恩師を偲ぶ

テーマ:

放送部の顧問『鈴木儀十郎先生を偲ぶ会』。

先生が亡くなったのは、去年の6月だった。
お通夜は中学生の東京大会決勝、葬儀は高校の決勝。
ある意味、こんな日にであり、この日だから……であり。

お通夜が終わったあとにお線香をあげにいくのが精一杯だった。
それでも、放送部の大きな行事であったし、総合優勝の盾を持って先生のところに行けたので、私としては、ちゃんとお別れできたと思っていた。
問題は出席者の方で、連絡を担当したのは2年後輩だったため、それ以降の卒業生にしか連絡できなかった。
申し訳なく思った。
先生にお別れを言いたかった人はもっと大勢いたはず。
ちゃんと動けていれば……

 

絶対に偲ぶ会をやろうと思った。
その挨拶と同時に連絡ができなかったことを謝りたかった。

 

放送部は創部58年。
参加いただけた1番上の方は昭和35年卒業だ。
来ては頂けなかったけれど、何人もお電話を頂いてお話させて頂いた。

 

やろう!と動くのはできるのだけど……
細かいことができないのは高校時代からで(-_-)
本当に情けない限り。
どんちゃんとその同期の後輩たちが受付周りをすべてやってくれて、私の同期が会場設備をしてくれた。

 


あれ用意したよ、これ持ってきたよ、先生のお写真の周りにこれ置くよー。
足りないものはすぐに買いに走ってくれた、同期の副部長、マネージャー。
部長のあたしがだらしなくても、こうして部活が成り立っていたんだよなぁ……と思い出した。

 

50人近い参加者で『偲ぶ会』は始まった。


同期は15人中11人来てくれた。
何より一個下の後輩が7人中6人も来てくれた。
ずっと会えなかった先輩方、後輩たち。
お互い歳はとったけど、声が全然変わっていない。
話グセとか笑い方とか昔のまま。
そのことを言い合って笑っていた。

 

先生が創った放送部は58年、伝統をつないできた。
ここにいるみんなが「江戸川女子放送部」として大会に出て、同じように笑ったり、くやしい思いをしてきたのだ。

大学で先生のゼミだったみなさん。
放送部の中で居心地が悪かったですよね(>o<)
すみません。
でも、先生、すごく喜んだと思います。

奥様もいつまでもお元気でいてほしい。
近いうちにお宅に伺います。

 

2次会は同期9人でカラオケ。
お店の人が5人、4人で2部屋とってくれたけど、ギュウギュウと一つの部屋に入り込んだ。
「歌いたい人は勝手に隣の部屋で歌えー」
結局ひと部屋でこと足りた。
ただただ大声で話して笑った。
今更ながら、なんで放送部に入ったのか、なんて話で盛り上がった。
歌わなかったけど、防音でよかったね。

もう1軒いく?
いや、帰るか……
なんかすごく疲れた。
あぁ、そうだ、徹夜したんだった。
無料でプロジェクターを貸してくれるというので、最近の大会作品や活動の様子、合宿の様子を編集してDVDを作ったのだ。
ただ、パソコンを持参しなければならず……(/。\)
見ることができなかった。見せたかった。

 

60周年、絶対やろう!
今度は鈴木儀十郎先生ではなかった、卒業生にも声がかけられる。
で、きっとまた細かいことはみんながやってくれるんだ(^^;)
今の高校生たちも2年後は卒業生だ。
あたしがコーチになってからの卒業生たちには連絡とりやすいし、大勢集まれるといいな。

先生、放送部を作ってくれてありがとうございました。

 

さてと、もう夏休み。
合宿まで1ヶ月切った。

 

今の高校生たちに
「今週は卒業生の集まりがあってさ、久しぶりに後輩を味わうよ」
と言ったら、
「後輩の時代があったんですねぇ」と。

『偲ぶ会』では中堅どころだったよ。
そしてやはり……
先輩と話しをするときは立ち上がってしまうね。

 

開場は、錦糸町駅前のロッテホテルのバンケットルーム。
自然光がたっぷり入る気持ちのいい場所でした。

 

参加した同期全員で。

 

2コ上の先輩と、1コ上の先輩と一緒に。

あたしたちが1年生だったときの布陣。

 


 

同じ班だった。

 

 

お食事はバイキング、美味しかったです。

 


 

さすがロッテ、コアラのマーチの『コアラパンケーキ』が食べ放題♪

 

 

AD

高3引退式

テーマ:

高3が引退した。
去年の引退式からもう1年たったのか。
毎年、同じ感想。

 

この代はどちらかというとおとなしいイメージだった。
やる気が前に出てこない。
つまらなそうな顔をしているな……と。
どの代にも一人、二人はいる。
でも、この代は何人もいた。

つまらなそうな顔をしているからといって、つまらない思いをしているとは限らない。
やる気が前に出てこないだけで、やる気がないわけではない。
10年以上コーチをしていて、これだけははっきりわかる。
部活にいるということは、何かしたいのだ。

 

この代は最高学年になってから徐々に変わった。
自分の仕事に責任を持つようになった。
毎年、大会の規定の問題や複雑な書類の提出で、遅れたりミスがある。
この子たちはそれがなかった。
各セクションごとにちゃんと管理してくれていた。
信頼のできる仕事ぶりだった。
大会の番組制作、個人種目、それぞれが努力してくれた。
この代は下手くそがいっぱいいた。
気がつけばみんなよくなっていた。
引退するときに、声の小さい子は一人もいない。
人前で話しができない子はいない。
今年もそれぞれが後輩を前にいい挨拶だった。

 

なんとなくはわかっていたけど、想像以上に最初の1年は仲が悪かったらしい。
「私は○○がキライで」「○○が怖くて」「○○とは口を訊いたことがなくて」
と、今はケラケラと笑って話せる間柄になっている。
クラスでは大勢の中で気を遣うことは多いだろう。
我慢しながら協調することもあるだろう。
でも、部活ぐらいは言いたいことを言った方がいい。

 

高校総合文化祭の全国大会への出場は決まっている。
でも、やっぱりNHK杯の全国大会に進めたかった。
高3からもらった手紙にはそれを謝る内容が多かった。
あなたたちが悪いわけても、劣っているわけでもない。

手紙には
『うれし泣きや、くやし泣きをするほど熱中できることは今までなかった』
『一生懸命やることはカッコ悪いと思っていた。こんなに気持ちのいいことだと思わなかった』
と、いう内容も多く書かれていた。

 

みんなおつかれさま。
放送部に入ってくれてありがとう。

大学受験がんばれ!

 



AD

祭のあと

テーマ:

かたばみ祭が終わった。
こんなに疲れたのは始めてだ……
自身の体力が落ちているのが1番の原因だと思うけど(-_-)

 

追い込み続けた9日間。

毎年練習期間は短いけど、今年は最短の日程で、キャストもスタッフも半分は新入部員だ。
毎度、なんとか出来た!とやってきたけど、今年ばっかりは間に合わないかなと思った。
これは、あの子たちが悪いわけではない。
時間がない。
人がいない。
でも、どうしてもあきらめられなかったのは、全国大会に行けなかったからだ。
高3に最後はいい思い出を持って引退してほしい。

 

1日目は大きなミスがなかった。
恥ずかしくない舞台だったと思う。
ただし、早い。
前日のリハーサルも公演予定時間を10分も残してしまったが、さらに5分も早かった。
7時まで残って、場面ごとに気持ちの流れを整理して、もっとじっくりいこうと確認した。

 

2日目。
毎年恒例、プロジェクターの映像が流れないというトラブル。
開演前の休憩時間で回復。

昨日決めたひとつひとつをクリアしながら芝居が進んでいく。

お客様があちこちで泣いてくださっている。

 

ラストの信如が美登利に渡せなかった手紙を朗読するシーン。
「泣きそうになってしまうんですけど、泣いたらダメですよね」
「声がふるえるくらいで納まるならいいよ。信如の情けない感じは出るし。でも最後のフレーズだけは、絶対にしっかり言わなきゃダメだよ」
そう言っていた。

 

今回の舞台は『たけくらべ』を脚色している。
本編にはいない登場人物を作り、さらに主人公は信如にしている。
信如を演じるのは、部長の生徒だ。

手紙の読み始めから、手が震えていた。
がんばれ、がんばれ。
とうとう
『この手紙も、いくじのない俺はきっと渡せないと思っている』
で泣き声になった。
この内容のところならいいだろう。
次のフレーズだけは……
こらえて顔を上げた。
強い口調に戻った。
『でも、君が好きだと言っていた水仙だけは届けたい。
この水仙が、君の手に渡ればいいのだけれど』

 

門の前に置かれた水仙を手に取る美登利。
エンディングの曲がカットイン。
スクリーンに青空の下に咲く一面の水仙。
スタッフロールが流れる。

 

無事に終わった。
昨日よりも10分長い。
あと、5分で講堂終了時間。
ギリギリだな。
明るい音楽がかかり直す。
カーテンコール。

2日目は高3に花束を渡すため、舞台に上がる。
「おつかれさま」

 

部長がマイクを手に挨拶する。
「ご観覧ありがとうございました。私たちはこれで引退します」
大きな拍手。
お客様に感動して頂ける舞台を創ることが出来て本当によかった。
でも、1番嬉しいのは部長の最後の言葉だ。
「放送部で活動できてよかったです。幸せな時間でした」

 

緞帳が下りる。
客席の電気がつく。
大勢の卒業生が観に来てくれていた。

終わったねぇ。
昨日は10数人だった卒業生。
今日は40人以上いたんじゃないかな。
みんなとこうして会えるのも、かたばみ祭の楽しみのひとつ。

 

ジュースとお菓子で乾杯して打ち上げ。

これでひと段落。


来週は、高校3年生の引退式。

残念ながら、7月後半のNHK杯全国大会はないけれど、
8月の1週目は高校総合文化祭の全国大会で宮城、翌週は合宿だ。

 

かたばみ祭が終わった。
今はまさに「祭りのあと」の気分。
火曜日から通常の部活に戻る。

 

かたばみ祭1日目

テーマ:

かたばみ祭2日め。
そしてこの公演を最後に高3が引退する。

昨日の初日、初めて大きなミスなしだった。
エンドロールが写ったときは手が震えた。

夕方から少し直した。
きっと今日はテンション も上がる。

とにかく、大きなミスなく終わりたい。
引退の花道になりますように。