おっちゃん、ときどき、わたし。

14歳でホームレス問題に出会い
19歳で「ホームレス状態を生み出さない日本」にすべく
NPO法人Homedoorを設立しました。

現在、9つの取り組みを行っています。
就労の場を提供したおっちゃんたちは、のべ160名になりました。

HP * www.homedoor.org
   


テーマ:

ホームレス状態を始めとする生活困窮状態にある人々に、

居場所となる施設を提供しようと

「ホット&ハウス」を2015年3月3日に開所した。

 

 

ホームレスの人は、ちょっと休もうと思った時、

ゆっくりできる場所がないと言われる。

 

百貨店のイスなどで、

本を読んだりするとも言うけど

長居はしづらいので何店舗かの百貨店を回るそうだ。

 

トイレで休憩してても、20分経てば、警備員さんに出されるそうだ。

 

 

また、路上生活というのは余計にお金がかかることも多い。

毎回、外食だし、銭湯代やコインランドリー、

コインロッカーといろいろお金がかかる。

 

そんなおっちゃん達に、ゆっくりできる居場所を提供し

ホッと安堵してもらえるよう

そして、路上脱出に必要な機能を「&」と付け加えられる場所を

とオープンしたのがホット&ハウスだった。

 

 

 

開所から無事に1年が経ち、

おっちゃんが訪れなかった日はない。

 

むしろ、20人近くの人がやってきたので、

ユニークな数ではないが、のべ6,000人以上の人が来所された。

 

 

寄付をいただいたおかげで、

いつでも無料のラーメンやご飯を提供できた。

 

「&Class」という講座やイベントも2~4週間に1回開催してきた。

人気だったのは、やはり、流しそうめん大会や餅つき大会、体験落語。

 

これから1年、どんなおっちゃんと出会えるだろうか。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
びっくりすぎる、ご報告です。

NPO法人Homedoorがてがける
新事業「CRIMELESS」がなんと!!
Google インパクトチャレンジのファイナリストに選出されました。

CRIMELESS_logo

Google インパクトチャレンジは、Google が主催する、非営利団体向けの支援プロジェクト です。日本国内の非営利団体を対象に、テクノロジーを活用して、よりよい社会を作るアイディアを募集。審査で選ばれた上位4組に、5000万円の助成金と、Google 社員による技術アドバイスを提供します。 詳細は公式サイトをご確認ください。



CRIMELESSの事業概要は以下の通りです。
CRIMELESS①

ホームレスの人の主な収入減は、廃品回収等です。しかし、その廃品回収は167の自治体が禁止しており、ホームレスの人の平均収入は1200/日と非常に低く、自力での路上脱出は困難です。

黒矢印下向き三角CRIMELESS_logoそこで!
Homedoorでは、缶集めと同等の労力で収入を向上できる仕事を考えました。「CRIMELESS」です。路上脱出の際、ただでさえ、色々な負担がおっちゃんたちにはかかるので、今までの仕事の延長でできる、馴染みの深い仕事であることがポイントです。
黒矢印下向き三角CRIMELESS②

CRIMELESSでは、暗い夜道を歩くのが怖い人から寄せられる携帯アプリからのパトロール要請や、犯罪統計、GPSを駆使した防犯ルートを、特別な訓練を受けたホームレスの人が、缶集めの要領でパトロールします。

黒矢印下向き三角

CRIMELESS③

運営資金は、地元企業からの協賛金やパトロール要請の利用料でまかないます。CRIMELESSで働きながらお金を貯め、路上脱出を目指します。

 


Google インパクトチャレンジでは一般投票も行っており、もっとも得票したアイディアに実現に向けて5000万円の助成金がもらえます。


CRIMELESS実現に向けて、
ぜひ、皆さまのお力をお借りできると嬉しいです。
・周りの人に、このアイディアについて共有してください
こちらのページからご投票ください

CRIMELESS4

Homedoorのチャレンジ、応援してください!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今までにはない、ちょっと変わった視点から
野宿者襲撃問題を考える講演会を開催します。

なんと今回は…「子どもたちと野宿経験者」の対談です!!

ドキュメンタリー番組や大阪市の子どもの家事業廃止で
話題になった山王子どもセンターの子どもたちによる
野宿者襲撃問題を考える劇「ガード下の犬ラン」上演もあります。

12月20日、まだ予定が空いている方は
ぜひ新今宮の太子福祉館へ!
残席は15席程ですのでお早めに。

※Homedoorが事務局をしております
「ホームレス問題の授業づくり全国ネット」のイベントです。

*********

「どうしてあんなところに人が寝ているの?」
「なんでホームレスになっちゃう人がいるの?」
子どもからの素朴な疑問に、あなたはなんと答えますか。
大人から植え付けられた偏見によって起こる
「ホームレス」襲撃からこの問いについて向き合います。

ホームレス問題について学びを深めたい方、
学校関係者の方、お子さんをお持ちの方、
この機会にぜひお越しください。


***

子どもたちと野宿経験者による
野宿者襲撃を考えるイベント
『ホームレス』と出会う子どもたち
~襲撃事件の背景にある問題~

日時:12/20(土) 14時~17時

場所:太子福祉館
大阪市西成区太子1-4-3 太子中央ビル3F

定員:40名

料金:大人1000円 
   大学生500円 
   高校生以下無料

参加方法:こちらより必要事項をご記入ください

主催:一般社団法人
   ホームレス問題の授業づくり全国ネット
 (NPO法人Homedoor事務局内)

イベント内容
◆山王こどもセンターの子どもたちによる
野宿者襲撃問題を考える劇「ガード下の犬ラン」上演

◆野宿生活経験者と子どもたちによる座談会

◆DVD「『ホームレス』と出会う子どもたち』」特別上映
http://class-homeless.sakura.ne.jp/03_dvd-information.html

出演者
山王こどもセンター
大阪・西成区で50年にわたり、地域の子どもの成長を
見守ってきている施設。自立をめざした子ども向け料理教室や、
子どもによる野宿生活者の支援活動など、貧困の現実を直視する
独自のカリキュラムが充実。

野宿経験者・Sさん(57)
警備会社に25年間勤務したが、左目の視力低下に伴い依願退職。
日雇い労働経験に従事するも仕事が見つからなくなり路上生活を経験。

Sさん以外にも数名の野宿生活経験者が参加する予定です。
ホームレス問題の授業づくり全国ネットの代表理事・北村年子さんや
生田武志さんもお話されます!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

Homedoorの夜回り活動「ホムパト」翌日は、
路上からの相談が相次ぐ。
狭い事務所なので、おっちゃんらと路上からの相談者、
ボランティアさん、事務所スタッフらがひしめき合い、
もう人が入らないということで、急きょスタッフの内2人は外で仕事することに…笑

ご多分に漏れず、私はもちろん
事務所の差し入れお菓子に後ろ髪ひかれつつ、「外仕事組」。笑




そんな中届く、昨日のホムパトでお渡しした手紙を
手に握りしめ、やってこられた今日の相談者の情報。


「睡眠:野宿生活で熟睡できていない
 食事:この2週間、炊き出しを2回食べただけ
 金銭管理:現金14円しか所持していない」


とりあえず、皆さまからのご寄付をつかわせていただき、
銭湯とごはんを食べていただいたそう。
このおっちゃんに出会えてよかったと心から思った。


路上生活の過酷さは、経験していない私には決して分からない。

だからといって、
「私が路上生活を経験すればいい」というものでもない。

そんな「体験」では、決して路上生活を計り知れない。
単に、「寒くて固くて寝にくい」というのが路上生活ではない。
それに加え、家族との絶縁、社会からの排除、それ故の孤独感がおそう。
私が、こう文章でさらっと書くのもはばかられる程、路上生活は、
単に「寒くて固くて寝にくい」だけではないのだ。


だから私は、路上生活を分かった風にだけは
なってはいけないと日々感じる。
素直におっちゃんたちに、分からない事は聞く事が大切だと思う。



ある日、私が周る天満~南森町のコースでは、
横幅45cmほどの木のイスに寝ている
おっちゃんに出会ったときのことです。
(もちろん、寝返りなんてうてない)

その人とは、夜回りで知り合い
Homedoorにも時々、働きに来てくださっている関係だ。
今回の夜回りで会った時、その方に話の流れで
「やっぱり、狭い木のイス寝にくくないですか?大丈夫ですか?」
とたずねた。

すると、そのおっちゃんと
私たちと一緒に夜回りをしている元当事者のおっちゃんが
口を揃えておっしゃった。

「それでも、アスファルトより断然木のイスがまし。
アスファルトの上に段ボールを何枚引いたって、
どんだけひいたって、ごっつ寒いねん。
冬はとてもじゃないけど寝れない。」

普段口数少ないそのおっちゃんが、
何度も何度もそう語られた。
少しでも早い、おっちゃんの路上脱出を
応援したい気持ちが募った。

(ちなみに後日、この木のイスが使えなくなったとき、
路上ではやはり寝られなかったため、
何時間も歩きいてようやくファーストフード店で休めたとの事だった。)

そんな今日、路上生活からの脱出を応援してきたおっちゃんが、
うちで3ヶ月働きお金がたまり、ようやく家で住み始める事が
できたと連絡があった。


ひと息つきたい所だけど、まだまだつけない。
ひとり、またひとり。
関わっていきたいと気を引き締める。


とりあえず、人がたくさん入る皆が和める事務所(梅田近辺)と、
活動を継続的に支えて下さる寄付会員さん、
より問題を深く知ってみたい人を募集していますー!


<夜回りブログ>
http://www.homedoor.org/yomawari20141111-2

<寄付でHomedoorの活動を支えて下さる方へ>
http://www.homedoor.org/shien/kifukaiin


<より問題を深く知りたい方へ>

12/20(土)野宿者襲撃を考えるイベント
http://www.homedoor.org/1220event

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日(11/11)は、Homedoorの夜回り活動「ホムパト」でした。
ポッキー&プリッツの日!
っということで、せっかくなので
夜回りでポッキーを配りますとお知らせしたところ…
匿名の方からたくさんのお菓子が届きました!!
もうポッキー&プリッツ屋さんを開けそうなくらい!
心より感謝申し上げます。


夜回りの時に、
「今日は何日でしょう?」
っとおっちゃんたちに質問すると、
「え?何日やっけ?路上におると、日にちの感覚ないわー」
との答えが。

そうなんです。
ポッキー&プリッツ作戦には、
日にち感覚を少しでも取り戻してもらえたら…
毎回の夜回りが同じではないことが伝われば…
という思いもあったので、ぴったりでした。

昨日は、これ以外にも
ご寄付で用意させていただいたトンカツ弁当と
お手紙とジュースをお渡ししました。

早速、翌日の今日には
この時お渡しした手紙を握りしめ
2人の方が来所されました。


そんな路上から相談や働きに来られている方には、
以前ご寄付でいただいたチキンラーメンや缶詰を
事務所で提供していたのですが、
ついにチキンラーメンが昨日在庫数ゼロになりました。


お渡しできるものが減ってしまったなあと思っていた矢先、
ものすごいタイミングでチキンラーメン30袋を
寄付してくださった方が!!!!

Homedoorはこうしてタイミングの神様に見守られながら、
活動を続けていくことができています。
みなさま、本当に本当にありがとうございます。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

Amazonウィッシュリストhttp://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/3EYRY0VUWV3DX

寄付での支援
http://www.homedoor.org/shien/kifukaiin



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。