2015年11月22日(日) 10時10分21秒

甘えるのが苦手なあなたに・・・<限定8>

テーマ:【たおやかLOVEセオリー】
いつもありがとうございます。  

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。

ドラマネタ♪



オトナ女子の5話で、

高山が男性心理を的確に話していました。

ちょっとそのやりとりを。

池田と付き合いはじめた亜紀でしたが、

なにかしっくりこない、違和感を感じたままもやもやしている。

そんな状況を高山に話すシーンです。

~~~~~~~~~~~

高山「あなたたち二人はお互いに気を使いすぎなんじゃないかなぁ。
相手を思いやるのはもちろんいいことです。
でもこのままじゃどこまでも他人行儀のままじゃないですか」

亜紀「じゃあどうすればいいんですかね・・・」

高山「一度、思いっきり甘えてみたらどうですか」

亜紀「甘える?」

高山「甘えるというのは、恋愛において重要な要素ですから」

亜紀「そりゃそうですけど・・・」

高山「そういうの苦手でしょ。」

亜紀「ま、どっちかというと人に甘えちゃいけないって思いながら
生きてきた方だったから」

高山「ほかのことと恋愛は分けて考えないと」

高山「いや、なんでもいい、弱みを見せて相手に弱音を吐くんです。
向こうの都合なんかおかまいなしでね。
向こうが怒り出すんじゃないかと心配になるぐらいに」

亜紀「やってみるかな」

その後亜紀に、会社でショックな出来事が起こります。

そのことを恋人の池田に甘えて聞いてもらおうと、電話をかけるんです。

ところがタイミング悪く、池田は仕事中で、

しかも意を決して甘えようとしたそのタイミングに

仕事がうまく行った話をされてしまいます。

結局甘えてみようと思ったものの、

甘えることができなかった亜紀でした。

翌日、高山にその話をする亜紀との会話です。


高山「ダメだった感じですか。」

亜紀「ダメだったって感じです・・・・・
甘えようと思ったんだけど、向こうもすんごく大変そうで
なんだかそんな感じじゃなくなっちゃって」

高山「そんなことお構いなしに甘えなきゃ」

亜紀「んなこといわれたってもう。」

高山「男はそれが結構うれしかったりするもんですよ」

亜紀「そうなんですかー」

高山「男は女に甘えられたり、
わがままいって振り回されたりするとうれしいもんなんです」

亜紀「でも私にはそんなことできそうもないな・・・・」


亜紀のように甘えるのが苦手な女性は多いです。

相談でもものすごく多いです。

そういう女性が多いからこそ、

ドラマも共感を得られて成立するんですね。

だけどそれはすごく損をしています。

女性として感じることができる幸福感の

50%は損をしていると思うんですよ。

わがままを言ったら嫌われたらとか、

申し訳ない、迷惑かもしれないと思う女心はよーくわかります。

でも、男性は、案外わがままを言われると、

うれしそうにするものですよ。

何がうれしいかって、

わがままや甘えは、男性の「力に頼る」ことだからです。

女性のわがまま(要求)を叶えてあげることができた、

という事実は、すなわち自分は女性を幸せにできる、

ということにつながり、満足感を得られるのです。

男性は本能的に強くありたいと思っています。

甘えやわがままは、男性が強さを発揮できる場面だから、

それは迷惑でも、嫌いになることでもなく、喜ばしいことなんです。

このドラマの脚本は男性なんですよね。

だから男性のセリフは、

男性心理が盛り込まれていると思ってみたらいいです。

女性が脚本の場合、女性がこうであって欲しい男性が

描かれることが多いので、参考になりにくいです。

この会話のポイントは以下の2点ですね。

「いや、なんでもいい、弱みを見せて相手に弱音を吐くんです。
向こうの都合なんかおかまいなしでね。
向こうが怒り出すんじゃないかと心配になるぐらいに」

「男は女に甘えられたり、
わがままいって振り回されたり
するとうれしいもんなんです」

これ正解。

多くの女性は頭ではわかってる。

わかってるけどできへんねん!!

という状態に陥ってるんですね。

でも、本当はできないわけないんです。

なぜって女性はうまれつき姫だからです。

以前、友人の赤ちゃん(女の子)と対峙したときの

話をたおやかLOVEセオリー になぞらえて書いたことがあります。

姫に学ぶ、恋愛のお作法

姫のように振舞ってください。

この現象って実は、この赤ちゃん特有の個性じゃないんです。

どの女の赤ちゃんにも備わっている本能なんですよ。

女性としての純粋な本能なんです。

でも、多くの方は生きていく中で、

いろんな知識や情報や体験をしてしまうから、

本能を置き去りにしてしまっているだけなんですよ。

甘えるなんてできない!!というのは、思い込みなんです。

実際、私が指導させてもらった方で、

「甘えるなんて絶対に無理です!!」と言い切っていた方が、

甘えることができるようになるのを、何人も見てきました。

みんなできないなんて、うそつきです(笑)

ぜんぜんできるんですよ。

結局そんなのはただの思い込みだから、

その気になれば手放せるんですよ。

そうはいっても、どうやって手放せばいいのか。

具体的なな方法については、

たおやかLOVEセオリーテキスト 購入者限定のメルマガにて、

3日以内に配信いたします。

頼れるとか、甘えるとかって、

実際やってみると、すごく心地の良いものですよ。

最初はハードルが高いような気がすると思いますが、

やってみるとなんともいえず、気持ちの良いものです。

本来の女性、本来の自分はこうなのだなーと思えますよ。

たおやかLOVEセオリーテキストの購入はこちら→★★★


あなたが弥栄でありますように。


男心と男性心理のお勉強↓
メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)はこちら

婚活中のあなたへ↓
一生独身で終わらせないための効果的な7つの開運法



大阪・堺市の占い・幸粋事務所
http://www.rikopin.com/











いいね!した人  |  リブログ(0)

<たおやかLOVEセオリー>鑑定士・幸粋(コウスイ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります