2015年09月25日(金) 10時10分45秒

人生の「柱」を立てる。

テーマ:スピリチュアル
いつもありがとうございます。  

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。


最近ずっと、恋愛のことを書いていますね。

以前はスピリチュアルなことも書いていたんですよ。

というか、そっちが本来の専門分野です。

ちょっと原点に戻るような出来事があったので、

そんな話をしたいと思います。

たおやかLOVEセオリーとは、別次元の話です。

年代もあるんでしょうかね。

最近、同級生で重いご病気で入院される方や、

緩和ケアに入られる方が重なっています。

人は普通の生活が続いていると、

それがあたりまえになってしまいます。

そんなとき、周囲の人達で、

死を意識する出来事があるということは、

自分の人生を改めて考えなおしなさいよ、

というお知らせだと思うのです。

つまり、この世に生まれてきた意味を

改めて自らに問う機会ということです。

神道では神様は、人々がが幸せになることを願っている。

と教わりました。また、スピリチュアルな学びでは、

人は幸せになるために生まれてきた、と教わりました。

私がたおやかLOVEセオリーを伝える意味は、

その幸せのうちの1つ、

恋愛(結婚、男女関係)ジャンルを充実させるためです。

恋愛や結婚が人生の全てではありませんが、

女性にとってそれらは、

最重要事項であると思うのです。

ですから、それらを叶えることを

お手伝いしたいと思っています。

しかし、それらを強く求めるがために、

毎日辛いだけだったり、悲しいだけだったり、

彼のことにとらわれすぎて楽しくない日々

を送っているとしたら、本当にそれでいいのか、

立ちどまって考えることも大事かもしれません。

今は亡き、師匠がいつも言ってました。

「恋とか男の中に自分の人生を入れこむな」と。

「多くの女性は人生まるごとが、恋や男のことで支配されている。
そうではなく、おまえは自分の人生の柱を立てて生きろ。」

事あるごとに、師匠はそう私に言いました。

当時は私も今よりだいぶ若かったので、

恋愛至上主義的だったからだと思います。

柱とは、目標を立てることであったり、

(恋愛は全体の一部として)

自分の人生の全体を考えていくことです。

彼が好きで彼のことを考えるのはいいんです。

でも、人生そのものがそれすべてになっては、

生まれてきた意味が果たせなくなるんです。

生まれてきた意味の一部は、

恋愛をすることや結婚で得る体験です。

でも、それだけじゃないんですね。

本来は、自分の人生そのものを生きるためだと思うんですね。

人生には恋愛(男性のこと以外)にも、

楽しことが実はいっぱいあるんです。

私も20代の頃、恋愛以外に楽しいことなんて、

あるわけないと思っていました。

でも、今は違います。

それがあったんですよね。。。

いろいろなことに興味、関心を持つようになると、

それがわかってくるんです。

そういういろいろな体験、経験をしていくことが、

自分の人生を生きるということかなと思っています。

人の命というものを直視するできごとがあると、

やっぱりそこの原点を考えて進まなければと思うのですよ。

人生の終盤で振り返ったとき、

良い恋の1つもしていないのは、

さすがに寂しいですが、

かといって、恋愛だけに振り回されて、

毎日辛いだけの人生も、

また違うと思うのじゃないでしょうかね。

とかく恋愛だけ、彼だけに100%になっていると、

辛い辛いと日々を過ごしてしまいがちです。。。。

「今」だけに囚われ過ぎると、

目の前のことしか見えなくなります。

恋愛や結婚は人生という線の間の点、

という視点を取り戻すためには、

人生全体を見る、という瞬間が必要かなと思います。

人の人生や寿命というものと向き合う機会は、

それらを思い出す、きっかけになると思います。

自分の人生の柱を立てて生きていきましょうね。



あなたが弥栄でありますように。

男心と男性心理のお勉強↓
メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)はこちら

婚活中のあなたへ↓
一生独身で終わらせないための効果的な7つの開運法



大阪・堺市の占い・幸粋事務所
http://www.rikopin.com/














いいね!した人  |  リブログ(0)

<たおやかLOVEセオリー>鑑定士・幸粋(コウスイ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります