石鏡 海女日記

新人海女@石鏡 のつれづれ日記

都会のOL→三重県鳥羽市石鏡町の海女さんへ
オドロキの転身!

『アワビもサザエも~、大漁!大漁ッ!!』


テーマ:


★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>

***********************


 
ワタシ、実は
 
花粉症
 
です。
 
 
 
 
今年は特に酷くて
 
鼻が詰まって夜も寝られないほど。
 
 
夜中に飛び起きて
 
急いで点鼻薬をうち
 
また入眠。
 
お陰で寝不足な日々が続いています。
 
 
 
 
この間の朝は特に酷くて、
 
起きてから
 
何度も点鼻薬を使ったのに
 
一向に鼻が通らず。
 
海女小屋にいる間も
 
ずっと鼻は詰まったままで
 
鼻で息ができないまま。
 
 
 
 
この日は夫の出してくれた船で
 
ワカメ切りに行く漁でしたが
 
船に乗る少し前になって
 
ようやく鼻の穴が通って
 
一安心DASH!
 
 
 
ところが
 
潜った瞬間
 
顔面からおでこにかけて
 
ズッキーン!
 
目から火花が飛び散るような痛みが。
 
 
刃物で顔面を刺されたような
 
鋭い痛み。
 
 
 
その後何度潜っても
 
このズキズキ、ガンガンとした痛みが
 
一向に取れませんアセアセ
 
 
 
 
鼻をつまんで耳抜きをしても
 
いつものように
 
スポンと抜けないんです。
 
 
 
それでその時初めて、
 
これが海女さんたちがよく言う
 
「鼻がつる」
 
と言うやつか!
 
と気が付きました。
 
 
 
 
風邪をひいて鼻が詰まっている時は
 
鼻がつるから、無理に潜ってはいけないよと
 
いつも具合を悪くするたびに
 
言われていたのですが
 
幼いころからずっと花粉症&鼻炎持ちで
 
海女を始めた昨年は何もなかったので
 
「鼻がつる」って、なんだろう?
 
と思っていたのですが、
 
来ました、今年ビックリマーク急にッ!!ガーン
 
 
 
 
 
顔があまりに痛くて
 
長い間は潜っていられません。
 
我慢できるような痛みではなく
 
ゴーグルの中で涙がぽろぽろ・・・汗
 
 
 
 
今日は場所が良いのに!
 
もっと採れた筈なのに!!
 
痛くて思ったように潜れない!!
 
 
悔しいッッ!えーん
 
 
 
 
帰宅後、インターネットで調べたところ
 
『副鼻腔スクイーズ』
 
という症状らしいという事が分かりました。
 
 
 
痛みを我慢して潜り続けると
 
悪化して二度と潜れなくなるそうで、
 
この日から1週間ほど
 
海女をお休みしました。
 
 
 
潜っていない時は
 
別に痛くもなんともないので
 
治ったかどうか判断しにくいのですが。
 
 
 
 
そして今日、
 
アワビ漁の最中に
 
また副鼻腔スクイーズにえーんあせる
 
 
 
 
朝の1本目の漁でかなりしんどく、
 
2本目の漁は諦めました。
 
 
 
 
花粉症、甘く見てたな~
 
ちょっと本気で直さないと、
 
海女出来ません。
 
 
 
 
焼いた石をヨモギの葉に巻いて
 
患部に当てると良いそうな。
 
ちょっと、やってみようかしら・・・
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >> 
***********************



 

『アワビ漁は難易度が高い』

 

 
と、このブログでも
 
何度か書いているのですが、
 
実際どう難しいのか
 
想像出来ますでしょうか?
 
 
 
 
 
まずアワビのいる場所ですが、
 
彼らは本当に
 
身を隠す名人です!
 
天敵となるタコや人間が
 
なかなか見つけられない、
 
見つけても手が届かないような
 
奥まって狭い所に
 
隠れていたりします。
 
 
 
 
ワタシは難しい場所は分からないので
 
岩の上にポコンと乗っかった
 
おドジなアワビをGETしたり
 
たまに岩の下をヒョイと覗いて
 
運よくアワビをGETしたり・・・と、
 
完全に運任せな漁をしています(笑)
 
 
 
 
.
 
またかなりの吸着力で
 
岩にビタッとくっつくので
 
気配を悟られないように近付き、
 
一瞬の隙をついて
 
ノミで一気に起こさないと
 
獲れません!
 
失敗すれば身や殻を傷つけてしまい
 
売り物にならなくなってしまいます。
 
 
 
 
 
サザエやナマコは
 
意外と岩の上や
 
砂の上にコロンとしているので
 
素人でもそれなりに
 
獲れるのに比べて、
 
アワビは
 
『見つける難しさ』
 
『起こす難しさ』
 
の両方があるため
 
知識経験センス
 
息こらえの技術ノミを使う技術
 
遊泳力スタミナ・・・などなど、
 
本当にたくさんのスキルを
 
必要とします。
 
 
 
 
 
先日もターコバアが
 
アワビのいる場所を
 
ワタシに教えようと
 
合図を送ってくれたので
 
近くで見学することに。
 
 
 
 
 
ところが
 
ターコバアの後を追いかけると
 
とんでもなく狭い岩の間
 
スルッと体を滑り込ませ
 
逆立ちの状態で
 
下の方へ潜っていきますガーン
 
 
 
ターコバアの足しか見えない状態。
 
身体が挟まらないかと、
 
見てるこっちはヒヤヒヤアセアセ
 
 
 
 
プハーーッと息を吐いて
 
海面で深呼吸すると
 
「ええアワビがおったぞ。
さ、獲ってきなさいキラキラ
 
と仰います滝汗ハッ
 
 
 
 
そそそそんな危なっかしい場所ッ
 
よぅ行かんッ!!ガーン
 
 
 
 
 
人一人ぎりぎり入れるだけの
 
隙間しかない場所。
 
万一、腰のウェイトが引っかかったら・・・
 
肩が挟まって抜けなくなったら・・・
 
即死です。
 
 
 
 
考えただけでも恐ろしい・・・・・叫びダウン
 
 
 
 
 
こんなアクロバティックな芸当が出来て初めて
 
ターコバアや他の海女さんのように
 
たくさんのアワビを
 
一人前に獲ってこれるようになるのか
 
と考えると、
 
先は長いなぁ~と感じますチーンもやもや
 
 
 
 
 
本当に、『海女は命がけ』って
 
こういうことだなぁ~ガーン
 
 
 
 
 
教えてもらったあの岩場
 
入る勇気を持てるようになるまで
 
あと10年はかかりそう・・・
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************



 
2017年4月23日、
 
海女になって2年目の
 
アワビの口開け
 
がありましたクラッカークラッカークラッカー
 
 
 
 
 
大安吉日のこの日、
 
空の天気は良かったのですが、
 
海の中は打って変わって
 
濁っていて真っ白(なんの濁りなんでしょうアセアセ?
 
波が高くてサーフィンできそう!
 
長藻(いわゆるアカモクやホンダワラ)が
 
ワサワサと生い茂って体中に絡まって危険!!
 
と散々なコンディションアセアセ
 
 
 
 
確か去年の口開けも
すごい悪天候だったなぁ~・・・
右矢印去年のブログ:『アワビ口開け!』
 
 
 
 
 
それでも1本目の漁で
 
何とか黒アワビを一つGETしましたが、
 
波酔いで気持ち悪いし
 
濁ってなーーんにも見えないし、
 
藻が絡まって危うく溺れかけたりと
 
怖い思いをしましたえーん
 
 
 
 
特に藻に関しては
 
手持ちの鎌で切り払いながら
 
泳ぎましたが、
 
切っても切ってもキリがないッダウンダウン
 
勢いあまって
 
左手のグローブを切ってしまいました。
 
ゆ・・・ 指切らなくてよかった滝汗汗
 
 
 
 
 
藻が足に絡まって引っ張られて
 
浮上するのに手間取ったり、
 
水面に出て呼吸をしようにも
 
スノーケルに絡まった藻で
 
息ができなくなったりと散々。
 
浮上時に咥えていたスノーケルを離して
 
息を吸えば良かったと
 
後で気付きました・・・
 
 
 
 
 
2本目の漁に出て
 
10分もしないうちに、
 
「もうこれ、今日ダメだ」
 
「これ以上やったら命取られる」
 
と思い、近くにいたターコバアに
 
「上がります!」と伝えて
 
早々に海から上がりました。
 
 
 
 
結果として
 
2年目最初の夏磯でしたが
 
黒アワビ1個で終了。
 
石鏡に帰ってから
 
海女さんや漁師さんに
 
「ダメじゃないか~はな(最初の日)なのに」
 
と笑われましたが、
 
アワビ獲る為に死ぬのは嫌だと思い
 
へっぽこ海女のワタクシ、
 
恥を忍んで逃げ帰ってきました!!
 
 
 
 
 
何とでも言ってくれ、
 
だって怖かったんだッ!!
 
 
 
 
 
あんなスゴイ日だったのに、
 
それでもターコバアや朝子さん、
 
石鏡の他の組の海女さん達は
 
たくさんのアワビを獲ってきていました。
 
 
 
 
え、どういうこと?
 
同じ場所潜ってたんですよね?
 
あの波と濁りと藻の海の中で
 
何故そんなに獲れるの・・・?
 
 
 
どういうこと??(← くどい)
 
 
 
 
 
自分がへっぽこなのは分かりますが
 
先輩海女さん達、本当、比較にならない。
 
凄すぎます。
 
 
 
 
おかずき(上級海女)と呼ばれる
 
仲良しの海女さん、
 
「どうだった?」と聞くと、
 
にやっと笑って
 
「まぁ・・・まぁ、かな」と。
 
指さした彼女の『おんびかご』
(=アワビを入れる竹で編んだカゴ)
 
を見ると、
 
はち切れんばかりに詰め込まれた
 
たくさんのアワビがッ!!!
 
 
 
 
え、どういうこと???(← くどすぎる)
 
 
 
 
目をまん丸にして
 
口をパクパクする私を見て
 
「フフフッ。あんたもそのうち、ね?」
 
と言って去って行きました。
 
 
 
 
あとから聞いたところによると
 
その日のアワビの単価(浜値)は
 
¥13,000/キロ 近くしたそう!!
 
過去最高値ですってキラキラ
 
 
 
 
あの海女さん、
 
あの日1日で
 
いくら稼いだんだろう・・・アセアセ
 
 
 
 
 
一方のワタシは
 
黒アワビ1つと
 
トコブシがいくつかあっただけなので
 
水揚げはしませんでした。
 
 
 
 
 
獲ったアワビは『初物!』という事で
 
我が家の大黒柱・夫さまに食べて頂きました。
 
 
 
 
と言っても、私が刺身にするより
 
彼がした方が上手なので
 
差し上げたのち
 
彼に美味しく調理して頂きましたナイフとフォーク音譜音譜
 
 
 
 
 
「なんで俺が・・・」と
 
ブツブツ文句を言っていた夫タラー
 
 
 
ごめんね・・・ 高級品だから
 
失敗したくなかったんだお願いアセアセ
 
お刺身作る練習も頑張りますッ!
 
 
 
 
そんなこんなで
 
思うようにいかなかった
 
アワビ漁のスタートでしたダウンダウン
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************

 

 

2017年4月13日。

 

石鏡町では出あいのヒジキ漁が行われました。

 

町総出のヒジキ漁、

 

2年目の今年は早くから

 

「今年は頑張ってたくさん刈りなさいよ」

 

と色んな人から言われていましたので

 

やる気満々ですッメラメラ

 

 

 

刈り手である海女さんが

 

去年よりも10人ほど少ない印象で

 

若手として頑張らねば!と気合いも十分!

 

 

 

 

しかし今年のヒジキは

 

なんだか短くてゴミ(付着物)も多く、

 

とても刈りにくく苦戦しました。

 

 

 

 

それでもなんとか刈っていると

 

いつの間にか隣に来ていた

 

一人の海女さんに

「やり方がダメだ」と

 

注意をされてしまいました。

 

 

 

 

「あ、すみませんあせる

 

と謝ってから

 

(どこがまずかったんだろう・・・

やっぱりもっと根元をよけて

上を刈らないとダメだったかな・・・)

と一人うーんと考えていると、

 


「全く、これだから。やっぱりこういうのは

石鏡の人間じゃなけりゃいかんな!」

 

と言われてしまいました。

 

 





あ・・・・・あせる

 

 

 

 


「よそ者扱い」

久々にされちゃったなーショックタラー

 

 

 

 

 

優しいばあちゃん達ばかりで

 

最近ちょっと油断してたので、

 

突然のセリフに

 

ビックリしてしまいました。





普段あまり接点のないこの海女さん。

 

なぜか移住してすぐの頃から

 

ワタシに対する当たりがキツくて・・・

 

割りと広めの道ですれ違う時に

 

「邪魔だ、どけ」と

 

言われたり、

 

身に覚えのない荷物の事で

 

「あれはお前の荷物か。勝手に人の小屋に置いて。

さっさと、どかさんかッ!」

 

と怒られたり・・・アセアセ(えぇぇ~ッ 知らないよ~)

 

 

 

 

 

サチバアやターコバアに相談した所

 

「あの人の事は放っておきなさい、

そういう人だから」

 

と言われていました。

 

 

 

 

移住して思うのは

 

やっぱり10人いたら

 

10人全員に好かれるというのは

 

難しいという事。

 

 

 

 

 

でもだからこそ

 

そういう方には、特に!念入りに!

 

こちらから

 

ポジティブなアプローチ

 

をしていく事が

 

重要かなぁと思っています。

 

 

 

 

移住者は

 

「優しくしてもらって当たり前」

 

なんて勘違いをせずに、

 

「嫌われて避けられて当然!

認めてもらえるまで頑張るゾ!」

 

という気持ちでいた方が

 

良いのかな。

 

 

 

みんな優しいので

 

つい忘れてしまいそうになるのですが、

 

それって本当はすッごく有難いこと

 

どこの馬の骨とも分からない自分に

 

こんなに親切にしてくれるなんて

 

絶対に普通の事じゃないのに、

 

いつのまにか「ありがとー♪」なんて

 

言葉だけで

 

簡単に済まそうとしてしまいがち。

 

 

 

 

 

先述の海女さんにしても

 

あまり気に入られていないのは事実。

 

でも実際、

 

彼女が私を好きになるようなこと

 

私まだなんにも出来て無いよな・・・

 

彼女から見たらまだ全然

 

『石鏡の人間』になれてない。

 

ヒジキの刈り方も全然なってない。

 

 

 

 

 

『好かれる努力』

 

怠ってはいけませんね。

 

 

 

 

 

『仲間に入れて貰いたい』

 

『できたらもっと仲良くさせて貰いたい』

 

そんな気持ちを、

 

時間をかけて、伝えていけたらなぁと

 

改めて今回感じました。

 

 

 

 

どうしたら仲良くなれるのかなぁ~・・・

 

 

 

 

そんな事考えてないで

 

真面目にヒジキ刈れよ、と

 

いう所ですがハート ふふッ(笑)

 

 

 

 

とは言え、

 

もしかしたら

 

全然違う理由で嫌われている

 

のかもしれませんので、

 

もしそうならソコは早急に改善して

 

おかないとなのですが・・・ビックリマーク滝汗

 

 

 

 

 

悪い噂とかって本当に

 

なかなか本人のトコまで

 

たどり着かないので

 

ワタシとしてはとてももどかしいですアセアセ

 

知っていれば

 

誤解を解いたり、

 

悪い所は直したりと

 

対処できるのに・・・ショックもやもや

 

 

 

 

 

こちらの友人には

 

「私の噂、聞いたらすぐに教えてね」

 

とお願いしてありますが、

 

果たして教えてくれるか・・・汗

 

優しさから言わない、という事が

 

ほとんどなんだろうナ・・・

 

 

 

 

 

朝子さんが以前

 

「叱られるうちが花なのよ」

 

と言っていましたが、本当にそうですね。

 

 

 

 

「あの子は言っても無駄」と

 

見放されてしまい

 

誰も叱ってくれなくなる前に、

 

ちゃんと気づけよ!ワタシッ!!パー

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************


石鏡に住んでいると

 

人の優しさにホッコリする事が

 

とても多いです。

 

多少の失敗や無礼も

 

優し~く諭してくれて、

 

なかなか海女が上達しない

 

ワタシに対しては皆さん

 

「焦らんでエエ。

そのうち上手になるからな」

 

と応援して下さいます。

 

 

 

 

人の優しさ、寛容さに

 

「ありがたいなぁ~」

 

と眉毛の下がる毎日です。

 

 

 

 

ですが、

 

「そんなんじゃ、いかんぞ!」

 

と言って下さる方の存在も

 

またありがたいなと思うんです。

 

 

 

 

釣り船をやってらっしゃる

 

徳兵衛のおじさん

 

 

 

おじさんはよく港で漁師さん達と

 

酒盛りをしていて、

 

「お前も来い」と言われた時など

 

たまにワタシもお呼ばれしたりして

 

よく話すおじさんです。

 

 

 

漁師修業中の夫の事だけでなく、

 

海女になりたてのワタシの事も

 

いつも気にかけて下さって、

 

会うと色々とアドバイスをくれます。

 

 

 

 

そんなおじさんと今日、

 

酒盛りをしていた漁師さんらと

 

一緒にしゃべっていると

 

「リッチャンはお父さん(=旦那さん)が

稼いでくれるんやから、

海女さんは無理せず

ぼちぼちやればエエからな」

 

と言ってくれる

 

漁師のおじさんに対して

 

「ほんなんでは、いかん!

あんたももっと頑張らねばいかんぞ!

 

と反論していました。

 

そこから二人でしばらく

 

やいやいと言い合い(言い方はキツイけど怒ってはいない)

 

が続きました(笑)

 

 

 

徳兵衛のおじさん曰く、

 

石鏡の母さん(=嫁さん)になったからには

 

海女としてしっかりとお金を稼いで

 

早く一人前になれるように

 

もっと必死にならなければいけないと。

 

 

 

『アンタには必死さがない!』

 

と言われてしまいましたアセアセ

 

 

 

 

 

海女漁がある日でも

 

「今日は、辞めておきます」

 

と言って網バラキをしていたり、

 

アワビが1個しか獲れなくても

 

「次は頑張る」とヘラヘラしている私を見て

 

ガツングーと注意をしてくれました。

 

 

 

 

「そのままでいいんだよ」

 

と言って下さる方が

 

99%くらいいる中で

 

「もっと頑張りなさい」

 

と言って下さる

 

1%の方の存在。

 

どちらが良いという事はありません。

 

どちらも本当に、ありがたい。

 

どちらも相手を思う

 

優しさから出た言葉と

 

分かるのでクローバー

 

 

 

 

 

特に後者については

 

たとえそう思っていても

 

どことなく気が引けてしまい

 

本人に言うのを

 

ためらってしまいがち。

 

 

 

 

だから「あえて言ってくれる」優しさが

 

本当に、ありがたいです・・・ほっこり乙女のトキメキ

 

 

 

 

確かに、ワタシ

 

「無理したらいかん」という

 

周りからの優しさに

 

甘えすぎているのかも。

 

 

 

無理をして周りに

 

迷惑をかけてはいけませんが、

 

出来る範囲でもっと一生懸命に。

 

やれる事がもっと増えるように。

 

体力作りや身体作り、

 

それに海女修業も

 

もっと必死になってやらなければ

 

いけませんよね。

 

 

 

 

気付かせてくれたおじさんには

 

感謝です!

 

 

 

 

いつも酔っぱらって顔赤いけど(笑)

 

本当にいい人ハート

 

 

 

 

甘い言葉も辛い言葉も、

 

ひとつひとつ

 

自分の成長の糧に

 

していきたいですネ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************

 

 

いつもお世話になっている

 

漁師の親方の所の網立小屋。

 

 

 

 

働いた後の昼は

 

いつもサチバアの作った

 

「みみそ」を食べています。

 

 

 

 

そんな網立ですが、

 

しばらくサチバアの加減が

 

悪かった事もあり

 

ついにワタクシ、リッチャン、

 

みみそ作りの任を

 

仰せつかりましたガーン!!

 

 

 

 

代々受け継がれた

 

家の味を引き継ぐ大事なお役目。

 

大出世ですッ!(笑)

 

 

 

 

それに伴い

 

『若婆(わかばあ)』

 

の称号をGET致しましたッッ!!

 

 

 

 

凄いでしょうッ!

 

齢29にして、もう「ばあ」ですよ!?笑い泣き

 

 

 

 

石鏡の網立では昔から

 

何世代もの女性が

 

ひと所で働いていたので

 

若い順に言うと多分

 

「嫁さん(母さん)」→「おばさん」→

 

「若婆」→「大婆(おおばあ)」

 

みたいな呼び方で

 

女性達を

 

区別をしていたようですニコ

 

大体みんな名前を呼ばずに

 

屋号で呼び合うから、

 

「どこどこのばあ」

 

と言って相手を呼びます。

 

 

 

 

 

故に私は「サチバア」と区別するために

 

「○○(屋号)げの若婆」

 

と呼ばれるに至ったと、

 

こういう訳なのです。

 

 

 

 

サチバアにみみその作り方を習って

 

入れるお魚や調味料の加減を覚え、

 

ようやく「上等や!」の一言が貰えたので

 

若婆としてしばらく

 

腕をふるっておりましたにやりキラキラ

 

 

 

 

 

 

ついでに若婆は

 

網バラキの合間にある「一服(=休憩)」の

 

段取りをしたり、

 

さながら網立の若女将のような感じで

 

振る舞っておりました。

 

 

 

 

ところが。

 

サチバアの仕事を

 

ひとつ奪ってしまったせいか、

 

なんだかばあちゃんの「ボケ」が

 

酷くなってきたのではないかと

 

夫が言い出しましたアセアセ

 

 

 

元々うっかり物忘れが多かった

 

サチバアでしたが、

 

確かにさっき言った話を

 

また始めからしゃべりだしたり・・・

 

様子がおかしいような・・・・・

 

 

 

 

石鏡の人はとても働き者ですが

 

足を骨折して働けなくなったり

 

海女を引退してしまったりすると

 

とたんにボケてしまう人が

 

多い気がしますあせる

 

 

 

 

これはいけない!と

 

せっかく引き継いだ

 

「みみそ作り」のお仕事でしたが

 

早々にサチバアに

 

お戻しすることにしましたあせるあせる

 

 

 

 

ばあちゃんは

 

「なんなぁ~。もう作ってくれないのか」と

 

残念そうでしたが、

 

これも愛のムチだよ、サチバアッビックリマーク

 

 

 

 

幸いにも体の調子も良くなってきたらしく

 

また元のように元気にみみそを作ったり

 

網きよい(=破れた網の修繕)も

 

こなしてくれています。

 

 

 

 

せっかく覚えたみみそ作りと

 

『若婆』の称号ですが、

 

しばらくは保留となりました。

 

 

 

 

食べられるうちは

 

やっぱりサチバアのみみそを食べたいと

 

思います照れ

 

 

 

 

ばーちゃんには

 

まだまだ元気で

 

長生きして貰わないとだからねービックリマーク

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************

 

 

 

 

「臨機応変」

 

 

むかしから

 

一番苦手なところですタラー

 

 

 

 

 

突然予定が変更になったり

 

予期せぬトラブルが発生したり

 

「心の準備が出来てません~ッあせる」と

 

いつもあたふたしてしまいます。

 

 

 

 

 

海女になって

 

この「臨機応変」が出来ない事で

 

「チャンスを逃しているな~」

 

と思う事が多々ありますアセアセ

 

 

 

 

前日までの天気予報で

 

翌日は「雨」とあったのに、

 

翌朝目覚めると

 

バッチリ☆晴天で

 

ターコバアに

 

「行くぞ~!仕度せえッ!」

 

と言われることが結構あるのですが、

 

「え、うそ!お弁当用意してないし、

そもそもご飯炊いてない・・・ガーンあせる

というか今日は海女行かないと思って

バッチリメイクしちゃったよ~あせるあせる

 

と、慌てふためいて、

 

結局悩んだ末に

 

 

 

「今日は・・・網を・・・

網をバラきますチーン

 

と返答してしまう。

 

 

 

 

情けないーッ!

 

 

 

 

しかも更に情けないのは、

 

「行かない」と一度は決めたくせに

 

海女さん達が漁に行く準備をし出したり

 

船に乗り込む姿を見ると

 

「いいな・・・

やっぱり行けば良かったかな・・・」

 

って思ってしまう!!

 

自分がいる事ぉーッ!!!ガックリ

 

 

 

だったら最初から行きなさいよッビックリマーク

 

という・・・・・汗汗汗

 

 

 

 

そしてこの最大のデメリットは

 

『次から誘ってもらえなくなる』

 

という事宇宙人くんガーン

 

 

 

 

何度も断ってると

 

「この子は行く気がないから

次からは誘わなくてもいいや」

 

と思われてしまい、

 

いざ行ける日があっても

 

お声がかからず

 

海女漁のチャンスを

 

逃してしまったりしますゲッソリダウンNooooooo

 

 

 

 

 

 

その点、夫はそういう所

 

すごく器用で羨ましいです。

 

 

 

 

突然のお願い事にも

 

パッと対応しちゃうし、

 

予想外のトラブルも

 

冷静に(ちょっとイラつきつつ処理します。

 

 

 

 

故に石鏡での彼の評判は

 

いつもすこぶる良いのですぼけー(・・・)

 

 

 

 

 

先の予測が立てにくい

 

海の仕事。

 

一度逃したチャンスは

 

なかなか再度巡ってこないのも

 

「海の暮らしあるある」ですえーん

 

 

 

 

常に体と心を

 

ONの状態にしていなくてはビックリマーク

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************

 

 


3月に5日間、

 

インターンシップの学生を

 

我が家で世話しました。

 

 

 

 

夫の勤務する専門学校の生徒で

 

名前を園田くん(仮名)。

 

 

 

 

漁師になるのが夢だそうで、

 

漁師の仕事を体験しに来たのです。

 

 

 

 

「漁師になりたい若者って

いるんだー!」

 

 

私はかなりビックリビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

私たちの家に来る前まで

 

南伊勢の養殖業者さんで

 

数日間お世話になり、

 

次に刺網漁などを経験するために

 

石鏡へ来たのだそう。

 

 

 

 

 

春休みを利用して

 

漁師の勉強に来る

 

いまどき感心な若者ですが、

 

なんと

 

「めんどうくさいッスね」

 

が口癖の彼アセアセハッ

 

 

 

 

だだだ大丈夫ッ!?

 

 

 

 

夫から「漁師は器用でなくては」と教わるも、

 

「無理っす。面倒くさいっす」

 

と言い、

 

休みなく動き回る夫を見て

 

「あの人本当にヤバイ(良い意味で)っすね。

僕には無理っすわ~(笑)」

 

と言ってのけました(笑)

 

 

 

 

 

 

慣れない仕事で

 

疲れているだろうと思い、

 

「ちょっと休んでていいよ」

 

と言うと

 

いつまでたっても休んでいるッビックリマークガーンハッ

 

 

 

 

(この子本当に

漁師になりたいのかしら・・・?アセアセ

 

と心配になりましたが、

 

漁師の仕事は好きなようで

 

「これをやってね」と言うと

 

黙々と作業をします。

 

 

 

 

「面倒くさいでしょう?(笑)」

 

とからかい半分に聞くと

 

「面倒くさい・・・けど嫌じゃないッス。

なんでかは、分からないけど」

 

と言っていました。

 

 

 

 

子供の頃から

 

漁師になりたかったという園田くん。

 

漁師以外の仕事も見てみたら?と

 

色んな人にアドバイスされたらしく

 

学校のプログラムで

 

これまでも水族館やペットショップなど

 

「魚」に関する仕事も色々と

 

体験してきたらしいのですが

 

今いちピンとこなかったそうです。

 

どれも

 

「面倒くさいことばっかで」

 

だそうで・・・うーん汗

 

 

 

 

そして今回、

 

実際に漁師の仕事を体験してみて

 

「自分はやっぱりこれがやりたい」

 

と思ってくれたようでしたニコ

 

 

 

 

ただ夫も言っていたように

 

いきなり漁師になるのも良いのですが

 

サラリーマンを経験してみても

 

いいかもしれない。

 

別の業界でしばらく

 

働いてみてもいいかもしれない。

 

と思います。

 

 

 

 

臨機応変に対応する能力や、

 

器用さが求められる漁師の仕事。

 

色んな人生経験があった方が

 

のちのち彼の強みになるかもしれないと

 

私も思いました。

 

 

 

 

好きな事を仕事にする

 

というのはとても素晴らしい生き方ですが

 

「それしかできない」

 

「他に潰しが利かない」

 

のでは、

 

状況が変わった時に

 

対応できません。

 

 

 

 

ダーウィンも言っているように、

 

強いもの、賢いものが生き残るのではない。

変化に適応できるものが生き残る。

 

のだとしたら、

 

これからの漁師(海女も)

 

漁業以外の色々なスキルがあった方が

 

よいのかな?と思います。

 

 

 

園田くんがどんな漁師さんになるのか

 

楽しみです。

 

陰ながら応援していこうと

 

思いますニコニコルンルン

 

 

 

 

・・・・というか、

 

ワタシも色々できるように

 

頑張らなくっちゃアセアセ

 

人の事言ってる場合じゃなーーい滝汗

 

 

 

 

 

 

今回のインターンシップ、

 

わたしもゲストハウス営業のための

 

とても良い勉強になりました。

 

園田くん、どうもありがとう音符

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************


あれからしばらく

 

更新していませんでした

 

ゲストハウス開業に向けた

 

準備について

 

近況をご報告させて頂きますニコニコ

 

 

 ●関連の過去ブログ:

 『ゲストハウス①』

 『ゲストハウス②』

 『ゲストハウス』

 

 

 

 

元々は以前住んでいた借家(古民家)

 

をリフォームし

 

ゲストハウスを開業するつもりだったのですが

 

諸事情により

 

その家に住めなくなってしまいました。

 

 

 

 

そこで同じ石鏡町で

 

別の家を購入しまして

 

今度はそちらで

 

ゲストハウス開業を目指す運びとなりました。

 

 

 

 

現在、私たち夫婦が住んでいる家屋を

 

そのままゲストハウスにし、

 

所有する土地に別途新居を建てて

 

そちらを本宅とする計画です。

 

 

 

 

古民家リフォームで

 

オシャレなゲストハウスを始められないのは

 

残念ではありますが、

 

比較的新しく、綺麗で設備の整った家で

 

ゲストの皆さんが快適に過ごせる

 

ゲストハウスを作っていこう思いますキラキラ

 

 

 

 

ゲストハウス開業に際して

 

私は現在

 

銀行からの融資の準備と

 

リフォームの手配の真っ最中です。

 

 

 

 

7月3日OPENを予定しており

 

すでにイギリスのお客様から

 

事前予約も頂いちゃって

 

急いで開業しなければと

 

あたふたしていますアセアセ

 

 

 

 

私たちがこれから始めるゲストハウスは

 

普通のゲストハウスとは少し違う、

 

『農林漁業体験民宿』

 

というものになります。

 

 

 

 

『農林漁業体験民宿』とは

 

農業や林業、漁業を営む家庭にゲストは泊まり

 

田舎暮らしを体験しながら

 

まるでその家の家族のように

 

過ごすことができる

 

お宿の事です。

 

 

 

 

 

私たちのゲストハウスは

 

漁業体験ができるお宿

 

として、

 

海女や漁師など漁業に興味のある方や

 

海辺の暮らしを体験してみたい方、

 

単に田舎でのんびり過ごしたい方などを

 

新米海女のオーナー(ワタシ)と

 

漁師で学芸員で教師の夫が

 

たっぷりおもてなしさせて頂こうと

 

思っていますニコニコ音符

 

 

 

 

 

ここでしか食べられない

 

美味しくて珍しい郷土料理を

 

一緒に作って食べたり、

 

網バラキを一緒にしたり、

 

海女さんの一日を見学したり、

 

漁師と一緒に沖へ出て

 

刺網漁や一本釣りを

 

体験したりなど、

 

他では経験できないような

 

面白くてディープな海の世界

 

皆さんと共有できたらと

 

思いますハート

 

 

 

 

 

 

部屋を2つ用意してあり、

 

3人部屋と2人部屋があります。

 

 

 

キッチンダイニング、バスルーム、トイレ(洋式)

 

などは共用です。

 

 

 

キッチンで自炊も出来ますし、

 

庭からは素晴らしいオーシャンビューを

 

楽しみながら

 

バーベキューも出来ます音譜

 

 

 

 

夫は最近

 

いそいそと色々な種類の果樹を植えており

 

いつかゲストさんと

 

家で採れた果物を収穫できそうですりんごイエローハーツ

 

 

 

 

 

他にはない一風変わったゲストハウス。

 

オープンした暁には

 

是非みなさん

 

遊びに来てくださいねッルンルン

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

★ブログを始めから読む★


いつも見て頂いて
ありがとうございます!

名古屋から移住した新米海女の
海女修業&田舎暮らし奮闘記録です。

***********************
 
★初めて当ブログをご覧になる方は是非ご一読下さい↓
<< ブログをご覧になる方へ、お願い >>
 
***********************


 

すみません。

 

ちょっと、愚痴を言わせてくださいあせる

 

 

 

 

 

夫があちこちで

 

ワタシの事を小ばかにするので

 

最近、石鏡の人からも

 

すごくいじられます。

 

 

 

 

最初は

 

アイロニックな冗談と

 

笑ってネタにしていたのですが、

 

こちらに来て1年以上経つ

 

今になっても

 

「うちの嫁は料理をしない」

 

「頼んでも無いのに

勝手についてきた」

 

「結婚詐欺だ」

 

「名古屋に帰ればいいのに」

 

と言って回るので、

 

 

「あんたが潜らないで

旦那さんが海女した方が

いいんじゃない?」

 

「何も出来ない奥さんで

旦那は苦労するねぇ」

 

と人からも言われます。

 

 

 

いえ、面白くて

 

冗談だと分かってからかってくれる

 

分には良いのですが、

 

中にはそれを冗談とせず

 

真剣に「良い嫁とは」と

 

たしなめてくる

 

おばあちゃんたちもいてあせる

 

 

 

そんな時は

 

「料理まったくしないわけじゃないのにー」

 

となんだか悔しくなったり。

 

 

 

 

 

ワタシの事で冗談を言うのは

 

構わないのですが、

(むしろ面白ければ私的にもオイシイ!)

 

嫁のダメな所しかいつも言わないので

 

冗談と分かってはいても

 

「結婚詐欺とか、

そこまで言わなくてもいいんじゃない?」

 

 

段々と気分が悪くなってきましたえー?

 

 

 

 

 

皮肉を言って笑わせるなら

 

せめて最後には「でもね」と

 

嫁の良い所も言って

 

フォローをしておいてほしい物ですDASH!

 

 

 

 

収入についても

 

これまで何度か仕事をしようとしましたが

 

夫が「そこで働いて欲しくない」

 

と渋ったり

 

「あの人とは懇意にしてほしくない」

 

と言うので

 

勤めにも出られず・・・

 

 

 

本職(?)の海女については

 

もう全くの素人ですし、

 

頑張りすぎると熱を出して

 

倒れて寝込んでしまったりしたのでゲホゲホ

 

無茶苦茶に頑張れず、

 

なかなか収入を得られない中

 

ワタシとしても

 

とてももどかしい状態で

 

好きで夫の

 

「おんぶにだっこ」

 

になっている訳ではないのですッ汗

 

 

 

 

そんな中、

 

ほぼ毎日

 

小さな侮辱を少しずつ

 

チクチクチクチク、言われていると

 

ボディーブローのように

 

その言葉が効いてきます。

 

 

 

 

 

「我慢だ。今はとにかく我慢!」

 

そう思って、耐えています。

 

 

 

 

「えへへ~ そうなの~

ワタシ本当にダメな人間で~♪」

 

なんてケラケラ笑える人だったら

 

いいのですが

 

なかなかそうもいかずあせる

 

何の役にもたたない

 

「小さなプライド」が

 

邪魔だなぁ

 

と感じる最近です。

 

 

 

 

明るく謙虚な人間に

 

なりたいなぁー

 

 

 

 

夫ももうちょっと

 

「言い方」考えてくれたらいいのになぁ~あせる

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。