痩せたい!でもご飯は食べたい方へ 大阪上本町ボディメイクアドバイザー岩崎 勇のブログ 間違いだらけのダイエット

いま痩せるためだけではなく5年後に10歳老けるダイエットはやめにしませんか?30年以上ダイエットを研究してきた元プロボクサー、引き締まったボクサーの身体をさらに減量させてきました。
でもあの過酷な減量法じゃありません。

どうすればキレイに痩せられるのか?


その秘訣を30年かけて発見しました。その集大成をここでお話します。

それは革命的な食事法だったのです。

日本の栄養学は先進国の中で最も時代遅れの情報ばかり


糖質制限とか、5つの栄養素からバランスよく

・・・なんて事をおっしゃるのが
いわゆる「先生」なのだから話にならないのだ。


正しく食べ、正しく動けばカラダは変わる

さあ、生き方を変えてみよう!



テーマ:
痩せたいけど、ご飯は食べたい40歳の方の
ダイエットプログラム


今回は少々長くなります(汗
                                                               
科学的根拠に基づくダイエット、その根拠は……

ダイエット(Diet)を和訳すれば

「食餌」
と書きます。

食生活を改善せずにリバウンドしないダイエットは不可能です。


このプログラムは、
内臓の働きを正常に戻し、
消化酵素とホルモン分泌の
プロセスに働きかけて
カラダをリセットし、
太りにくい体質に改善していきます。 

ただし他と差別化したい点は…… 

画一的に誰にでも
万人にあてはめるような
食事制限メニューを提示するのは
どこの施設でも同じです。

その程度なら、
ありきたりな雑誌の記事でも
お読みになれば分かる事でしょう。

しかしこのプログラムは、
医療機関と提携し、あなたの体質判断をした結果と
照らし合わせ、

あなただけに合致するカリキュラムを
ご用意いたします。

これで最短、最速で理想に近づく準備が整います。


日本人には向かない糖質制限

このところ炭水化物が悪もの扱いされ、
ご飯を食べれば太ると
思い込んでいる人が多くなりました。

しかし、インスリンは
血糖値を安定させるのと同時に、
細胞にエネルギーを取り込ませ
利用できるように働きます。

つまり、食べたものと身体(細胞)を
「同化」させるための
重要なホルモンなのです
(これを短絡的に太ると言う人が多い)

このあたりを混同される方が多いのですが、

最近の先生方は血糖値の上昇云々という話に終始して
「炭水化物は太る」と机上論を振りかざします。 

そして栄養価の高い野菜である芋やカボチャまで
太るものに分類してしまいます。


こうなるともう笑うしかありません


糖質制限をすると体重が減りますが、
それは一時的でしかありません。

そして同時にトレーニングで筋肥大させて
ボディメイクをします。

しかしプログラムを終えて維持するためには、
その後の相当な覚悟が必要で
多くの方は挫折、
リバウンドしてしまいます。

2ヶ月で15kgとか謳っていたりしますが

2ヶ月で…ではなく

じつは、

2ヶ月なら…

という方が正解なのですね。

これが世間に出回るダイエットジムのタネ明かしです。


しかも体重、体重、と

重さにフォーカスするばかりで

肝心の体脂肪はとうか?と

血液状態はどうか?

そのあたりは無視しているのでは?


考えてみてください、私たち日本人は
弥生時代から二千年以上も米(穀物)と
野菜を食べて栄えてきました。

その歴史上、
でんぷん分解酵素(糖質分解酵素)の活性が高い
体質となり、糖質を効果的に消費できる体になりました。

昔は現代よりも米や穀物の消費量は多かったにもかかわらず、
生活習慣病は少なく健康でした。


太ると言われている(実は太らない)「ご飯」を食べる事が、
健康的に痩せる手段である事に気づいて頂きたいと思います。

【お米6割:おかず4割】で、無理せずに食べながら
筋肉形成し、太る前の体に戻します。

そしてトレーニングにより身体機能を向上させ、
日常的な動作を無意識により俊敏に行うことにより、
体のシルエットや、身のこなしを洗練させます。

そしてあなたの食生活を、
自然体で太らない食生活(食嗜好)に変えてしまします。

つまりあなたの脳内を刷新して、
太らないプログラムをインストールします。


1ヶ月 パーソナルトレーニング50分×8回 
カウンセリング&個別メニュー作成
プログラム考案 48,000円
レンタルシューズ・ウエア・タオル無料
手ぶらでお越しください

2ヶ月 パーソナルトレーニング50分×16回 
カウンセリング&個別メニュー作成
プログラム考案 90,000円


さあ、今日から生き方を変えてみましょう!!              

美人トレーナーMACKYのプログラム



セッション場所は
ボディメイクスタジオGiNA

長文、お読み頂きありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
雑誌のダイエット特集を読んでも

痩せない理由


その理由は・・・





マインドセットの違いです。


例えばその雑誌が10万円だったとします。

それだけ高い雑誌なのだから

完全な内容で痩せるに違いないと思われますよね。


この時点で無意識に、対価以上の物を得なければ損をするので、

ダイエットに取り組むマインドがセットされます。


高額なダイエットジムでも同じことが言えます。

大金を払うのだから痩せなければ

お金が無駄になるので、

モードが入り必死に取り組みます。


その結果2ヶ月で8kgも痩せることができました。

これがジムで痩せるシステムなのです。


当然、それなりの食事指導もあり、

トレーニングも効果的で

キレイなボディラインを作り上げる内容に違いありません。    


しかし、

どれもあなたの意識次第で可能

となるわけです。


頑張ったから痩せるのです。


ただ、終わってから数ヶ月後には

リバウンドで元の姿に戻ってしまう方がほとんどです。


が、残念ながら

それを防ぐ手立てまでは、教えてはくれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もちろん甘い物の食べ過ぎはダメ!
という前提で……


正しい食生活も知らない先生方は今日も
「糖質を控えて云々…」と


しかし、正しい食生活というのは日本食
つまりお米を食べる食生活が正しい食生活である 

それは日本人のホルモンバランスに合っているから

それなのに巷では血糖値を上げないことが
痩せる王道とでも言いたいのだろうか

糖質制限とか、低インシュリンとか・・・

最近のダイエットは、血糖値を悪者に仕立て上げるのが
好きなようです。 

だから白ご飯を少し食べただけで『太った!』と騒ぐわけです。

米と、他の炭水化物(パン、めん類、パスタ、小麦粉類の料理)を
混同されませんように



インスリンの働きは、血糖値を安定させるのと同時に、

細胞にエネルギーを取り込ませ利用できるように働きます。

(これを「太る」と短絡的に言う人が多いですが)

つまり、食べたものと身体(細胞)を 「同化」 させるための
重要なホルモンなのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダイエット(Diet)を和訳すれば
「食餌」と書きます。

食生活の改善無しにリバウンドしないダイエットは成功しません。

一般的に「太る」ということは
余分な脂肪を溜め込んで体型が崩れる現象です。

さらに内臓に脂肪がついて健康を害することは皆さん周知の事です。

そして血管年齢が実年齢よりも老けてしまいます。

内臓の働きを正常にし、
消化酵素とホルモン分泌のプロセスをナチュラルに戻してやれば
太りにくい体質になります。

そのためには食生活の改善が不可欠です。

ただし、画一的にありきたりな食事制限メニューを提示するのは
どこの施設でも同じで、個人ひとりひとりに合致したメニューではありません。

貴方だけに合ったメニュー提案はこのプログラムのみです。

そして視床下部に影響を及ぼすに至らせるトレーニングにより、
身体機能を向上させ、日常的な動作を無意識のうちに俊敏に行えるようになり、
体のシルエット、身のこなしを洗練させます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
正しい食べ方と、

それに合った適切なトレーニングをすれば、

あなたの代謝機能をフル稼働させられます。 


正しく体内酵素が働き、

効率良いエネルギー変換が起こるので、

燃えカスの残らない身体になります。



その時、

あなたの身体(血液)は若返ります。

↑↑それは日本食、

つまりお米を食べる食生活を

前提とした話です。




 
なぜなら
日本人のホルモンバランスに合っているからなのです。

糖質制限とか、

低インシュリンとか、

最近のダイエットは、とにかく

血糖値を悪者に仕立て上げるのが好きなようです。

 
だから白ご飯を少し食べただけで

『太った!』と

騒ぐわけです。


インスリンの働きは、

血糖値を安定させるのと同時に、

細胞にエネルギーを取り込ませ、

利用できるように働くと言うこと。


これを「太る」と短絡的に言う人が多いですが

実はとても重要な化学反応なのです。


それを無視して、

とにかく炭水化物(ご飯)を悪者に仕立て上げます。

・・・が

食べたものと身体(細胞)を「同化」 させるための

大切なホルモンなのです。



勉強不足な指導者が、実体験もなく、

机上論で述べたことを

鵜呑みにされませんように。

では
パー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。