2015年06月15日(月) 10時10分43秒

披露宴はするべきか否か?

テーマ:【たおやかLOVEセオリー】
いつもありがとうございます。  

男性から深く愛される女性で世の中をいっぱいにします。

鑑定士・幸粋(コウスイ)です。


最近は地味婚が多くなったみたいですが・・・・

披露宴をしたほうがいいですか?と聞かれた場合、

結婚式&披露宴は、絶対したほうが良い!と答えます。

そもそも結婚式(披露宴)の意味とは何か?

考えてみるわけです。

結婚式はけじめですね。

ここから新しい人生が

スタートするという始まりの儀式です。

学校を卒業したら卒業式をします。

入学したら入学式。

亡くなったらお葬式。

結婚式もこれらと同じ、

節目とかけじめの意味かと思うのです。

では披露宴は?

これはお披露目だと思います。

これから二人で新しい家庭をつくり、

社会の中で皆様に貢献し、幸福になりますね、

今後もよろしくお願いします、という挨拶ですね。

人は生まれてくるとき誰もが、

(自分の個性や能力を活かして)

人の役に立ちたいと思って生まれてきています。

どの人もそうなんです。

そうあちら(あの世)で志を立てて生まれてきます。

そこから考えると結婚とは、人生の伴侶を得て、

一人では成し得なかったことを成していくスタートであり、

社会の中で新たな活躍をしていこうとする、晴れの舞台です。

私たちこれから頑張りますから、皆々様、どうぞよろしくお願いします。

とご挨拶する意味があると思っています。

それともう1つ意味があると思っていて、

それは、両親への親孝行です。

手塩にかけて育てた娘さんが結婚するという瞬間は、

ご両親にとっては、この上ない喜びの瞬間ではないかと思うのです。

結婚式&披露宴の主役は、もちろん花嫁さんです。

披露宴は、娘を嫁がせる親御さんのためのものだとも思うのです。

娘が結婚した事実ももちろん嬉しいでしょう。

でも、それはやっぱり大勢に祝ってもらう雰囲気、

大勢によかったね、幸せになってね、と祝福されるのを見る喜び

これは、何ものにも代え難い瞬間ではないかと考えます。

本当の意味で、娘を育てたと実感し、

幸せを噛み締める瞬間だと思うのです。

これを味あわせてあげるために、やるべきだと思っています。

だから、私は披露宴をしないという友人を見ると、

ご両親のために披露宴はするべきだ!!と強く言います。
(おせっかいでごめんえー)

絶対ご両親は喜ばれます。

「親孝行したいときに親はなし」という言葉もあるように、

嫁いだあとは、苗字が変わり

旦那さんの家の人間になりますから、

親孝行はできにくいです。

花嫁姿を見せてあげることは、

最後の親孝行かもしれないんですね。

つまり、披露宴をするべき理由は2つ。

1、日頃の感謝と、これから二人でがんばります。
どうぞよろしくお願いしますという皆様への挨拶の意味。

2、両親への親孝行

だと考えます。

人はたった一人で生きてるわけではありません。

日々、いろいろな人の助けや協力があって、今があると思うのです。

そういう意味で、日頃お世話になっている皆さんをお招きして、

披露して挨拶するということは、

そのことへの感謝の表現でもあると思うのです。

幸せな雰囲気を持ち帰ってもらうことは、感謝の表現になりえます。

披露宴に呼ばれると、幸せな気持ちになって、

やっぱり結婚っていいな、

参加させてもらって良かったなって思うものです。

幸せな場に居合わせてもらったことで、

これからも、二人で頑張っていくのを、

また応援して頂けることになるんです。

結婚とは、個人的なことのようでそうではないです。

必ず社会的なことにつながっています。

例えば私は一回目の結婚のとき、

旦那さんの会社の方々がこられました。

そしてその直後に旦那さんが昇進したんですね。

これはほかでもない社長さんが、

「あいつも結婚して所帯を持ったのだから、昇進させてやらんとな」

と思ったからだと思っています。

それも披露宴があったからこそだと思うのです。

身内だけで勝手に披露宴をしていたら、

そうはきっとなっていなかったと思います。

披露宴で報告&挨拶があるからこそ、

社長さんの顔も立つというものです。

そうやって周囲のことまで考えていくと、

やっぱりどう考えてもやるべきだと思うのです。

披露宴にかけるお金は関係ないんです。

お金がないなら、会費制で引き出物なしの

レストランウエディングをすればいいんです。

手作り感満載の披露宴も温かくていいものです。

ということで、長い人生を考えると、総合的に見て、

披露宴はやるほうが絶対にいいです。

では最後に、結婚式&披露宴を迎えた両親の気持ちを

素晴らしく表現している曲を紹介します。

披露宴のとき、ご両親はこんな気持ちになるんですよ。

これは一番の親孝行ではないでしょうか・・・・・

(動画は貼り付けると消されてしまうので各自で検索してください)


「うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)」

歌 竹内まりや
作詞 竹内まりや
作曲 竹内まりや

バージンロード進んでゆく 晴れ姿が涙で見えない
あなたと共に過ごした 思い出を今かみしめてる
喜びととまどい感じて 小さな指を見つめてた
あの日がまるで昨日のように 鮮やかによみがえる
ベール越しに輝く瞳 大好きな彼が守ってくれるわ
めぐり会えた二人の奇跡 大切にしながら愛して いつまでも

願うことはただ一つ どんな時も支え合って
笑顔絶やさずにいてね パパと私がそうだったように
これからは彼と一緒に 新しい歴史を刻む
あなたがくれた楽しい日々への 「ありがとう」があふれ出す
その門出に拍手送らせて 素敵な未来が待ってるように
私たちにとっては今日が 最高にうれしくてさみしい日
Your Wedding Day

あなたの選んだ人だもの きっと幸せになってね
役目終えた私たちから 贈るメッセージは
心からの「おめでとう!」
心からの「おめでとう!」

あなたが弥栄でありますように。

※LOVE理論の名称は、たおやかLOVEセオリーに変わりました。

メルマガ「たおやかLOVEセオリー」(登録無料)


一生独身で終わらせないための効果的な7つの開運法


魂を揺さぶる占い・幸粋事務所
http://www.rikopin.com/


いいね!した人  |  リブログ(0)

<たおやかLOVEセオリー>鑑定士・幸粋(コウスイ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります