助成制度の変更

テーマ:
ちょっと前に発表になった事ですが、

厚生労働省は、不妊治療の助成制度を拡充することを決めました。


『治療1回目の助成上限額を2倍にするとともに、無精子症などでの男性不妊への助成制度も新設する。「1億総活躍社会」実現に向けた事業の一環で、早ければ来年1月下旬から実施する。

拡充の対象は、体外受精でないと妊娠が難しい夫婦。現在は原則として、不妊治療1回の上限額は15万円で通算6回まで助成を受けられるが、1回目の上限額を30万円とする。
夫が無精子症などの場合、精巣を切開し精子を採取する必要があり、さらに30万~50万円程度かかる。この手術を受ける場合は、新たに上限15万円を助成する。』


一回目の助成金が上がる事と、男性への助成も開始されるのは素晴らしいニュース。
けど、その分なのか、助成を受けられる回数が今は10回なのが減ったり、42歳までの年齢制限も加わるとか…


そんな一回や二回で直ぐ成功するのは、なかなか難しい事なんだけどな…

コメント(35)