やって



うん 確かにローン打診に 時間の掛かる

お客さんも 沢山いてますよ

だから ホンマに “商談中” やったら 

それは それで エエんです



でも その “商談中” の物件を

広告したらアカンわ  

アウトやわ



だって “商談中” ってことは 

問い合わせしても 買われへん物件でしょ



それとも ナンですか

内容が良い お客さんやったら

いま商談中のお客さんを 飛ばして

そのお客さんで 契約するんかいな!?


そんなん 殺生やわ 

道義的に アカンと思うわ



でもね ここだけの話

ワタシ的には

そもそも その

「いま ローンあたってるお客さんが 居るんです」

てのが まっ赤なウソ やと 思いますよ

あ~~あ です



こんな輩に引っかかって 可哀想なのは 

な~んにも知らない 売り主さんです




売り主さんには 売り主さんの 

買い主さんには 買い主さんの

それぞれ 【利益】 て有りますよね

我々 不動産業者は 

その利益を確保するのが 

最大の責務やと 思うんです


だから 空(ウソ)商談 とか止めて

情報は オープンに することが

まず やらなアカンことの 

第一歩やと思います



注) このブログを読んで

「どこの なんて言う 業者?」 とか

「なんて言う 物件?」 とか

聞いてきても 教えませんよ

ただ その業者や その物件の売り主さんが

聞いてきたら 

「ピンポーン 貴方のことです」

って 答えてあげます


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東大阪の不動産速報!東大阪市不動産とれとれ情報さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。