小林行政書士の元気が出る家族法務(離婚・相続・遺言)相談室

離婚不倫・相続・遺言など家族法務に精通している北海道、旭川市の行政書士が、離婚・相続などにかかわる基本的な知識やQ&A事例を紹介し、離婚、不倫問題・相続・終活問題に直面して悩んでいる多くの方のお役に立つことを目的としたブログです。


テーマ:

こんばんは。 

 

行政書士の小林です。

昨日は、午前中の仕事のダメージが思いのほか残り、すごく疲れて睡魔に負けました。

 

確定申告も終わり、旭川市内でも、走るひとが増えていると感じるこのごろ、

春はだいぶん近づいているようです。

 

それでは前回につづいてお子さんの心模様について書いてみようと思います。

 

夫婦間に問題が生じた時に、お子さんはどのような心理状態に置かれるでしょう?

 

お子さんの年齢や性別、今までのかかわりなどにもよりますが、いくつかのパターンがあると思います。

両親の間でかすがいになる子がいます。

どちらかの親に同一化して相手を非難するという場合もあります。

一線を引いて一見冷静に様子見しているようにふるまう子もいるでしょう。

夫婦が紛争に心が向いてしまい子の育児に心が行かなくなり子供が無視・放置されて十分にケアされないケースもあるでしょう。

 

ある程度の年齢になれば、どちらかの親に同一化しているとしても、子ども自身が見聞きして経験したことを踏まえて自分の確たる意思として相手を非難・拒絶する場合と、そばにいる親に気を使って相手方親を非難するケースもあるかと思います。

 

面会交流を行っている時も、子供はそばにいる親に気を使っているケースはあるでしょう。

 

裁判所が利用している、面会交流用のパンフレットにも書かれていますが、監護親、非監護親ともに、子供に気を使わせないように送り出し、交流し、送り返してあげてほしいと思います。

 

子供の抱く非監護親に対する嫌悪感や恐怖心、監護親に遠慮なく会っても良いという心理的許可など、それぞれに応じて、ていねいに問題を解消することが出来れば望ましいように思います。

 

そこにはやはり、相応の事情が認められるなら、ある程度の期間、交流を待つ覚悟や一定期間の間接的な交流を受け入れるくらいの寛容さも必要かと思います。

 

ちょっとまとまりが無いですが、今日はここまでにしたいと思います。

 

それではまた明日お会いしましょう。(^-^)ノ

 

離婚関連。遺言相続など、業務賜ります!

セミナー講師なども賜ります!

 

旭川市、小林行政書士事務所

0166-59-5106

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

小林@旭川の行政書士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。