熱海。

 

りくのら両親は新婚旅行で熱海に来たそうです。

当時はたいへんな人気のある観光地だったそうです。

 

今はまた人気が復活しつつある、という話です。

金色夜叉の寛一がすがるお宮を蹴り飛ばしている像は

海外からの観光客に、暴力行為の様子だと大変不評なんだそうです。

 

そりゃそうだ。

 

元のお話しを知らずにあの様子だけ見せられたらそう思うよね。

子どもの頃、あの像を見たりくのらも、大変嫌な気持ちがしたことを思い出しました。

なんでこんなことしてるの?

と大人に尋ねたら、

「 別れろ切れろは芸者の時に言う言葉… 」

と、芝居がかって答えられて、ますます意味がわからなかったことを思い出しました。

 

寛一のような男とは付き合いたくないものです。

じゃあ外国からの観光客に不人気だからどかす、というのはまた別の話だと思うが。

 

そして宿泊したホテルは、人気観光地だった当時に最新式ホテルとして建てられて、

そしてそのまま時の過ぎ行くままにもの古りたような佇まいがそこここに。

 

 

電光表示の字体とか、色合いとか、錆び具合とか。

 

 

客室の鍵とか、ドアノブとか、ピンポンの押し釦とか。

カード式のキーを通すスリットがついていますが、渡された鍵は普通のだった。

 

 

非常用懐中電灯とか。

 

 

とても敷地面積の大きい宿泊施設です。

傾斜地に新館と本館が建っているので、この案内図がないとちょっと迷う。

 

お泊り袋は3色ありました。

中の浴用タオルの縁取り ( 温泉の浴用タオルって薄くて使いやすいよね きゃぁ~ハート ) と

歯ブラシの柄は袋の色と揃っていました。

 

 

客室から熱海湾が見えます。

雨模様で海は灰色ですが、向こうに初島がぼんやりと見えます。

 

温泉は露天風呂がふたつと地下の大浴場があります。

ふたつしか試せなかったのが心残りです。

今度行く機会があったら、入り逃した 「 家康の湯 」 も試したい きゃぁ~びっくりマーク

 

温泉って様々な年齢層のいろんな体格の女の人の裸身を拝見できるわけですが、

( 自分も含め ) これが全部同じ種の動物なんだなあ… と思っちゃう ( 失礼な… )。

 

早朝の露天風呂は貸し切りでした。

思う存分長くなって表に浮かんだり、裏に浮かんだり、バナナワニ園遊びができました きゃぁ~ハート

( 浅いところで長くなって底に手をついて進む遊び。 やりすぎるとのぼせる。 )

 

 

のぼせたので窓辺で涼んでいたら、

鳩が来ました。

 

窓の外側の手すりをなにか用ありげに通過していきます。

 

鳩はこの後、次々に何羽も来ました。

どうやら通り道になっているようです。

なぜか1羽ずつやってきます。

 

どの鳩も忙し気にひょこひょこと通って行くのですが、

窓の中からりくのらが凝視しているのに気づくと、

 

あ、こいつは失礼しました。

 

って感じで速度を上げて行ってしまいました。

 


■□■□■□荒川区囲碁同好会 今週の対局場■□■□■□


午後1時~5時 見学随時 直接会場へおいでください。会場へのアクセス

はホームページ参照。

■ 6月27日(火)。。峡田ふれあい館

■ 6月28日(水)。。峡田ふれあい館 楽しく5級を目指す囲碁教室 きゃぁ~ハート

■ 6月29日(木)。。峡田ふれあい館

■ 6月30日(金)尾久ふれあい館

AD