昨日は構成員を務めさせて頂いてる『麻しん・風しん対策推進会議』に出席しました。

こちらは最初のご挨拶
{1E5FB6F6-E528-49BB-A8B2-AF17DCDAB47C:01}

子供へはもちろんですが、妊娠を考えている人、そしてその周りの方々も、予防接種を受ける事で防げるものがあります。
{755E95E5-AD79-4B40-B9B1-AD813762E2D3:01}
私は、第一子妊娠の時には十分だった抗体が、第二子を考え始めた時には抗体が足らない低抗体で、風しんの予防接種を受けて、2ヶ月待ってからの子授かり活動開始でした。


抗体検査は、自らの風しんに対する免疫の状況が確認できるものです。
都内のほとんどの自治体で、主に妊娠を希望する19歳以上の女性を対象として、抗体検査を無料で実施してます。
一部の特別区では、配偶者や同居家族等の男性を検査対象者としてる場合もあります。
また、免疫が十分でないことが判明した場合に受ける予防接種についても助成を受けられる場合があります。


都内の自治体における平成26年度風しん抗体検査事業の実績を集計した結果、抗体検査を受けた方のうち、約3割が免疫が十分でない低抗体だと分かりました。
特に20歳代の女性においては37.8%という高い割合でした。 


皆さん、まずは抗体検査、受けてみて下さいね

コメント(26)