河内長野市で市議会議員選挙

 

この週末、河内長野市で市議会議員選挙がありました。そこに、私がインターネット通販やSNS集客を教わり勝手に「師匠」と呼んでいる人が出馬したため、微力ながら応援に行ってきました。もちろん無償です。しかし、ある行政書士さんのアメブロに「有償サポート」と表現され、とても残念でたまらない思いをしています。

 

※支援者の皆様へご注意※

誰もしないと思いますが、多くの人が苦情の申し出を行うと先方に多大な迷惑がかかります。どうしても言いたいことがあるならコメント欄に書くのが無難でしょう。思いやりの気持ちを持って、丁寧な言葉で必要なことだけお伝えするようお願い申し上げます。参考になる情報も書いてくださっています。喧嘩するのが目的ではありません。

 

 

有償サポートと誤解された3つの理由

事務所が建物の一室でなくテント張りである

通常、選挙事務所は建物の一室なのでしょうが、テント張りにした理由は私は知りません。山好き登山好きのメンバーが複数いることから、テントに違和感が少なかった可能性があります。しかし、「金かかってませんよ」の演出に見られたり、おかしいと思われるようなことがあったのなら、再検討してもいいかもしれません。
 

彼の議員としての活動も説明できない

私も説明できません。個人的な事情があり、しばらく河内長野から足が遠のいていたからです。この4月5月には、市議会議員選挙そして毎年参加している「関西チャリティ100km歩こうよ 大会」が開催されるのですが、それも申し訳ないですが不参加です。

 

そういった理由から、詳しい活動内容まで知らない状態で応援に駆けつけています。議員としての活動内容は詳しく知りませんが、もう8年も前からお付き合いいただいていますし、セミナーや勉強会で彼の思考は理解しているつもりです。

 

大変状況が厳しいと聞いて、なんか知らんけど飛んで行ったのです。何か手伝えたらと。納期ギリギリの仕事もあり、クライアントさんには大変申し訳ありませんが、半日だけ彼のためにお時間使わせていただき、河内長野、千代田、三日市、汐ノ宮、と選挙カーで回らせていただきました。

 

むしろ本当にファミリー企業の社員や有償サポートなら、バレないようによくよく教育するのではないでしょうか。

 

地元のボランティアでない

彼の支援者には、ミラサポやセミナー・勉強会でウェブ集客を教わった事業者が多くいます。私もそうです。2010年にTwitterセミナーに参加したのがきっかけです。
 
しかし、地元河内長野の事業者は、大々的に特定の候補者を応援するのが大変難しいです。それは、お客様の目があるからです。お客様の中には、他の候補者を応援したい人もいるでしょう。そうなると、表立って支援者として活動することが難しくなります。
 
大阪市、堺市、富田林市、枚方市、淡路島、神戸市…なんとオランダから帰国してまで応援しに来た人もいます。地元のボランティアじゃないとおかしいですか?逆にすごくないですか

私は恥ずかしながら、選挙のことはよくわかりません。ただ、地元のボランティアが少ないことに異論がもたれることが不思議でした。というより、地元の人もたくさんおられました。たまたま目に付いた他地域の人がインパクト強かったんでしょう。

くわしくはリブログをお読みください。…しかし、堺の人って、もしや…(汗)
 
 
地元だと人の目があるから応援しにくい。
地元じゃないほうが応援しやすい。
 
いたってシンプル。
 
地元でもないのに、メリットもないのに応援するのは、それは心から応援したいと思うからです。
 
何もややこしく考える必要ありませんね。
 
 

ネットでの表現は自由だけど他人を傷つける表現はNG

Twitterで誹謗中傷された・してしまったとよく相談を受けます。本当に残念なことです。特に、匿名だから何書いても大丈夫という風潮に憤りを覚えます。
 
また、表現の自由という斧を振りかざす人がいることにもうんざりします。目にした人が大変気分を悪くします。そこに平和的で建設的な解決は生まれません。
 
なので私も、クッソ腹たつという思いを、可能なかぎり見栄えのいい文章に整えて書くようにしております。無駄に人の気持ちをあおるつもりもないからです。喧嘩するのが目的ではありません。私もそこまで暇じゃない。
 
 

ご理解いただけたら嬉しいです

他人をコントロールはできません。ですので、このブログ主さんが記事を訂正してくれるかどうかわかりませんが、ご理解いただけたらいいなという気持ちで以下のコメントを残しました。

 

誰もが自分なりの考えを持っていて、行動しています。よく知らないのに憶測で決め付けられるといい思いはしません。

このたびの選挙期間中は、Twitterによる誹謗中傷投稿(#河内長野市会議員選挙)がごくわずかですがありましたので、独断で対応させていただきました。

 

この記事もそうです。私の独断で書いています。

 

文章を書いていると、そういうこともあるでしょうけれども、自戒を込めつつ…

 

他人を揶揄する文章を安易にインターネットに書き込まないようにしましょう。

 

いちWeb屋として、声を大にして申し上げます。

 

 

====コメント文コピペ=====

 

記事に誤解を生む表現があります。

たかひら様、はじめまして。ホームページ改善アドバイザー 日向 凛です。大阪市でウェブ制作をしているフリーランスです。

今回、みちばた市議の応援に駆けつけたものですが、「有償サポート」という表現に大変傷ついています。

ご理解いただけるようなら、削除されなくていいので、「打ち消し線」(街頭の記述に上から線を引き、新たに正しい文章を追記するもの)で訂正いただけませんでしょうか。

ご指摘のいくつかは、なるほどウンウンと納得の内容で、大変有益かつ好意的な文章だと理解しております。

しかし、集まったメンバーを、ファミリー企業の一員や有償サポートとと表現されたのは許しがたい気持ちです。

私たちの多くは「関西100kmウォーキング」というイベントの参加者どうしです。このイベントでは、自らお金を払ってサポートも行います。変わってますよね(笑)

今回ご指摘のような、みちばたの支援者の多くは、私を含め、ミラサポやIT勉強会でウェブ活用を教わった事業者です。

地元の事業者はお客様のとの関係もあるので、「特定の候補者を応援しづらい」のです。だから青空事務所には地域外の支援者が多かったのです。

そして、堺から来た人について。多分あの人かなと思うのですが、口下手なかたなんです。うまく説明ができない。
そして、もっというと、私も今回詳しいことも知らずに来ました。自分のことでも大変だったのですが、大変んしんどい状況と聞いて、なんか知らんけど来たんです。

ウグイスも噛み噛みですし、途中でセリフ忘れました。

ど素人の支援者の集まりだったんですよ。

むしろ、企業の社員や有償サポートなら、ばれないようにきちんと教育しますよ。私ならそうします(笑)

そういった理由で、ろくに説明もできない、他地域からの支援者が多く集まっておりました。けっして有償サポートではありません。むしろ締め切り前、夜勤明け、夜勤前、配達の途中と「遠方から選挙権もなく何のメリットもないのに」駆けつけたメンバーです。

たかひら様のこの記事に、大変大変悲しい思いでいっぱいになり、思わずパソコン開いてコメントさせていただいた次第です。

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ホームページ作成を見積もり依頼すると、制作業者によって金額がまちまちで、何が違うんだろうと思われることでしょう。

 

実際、10ページで70万円、スマホ対応するとさらに追加で40万円というホームページ制作業者もあり、私でもびっくりすることがあります。

 

そういったこともあり、無料ホームページサービスであるWixやJimdoを自社ホームページに使っていいのかと、たずねられることがよくあります。

 

結論から言うと、何の問題もありません。たとえば、Wixが表示する広告はごくわずかで、会社のブランディングを損なうものではありませんし、GoogleやYahoo!の検索結果にも問題なく表示されます。

 

もしも、必要としているのが、業務内容と会社概要を説明するページ程度で、それ以上の高機能はいらないのであれば、無料ホームページサービスを使わない手はありません。

 

一番損なのは、インターネット上に自社の情報が存在していない、つまりホームページがないということです。あとからいつでも作り変えはできますから、もしホームページがなくて迷っているのなら、すぐに無料ホームページを始めましょう。

 

 

 

ところで、ホームページ費用の内訳は?

 

ホームページをインターネット上へ公開するのに必要なものは

 

  • ホームページのデータ(HTMLファイルなど)
  • それをアップロードするためのサーバー
  • ホームページのURLを決めるためのドメイン

 

以上の3つです。

 

サーバーは、さくらインターネットなら月額515円、ちょっと高めのCPIでも月額3,800円(税別)。

 

ドメインは、ムームードメインで「.com」を取得すると年額1,280円(税別)です。

 

そうなると、あと必要なのは、ホームページデータの制作にかかる費用、ということになります。

 

この制作にかかる工程が、サーバー・ドメイン設定も含め、各業者ごとに違うため、ホームページ制作費用も大きく違ってくるというわけです。

 

ただ、注意しないといけないのは、高い業者はぼったくりで、安い業者が良心的、ではないということ。

 

プログラムをいちから記述してホームページを作る制作会社では、100万円以上かかることも珍しくはありません。その代わり、実装したい機能を妥協することなく実現してくれるでしょう。

 

また、売り上げアップのための工夫を施されたデザインや、SEOを強化したコンテンツを制作した場合も、やや高めの費用がかかりますが、それ以上の費用対効果が見込めるのなら、十分値打ちのあるものといえます。

 

また、私の提供している「3時間3万円Wixホームページ」は、Wixの特性を最大限に活かしたサービスで、依頼者と打ち合わせしながら3時間でホームページを作成し、SEO設定して公開するというもので、ある意味「目の前で突貫工事」と言えます。

 

とりあえずホームページが欲しい、あるいは最低限のページだけでいい、あとは自分で作りたい、という人に向いています。

 

このように、ホームページの用途や目的によって、必要とする費用も変わってくるということになります。

 

 

無料ホームページでもビジネスに使って全然OK!

無料ホームページは、サーバーの設定をする必要もなく、ドメインも無料のものが使えて、Wixなら「アカウント名.wixsite.com/サイト名」といったURLになります。

 

ページの中身であるコンテンツは自分自身で書くわけですから、費用はかかりません。

 

はたして、そんなのでいいの?と思われるかもしれませんが、会社概要パンフレットなどがあれば、それをそのままホームページに書き写すだけでもOKです。

 

要は、業務内容・会社概要がわかって、連絡先があればそれでいいのです。

 

 

ドメインは自社で管理しよう

 

無料ドメインでもいいのですが、やはり自社のドメインが欲しいという場合、ムームードメインなら年間千円程度で「独自ドメイン」が取得できます。取得手続きも簡単で、あとは年に1回料金を払うだけ。何も難しくはありません。

 

少し設定が必要にはなりますが、ほとんどの無料ホームページサービスに適用することができます。もちろん、Wixにも使えます。使いたい希望のドメインがある場合は、先に取得しておくのも一つの手です。

 

もし、このドメインを業者が管理している場合は注意してください。その業者を解約する場合に、ドメインを使わせてもらえない、あるいは「移行費用」と称して高額請求されることがあります。

 

ほとんどのホームページ制作業者はそんなことしないと思うのですが、そういう事例もありますので、大事なドメインは自社で管理するようにしましょう。

 

 

WordPressのメリット・デメリット

 

世界シェア8割のCMS(コンテンツマネージメントシステム、ホームページを作るためのプログラム)であることから、多くの人が使っていて情報も豊富です。

 

しかしそれは、同時に、サイバー攻撃の標的にもなりやすいとも言えます。実際、ひんぱんに「更新」作業をうながす通知が管理画面に来ますが、あれはシステムの脆弱性をつねにアップデートしているからなのです。これを放置するとハッキングの危険にさらされることになります。

 

 

Jimdoのメリット・デメリット

 

クリック操作で、テキストを入力し、画像をアップロードして、ホームページを作成するので、とても簡単。商品5点までなら、無料でショッピングカートが使えます。

 

見たままの操作感がわかりやすいのですが、うっかり削除すると元に戻せません。また、フォームの設定やコンテンツの位置など、あまり細かいデザインは実現できません。

 

 

Wixのメリット・デメリット

 

クリック操作でテキストや画像を編集するのはJimdoと同じですが、決定的に違うのは、ドラッグ&ドロップで好きな位置にコンテンツを配置できること。また、アプリの追加で、ネットショップや予約システム、メルマガ、自動メール、掲示板、会員登録、音楽配信、動画販売など多彩な機能を追加できます。

 

デメリットは、表示が少し遅いこと。これをカバーするためか、ブログにはAMP(アンプ、モバイルで早く表示させるための機能)が搭載されるようになりました。

 

 

その他のCMSのメリット・デメリット

 

世界シェア2位、3位のCMSとして、Joomla!(ジュームラ)とDrupal(ドルーパル)があります。

 

Joomla!はホームページに言語を追加するだけで、簡単に多言語化することができます。1つの国でいくつもの言語を使うのが当たり前な海外では、当然の仕様なのかもしれません。ただ、国内で使っている人がそれほど多くないため、情報収集に手間がかかりそうです。

 

 

Drupalは、大規模案件にも耐えうる細かな拡張性と、サードパーティモジュールもサポートするセキュリティチームがあるのが特徴で、政府や大学のホームページによく使われています。それだけに、かなり敷居は高いように思いました。難しそうです。

 

 

ここまですべて、海外のCMSでした。そこで、国産のCMS「baser CMS」を紹介したいと思います。

 

baser CMSは、日本人が日本人のために作ったCMSで、日本の企業が使いたいと思うであろう機能が搭載されているのが特徴です。

 

Windowsで慣れ親しんだ、フォルダ構造で表現されたホームページの階層と、複数設置可能なブログ、添付ファイルも利用可能なメールフォーム、郵便番号による住所の自動補完など、これらがマウス操作でホームページに設置できます。

 

海外のCMSだと、不具合が起きた場合に助けてくれる相手がいないものですが、baser CMSなら「僕たちに何でも言ってください!」とbaserCMS公式エバンジェリストさんの心強い返事を聞くことができます。

 

WordPressに代わって、安心して使えるCMSとして、私がもっとも今注目しているもの。この夏のCMS夏祭りで一目惚れしたのでした。

 

ただこれも、使える人がごく少ないので、制作依頼をするにはコネクションが重要かも(笑)ちなみになんと、エバンジェリストさんが私のTwitterのフォロワーさんだったという偶然。これはきっと運命かもしれません。

 

 

 

 

まとめ

 

無料ホームページとしてWixとJimdoを、サーバー設置型のCMSとしてWordPress・Joomla!・Drupal・baser CMSを紹介しました。

 

無料ホームページは誰でもすぐに始められます。しかし、サーバー設置型のCMSはやはり専門家による作業が必要です。

 

簡単でもいいので早くホームページが欲しいなら無料ホームページを、機能的なホームページが欲しいならサーバー設置型のCMSを選ぶといいでしょう。

 

いずれにしても、各CMSの特徴を知った上で、自社のITスキルも考慮しつつ選ぶと間違いがありません。

 

ただし、無料ホームページで始めて、あとでサーバー設置型のCMSに移行を考えているのなら、あまり先延ばしにしないのが得策です。

 

WixとJimdoは、ホームページデータのエクスポートができません。ブログ記事が増えると、それらはすべて手作業コピペでの移行になり大変な作業になってしまうからです。

 

もし、Wixでホームページを作ってみようと思われたら、ぜひこの本をお求めください。アカウント作成から、ネットショップ、予約システムのついたホームページを作る手順が図解されていますから、その通りにすればホームページが完成します。

 

 

 

また、お困りの場合は有料サポートもありますので、まずはLINEで気軽にご相談ください。

 

友だち追加

 

 

かねてから取り組んでいた、メインのホームページの引越しが終わりました。

 

WordPressからWixへの移行作業で、やってみてわかったことをまとめてあります。

 

ホームページをWixに変えようかなと検討している人は、やってから「しまった」と思う前に、一度ご参考くださいね。

 

IT導入補助金の締め切り直前で、ブログの更新は見送りが続いています。

なので今回は一本だけ…

 

 

今週のダイジェストはこちら!

 

WordPressサイトをWixに引っ越し!そのメリット・デメリットと注意点とは。

 

 


 

 

 

5ヶ月ぶりのアメブロになってしまいました。

 

突然家を追われることになり、仕事場としての事務所の開設、自宅の引っ越し、SNSでのトラブル、かと思うと100km歩いたり、Wix公式のアンバサダーとして活動を始めたりと、波乱万丈が凝縮された半年間だったように思います。

 

このアメブロを始めたのは、2009年6月26日。その頃に知り合った、アメブロ仲間の皆さんとは、今でも仲良くさせていただいており、シューケアゆみちゃんとは、昨年末はじめてお目にかかり、私が自分を取り戻すきっかけを与えてくれた出会いになりました。

 

FPミゾさんとは先日100kmウォーキングの二日間を共に過ごしましたし、スイーツレポーターちひろくんとは、先日お店でお仕事させていただき、「一杯入魂」の熱い姿を拝見したばかりです。

 

また、画家のいとぅ〜ちゃんとも、スイーツレポーターちひろくんのお店の販促品のデザインのご縁で、つながらせていただいています。

 

そうそう、CJ中嶋さんや、出版の山田プロデューサーとも、4日前にパーティでお会いしましたね。

 

アメブロをやめてしまう人が多いのですが、こういう人たちとの出会いのきっかけの場であったことを考えると、なかなかアメブロから離れ切れず、管理しなくてはならないブログが増える一方というわけです。

 

 

さて、ひっさびさの

今週のダイジェストはこちら!

 

ホームページをリースしてはいけない!その致命的な理由とは。

 
 

インスタ・Facebook…SNSでの写真トラブルにあわないためには

 
 

最近思う、WordPressサイトのメリット・デメリットとは。

 

 

こんにちは!ホームページ改善アドバイザー 日向 凛です。

 

今週は、WixだけでなくWordPressネタも少々あります。

 

昨年末に、新しく良さげなWordPressテーマが登場したので使ってみたところ、案の定、つまづいてしまったのでした。

 

WordPress.orgのサポートのおかげでなんとかなりましたが。

ああ大変だった…

 

 

今週のダイジェストはこちら!

 

新年恒例!スペシャリストが教える!新春企画「ソーシャルメディアsns」活用即実践セミナーに行ってきました

 

Facebookの通知も良し悪し?多くて困る時は設定で調整しよう。

 

エバンジェリストへの道。蟹座の満月にお願いしたこと。

 

【HTMLサイトのスマホ対応化事例】大阪の運送会社 松元サービス様

 

#JWPP 日本Wix振興プロジェクトとは?

 

ホームページのヘッダー背景に動画を表示するには?

 

WordPressブログをWixとともに同じドメインで使う?方法

 

 

===========================================

 

ホームページを中心としたWebやITのお困りごと

こちらのLINEで気軽にご相談を♪


友だち追加

 

 

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今さらな気もするご挨拶なのですが、今年最初のアメブロ更新になります。

 

2009年に始めたこのアメブロも、運用するサイトやお客様からのご依頼が増えて、更新頻度が落ちてきてしまいました。

 

そこで、今年は、ダイジェスト記事をまとめて週1回程度、掲載しようかと思っています。よろしければどうぞお付き合いくださいますよう、お願い申し上げます。

 

 

今週のダイジェストはこちら!

 

おぉ!WixがHTTPSに!?【3時間3万円 Wixホームページ作成訪問指導】事例No.1 フラワーショップ サンドロット様

 

【1月9日まで】本を2冊買って、ビジネスに役立つレポートを16本ゲットしよう!

 

なぜ私が「エビとカニの水族館」サポーターを?朝日新聞 和歌山版に掲載されました

 

スマホ対応したページの表示が遅い…でも当面は検索順位に影響なし!?

 

私が、最近WordPressに代わってWixを強くすすめる理由とは。

 

【3時間3万円】その日のうちにホームページ公開も可能!訪問指導をはじめました

 

もう今やらないとマズイかも。ホームページの「スマホ対応」

 

2017年!新たにブログを始めたいと思った人におすすめのブログサービス

 

Facebookをうまく使ってビジネスに活用したい、というのは誰もが考えていることです。しかし、「いいね!」の数ばかり気にして、「いいね!」をもらうために必死になって、疲弊した経験はないでしょうか?

 

出会う人かたっぱしから友達申請してみたり、

「いいね!」をもらいたくて綺麗な写真を投稿したり、

どこに行っても自撮りでアピールしてみたり、

早朝6時に投稿してみたり。

 

そこに注いだ労力は、売上になって返ってきましたでしょうか?

私もなんだかんだで迷ったことがあります。

 

どうもうまくいかなかった、という経験のある方はぜひこの本をお読みください。もう、Facebookで憂鬱になる必要はありません!

 

ビジネスにつながる 儲かるFacebookの投稿講座

 

「いいね!」を集めて悦に浸るのはもう古い。本当に儲かるために必要なFacebookの使い方が書かれてあります。

 

 

 

 

そうか〜これでいいんだ。と納得。さっそく読破しましたので、内容の一部をご紹介したいと思います。

 

 

「Facebookを快適に使うための設定方法」の章では、セキュリティ対策からストレスから解放されるための効果的なブロック方法まで、ついついひとりで悩んでしまいがちな項目について書かれています。まずはこの通りに設定しましょう。もうFacebookを怖がる必要はありません。

 

 

「相手に見つけてもらい、選ばれるためのプロフィール」の章では、どのような写真をプロフィールにしたらいいか、プロフィールにはどのような文章を書けばいいのかが書かれています。自己紹介とは違います。選ばれる人になるためのプロフィール文に書き直しましょう。私もやらなきゃ。

 

 

「自分らしく、Facebookでファンをつくる個人ページ」の章では、何をどう投稿すれば、ビジネスとしてブランディングできるかのコツが書かれています。ユーザーの反応を得られやすいテーマと切り口の見つけ方のワークが掲載されているのがとても嬉しい!!どんなワークか知りたい方は、書籍のP.116、P117をご参考ください。

 

 

そしてここから大事!ただなんとなくグループやイベントを使っていませんか?

Facebookページにちっとも反応がないと嘆いていませんか?

 

「成長するコミュニティで関係性を築くFacebookグループ」以降の章では、今までどうやったらいいのかわからず、うまく使えていなかった、グループ・イベント・Facebookページをの活用方法についての疑問がクリアになること間違いなしです。

 

特に、「一層目・二層目・三層目」と徐々に関係性が密になっていくこの手法は…

 

むやみやたらに「招待」を送って嫌われるようなことは、もうしなくていいのです。ぜひこの手法を活用して、関係性を構築しコミュニティを成長させてビジネスにつなげてみてください。

 

 

 

 

Facebookがしんどくなくなる!楽しくなる本です。

 

実は私も、イベントやグループを作るのが超ヘタっぴ。苦手で苦手で困っていました。ですので、この本を読んでFacebookを上手に活用したいと思います。

 

私だけでなく、ぜひ皆さんにも楽になっていただきたい。

 

今日明日とお求めいただくと、Amazonキャンペーンで大変お得です。

 

ビジネスにつながる 儲かるFacebookの投稿講座

 

「いいね!」の数に囚われないことが重要です。(P.130より抜粋)

 

継続性と一貫性で、「いいね!」は「集まる」のです。

 

 

 

 

フリーランスや個人事業主など、自分の好きなことを仕事にして売れ続けたいと思っている人!そんなあなたにぜひ読んでいただきたい、と思う本を紹介します。

 

それは、前作なんと10刷の人気ハンドメイド本著者「たかはしあや」先生のこの本です。

 

「もっと売れっ子ハンドメイド作家になる本」

 

もっと売れっ子ハンドメイド作家になる本

 

ハンドメイド作家と書いてはいますが、ハンドメイドに限らず、

 

自社のオリジナル製品をブランド化して売りたい

あるいは自分そのものをブランディングして売れたい

 

そんな人にもドンピシャでお読みいただける内容のはず。なぜなら、この本は

 

・ブランディング

・売り方

・陥りがちな悩み

・ファンから応援される方法

・仕事の本質的な関わり方

 

これらについて言及されている、ビジネス本であるからです。こんなカワイイ装丁ですが、中身はガッツリ売れるための情報が満載。

 

そして著者のたかはしあや先生自身もこんなに愛らしい外見でありながら、稼ぐこと、ビジネスに対してとても真摯な姿勢をお持ちで、生ぬるいことはおっしゃいません。実際私も、言われてハッとしたことがいくつもありました。

 

ついつい甘くゆるくなりがちな個人事業主に与えてくれる「愛のムチ」となり気づかせてくれることが山盛りなのです。

 

いくらあちこちセミナーや交流会に行って、Facebookで人脈たくさん作っても、根本的なビジネスマインドができていなくては、そのうち尻つぼみになって消失していまいかねません。

 

ちょっと目次をご紹介すると…

 

●CHAPTER 1 仕事にするには売れ続ける作家になろう

●CHAPTER 2 売れ続ける作家に共通している7つのこと

●CHAPTER 3 作ったものを売るのではなく売れるものを作る

●CHAPTER 4 あなたから買いたいと言われるブランディングのススメ●CHAPTER 5 作家を苦しめる「サンクコスト」の整理をしよう

●CHAPTER 6 長く続けられる販売方法を探そう

●CHAPTER 7 インターネットを中心とした販売方法

●CHAPTER 8 イベントなど対面販売を中心とした販売方法

●CHAPTER 9 店舗・百貨店などの委託を中心とした販売方法

●CHAPTER 10 ファンを作り商品や作家を応援してもらう方法

●CHAPTER 11 仕事として継続しやすい「自分で売る」方法へのシフト●CHAPTER 12 仕事の本質と人との関わり合い方

 

見ただけでも、内容の充実度がおわかりいただけるかと思います。これ間違いなく、自分に置き換えて取り入れられるノウハウがたくさん詰まっているはずです。

 

この本読んで、気持ちにテコ入れしてみませんか?

 

今日中のお求めならAmazonキャンペーンで豪華商品が当たります!

たかはしあや先生のご指導が受けられるチャンスも!!!

 

>>>>> いますぐこのバナーをクリック! <<<<<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

もっと売れっ子ハンドメイド作家になる本 たかはしあや アマゾンキャンペーン

 

 

 

 

 

お盆休みも終わりました。連休中は、なかなかお仕事集中モードにはなれないため、私は普段できないGoogle Chromeのブックマークを整理しました。

 

とっておきたいページを見つけるとついブックマークをしてしまうので、溜まりに溜まってとても見づらくなっていたのです。

 

気になる記事を後から読むための無料ツールも試してみましたが、整理整頓をしようとすると有料プランに変更しなくてはならないことがあるなどして、結局あまり使わなくなりました。

 

最終的にはブラウザのブックマークに保存して整理整頓するのが私にはあっているようです。

 

 

ブックマークが整理されていないと、必要なときに欲しい情報がサッと取り出せなくて時間を無駄にしてしまいます。

 

ただし、フォルダ分けすることで手首を動かす回数は増えますから、これもなるべく省力化しないと意味がなくなります。

 

縦のスクロールと、横へ動かす動作をなるべく少なくして、欲しい情報にアクセスしやすくするには?

 

これは自分が使うものですから、やり方に正解はありません。最終的に無駄なく情報が取り出せればいいのです。みなさんも、もしブックマークが使いづらいなと思っていたら、一度整理してみてください。きっと楽になりますよ。

 

 

 

大阪でホームページ制作をしているフリーランスです。ご相談はホームページ改善アドバイザー 日向 凛までお気軽に!

 

ご依頼を受けてホームページを拝見したとき、何のビジネスをされているのか、わからないことがあります。

 
私が見てわからないということは、他の人から見てもわかりづらいかも知れません。
 
そうなると、せっかくホームページを見に来てくれた人もすぐにそのページから離れてしまいます。これはとても損ですし、SEOの観点からも大変良くないことです。
 
では、どうすればいいのかと言うと、
 
ホームページを開いて最初に目にする「ファーストビュー」で、お客様の「ベネフィット」がきちんとお伝えすればいいのです。
 
ベネフィットとは、お客様が得られるメリットのこと。商品やサービスの特徴を書くこととは違います!
 
「えっ、どういうこと?」
 
と思った人はぜひご相談ください。
 
「ホームページ作成・運用」相談会
 
 
簡単なヒントならその場で提案できると思いますので、よろしければどうぞ♪