自分で決める

テーマ:

好きな本で、目にした言葉です☆

 

 

”自分が自分である事を許していますか?

 

他の誰でもない、

自分らしい人生を生きることを

 

自分に許しているでしょうか?”

 

 

 

自分にとっては、

とても励みになる問いかけです。

 

 

こういう言葉は、わりといつも

自分の心の中に入れてあります。 

 

 

 

大人になってから

夢を語っていると

子供の頃とは違って、

 

 

みんながみんな応援してくれる

訳ではない時があります。

 

 

でも、

例え反対されたりしても

 

 

結局、

行動するのも責任をとるのも

自分なので、

気にする必要はないと思います。

 

 

 

色々言われて嫌な思いをしても、

はいはい。

って、流します。

 

 

自分の夢を反対する人の事なんて

気にしないと決めています。

 

 

 

嫌な意見を聞いて重く考えて悩む事は

本当に時間の無駄で

 

 

何より無駄に神経が疲れてしまうので

考え過ぎないように心掛けています。

 

 

 

後々後悔をして

誰かのせいにしたり、言い訳をしたり

絶対にしたくないので

 

 

全て自分で考えて

自分で決めて

行動すれば良いと思っています。

 

 

 

100年後、今いる人達みんな骨です。

人目を気にせず

一度きりの人生

自分の生きたいように生きよう☆

 

 

 

 

そう考えると、心が軽くなります☆

 

 

 

 

 

*梨香*

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

天国へ行ったシーちゃん

テーマ:
2016年10月19日は、私の人生の
中で1番つらかった日です。
 
 
長年連れ添ってきた相棒、
シーちゃんが
お空へ旅立ったのです。
 
 
人生で初めて、「死ぬこと」
に向きあった日でもありました。
 
 
最愛の人を看取るのも、
送り出すのも初めてだったので
沢山考えることがありました。
 
 
シーちゃんとは、シーちゃんが
4歳の時から一緒にいるので
11年以上の付き合いになります。
私は当時21歳でした。
 
 
田舎から東京に出てきて、
まだ数年しか経っていなかった
私にとって、ずっと、
シーちゃんは1番の
心の拠り所でした。
 
 
毎日笑顔でお出迎えしてくれたし
仕事やプライベートで辛いことが
あってもいつも1番近くで、
励ましてくれました。
 
 
フカフカのシーちゃんの背中を
くっつけて眠っている時なんかは
とても幸せで、
自然に笑が溢れるぐらい
心が温かくなります。
 
 

シーちゃんが一緒に居てくれれば

どんな時でも、私は幸せでした。

 
 
シーちゃんは今までに何回も手術をして
色んな病気を乗り越えてきましたが、
 
2年前から患っている腎不全だけは
どうしてもよくならない病気なので、
お家で点滴を毎日していました。
 
 
私は先端恐怖症で、注射針をみると
震えたり、冷や汗をかいたり
していましたが、そんな事は
言ってられず、自分がやるしかないので
なんとか乗り越えました。
 
 
最近では、
上手に皮下注射できるようになり
その腕前を病院の先生に
褒められていたほどです。
 
 
シーちゃんはそうやって度々、
私を強くしたり
成長もさせてくれました。
 
 
 
 
最近は頻繁に病院に行っていて、
体調があまり良くなかった事もあり
もしかしたら、シーちゃん歳だし、
16歳は迎えられないかもしれない。
と、思っていました。
 
 
今までの私なら、
シーちゃんが居なくなるなんて、
そんなの絶対無理…!と、
受け止められなかったと思いますが
 
 
本当にずっとシーが頑張ってくれていて
歳も、長寿と言われる程の年齢に
なっていたので…
 
 
最近は少しずつですが、
最期の時を受け止める
準備ができてきていました。
 
 
私の、シーへの溺愛ぶりは周りが心配に
なるほどだったので、シーちゃん自身、
その気持ちに気付いていて、
私の準備ができるようになるまではと、
配慮してくれた気がしています。
 
 
シーが急に危篤になった時も
 
その前の数日間で
自分ができる事はなかったのか、
私は何回も何回も考えていました。
 
 
シーちゃんの記録帳と、
自分のスケジュール帳を見て、
あの時、こうしていれば
良かったのかな?
 
など、繰り返し考えていましたが
 
 
どの日も、
自分にできる事はやったと
思える日ばかりでした。
 
 
シーちゃんがきっと、
私に後悔をさせないように
してくれたんだなと思いました。
 
 
そして…
 
その時も、私はずっと隣にいて
シーちゃんを見守っていました。
 
 
立ち会えなくて後悔した
という話をたまに聞きますが、
私はそうではなかったです。
 
 
シーをずっと見て
声をかけ続けていました。
 
 
感謝の気持ちも沢山伝えられたし、
少しでも苦しくないように、
タオルで顔を拭いたり
寝ている位置をずらしたり
 
ずっとシーのそばで、看病できました。
 
 
 
シーは最後まで可愛く甘えんぼうな姿で
旅立っていきました。
 
 
 
その間、不思議なことが沢山起きて、
シーからのメッセージを
私は、沢山受け取りました。
 
 
シーから貰ったものが沢山で
感謝しかありません。
 
 
色んな事に気付かせてくれてありがとう。
 
 
毎日、癒しや元気をありがとう。
 
 
長年お世話になった病院の先生曰く
急に逝ってしまったのはきっと、
シーちゃんなりの恩返しだった
のではないか?との事でした。
 
 
ずっとお家で点滴を続けていたから
最期はあっさり逝く事が
恩返しだと思って、考えたんだよ。
きっと。と言っていました。
 
 
タイミングもばっちり合わせてくれて
珍しく、家族が全員揃っている
お休みの日でした。
 
ゆっくりみんなで
お別れをする時間を作ってくれました。
 
 
動物たちはみんな、
自分の逝き方を考えているものだと
よくいいますが、本当にそうなのかも
しれません。
 
 
 
私は今まで、死について
向き合って考えないようにしてきた方
なのですが、今回のシーちゃんをみて
沢山感じる事がありました。
 
 
残された家族が前向きに
なれるように、
背中を押して旅立っていったのです。
 
 
よく、動物と暮らすと最期が辛いから
暮らさない。と言っている人がいますが
 
 
それは間違いです。
 
 
お別れの悲しさ、寂しさ以上に
今までもらった幸せの方が遥かに大きいです。
 
 
シーと家族になれて本当に良かった。
シーなしじゃ私の人生語れないです。
 
 
 
 
今日は、
人間でいうところの四十九日。
一旦また少し、落ち着きます。
 
 
 
私なりに少しでも前向きに、
今後は更に忙しく過ごそうと思っています。
 
 
最近は、敢えて予定を詰め詰めにして
今まで以上にネイルの勉強を
するようになりました。
 
 
寂しさに襲われることはもちろん
まだまだ沢山あるのですが、
私は多分、今、前向きに生活できています。
 
 
 
早い段階で、私が復活できたのは、
シーちゃんのお陰です。
 
 
シーちゃんにみられて
恥ずかしくないように生きたいです。
 
 
あ、でも気配をすごく感じているので
きっと近くにいると思います。
 
肩に乗ってぶら下がっているのか、
肩が毎日重いです(笑)
 
 
より近くにいてくれる、
私の守り神になったシーちゃんと一緒に
今後も更に頑張ります!
 
 
 
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
 
 
 
またブログを書いていきますので
よろしくお願いします!
 
 
 
 
*梨香・シー*
 
 
 
{39062A0C-D043-491F-808B-4D37737A6359}

 
 
 
 
 

 

 

AD

やりがい

テーマ:
私にとって仕事のやりがいとは、お客さんに喜んでもらうこと。
 
 
ネイルで感動してもらうこと。
 
 
新しくしたネイルで気分を上げてもらって、やる気を出してもらうこと。
 
 
技術的にはまだまだだけど、たまにそれを実感できる時があります。
 
 
もっと頑張らなきゃって思うのと、嬉しいのと*
 
 
今の自分が持っている力を、最大限出したいと毎日思っています。
 
 
 
ちょっとポエム調になりました。失礼しました(笑)
 
 
 
 
 
*梨香*
 
AD

ミルキーべっ甲(°_°)?♡

テーマ:
 
サロンのアート研修に参加した際に、
教わった✳︎ミルキーべっ甲✳︎の作り方を
ご紹介します☆
 
 
{DAF3D16A-A9E8-4751-908A-4DC72F95445A}

 
↑べっ甲の部分の解説をします‼︎☆
 
 
 
【作り方】
 
 
エースの143番(白)と、
ベースorミキシング1対1で、
一度塗り。※★
(フレンチの形にカラーを塗る)
 
 
 
エースの31番(茶)で模様を書く。
 
 
 
※★をその上から更にもう一度塗り、
模様に奥行きを出す。
その上からまた31番で、模様を書く。
(最初に書いた位置から少しずらして
小さめに)
 
 
 
ラメラインを引く。
 
 
 
シェルを乗せる。
(ベースは塗っても塗らなくてもok。
未硬化ジェルの上からパラパラ乗せる
だけでも問題ないです)
 
 
 
トップコートを塗る
 
 
 
※表面がシェルでざらついていたら一度、スポンジか180Gで表面を馴染ませる。
その上からまたトップコートを塗る。
 
 
 
 
{0142FE6C-4B86-4124-AC8F-26C2F7E6A414}

 
 
 
とっても簡単なので是非お試し下さい☻♡
 
 
 
 
*梨香*
 

 

働くサロンを探している時に
怖い体験をしました。


 

某個人サロンでアルバイトを
始めた時の話です。

 

 

私はアートが好きだったので、
色んなデザインができるお店で
働きたいと思い、アートし放題
のサロンで働く事にしました。

 

 

最初、求人広告をみて
いいなと思ったので
問い合わせをしたところ

 

 

”最初の2週間は、
無給でアートの練習をする。
その後、デビュー。
デビュー後からは時給が発生する”

と言われました。

 

 

未経験だと最初のうちは無給で練習。
という条件のサロンが結構あるのは
知っていたので、それでもいいと思いました。

 

 

・・今考えると、たった2週間で
できるようになる・・?とか
色々疑問に思ったりしますが
当時はなんとも思いませんでした。


 

面接を受けたところ、
簡単な技術チェックをして
数日後には合格の連絡がありました

 

 

 

 

初めてサロンに行った日

 

 

とりあえず雑務をして欲しいと言われ、
やる事を与えられると、 オーナーは施術に
入っていきました。


 

アート練習をするから来て欲しい
と言われていたので、少し疑問に
思いましたが、深く考えない事にしました。

 


ピンポーン。インターホンがなり
郵便の配達員がくると、「出てー」と
遠くから言われて荷物を受とったり、
  

 

オーナーの携帯電話が鳴ったら、出たり。
メニュー内容をまだ聞く前だったので

対応できず聞きに行くと
とりあえずこんな感じ。


と手短に説明されました。

 

 

壁に貼ってあるメニュー表を見て
なんとか対応しました。

 

 

練習をする気配が全くなかったので、
何かがおかしい?
と思い始めました。


 

与えられた仕事は、片付け、掃除、
チップ削り。お店の広告でこれから
使う為のチップ制作。
(大体のテーマ有り。自分のできる範囲で作る)

 

 

ようやくお店が落ち着き
オーナーと話したところ
アート練習は今日はない事が
わかりました。


 

今日からの2週間、
もしかしてずっと練習なし?


 

朝から夜まで丸一日、
練習ができなかったので、
これから来るべきか悩みました。


 

でもせっかく入ったし、
良い経験になるかもしれない。
もう少し続けてみよう。と
前向きに考えて
次の日も来る事にしました。

 

 

 

 

次の日。

 

 

本当はお昼過ぎからの予定でしたが
朝早くオーナーからlineが入り

 

『早くお店に行って鍵を開けて
掃除とチップ作成を進めて欲しい。
鍵はポストに入っているので宜しく』
 

と、連絡がありました。
  

 

急いで準備をして早めに
お店に行きました。

 

 

そして掃除をして、チップ制作が一段落
ついた頃オーナー到着

 

 

すると急に、

『今日はまず、書いて欲しいものが
ある。』

 

と言われ紙を目の前に出されました。

 

 

労働契約書かな?と思って見たら


 

甲は

 

乙に

 

1時間4千円

 

支払うものとする。


 

という文字がまず
目に飛び込んできました。


 

一旦、落ち着こう


 

ゆっくりと紙に目を通しました。

書かれている内容は、

 

 

1年以内に辞めた場合、
アート練習は( ※という名目の無給で雑務をした分・・?)
 

1時間4千円、講習費として、
 

支払ってもらう。


 

と、書かれていました

 

 

無給どころの話じゃなくて

お金をとられる

しかも、高い

 

 

自分の憧れの先生やアーティスト

のアートセミナーの方が全然安い


 

掘り下げて説明もせず、サインを
もらおうとしていたので、
それにも驚きました。

 

 

これはどういう意味かと聞くと

 

 

過去に、1ヶ月間アート練習を
したのにも関わらず、
一気に3人バックレたから。
との事。

 

 

その時はあまりの苛立ちに
その人達の家に火をつけたい
ぐらい腹が立ったと。
(その発言でも結構引きました)

 


それにしても1時間4千円って

高い


 

しかも練習していない。。

 

 

 

1日8時間居たとすると

 

※注)8×4000=32000


 

1日、32000円の講習費?

 


 

「色んな人に相談してこうする事にした
本当はこんなもの、
書かせたくないんだけれど…」

 

 

と言われましたが、


こんなものにサインする人は居るのか
と、どんどん自分が冷静になっていく
のを感じました。

 

 

何を聞いても胡散臭かったので
辞める事にしました。
 

まだ2日目の事です。

 

 

 

周りにいるスタッフはみんな
これにサインしたのかな…?

 


とにかくサインしたら終わりだ
と思ったので、

 

 

こういったものにはサインできない事
それなら他のサロンで働くか
スチューデントサロンへ行きたい旨を

説明して辞める意思を伝えました。

 


 

結構食い下がってきたのですが
今、サインをせずにこの場を
乗り切って帰れれば解決する
と思い頑張りました。

 

 

 

他にも、交通費全額支給と
言われたはずなのに
出ない事が分かったり


 

もう、何でもありです。

 

 

 まだ労働契約書も書いていないし
今ならまだ間に合う。


自分を励ましました。


 

辞める話で、ひとまず話がついたのは
確か夕方16時頃でしたが
まだ雑務が終わらなかったので
作業を続けました。

 

 

 

そして気付けば21時。

 

 

 

そろそろ帰れるかなと思っていたら急に
”アート練習をしよう”と言われました。

 

 

辞めると言った途端、引き止める為に
言っていると思い

 

 

『辞めるので、教えていただいても、
そちらの時間の無駄になってしまう
ので大丈夫です』

 

 

と言いましたが、最後に教えてあげる
と言われなぜか強引にアート練習を
する事になりました。

 

 

 

こういう時、無理矢理にでも
帰ってしまう勇気がない。
自分を責めました

 

 

自分は今何をしているんだろう?

 

 

 

それから数時間、
『あと一回でいいから来れないか』
と言われながら練習は続きました。

 

 

 

結構時間が経ち、夜遅かったので
私は内心、怖いお兄さんが
急に入ってくるんじゃないか
と思いはじめていました

 

 

 

個人サロンで、
マンションの一室でしたし、
この時2人きりでした。

 

 

あの紙に書かれている事だって
今まで見たことのない
異様な書き方をしていたし
そうかもしれない。

 

 

その筋の人たちの入れ知恵..?

 

 

新手の詐欺?

 

 

 

想像が膨らみすぎて、

もう無事に帰れないんじゃないか
と悲しくなってきました

 

 

朝9時から居て、この時

 

夜11時を過ぎていたので

 

自分の判断能力も思考も少し

おかしくなってきていました

 

 

 

私はただ、ネイルサロンで働きたかった
だけなのになんでこんな事に、、

 

 

 

きっとこのあと無理矢理
サインをさせられるんだ...


 

ぐるぐると色んな事を考えていました。




 

・・・

でも結局

誰も来ませんでした


 

 

私は最後、少しでも後腐れなく

お別れできるよう
平然を装っていました。

 

 

その結果なんとか嫌な感じにならず
辞める話にまとまったようでした



 

そして0時前ごろ、

 

ついに解放。 

 


 

外に出て駅に着くまでにも、
誰か急に出てくるんじゃないかと
何度も振り返りながら逃げましたが
大丈夫でした。



 

 

・・という、
私の妄想がひどかっただけの話

ではないです・・。

 多分。笑

 

 

実際まあまあ監禁されたので
怖かったです。

 

 

お家に帰ってからも、

不安と安堵感で
その日は眠れませんでした。


 

どんだけビビリなんだ?

と思う人もいるかもしれませんが

事件はこういう何気ない所から起きる
事もあるんじゃないか


と私は思います。


 

一歩間違えば、大変な事になっていたかも

しれません


 

 

ただ、働く場所を探していただけ
なのに、案外怖いこともあるんだな。


今となっては笑って話せますが
当時は笑えませんでした。


 

サロン探しはこんなに大変なのかと
かなりダメージを受けました。


 

やりたい内容のサロンを
探して失敗したので

 

もう、どうやってサロンを選べば良いか
私はわからなくなりました。

 

 

サロンの探し方に
自信が持てなくなったので
自力でサロン探しをするのを諦めました


 

この時

自分のネイル人生
これからどうなるんだろう?

・・不安でいっぱいでした。


 

それでもやっぱり、最初はみんな
サロン探しで苦労する。


と聞いていたので
何件でも働いてみないと・・!
と自分に言い聞かせました。


 

 

その後は、スクールの先生に相談して

一緒に探してもらい無事、
安心できるサロンで
働くことになりました。

 


 

そして、
働きだしてから数カ月後には
この体験談を母校でスピーチする
事になります


 

偶然、会社の説明会を母校で
行うことになったのですが、


私はこの体験をスクールの先生と
サロンの店長、両方に話していたので

 

 

”あの話”おもしろいからとりあえず
ありのままを生徒たちに伝えてほしい


と言われてお話する事になりました。

 

 

 

これからサロン探しをする人達の為に
自分なりに注意点も交えつつ
ありのままを伝えました。


 

こんなしょうもない経験も
少しでも誰かの為になるのなら

本望です。

 

 

 

・・皆さま、

 変な紙が出てきたら、要注意です‼︎
しっかり内容をみて、おかしかったら絶対に、
サインをしてはいけません‼︎

 

 

 

 

ブログを読んでくださる方の中にも
少しでも参考になった方がもしいたら
嬉しいです


 

 

 

長くなりましたが、最後まで読んで
いただきありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

*梨香*