かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓

 

 

 

敏感肌用の洗濯洗剤「ファーファ」「ケアベール」を使ってみた

 

 

 

先日の記事で紹介した「ファーファラボ柔軟剤の香りが引き立つ無香料洗剤」なのですが、

 

かずのすけ、ちょっと一点勘違いをしていたことがありまして…(;´o`A

 

 

コメントでご指摘を頂き気付くことが出来ましたので補足しておきたいと思いますm(_ _;)m

 

 

 

 

◎ファーファ無香料には「抗菌剤」が入っている!?

 

 

「ファーファ無香料には『抗菌剤』が入っているから某雑誌で酷評だった…」

 

というコメントを頂きまして、、

 

 

 

確かにファーファのパッケージには「ダブル抗菌防臭」なる表記が。

 

image

 

 

もちろんかずのすけも最初にこの表記は気になったので、

 

ちゃんと確認しました。成分を。

 

するとですね、↓こんな風に書いてあります。

 

image

 

成分/界面活性剤(13% ポリオキシアルキレンアルキルアミン、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)

 

以上です。。

 

なので「界面活性剤しか入ってないじゃん!ラッキー!」

 

と思い込んで購入してたのですね(*_*;)

 

 

 

ちなみに抗菌成分というのは主成分のポリオキシアルキレンアルキルアミンのことかな?と自己解釈してました。

 

これは微弱陽イオン性を持った非イオン界面活性剤なので、たしかに陽イオン系は抗菌剤としても使用されていますから、そういうことかな?と…。

 

 

 

ただこれを抗菌剤のひとつと考えても「ダブル」ということなのでもう一つ無いと辻褄が合いませんよね(・_・;)

 

 

(当初は適当にAEのことも抗菌剤ということにしたのかな?とか適当に考えていました。苦笑)

 

 

 

 

しかし実は違ったようで、、

 

 

コレは本当に僕のリサーチ不足だったのですがファーファの公式ホームページにその「全成分表」が載っていました。

 

それがこちら

 

 

 

確かに入ってるではないですか!「抗菌剤」という抗菌剤が…。。

 

 

 

しかし、ちょっと待て。。

 

『抗菌剤』にも色々ありますからね(^_^;)

 

 

 

成分名が分からないと何とも言えないんですよ…。

 

 

例えば先日問題になったトリクロサンとかトリクロカルバンとか、

 

そういうのかもしれませんし、

 

はたまた陽イオン界面活性剤の塩化ベンザルコニウムだって抗菌剤として使われています。

 

 

ファーファに限ってこんな成分を配合しているということはないと思いますが、

 

しかし万が一こういうちょっと危険な成分が配合されている場合かずのすけも今後の使用を改めることになります。

 

 

 

 

ですからこの「抗菌剤」の成分名が表記されていないというのは非常に不安なポイントです…。

 

 

 

あとなぜ他の成分が配合されているのに容器背面にそれ以外の成分の記載が無かったのか?というのも気になる一点ですね。

 

 

 

 

そこでこの2点についてNSファーファジャパンさんに直接伺ってみました。

 

 

 

 

 

 

◎ファーファさんに直接聞いてみた結果

 

 

というわけで問い合わせメールに突撃です!

 

 

Q.ファーファ無香料に入っている抗菌剤はなんていう成分でしょうか。

 また、商品背面にそれらの成分等の表記がないのはなぜでしょうか。

 

 

 

<ファーファさんの回答>

 

いつも弊社商品をご愛用いただきまして、ありがとうございます。

またこのたびはお問い合わせをいただきましてありがとうございます。

 

早速ですがお問い合わせの商品に配合されている抗菌剤ですが、

社外秘で具体的にはお答えできないのですが、制汗剤や食品工場等で使用されるものと同様の成分です。

 

また本品の成分表示では、界面活性剤2種類のみの表示になっていますが、

これは、家庭用品品質表示法 雑貨工業品品質表示規定に基づいた表記になっております。

 

http://www.caa.go.jp/hinpyo/law/law_07.html

 

その中の「四 合成洗剤、洗濯用又は台所用の石けん及び住宅用又は家具用の洗浄剤」に該当し、

(二)ト 項 にあるように、洗剤補助剤その他の添加物のうち・・・・(抜粋)・・・その

含有率が1%以上のものについてはその機能の名称を示す用語を用いて表示すること・・・・・(略)  

と、あります。

 

1%入っているものについては、表示をしなくてはなりませんが、

1%未満であれば表示義務がないということになります。

 

本商品は、無香料をうたい、蛍光剤、漂白剤も入っておりません。

極力余分なものを入れないように処方設計し、必要な構成成分がすべて1%未満(抗菌剤も1%未満)であるため、

現状の界面活性剤の2種類のみの表示に至りました。

 

しかしながら、各商品に載せている情報だけでなく、弊社HP上では各商品の全成分公開を行い、

配合しているものの情報をできる限り開示させていただいている次第です。

 

以上、よろしくご理解のほど、お願い申し上げます。

 

 

 

 

ということだそうです…。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局社外秘かよ!(>_<;)

 

 

 

抗菌剤の成分わかんないんですね~、、

 

こりゃ困ったなぁ。。というのが正直な感想です。

 

 

 

ただこのメールで分かることも幾つかあります。

 

 

 

 

◎ファーファに配合されている「抗菌剤」を予想してみる

 

 

「制汗デオドラントや食品にも利用されている」

 

ということから、

 

自動的に制汗剤や食品に配合出来ない抗菌剤は除外されるということですよね。

 

 

 

食品は安全基準があるので毒性が強く食べられない抗菌成分は添加されません。

 

指定食品添加物のリストを確認すると、上記に記載のトリクロサンやトリクロカルバン、塩化ベンザルコニウムなどは登録されていないので配合は無いと考えられます。

 

そりゃあ、毒物みたいなものですからね…;

 

 

 

個人的には制汗剤というとイソプロピルメチルフェノールとかがぱっと思いつきますが、

 

この成分も食品添加物ではないのでちょっと違っていそうかなぁと思います。

 

 

 

そう考えると一般には「防腐剤」として使用されているものが一番ありえそうですよね。

 

パラベン類とかちょっと強めなら安息香酸系の成分なども考えられます。

 

 

 

ところで陽イオン界面活性剤類も塩化ベンザルコニウム以外ならあるかも?と思ったので、

 

『電気伝導率計』という計測機器を用いて

 

image

 

液体の電気伝導性を計測してみました(^o^)

 

 

 

これは電気伝導性の成分が入っていると数値が高くなるという代物。

 

つまり電気伝導性の高い陰イオン界面活性剤や陽イオン界面活性剤が入っている場合数値が大きくなり、

 

非イン界面活性剤のように電気伝導性が低い成分の場合は数値が小さくなります。

 

 

結果はファーファ無香料の原液は1.5mS~2.2mSと、

 

image

 

これは非イオン系おしゃれ着洗剤の「エマール」とほぼ同じ数値でした。

 

(ケアベールが0.7mS~1.5mSと最低値でしたね。)

 

ちなみに陰イオン系のアタックネオは、この100倍くらい(200mS程度)の数値になっています。

 

 

 

よってこの数値的には肌に刺激になるほどの陽イオン界面活性剤が混ざっているとは考えにくいでしょう。

 

 

 

結局成分の「特定」とまではいきませんでしたが、

 

僕個人的に警戒している種類の抗菌剤が入っている可能性は低いと見ることができそうです。

 

 

 

 

 

◎1%以下なら無視しても良いかも?

 

 

またメールの返答によれば、その他の成分が容器背面に記載されていないのは配合率が1%以下になっているからだということです。

 

 

なるほど、化粧品でいう『1%以下は順不同でいい』のようなルールが衣類洗剤にもあるということですね。

 

まぁ実はこのことはぼんやりは知っていたのですが、

 

今回は完全に失念していました(-_-;)

 

 

 

衣類洗剤の場合は元々の濃度が1%となると、

 

洗浄時の濃度は1000倍くらい薄まるわけですからそれこそ洗浄時後は無視できる影響力ということになります。

 

そういう意味では化粧品の「キャリーオーバー成分」のようなものとも言えそうです。

 

 

 

本来この1%以下の成分は保存時の安定剤だったりが一般的です。

 

この商品の場合はキレート剤や防腐剤など(脂肪酸ナトリウムというと石けんかな?と思いますが電気伝導率やpH的にはほぼ入っていないのと同じようなもの)も入っていますが、

 

全部1%以下ということですね。

 

 

 

かずのすけはアトピーなので普段から変な成分が入った洗剤で洗った肌着などを着ると肌が痒くなったり赤くなったりする体質なのですが、

 

確かに今回のファーファ無香料では今現在そのような症状は確認していません。

 

 

 

濃度がとても薄いので刺激になるほどではない、ということなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

◎「無香料で抗菌剤配合」か「無抗菌剤で香料配合」か…

 

 

 

しかし抗菌剤だなんだと色々入っているとなると、

 

かずのすけ的にはやはり完璧に満足の商品とは言えなくなりますね(T_T)

 

 

実際臭いがホントに出ないなぁと不思議に思うほどなので、

 

抗菌剤の効果があるのは確かなのではないかと思っています。

 

(もちろんポリオキシアルキレンアルキルアミンパワーもありそうですが)

 

 

 

そういう意味では抗菌剤や刺激の要素になる成分がほぼ入っていない「ケアベール」の方が敏感肌への配慮は確かに優勢といえるかもしれません。

 

 

 

う~ん、こうやってみると「香料」だけホントに邪魔です…(-_-;)

 

やっぱり香料の位置が高いんですよね~

 

記載が配合順だとすれば匂いがキツイと感じる原因かもしれません。

 

 

でも他は凄く良いですね。

 

無理に文句を付けるとすれば「エチルアルコール(エタノール)」が目を引きますけどね。

 

まぁ直接皮膚に触れるわけではないので全然OKですが。

 

 

 

あとはやっぱりエマールかな~。

 

 

ホントにこれも「香料」さえ無ければ完璧なんですけどね~~。。。

 

 

 

 

 

 

というわけで結局かずのすけ的に100点満点の洗剤はまだ見つかってないんですが、

 

今のところはこの

 

 

・ファーファ無香料

(無香料だけど謎の抗菌剤入り)

 

・エマール

(シンプルだけど香料入り)

 

・ケアベール

(シンプルだけど香料入り&買いにくい)

 

 

の三つ巴の戦いという感じですかね(苦笑)

 

 

 

とりあえずしばらくはファーファ使ってようと思います(;^o^)ゞ





プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ

 


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー



かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント