かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓





化粧品の広告とか変なブログ(?)を見ていると「◯◯にはこれ!」とか「△△が効く!」とかいろいろ言ってるんですが、

 

こういうのが1番怖いなぁと常々恐ろしく感じています。

 

 

 

よく聞くので言うと

 

「ニキビには◯◯が効く!」「毛穴には✕✕が効く!」「シミには(以下略)…」

 

みたいなやつですね。

 

 

これ、多分相当数の人が扇動されて商品を買わされていると思うんです。

 

 

でもハッキリ言っておきますけどね、

 

実際にはほとんどの商品や成分は効きませんからね。。(ノ_-。)

 

勘違いしないように…。

 

 

 

 

 

そもそも【効く】って表現にはすごく問題があるんですよ。

 

 

 

化粧品とかの法律を定めている「薬機法」的に言うと、

 

ダイレクトに『効く』という表現が許可されているのは【医薬品】だけなんです。

 

 

ただの化粧品やその成分なのにも関わらずニキビや毛穴に「効く」と書くのはルール違反というわけですね。

 

 

元々化粧品にはそういった目に見える効果は無いものなので、

 

(▶本当に効果のある「化粧品」は存在しないのです。

 

化粧品の時点でそういうこと言ってるものは「胡散臭いなぁ」と思って欲しいです。





ただ中には実際に「効く」ものもあるのは事実です。

 

 

 

例えば「ニキビにはティーツリーオイルが効くよ」という情報があったとして、

 

これは確かに「効く」なぁと僕は思います。

 

 

ティーツリーオイルってのはティーツリーの『精油』なのですが、

 

こういった樹木由来の精油には強力な抗菌効果があります。

 

(樹木にはフィトンチッドという微生物や細菌・害虫の繁殖を抑制する芳香を放つ特性があるため)

 

 

こういう抗菌作用によってニキビの原因菌を抗菌すれば、

 

確かに一時的にはニキビを抑えることが出来るでしょう。

 

 

 

あとニキビには「とにかく洗顔!」みたいに言われることが多いですが、

 

これも確かに「効く」のは事実。

 

 

ニキビが出来やすい人は皮脂の分泌が多くなっているので、

 

この皮脂を洗顔によって都度除去すれば一応その時はニキビは出来にくくなります。

 

 

 

 

他にも、例えば「毛穴にばビタミンCが効くよ!」という情報も結構聞きますね。

 

 

これも、まぁあながち間違いではないかなと思います。

 

ビタミンCというのは『還元性』という性質を持っているので

 

毛穴の黒ずみを還元して薄めることができるかもしれないし、

 

また還元性はイコールタンパク質変性作用ですので「収れん効果(肌を引き締める作用)」を持つので、

 

毛穴を一時的に引き締めてくれる働きも期待できますね。

 

 

 

毛穴といえば「酵素洗顔」もよく聞きます。

 

 

『酵素』というものを何かよく分かっていない人も結構多いみたいですが、

 

 

酵素とは「タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)」のことです。

 

これもタンパク質分解作用を持っているので毛穴に詰まったタンパク質汚れ(角栓)を分解して除去しやすくする働きがあります。

 

 

まぁなので、一応「効く」のは事実だろうなぁと思います。

 

 

 

 

 

でもここで特に勘違いしてはいけないのは

 

「効く」=「根本改善」…ではない!

 

ということ。

 

 

例え一時的にその成分が本当に効いてニキビや毛穴が改善したとしても、

 

それは単なるそれらの成分の持つ化学特性による一時的な作用でしかありません。

 

 

「黒くなるなら無理やり白く戻せばいい。」

 

そういう考え方なんですよ。

 

 

根本改善というのは

 

「そもそも黒くならないようにする」

 

こと。

 

 

使ってすぐ効果を発揮する(効く)成分を使ってもそれは一時しのぎでしかなく、

 

それを長期継続したところで根本的な改善とは全く別のところに着地してしまいます。

 

 

 

またこういった「効く」成分や商品というのは、

 

その効果に反して対象的なデメリット(副作用)を持っています。

 

例えばティーツリー精油であれば精油そのものの皮膚刺激や常在菌環境を乱す原因になったり、

 

強力洗顔は続けるとどんどん肌が乾燥してより多くの皮脂を分泌するようになります。

 

ビタミンCの還元作用は肌にとって大きな負担になるし炎症を起こす場合もあります。

 

酵素が分解するタンパク質と肌のタンパク質は同じものなのでそれだけ皮膚を弱める原因になります。

 

 

 

「効果を持つからには相反する副作用がついてくる」

 

というのが全ての化学成分の特性です。

 

 

これを理解せずに

 

とにかく「使えば治る」みたいな商品や成分を求めるのは間違いです。

 

 



そういう姿勢は常にビジネスの標的として利用されますし、

 

またこれを追い求めたところで本当に綺麗になれることはありません。

 

 

 





結局いつも思うのは、

 

「人間の肌ってそんなにヤワなものではない」ということなんです。


何かの化学成分に頼らないと肌が綺麗にならないと思っている人は凄く多いのですが、

 

僕は大抵の酷い肌荒れはその人の肌に原因があるのではなくて

 

外から加えている何かしらの成分とか刺激とかのせいなのではないかと思っています。

 

 

肌のシステムってそんなにできの悪いものではないので

 

実は何もしなくても放っとけば治ることは凄く多いのに、

 

薬とか化粧品とかに過度に頼ってしまって

 

その結果肌の調子がどんどん崩れていく。

 

 

 

必要もないのに洗いすぎたり、必要な常在菌を殺菌し尽してしまったり…

 

 

 

 

僕は化粧品は適切に利用するほうが綺麗になれると思っていますが、

 

かと言ってやればやるほど肌に良いとは全く思っていないです。

 

 

むしろ今の時代肌に対して必要もないことをやりすぎて肌荒れしている人の方が多分多いのでは…。

 

 

 

 

以上、

 

「これは凄く効くよ!」

 

などと言われてもまず「なんで効くの?」という疑問を持って欲しいし、

 

その効果の持つメリットの裏側のデメリットにも必ず着目して欲しいと思います





とはいえ、

 

化粧品の成分とか調べても大抵良いことしか書いてないんですよね(゚ー゚;

 

 

ただ、

 

「良いことしか書いてないからデメリットが分からない」と思うやもしれませんが、

 

でもデメリットっていうのはメリットを裏返して考えればそれでOKなんです。

 

 

殺菌作用って、微生物を殺す作用でしょ。

 

つまり細胞毒性があるということですから、皮膚刺激があるだろうなぁ…

 

と、そういう思考が出来るかどうか。



別にハッキリ書いてなくても予想は出来ると思います。


こういう「効果の裏」を読むクセを付けると化粧品がさらに面白くなるかもしれませんね。




プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 大好評発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

 


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら! hp%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント