疲れやすいあなたのためのココロとカラダがすっきり!元気になる方法

やることはたくさんあるのに、カラダが疲れて動けない、寝ても寝ても疲れがとれない、がんばりがいきかない…と、お悩みの方へ、東洋医療にもつかわれている陰陽五行をもとに疲労回復改善法をお話ししています。

ココロに合わないことをすれば、しんどくなるのと同じで
カラダ(体質)に合わないことをすれば、しんどくなります。

自分の体質を知ることで
何がよくて、何を控えたらいいのか
何が合うのかが選べるようになると
病気やケガが起きにくく元気に過ごせるようになりますよ。

・自分の体質を知りたいなら「陰陽五行講座」


・簡単6ポーズで不調解消「経絡ヨガ講座」


・女性特有の体の変化を学ぶ「ゆるラク体質改善講座」


テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

春分の日も過ぎましたが、まだまだ寒いですねー(^^;)

 

暖かい日がくるのが待ち遠しいです。

 

 

時々、「自分の感情がわからない」「感覚が鈍くなってる気がする」というご相談を受けることがあります。

 

感覚らしきものは、ふっと湧くんだけど、すっと消えてしまう…とか

 

すごく遠くにある感じがする…とか。

 

そうなるのにも、理由があるんですね。

 

自分が楽しそうにしていると、嫉妬されたことがあったり

 

はしゃいでいると、怒られたことがあったり

 

気持ちを表現しても、受け止めてもらえないという失望感があったり

 

そうなると「感情表現すると、悪いこと・悲しい事が起きる」ので、無意識にコントロールして抑えようとしてしまいます。

 

あとね、あまりにも忙しすぎ、悩み事が多すぎて、感情表現するエネルギーがない、ということもあります。

 

泣いたり笑ったり、怒ったりするのにも、エネルギーって必要。

 

だけど、別のことにチカラをとられてしまうと、感情表現する余裕がなくなってしまうんです。

 

そういうときは、一度、自分を整理してみましょう。

 

・自分が本当に好きなことは何か

 

・何を無理して、何をガマンしているのか

 

・がんばり過ぎることが当り前になっていないか

 

・人に合わせすぎていないか

 

・自分の中で決めつけている「枠」に縛られていないか

 

そうして気づいたことがあったら、できるところから少しずつ、ゆるめていくといいです。

 

固いつぼみも、少しずつ開いていくのと同じですね。

 

今度の日曜日、福岡で開催する経絡ヨガ講座は、瞑想の要素も含まれているので、日頃から忙しくて、自分を感じる余裕がない…という人にもおススメです。

 

ぜひ一度、体験してみてくださいね。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

起業したばかりの頃、スケジュール帳が埋まっていないと恥ずかしい…と思うことがありました。

 

仕事してない、働いてない、予定がない=サボっている。

 

なんて感覚があったので。

 

 

だけどよくよく考えてみると、このスケジュール帳が仕事のすべてではないのですね。

 

スケジュール帳に書いてないけど、その日やっている仕事もちゃんとあるのです。

 

例えば、講座のための会場探しとか、航空券の手配、ホテル探し。

 

経験ある人はわかると思いますが、結構時間かかる作業です(^^;)

 

こういうのも、仕事のために必要だから、立派な仕事。

 

だけど、私の中で「仕事」という認識がなかったんです。

 

私の中ではお金が生まれるなら仕事、それ以外は仕事じゃない。

 

だから、講座開催したり、個人カウンセリングしたときは「仕事した」。

 

その他の事務作業や雑務は「仕事してない」。

 

こんな感覚だったのですね。

 

だから当然家事も「仕事ではない。」という感覚。

 

でも、こんな認識持ち続けていると、オーバーワークで倒れてしまいます(^^;)

 

同じような感覚持っている方、一度ね、1日の行動を細かくメモ書きしてみるといいですよ。

 

ある日の私の1日は

 

・朝ごはんの用意、後片付け

・洗濯物をたたむ

・洗濯しながらブログを書く

・掃除機をかける

・お昼の用意、後片付け

・夕食の買い物

・帰ってきたら食材を整理整頓

・事務用品類の注文

・経費の計算、家計の計算、やりくり

・夕食の準備、後片付け、明日のお弁当準備…

 

こうしてみると、まる1日「働いている」のです。

 

仕事とは言えないかもしれないけれど「働いている」のですね。

 

うちは子供がいないけれど、ここに育児も入るともう大変でしょう。

 

毎日疲れるはずです。

 

ここに気づいてから、1週間の中で休む日をとることにしました。

 

そしてね。

 

スケジュールを組むときは、余白や余裕も一緒にいれて組むことも大事。

 

ギリギリのスケジュールばかりだと、1つ崩れただけで、他の予定もドミノのように崩れることもあります。

 

体調をくずすのは、このドミノが崩れ始めたときかな。

 

忙しいときほど、余白や余裕を生み出すのも、立派な「仕事」ですね。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

ずいぶん暖かくなってきて、桜の開花予想も気になる季節。

 

お花見の予定を考えるのも楽しみです。

 

 

さて、春先に腰痛やぎっくり腰を起こす人も多いですね。

 

原因もいろいろですが

 

・寒い冬の間、カラダを動かしていない

 

・忙しくて、カラダを休めていない

 

ということが多いようです。

 

あと、心理的に

 

・向い風と戦っているようなことが起きている

 

・プレッシャーを受けている

 

・ひとりで抱えきれない問題があり、しんどい

 

・ココロはあちらで、カラダはこちら、とちぐはぐになっている

 

ということもあります。

 

イメージすると、こんな感じ

 

 

我が家のバジルですが、台風の強い風を受けてしまい、こんな感じに(^^;)

 

まっすぐ立てず横に倒れつつも、なんとかがんばって伸びようとしています。

 

このままだと、ポキっといってしまいそう。

 

これが、腰痛やぎっくり腰の心理的要因なんですね。

 

強い風=プレッシャー、悩み、問題

横に倒れたバジル=あなたのカラダの状態

 

というわけです。

 

これが続くと、腰だけでなく、気の巡り、血の巡り、水の巡りにも影響が出やすくなります。

 

こういうときに、いきなり運動をするとケガのもと。

 

ゆっくり、じんわり体を伸ばしたり縮めたりする方がいいですね。

 

経絡ヨガは、カラダが硬い、運動苦手、という人でもできる、簡単なヨガです。

 

全部で6ポーズだけしかありませんし、座ったり、寝転んでやるポーズが中心です。

 

 

身体を伸ばすって、気持ちいいですよー。

 

ゆったりペースでできるヨガ、一度体験してみてくださいね。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

最近、むくみが気になる…ってことはないですか?

 

それ「春むくみ」かもしれません。

 

 

・冬の間、あまり体を動かすことなく、じっとしていることが多かった。

 

・不安に思うことがあり、行き詰りを感じている。

 

・春の装いをしたくて、少々の寒さも我慢していたら体が冷えた。

 

…ということが、原因かも。

 

春に起きる不調って、冬の過ごし方が影響していることも多いです。

 

寒いからとあまりにもじっとしすぎていると、体の巡りもよどみます。

 

春むくみは、そうした時に起きやすくなります。

 

軽いストレッチでもいいので、体の筋肉をゆっくり動かしておきましょう。

 

経絡ヨガは、むくみが気になる人や、あれこれ考えすぎてカラダが動かないときなんかにもおススメ。

 

▲むくみなど、水分代謝の調整にいいポーズです。

画像のようにヒザを曲げてもOKなので、ふくらはぎや太ももの裏を意識して、ゆっくり無理なく伸ばしていきましょう。

 

本格的な春まで、あともう少し。

 

身体の巡りを調整しながら、体調管理をしていきましょうね(^^)/

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

確定申告の書類も無事提出して、ひと段落です(^^)

 


 

今は、会計ソフトもかなり便利になってきてるし、わからないことは経理コンサルさんに助けてもらっているので、確定申告もラクに済ませられています(^^)

 

ご存知の方もいると思うのですが、私、転職が多いんですね。

 

高校卒業してからすぐは、キーパンチャーで(今はこういう仕事ないよね?)いろんなデータの入力作業してました。

 

販売の仕事もしたし、めがね屋さんの外商とか、エステとか、写真スタジオとか、広告デザインの事務所とか。

 

あ、経理事務もやったことあります。

 

実は、簿記検定3級を30代のときに取得しました。(もうだいぶん忘れたけど)

 

わたしの場合、前職とまるで違う職種に転職するので、驚かれることもあるんですが。

 

だけど、せっかく仕事変わるなら、今までやったことがないことを経験してみたい、その世界をのぞいてみたい、と思ってしまうんですね。

 

良くも悪くも「好奇心旺盛」なタイプ。

 

陰陽五行でいうと「木=肝」のエネルギーが旺盛になりやすい。

 

だからかなー、通信教育もいろんなもの申し込んじゃう。

 

あれこれやりたがるので、親からは「貧乏多芸!あれこれ手を出しても、結局何の役にも立たん!」と怒られてましたが。

 

じゃ、今、どうなのか?っていうと…

 

キーパンチャーやってたおかげで、キーボードはブラインドタッチで打てるし

 

デザイン事務所にいたおかげで、講座テキストは、そこそこ自分で作れるし

 

エステサロンにいたときは、勉強会や講習会を担当できるように、話し方やホワイトボードの使い方なんか徹底して教育されたので、今、かなり役立っているし

 

経理の経験があるおかげで、確定申告はそんなに頭抱えなくてすんでるし

 

結局、無駄はなかったなーと思います。

 

問題といえば、全部自分でやろうとしてしまうこと。

 

貧乏多芸って、なんでもできるがゆえに、抱え込みすぎて、身動き取れなくなることが問題なのかもしれませんね。

 

しかもそこに、五行でいうところの「金=肺」の気性が加わると、全部を完璧にやりとげようとしてしまうので、アップアップになってしまう(ノД`)・゜・。

 

で、エネルギーが切れて、寝込んでしまうというパターンになりやすい。

 

こうなってくると、収入に影響がでることも考えられますよね(^^;)

 

なんでもやれるから、なんでも自分でやるっていうのは、無理があります。

 

ここは私も要注意かなー。

 

多芸が問題なのではなくて、やりすぎる、人にお願いできないってところが問題なのかもですね。

 

何でも一度は自分でやってみないと気が済まないのですが、そろそろ依頼することもやっていかないとなーと思います。

 

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

「カラダをゆるめるっていう意味がわかりません。」って言われる方、多いんですよ。

私が思う「ゆるめる」って、ほどよく、チカラが抜けているってことかな、と思います。


じゃ、夜寝ているときは「ゆるめる」なのか?というと、これはちょっと意味が違っていて

睡眠は「リセットしている」状態。

もう少しわかりやすい例をあげてみますね。

「このヒモの結び目を、ゆるめてください」っていわれたら、どういう風にしますか?

結び目の形は保ったまま、少し余裕をもたせてゆるめますよね。

 



再び締めようと思えば、いつでもできるような状態。

だけど、全部ほどいてしまったら、それは結び目を解いてしまった「リセットした」状態。

だから、カラダをゆるめるっていうのは、ほどよく脱力しているけれどまたいつでも活動できる状態。

その状態をとる時間が大事なのですね。

だけど、今の世の中は「スピード化」されまくっています。

家事にしても、育児にしても、仕事でも、いろいろスピード化され便利だけど、その分時間の余裕ができたか?といえば、そうでもなくて

早くくるから、早くやらないといけない。
空いた時間に、またさらに仕事がはいる。

余裕なんて、生まれないのです。

こうした生活をずーっと続けているとヒモは、ずっと固く結ばれたままになり、今度はほどけにくくなります。

ゆるめたくても、ゆるまない状態になります。

これが「カラダをゆるめる意味がわからない」状態。

自律神経のバランスが悪くなったり、焦ってばかりで、物事がうまく進まない、片付かない、ということが起きやすくなります。

こういうときは、頭であれこれ考えるとよけいしんどくなりますから、運動でカラダからアプローチするといいですよ。

経絡ヨガは、じんわり、優しくカラダに届くヨガです。



 

無理なポーズや、きついときは別のポーズをどんどんご提案していきます。

「きつい、しんどい」って、結び目を固くしてしまいますからね。

経絡ヨガのご感想を紹介しますね。
 

詳しくて優しい解説してもらいながらの、ゆったりペース。

ついていけるか心配だったのに全く問題なしでした。

アーサナ(ポーズ)も難しいのはなく、その時の体調に合わせてよいとのこと、自宅で毎日できそうです。

屍のポーズ(シャバアーサナ)の時、自分の体の状態がわかって、つい頑張りすぎたり、休むことをしなかった日常に気づけて

仕事だけじゃなくちゃんと食べて、くつろいで、休養することを意識するのも大事なんだと、じっくり体感できました。

これは、なかなかできない良い体験でした。

ありがとうございました。

(匿名希望さん)


頑張り過ぎて、休んでない事に気づていない人も多いですね。

「もっとできるはずなのに…」「やることたくさんあるのに…」って、ご自分を責める口ぐせの人も多いです。

ココロとカラダはワンセットですから、心がいっぱいいっぱいのときには身体からアプローチしてみるといいですよ。

経絡ヨガは、がんばり屋なあなたにおススメです(^^)
 

一度体験してみてくださいね。

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

今回は「水が欲しくなる心理」について、お話ししてみますね。

 

 

人は渇きを感じたときに、水を飲みたくなります。

 

ですが、喉が渇いているわけでもないのに、つい水を口にしたくなるときもあります。

 

例えば…

 

・緊張しているとき

・イライラして怒っているとき

・疲労ばかりを感じて動けないとき

・嘘をついているとき

・焦っているとき

・不安を感じているとき

・悲しくて、大泣きしたとき

・水に流してしまいたい問題が起きたとき

 

まだあるかもしれませんね。

 

人はストレスを感じているときも、水分を欲するようです。

 

水を飲むことで、落ち着かせようとしたり、こもっている「何か」を冷却させようとしているのでしょう。

 

私が水を飲みすぎていたときは、焦りや不安が大きかったように思います。

 

・早く不調を治したい、という焦り。

・好きなことを仕事にするって、できるのか?という不安。

・収入なくて、ダンナさんに養ってもらっているという罪悪感。

 

こんな思いで、毎日あわあわして過ごしていましたから、水でも飲んで落ち着かないと、やってられなかったんだと思います。

 

そういえば、漢方医の先生に「最近、やたらと水を飲まなくても大丈夫になってきました」ってお話ししたら

 

「うん。でも、飲みたい時ってちゃんと理由もあるからね、がんばって強制的にセーブしてもいけないよ。」

 

って言われたことがあります。

 

そうなる理由があるから、カラダにちゃんと聴いてみてって意味だったんですね。

 

自分のカラダのことって、自分ではよくわかりません。

 

何か気になることがあったら、誰かに話してみるのが一番いいかも。

 

よろしければ、こちらでお話ししてみませんか?

 

私の経験でお役に立つことがあれば…と思います。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

慢性じんましんをはじめ、いろんな不調に悩まされていたころ、漢方や陰陽五行の考え方に出会いました。

 

 

勉強したくて、いろんな本を買い集めてました。

 

ただ、この頃はあまり収入もなかったので、よく図書館通いをしていましたね。

 

ある日、健康関連のコーナーを眺めていたら、こんな本が。

 

 

なんですと!!!

 

水を飲みすぎても病気になるですと????

 

だって、水ってカラダに必要なんじゃないの?

 

だって、水っていらない分は、おしっこで出ていくからいいんじゃないの?

 

びっくりするやら、なんやらで、とにかくこの本を借りて帰りました。

 

一気に読んでしまいましたね…。

 

私のやっていたことは、カラダに毒だったんだ…。

 

ショックを受けるやら、知ってよかったと思うやら。

 

当時の私は、朝起きてまず1杯の水を飲み、家事の合間に水を飲み、お昼は麦茶やハーブティーを飲み…と、1日中水分を摂っていたんです。

 

まさかそれが体の負担になっているとも知らず(ノД`)・゜・。

 

それから飲む量を意識するようになりました。

 

そして、水ではなく白湯(さゆ)をいただく。

 

きちんとやかんで沸かしました。

 

1日に飲むのは1リットル以下、でも、のどが渇いたと思うときは、たまに1リットル過ぎてもOKとしました。

 

1カ月たったころでしょうか、ふと気づいたことが。

 

「あれ、お腹周りや、太ももが温かい!」

 

私、夏でもこの部分がいつもひんやりと冷たかったんです。

 

だけど、それが普通だと思っていて、あまり気にもしてませんでした。

 

水分の摂りすぎで、きっと冷えてたんでしょう。

 

そりゃーお腹もこわしやすくなるし、トイレも頻繁にいくのが当然。

 

そういえば、低体温でもありましたね…。

 

そしてね、調べてみたら、慢性じんましんの原因のひとつに「水分の摂りすぎ」も関係していることが!!!!

 

わたし、カラダにいいことをしているつもりで、その逆をやっていたんだ…。

 

人が言うから、テレビで言ってたから、という情報を、そのままうのみにしてはいけなかったんですね。

 

私も、これからも学ぶ姿勢を忘れずに、きちんとした情報発信をしなくてはいけないな、と思います。

 

よかれと思って続けてきたのに…って、がっかりしたくないですもんね。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

このところ、なんだかスッキリしない、カラダがダル重い、むくみやすい…と感じるなら、それは「巡り」が滞っているのかも。

 

滞っているのなら、流せばよいってことですね。

 

軽くウォーキングでもいいですし、ラジオ体操をやるのもいいですが、経絡ヨガもおススメですよ(^^)/

 

 

私も実はむくみやすい体質。

 

あまり運動しないし、寒いの苦手なので、冬はじぃーーっとしてしまう。

 

おまけになぜか冬の季節は、あれこれと先のことを考えては心配してしまう「心配性」な性格が出やすくなります。

 

わたし、焦ったり、どうしようと不安が起きると、なんだか水分を摂って落ち着かせようとしてしまうクセがあるんですね。


で、結果、むくみやすくなってしまう。

 

水が欲しい時ってね、のどが渇いたときだけではないんですよ。

 

昨年の今頃が、ちょうどそんな感じで、顔もむくんでました。

 

まぶたも腫れぼったいし、かゆいし、指のむくみもひどくて、結婚指輪がきつくて抜けなくなる日も。

 

そうなると、またじんましんが顔をだすんですね(^^;)

 

その後、経絡ヨガを学んで、インストラクター資格を取得後、練習のため毎日やっていたら、なんと、むくみがすっきりとれていきました。

 

当時の顔をビフォー&アフターでみてみますね。

 

 

左が、むくみ真っ最中で調子が悪かった3月。

 

7月くらいまで、ずーっと調子悪くて、目の二重の形が変わってしまったくらいでした。

 

左が、経絡ヨガをやり始めて2週間くらいたったころ。

 

アゴのラインがすこしスッキリしてきたの、わかるかなー。

 

体重も2キロくらい減りました(#^^#)

 

いまもあまり変動しないので、どうやらこの2キロは、停滞していた水分だったかもしれませんね。

 

前回、レッスンを受けられた方からも

 

・いつもはきつめだったジーンズがするっと入った。

 

・ふくらはぎがスッキリしていた

 

と、いうお声をいただいております。

 

レッスン後、着替えているときに、変化に気づくことが多いようですよ(^^)

 

今月、長崎と福岡で、レッスンやります。

・詳細は、こちらの記事で

 

ちょうど、桜もちらほら咲き始めるころかな。

 

ぜひ、会場でお会いしましょう。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。光藤 明美(みつふじ あけみ)です。

 

私自身も、仕事や個人の悩みを解決したくて、コンサルやセッションを受けることがあります。

 

悩みって尽きないもの。

 

前に進めなくなったときも悩みますが、進んだら進んだで、不安が起きるものなんですよね。

 

 

一人で解決できないときは、やっぱり誰かに相談した方が早いです。

 

で、私も先日、あるビジネスコンサルを受けたときに、ふっと気づいたことがありました。

 

これまで相談しても、なんだかしっくりこないなーと思うことが多かったんですが、その理由がわかりました。

 

「自分が思っていることではなく、正解を答えようとしている。」

 

きちんとした答え、正論を言わなきゃ…としていたのですね。

 

陰陽五行を学んで体質が変わると、どうなるの?っていう問いがあったんですけど、私のなかでは「家庭円満」ってキーワードが出てきたんです。

 

だけど、陰陽五行=家庭円満って、表現が飛びすぎていて、意味がわからないんじゃないか、もっと「健康になる」とか、「病気しづらくなる」とかの方がいいんじゃないか…。

 

いろんな考えがグルグルと巡りだしたんです。

 

その時に「あれ、私、どうして思った通りに言わなんだろう?」と気づいたんですね。

 

ダメ出しされるのを恐れていたのか、OKと言われないといけない、と思っていたのか…。

 

要は「本心で相談してない自分」がいたのですね。

 

こういうこと、私だけではないかもしれません。

 

・セラピストに気を遣ってしまい、本心からの悩みを話せない。

 

・自分に時間をさいてもらうのが申し訳ない。

 

・もっと深刻な悩みの人がいるのに、自分が席を取るのは悪い…と考えてしまい、セッションなどの申込みを迷ってしまう。

 

・本音、本心を話すと、否定されそうな気がする。

 

・相談し始めると、よくわからなくなり「やっぱりいいです」とやめてしまうことがある。

 

自分のココロじゃなくて、相手の顔色伺いながら相談しても、疲れるばかりで解決には至らないですよね。

 

で、そのとき私、正直に言ってみました。

 

「飛躍した考えかもしれないですけど、私の中では家庭円満って言葉が浮かぶんです。」

 

そしたら

 

「ああ、そういう感覚大事ですよ。そこに信念があるということも言えるので。」

 

って言われました。

 

ああ、ちゃんと話してみてよかったー(;´Д`)

 

家庭円満でもいいんだー(*´Д`)

 

すごくホッとしましたね。

 

講座では、「世の中に良いも悪いもないんですよー」と、みなさんに話しているのに、自分のこととなるとこんなもんです(/ω\)

 

ちなみに、まわりに気を遣いすぎて胃が痛くなっちゃう人におススメのポーズはこれ。

 

 

ぐーっと背伸びをするように体を伸ばすといいですよ。

 

身体の中心や、太もも前面あたりを意識して伸ばしてあげてくださいね(^^

 

消化器系の経絡って、体の前面を通っていますのでー。

 

もし、このポーズで足がつりそう、お腹がつっぱる感じがする…など違和感があれば、胃など消化器系のエネルギーがバランス崩しているかも。

 

そういうときは、無理して伸ばそうとせず、上のイラストのピンクのラインを、優しくさすってあげてください。

 

今日は温かいお鍋で、消化のいいものを食べておくといいですよ。

 

 

■お申込み受付中の講座■

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)