幸せになるための離婚相談室

離婚しようか迷っている方、離婚で損したくない方、離婚で絶対に幸せになりたい方必見のブログです。無料相談受付中。親権、養育費、慰謝料、財産分与、離活など、お悩みの方、損せずにかしこく離活するためのブログです。

離婚問題で悩む人を応援します!



はじめまして。横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーのじゅんです。

このブログでは、あなたと子どもが、不安なく安心して生活していけるように、また離婚で絶対に知っておくこと・損しないための様々な情報を発信していきます。



あなたは一人で悩んでいませんか?離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。


メールでのご相談は完全に無料です。


無料相談のページへ




テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「離婚協議書を公正証書にするときの注意点その2~土地建物は強制執行できるか?~」です。


Aさん「前回、離婚協議書を公正証書にし、、”強制執行認諾約款”を明記してあれば、養育費の不払いなどあった場合強制執行ができるという事がわかりました!」

→離婚協議書を公正証書にするときの注意点


じゅん「そうですね。」


Aさん「強制執行して、相手の給与や預貯金を差し押さえできるといっても、相手の貯金が少なかったりしないか、不安です・・」


じゅん「そうですね・・。確かにこればかりは、相手にある程度の資力がないと、差し押さえできるものも少ないですもんね。」


Aさん「いい考えがありました!元夫は、土地を持っているので、養育費の不払いがあったら、この土地の明け渡しをできるように、強制執行してもらうとか。」


じゅん「残念ながら、いくら公正証書があっても、土地建物の明け渡しなどは、強制執行できないんですよ・。」


Aさん「えっ!そうなんですか?」


じゅん「強制執行できるのは、あくまで金銭に限られるんですね。」


Aさん「そうなんですね・・。残念ですが・・注意します。」




<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「離婚協議書を公正証書にするときの注意点」です。


Aさん「離婚協議書を、公正証書にしておくと、例えば養育費の不払いがあったときなどに、強制執行がかけられるなどの効果があるのですよね。」


じゅん「そうです。でも、注意しなければいけない事があります。」


Aさん「なんでしょう?」


じゅん「それは、”強制執行認諾約款”を必ず書くということです。」


Aさん「強制執行認諾約款ですか?」


じゅん「公正証書に記載した金銭の支払いが滞ったときは、強制執行に踏み切りますよ、という内容を表す文言です。」


Aさん「そうなんですね!では、それがないと強制執行できないんですね。それでは、意味がなくなってしまいますもんね。」


じゅん「そうなんです。だから忘れないように気を付けましょうね。」



<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


台風がまた来ているみたいですね。最近多いです。><


皆さま、お気を付けくださいね。


さて、本日のテーマは、「離婚で不安なことはなに?」です。


離婚を考えたとき、不安にならない人はいないと思います。


不安の要素は人それぞれ・・。


そして複数で複雑・・。


何からしたらいいのか分からない・・。

確かにその通りですよね。


私がオススメするのは、まずノートを一冊用意してください。


それは「離活」のためのノートです。配偶者には絶対に見られないようにしてください。


そしてそこに一つ一つ、不安な要素を書いてみてください。


子どものこと?


お金のこと?


仕事のこと?


周囲の人間関係?


離婚後の生活全般?


そして、さらに、それ一つ一つに対して、自分の希望も書いてみてください。


書き出すことで、自分の中で心を整理して優先順位がつけられるようになります。


不安の解消や希望条件へ近づくために、このブログをはじめ色々情報収集してノートに書いていきます。


不安と希望、すべてが思うようにいくのは難しいかもしれません。


でも、ノートを付けることで俯瞰でき、少しでも離婚にむけて自分が納得できる事が大切です。


一番いけないのは、不安にかられたまま、勢いで離婚してしまうこと。


1人で不安にばかりなってしまったら、私にも相談してみてくださいね。



<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「離婚後に親権者を変更できるか?」です。


結論から先に言うと、もちろんできます


一回親権者をどちらかに決めたとしても、人間ですから、その後その人が親として相応しくないとされる可能性が絶対ないわけはないですものね。


特に幼い子供の場合、子どもは母親と一緒にいるのが望ましいとされ、母親が親権者になることが多いです。


しかし、母親が親権者になったその後、新しい恋人ができて、子育てを放棄している・・などという場合、親権者の変更になる可能性があります。


その他の事例ですと、


・病気療養中だったため、泣く泣く親権をあきらめたが、完治した

・離婚して仕事を探さなくてはならなかったし、子どもが受験中だったため、新しい環境に移るのは避けていたが、仕事も決まったし子どもも受験が終わった


などのケースが挙げられます。


親権を変更するには、家庭裁判所に親権変更の調停の申し立て(または審判)の手続きをします。


家庭裁判所で慎重に調査し、親権を変更する必要があると認められれば、親権が変更されます。


なお、親権の中から監護権だけを変更(相手に監護権だけを与える、もしくは監護権だけをもらうなど)するときは、調停を行わず、協議だけで変更する事も可能です。


親権と監護権の関係はこちらの記事をお読みください。


いずれにしろ、親権を変更するということは、子どもにとっても、親にとっても大きな変化であることは間違いありません。


安定して、コロコロ変わらないようにすることがベストです。


子どもの幸せを考えて、極力最初から将来を見据えてよく考えて親権者を決めたいものですね。


<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「心の暴力モラハラ(モラルハラスメント)被害からの解決は、気づくところから始まる!」です。


そもそも、モラハラ(モラルハラスメント)とは、なんでしょう?


怒鳴る、ののしる、無視する、けなす、などの行為により相手を、精神的に傷つけ虐待する、心の暴力です。


しかし、このモラハラ、近年非常に問題になっていますが、家庭内という密室で行われることが多いため、被害者もまた、自分が被害者であるという事に気づかないこともあります。


DVだったら、明らかに異常な行為と分かりますが、モラハラだったら、証拠も残りません。


そして、「これぐらいのこと、夫婦ゲンカではよくあるのでは?」なんて思ってしまうのです。


しかし、突発的に起こる夫婦ゲンカと、モラハラは全く違うものです。


モラハラ行為は一定期間の間に繰り返し繰り返し行われます。


そしてモラハラの加害者は、無意識のうちに、モラハラを行う事で相手を支配下におこうとしているのが特徴です。


被害者も、最終的には精神的にボロボロになってしまい、周囲に助けを求めることもできず、加害者の支配下から抜け出せなくなってしまうのです。

モラハラ被害からの脱出には、まずは、被害者が、「これってモラハラかも?」と気づくことが第一歩なのです。


モラハラ」という言葉を知って、救われた、と言う被害者の方もいらっしゃいます。


まずは、気づき、そして、行動する。


あなたがあなたらしさを失う前に、ぜひ!



<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「養育費やお金の支払いなど、口約束ではダメ?」です。


日本では、養育費の支払い率が、先進諸国の中でも極めて低い国となっております。


そもそも、養育費の取り決めをしてから離婚する人も少ないですし、せっかく養育費の取り決めをしても、その後払い続けてもらっているのは2割にも満たないというデータがあります。


やはり、口約束では、将来に渡って養育費の支払いをしてもらうのは、不安すぎます。


では、どうすればいいのでしょうか?


私は、離婚公正証書(強制執行認諾約款付)の作成を強くお勧めしています。


これは、相手に資力がある限り、養育費の支払いに滞りがあった場合には、調停や裁判をおこさなくても、相手の財産やお給料を差し押さえることができるのです。



離婚公正証書(強制執行認諾約款付)を作成したということで、相手にも心理的プレッシャーを与える事ができます。


そして、養育費を受け取る側の、心理的ストレス緩和は相当なものです。


実際に離婚公正証書(強制執行認諾約款付)を作成された人は、


「これがある事で安心感が全然違う。」


「まさに自分と子どもの命綱である」


などの声も聞かれます。


相手に公正証書の作成まで持ち掛けるのは、大変なことかもしれません。


しかし、長いと10年以上にもわたる養育費のことです。


あなたと子どもを守るために、新生活を始める前の最初が肝心なのです。


<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「離婚の財産分与、ローンがまだ残っているマンション・自宅のコワイ話」です。


Aさん「前回の続きですね。家のローンが残っていますが、私と子どもがそこに住み続けます。離婚して夫は、家のローンを払い続けてもらいます。」


じゅん「それで財産分与にする、という事なんですね。」


Aさん「そうですね。」


じゅん「家のローンを組むときに、債務者は夫になっていると思います。で、Aさんは夫の保証人にはなっていないですか?」


Aさん「なったかもしれないです。家を買うときは、まさか離婚するなんて思いませんからね。。でも、それって離婚すればどうなるんでしょうか?」


じゅん「お金を貸している銀行からすれば、ローンの支払者が離婚しようがどうしようが、関係ないですからね。離婚したから、保証人をやめれる、というワケではないです。」


Aさん「えっそうなんですか!?」


じゅん「なので、離婚して相手の顔を見なくてよくなり、せいせいして暮らしていたのに、何年もたった後、元夫のローンの支払いに滞納があったら、急にAさんのところに請求がくる可能性もあります。」


Aさん「そんなのコワすぎますね。」


じゅん「そうですね。いくら夫婦といえども、やはり簡単に保証人になるべきではありませんね。」


Aさん「家に帰って、自分が保証人になっているかどうか確認してみます・・!」


じゅん「もちろん、Aさんが保証人になっていてもいなくても、ローンを夫に払い続けてもらう必要があります。きちんと離婚協議書にそれを明記し、公正証書にしておく必要がありますね。」


Aさん「もし保証人になっていたら、なおさらですね。」




<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。横浜の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


メルマガ配信しました!


損せず離婚する!メルマガ


今回は、「財産分与と慰謝料の区別はハッキリと」がテーマです。


ぜひ、購読してみてくださいね。



<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、夫婦問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「離婚の財産分与、ローンがまだ残っているマンション・自宅どうする?」です。


Aさん「離婚するのですが、財産分与として自宅をどうしようかと思ってるんです。」


じゅん「家は二つに分けられませんからね。」


Aさん「それにまだ住宅ローンも残っているし・・」


じゅん「選択肢はいくつかあります。

1.売却してしまう2.どちらかが住む3.他人に貸す などですね。」


Aさん「多分、売却しても、ローンの残債が残ってしまうオーバーローンになってしまうと思うんです。だったら私と子どもがそこに住み続けて、夫にローンを払い続けてもらおうと思います。」


じゅん「そうですか。それだったら夫には確実にローン完済まで支払ってもらう必要がありますね。


年数がたつうちに、”自分が住んでないローンなんか払いたくない”って思ってしまう人も多いですから。


口約束では心もとないので、離婚公正証書を作成しておくことをお勧めします。」



Aさん「そうですよね。ローンの支払いが滞ったときに、私と子どもの住む家がなくなってしまうのは、不安すぎますから。」


じゅん「さらに、もっとコワイ話もあるんですよ・・」


このコワイ話は、次回また書きますね。


<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。


横浜市都筑区の離婚問題アドバイザー/ファイナンシャルプランナーの石丸じゅんです。


本日のテーマは、「離婚したら、養育費は絶対に払わないといけないの?」です。


よく勘違いされている方がいらっしゃるのが、


「面会交流はしない事にしたから、養育費は支払われない」


とか、


「元配偶者との関係を切りたいから、養育費はもらわなくてよい」


などですが、これらは養育費の支払いにあまり関係ありません。


養育費は、子どもが幸せに健全に成長していくために必要なお金であり、夫婦間の感情や、夫婦間だけの取り決めとは全く別のものです。


親子には、民法で定められた「生活保持義務」というのがあります


これは、親は、自分の生活レベルを下げてでも、子どもに自分と同程度の生活をさせなければならないという義務です。


つまり、パンが一つしかなかったら、それを半分にして子どもに与えなければいけないという義務です。


そう考えると、養育費を払う事も、親の義務となりますね


(もちろん、子どもを引き取る側の親に、潤沢な資金があるのならば、話は別かもしれませんが・・;)


いくら夫婦が離婚しても、親子の縁が切れるわけではないのですから。。。


逆に言うと、冒頭のような理由で、養育費の支払いを拒否されている人は、強く交渉してみてくださいね!


<無料メルマガ配信中!損せず離婚する!メルマガ


あなたは一人で悩んでいませんか?

離婚に関してどんな些細なことでも、離婚問題アドバイザーのじゅんが相談に乗ります。

メールでのご相談は完全に無料です。

無料相談のページへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。