かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓






 

冬場の乾燥と冷えで悪化しがちの「手荒れ」。

 

特に水仕事の多い主婦の方々にとってはとても身近な悩みだと思います。

 

 

実はかずのすけも数年前に手荒れに苦しんがことがあり、

 

その頃の話を以前したこともあります。

(▶3年前の手荒れの写真が出てきました(軽く閲覧注意です;)


薬を塗っても再発を繰り返すだけの手荒れに肝心のケアも蔑ろになってしまい、

 

結局うまく付き合うしかない…と諦めてしまった方も沢山居られると思います。

 

 

ですが実は手荒れの原因をよくよく考慮すると

 

手荒れのケアや予防はそんなに難しいものではなく、

 

 

ちょっとした一手間を惜しまなければ意外なほど簡単に改善させることができます。

 

 

今日はかずのすけのイチオシアイテムと対策法を詳細にご説明しますので、

 

ぜひ参考になさってください(*^_^*)

 

 

 

◎人に会うたびに「手が綺麗ですね」と言われる秘訣

 

昔からそうなのですがかずのすけ、手の綺麗さには結構な自信があります(^^)

 

image

 

image

 

どうでしょう、アトピー体質の人の手には見えないでしょう~(^o^)笑

 

今ではこんな感じで打ち合わせとかでお仕事先の方とお会いするといつも「手がすごく綺麗ですね!」と褒めて頂けます。

 

 

 

 

ですがこれも数年前には手荒れで大変なことになっていて、

(▶3年前の手荒れの写真が出てきました(軽く閲覧注意です;)

 

人様に見せられるようなものではなかったときもあったのです。

 

元々アトピーなので皮膚が弱く、一人暮らしを初めて自炊をするようになってから一気に手荒れが始まりました。

 

一時期はかなりの頻度で皮膚科に通っていたことも…。。

 

 

 

しかし今ではとある対策を常に行うことで、手荒れとは全く無縁の生活をしてます。

 

 

 

その対策というのは、上の記事でも軽く紹介している

 

「炊事・皿洗いなどの際に手袋をはめる」

 

という極単純なものです。

 

 

 

今行っている対策は本当にこれだけで、

 

ハンドクリームや医薬品などを用いることは一切していません。

 

 

ただ手袋を利用するだけでここまで改善させることに成功しました。

 

 

 

 

◎手荒れの主な原因は「油分の脱脂」

 

 

そもそもなぜ【手荒れ】が発生するのかというと、

 

これは非常に単純な話で

 

『肌のバリアを形成している油分を過剰に取り去ってしまうから』です。

 

 

主婦の皆さんに手湿疹が頻発するのはそのためで、

 

炊事・洗濯・掃除・子育てなどなど…、

 

 

『水』と『洗剤』に触れる機会が多いからこそ

 

手の防御被膜である皮脂などを過剰に奪われてしまい、

 

過度の乾燥から皮膚の湿疹が発生しています。

 

 

特に手は皮膚の厚さこそは分厚いものの、皮脂の分泌量が非常に少なく、

 

頻繁にお湯や洗剤によって油分が奪われるとこの補給が間に合わなくなってしまいます。

 

 

 

特に「皿洗い」はその継続時間も長ければ、

 

 

油を多く使用する食器洗い用に設計されている

 

『食器用洗剤』

 

の洗浄力はその他の洗浄剤と比較しても段違いに高いため、

 

 

素手でお皿洗いを頻繁にすればするほど手が荒れやすくなるということになります。

 

 

 

 

ということは、

 

結局のところこれらの水仕事で手の油分を除去しすぎさえしなければ

 

手荒れは快方に向かうと考えられます。

 

 

とっても単純な話ですね。

 

 

むしろ強力な洗剤と触れる機会を限りなくゼロにしてしまえば、

 

手荒れとは金輪際おさらばの生活を送ることができます。

 

 

 

 

◎オススメは「使い捨てのビニール手袋」!

 

 

さてここで奔放初公開(^^)

 

かずのすけがここ二年ほどずっと使い続けている手袋を紹介します!

 

それが↓こちらになります。

 

image

 

 

Amazonで購入できる100枚組み600円くらいのアイテムです。

 

 

これはMサイズですがSサイズやLサイズなどサイズも豊富に揃っています。

 

image

 

中には↑こういう薄々の手袋が100枚ほど入っていまして、

 

使ってすぐ捨てて毎回新しいものを使用します。」

 

 

厚手のゴム手袋などと違って温度や触感の感知も出来ます。

 

image

 

 

表面がややサラサラなのでお皿を洗う際には滑って落とさないように注意が必要ですが、

 

手を守ることを優先する場合は必ず使用した方が良いです。

 

 

冬場の米研ぎに使っても全然冷たくないのも嬉しいですね(*^_^*)

 

 

 

ちなみになぜ「ビニール素材」が良いのかというと

 

普通のゴム手袋の場合ラテックス(ゴム)アレルギーの方が結構いるためです。

 

 

 

もちろん塩ビ素材も100%安全とはいえませんが、

 

ラテックスよりは大分マシだと思います。

 

 

それから「使い捨て」なのもポイントで、

 

何度も使うタイプの手袋だと中で雑菌が繁殖してしまったりするので要注意なのです。

 

 

一回使ってすぐ捨てることで衛生を保てます。

 

 

 

 

◎食器用洗剤の種類にはこだわる必要なし!

 

 

ところで僕が使っている洗剤は昔から花王のキュキュットなんですけど、

 

image

 

 

なぜこれを使っているのかというと「成分が良好だから」というわけではないです。

 

もちろん市販の中では相当まともな部類なんですが、

 

それでも僕の手のバリアだとしばらく使っているとどうしても手荒れが起こってしまいます。

(大丈夫な人もいると思います)

 

 

これは「食器やフライパンの油をさっと落とせる」ように洗浄力設定をしてしまえば、

 

手肌の油も当然どんどん落としてしまいますから当たり前です。

 

 

逆に食器洗剤の洗浄力を手肌に優しいレベルまで落としてしまうと、

 

今度は食器もまともに洗えなくなり皿洗いの時間が伸びて忙しい主婦業に支障を来してしまいます。

 

(また時間が伸びればそれだけ洗剤と触れる時間が伸びるので、結局のところの脱脂量は同じくらいになってしまうと思います。)

 

 

 

だから肌のダメージを考慮して『手肌に優しい洗剤』を選ぶのは正直言ってナンセンスで、

 

 

はじめから「手袋でガード」さえしてしまえば、

 

image

 

それがどれだけ手肌に刺激のある洗剤だったとしても

 

肌へのダメージは常に「ゼロ」です。

 

 

※繰り返しますがキュキュットは比較的良質の成分です。笑

 

 

 

なので手袋でガードしてしまえば洗剤にこだわる必要はまったくなく、

 

極論を言えばたとえ100均の最低品質の洗剤でもOKということになります。

 

 

 

 

ちなみに僕は界面活性剤の研究をこれまでしてきて色々勉強した結果、

 

「界面活性剤はそんなに怖いものじゃないよ!」ってずっと言っているんですが…、、

 

 

食器用洗剤については界面活性剤の専門家だからこそ言います。

 

「できれば素手で触らないでください。」

 

と…(苦笑)

 

 

洗浄力の設定が化粧品の洗浄剤とは比べ物にならないので、

 

こればかりは素手で触るべきものではありません(;^o^A

(特に毎日触るような主婦の皆様は注意です。。)

 

 

 

◎コツは「たった一枚の皿洗いにも手袋を使う」こと

 

 

そしてこの手荒れ対策の最大のポイントは、

 

たった一枚の皿洗いにもめんどくさがらずに手袋を使用する、ということです。

 

 

この「たった一枚」、「ちょっと5秒の洗剤との接触」だけでも、

 

特に手荒れが慢性化している弱った肌には命取りなんです。

 

 

これでもか!!という気持ちで、

 

とにかく神経質と思われるくらいの勢いで洗剤類との接触を断ってください。

 

 

手荒れがあんまり酷い場合はお風呂でのシャンプーとかでも手袋をはめてほしいくらいです(^^;)

 

 

お手洗い後の手洗いもぬるま湯か冷水を使って、石けんは使わない方がいいです。

(それなりに擦って流せば雑菌はちゃんと落ちますので…。。)

 

 

まぁシャンプーやハンドソープを敏感肌対応のものにしている場合は良いんですが、

 

そうでなければこういう洗剤もあまり触れないのをオススメします。

 

 

 

◎公共施設の「除菌剤」にも注意!

 

 

また手荒れ時は公共施設の入り口に置いてある「アルコール除菌剤」「殺菌消毒剤」なんかも要注意で、

 

 

除菌剤は皮膚刺激が強く実は脱脂作用もあるので、

 

手荒れを悪化させる一因になりますよ。

 

(主成分が高濃度のエタノールか、「塩化ベンザルコニウム」という界面活性剤です。)

 

 

この季節に外出する際には防寒用の手袋をして雑菌を付着させないようにすると良いと思います。

 

 

飲食や福祉系、看護、医療系のお仕事の場合は致し方ないとは思いますが、

 

そうでない方は神経質に手の殺菌消毒をするのは手荒れに逆効果です。

 

 

 

◎どうしても手袋が付けられない場合は・・・

 

 

あとお仕事などの関係でどうしても手袋を使えない場合、

 

「ワセリン」

 

image

 

などの保護効果の高い油分を予め厚めに塗布しておくと手の油分が奪われにくくなります。

 

全体に塗布するのは難しいと思うので手荒れの酷い部分などを局部的に守るしか出来ません。

 

コツは洗う「後」ではなく「前」に塗布して幹部を守ることです。

 

 

あくまでその場しのぎなので手袋ほどの効果はありませんが、

 

何もしないよりは大分マシだと思います。

 

 

ちなみに洗った後の保湿にはワセリンではなくマカダミアナッツ油オリーブ油など、

 

 

皮脂の組成に近い油脂を使用するのがオススメです。

 

手荒れ対策のハンドクリームは選び方が肝心(“ハレタル”掲載コラム)

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

 

洗剤や除菌剤などに触れる機会を限りなくゼロにすると

 

手肌のダメージ要因も限りなくゼロ近づくため、

 

 

結果的に手荒れ発症の原因がなくなって手荒れがどんどん改善していくようになります。

 

 

 

もちろんあまりに状態が酷い場合は薬を利用するのもやむ無しではありますが、

 

基本的には手荒れを完治させるには手荒れを引き起こしている原因をカットしなければ根治は不可能ですので

 

薬で抑えて状況を変えずに延々手荒れと付き合い続けるというのは推奨できません。

 

 

 

子育てや主婦業にはこの「ちょっとした一手間」が非常にめんどくさいと感じるかもしれませんが、

 

手肌を守るためにも是非「食器洗剤に触れる際にはとにかく手袋」という習慣をクセづけて欲しいと思います!

 

 

 

※ちなみにかずのすけはこの100枚組手袋を一ヶ月で丁度よく消費してます…笑 僕でこれなら主婦だとさらに消費量が増えるかもしれません;

 




プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 大好評発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

 


<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら! hp%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら

かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

 

いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(1)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント