かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓




1月はじめにスキンケア解説動画の第一弾を公開しましたが、

その第二弾がようやく完成しました!!


洗顔は肌に負担がかかる!?オススメ洗顔方法は?【特別スキンケア講座VOL.2】


かす-のすけさんハ-ナー1


というわけで本日はこちらに関する内容をブログでも同時に解説していきたいと思います(^^)




◎『洗顔料』の基本成分と種類



「洗顔料」とひとくちに言っても、

実はいろんな種類があることに気が付きますね。


一般的なのはみなさんもお馴染みの「石鹸」です。


無添加石鹸白いせっけん3P/ミヨシ石鹸
¥453
Amazon.co.jp


白い固形の石鹸は現代でも幅広く使われていますね。

ですが石鹸にもいろんな種類があって、

中には「茶色い石鹸」なんかもあります。


オリーブとローレルの石鹸(ノーマル)2個セット [並行輸入品]/クロスロードトレーディング
¥1,296
Amazon.co.jp


で、

これらの石鹸の主成分は、

「セッケン」という種類の界面活性剤です。


ラウリン酸Na、パルミチン酸Na、ステアリン酸K…など、

セッケンはそのまま化学物質の名称にもなっているのですね~。



他にも洗顔料にはこういう固形タイプではなくて

ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー 大/花王
¥価格不明
Amazon.co.jp

こういうペーストタイプの洗顔料もありますね。


まぁこのペースト系も市販で手に入るものの多くは、

ほぼ上記で紹介している「セッケン」が主成分になってます。


なので基本的に世の中の洗顔料の大部分は「セッケン」なのですね…(^o^;)




(しかし最近ではアミノ酸系などのやや高級な成分の洗顔料も、「泡タイプ」にして濃度を薄めることで市販価格帯で販売されるようにもなっています。↓)

肌研(ハダラボ) 極潤 ヒアルロン 泡洗顔 160mL/ロート製薬
¥864
Amazon.co.jp




◎セッケンは弱アルカリ性なので皮脂を洗う力が強い!


人の肌の保湿成分のうち重大な保護膜として機能している「皮脂」というものは、

オレイン酸などの『脂肪酸』というものを含んでいるため『弱酸性』です。


セッケンはみなさんもよくご存知の通り、『弱アルカリ性』の洗剤です。



アルカリと酸は足すと中和しあう性質がありますので、

弱アルカリ性のセッケンは弱酸性の皮脂を洗う力がとても強いということになります。


これは高い洗浄力を確保できるという意味ではとても大きな利点ですが、

例えば乾燥肌とか敏感肌の人で慢性的に油分が不足していてカサカサ肌になってしまっている人には

やはりやや「洗いすぎ」が懸念されるということになります。



◎洗い過ぎた肌は刺激に敏感になり、炎症を起こしやすくなる


そして、手洗いが頻繁で炊事などで水に触れる機会が多い主婦の皆さんに慢性的に「手あれ」が発生することを見ても分かるように、

人間の肌は洗いすぎると肌を守る『バリア機能』が弱まり、

外部の刺激やアレルギー物質などの影響を受けやすくなってしまいます。


その結果として『炎症(皮膚炎)』を起こしたり、


それらの刺激から肌を守ろうとしてどんどん皮脂を分泌するようになったり、

皮脂が多すぎることで『脂漏性湿疹』や『ニキビ』、その他の様々な肌荒れを誘発するようになっていきます。




これは上記で説明した「セッケン」だけにとどまる話ではなく、

どんなに穏やか洗浄力の洗顔料(例えばアミノ酸系とか)でも、


間違った洗顔方法で洗顔するとそのようになってしまうことがあります。




◎間違った洗顔方法とは


5分も10分もかけて入念に洗顔する

→洗顔時間が長すぎて脱脂のし過ぎになってしまうのでNG!

ゴシゴシこすって洗顔する

→摩擦が肌に刺激になり、さらに必要な油分などが過剰に除去されてしまうのでNG!

熱すぎるお湯で洗う

湯の温度が高すぎるとそれだけで肌に負担が大きいのでNG!

スクラブ入りや岩石(火山灰等の鉱物)入りの洗顔料を使う

粒子が肌を傷つけ、目に入ると眼を傷つける恐れもあるのでNG!

ピーリング剤入りの洗顔料を使う

→ピーリングで皮膚がさらに削られ、バリアが弱まるのでNG!



なので、正しい洗顔方法で洗顔を行うことで、

肌のバリア機能を損ねず健康な美肌を維持する助けとなります!



◎かずのすけ推奨「20秒洗顔」の方法


さて、かずのすけが推奨する洗顔方法は

「20秒洗顔」

というものです!


僕が勝手に名付けたのですが…(笑)



これは読んで字のごとく、

【洗顔時間=泡を顔に乗せている時間】を20秒程度で収める洗顔法です。


ステップは5段階、とっても簡単です(^^)

必ず泡立てネットを使って大きめの泡を立てて下さい!


「Tゾーンから」とか「Uゾーンから」とか、そういうのはナシで、

適当に出来上上がった泡をすべらせるイメージで顔全体にまとわせます。


そしてここが肝心です!

泡は乗せたと思ったら、すぐ体温程度のぬるま湯で流します。

顔に泡が乗っている時間は15秒~20秒程度がベストです!

(ちなみにここはシャワーを使ってザっと流してしまっても全く構いません。洗い残しが残りにくいのでかずのすけはシャワー派です。)



洗い終わったら冷水で肌を引き締めると洗いあがりがすっきりします。

あと肌が熱から冷める際に水分が蒸発して乾燥しやすくなるので、

冷水での引き締めは洗顔後の乾燥対策にもなります。



最後はタオルで拭いて終了ですが、

これもこすったりしないようにポンポンと抑えるイメージで!



以上がかずのすけ推奨の20秒洗顔の方法です(^^)


さらに詳細は以下動画でも解説してます!!






以上の方法であれば、

セッケンなどの洗浄力が高めの洗顔料を使っていても

お肌への負担をかなり抑えて洗顔することが可能です。


はじめのうちは慣れない、物足りないと感じるかもしれませんが、


本来人の皮膚の洗浄には洗剤などは不要で、

お湯だけでも十分に洗浄できるという人が実際にたくさんいます。


そういう人たちは【生まれつき洗顔料を使っていない】という人が多く、

さらにとても美肌の持ち主が多いのも事実なのです…。


私たちはいつの間にか、「洗顔をしっかりしなければならない!」という呪縛にはまってしまっていたのかもしれませんね。


(穏やかな洗浄力での洗顔に切り替えることで化粧品でのスキンケアに頼りきらずに肌力を引き上げるスキンケア法「オフスキンケア」については→こちら



※さらにGODMakeさんでは界面活性剤に関する話も絵付きで解説してます!↓

洗顔は肌に負担がかかる!?オススメ洗顔方法は?【特別スキンケア講座VOL.2】



以上、かずのすけ推奨「20秒洗顔」の方法についてでした!

何か気になることなどあれば遠慮せずご質問下さいね(^^)/




プロデュース化粧品第2段 『CeraVeil Skin wash』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/index.html
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ


かずのすけの新著 2/20日発売!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!

jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信スタート!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー


かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)



いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント