かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓





色々と調べ物をしてたらちょっと面白いものを見つけたので、

ひとつ紹介しておきたいと思います(^-^)





こちらは資生堂の高級化粧品ライン、

「&FACE」シリーズのフェイスクリーム

アートメソッド ザ クリームXです。


こちらの化粧品は資生堂お得意の美白有効成分「トラネキサム酸」を配合し、

美白ケアも兼ねるクリームとして主にエイジング世代向けに販売されています。


トラネキサム酸は資生堂開発の成分ながら

美白有効成分として厚生労働省より正しく認可を受けていますし、

これまで例のカネボウの事件のような被害も出していない比較的安心な成分と言えます。


医薬部外品ですからかなり効果も高いと思われます。




ただしそのお値段がなんと50gで21600円と非常にお高いです。



ぶっちゃけまとまな金銭感覚の持ち主では手が出ないですよね…(^_^;)





ですが実は…

化粧品の成分に少し詳しくなると、

この化粧品とほぼ全く同じものをもっと安く購入することができます。





ここで活躍するのはまたあの便利なホームページ、

Cosmetic-Info.jp

です(^-^)




こちらのホームページから全成分リストを検索し、

&フェイス アートメソッド ザ クリーム

のページに行きます。



すると、このページの下部にはその化粧品と似た成分構成の化粧品が表示されます。



特に類似指数が高い化粧品として今日は

ディシラ SPエナジーリザーブa(Ⅲ)





の成分を見てみたいと思います。


このクリームは定価は30g:6000円と、

先ほどのクリームに比べてややリーズナブル(?)ですね…苦笑


(ちなみにディシラは資生堂のグループ会社です。)





上に示したのは二つの化粧品の成分を並べてみたものです。


なるほど、これらの化粧品は

・トラネキサム酸
・酢酸トコフェロール

の同一の有効成分を配合していて、

有効効果としては同じような効果が得られる可能性が高いと考えられます。



なるほど、似ていると捉えても良さそうですね。




しかし実際のところ、

この二つの化粧品にはもっと重大な秘密があります。




ちょっと先ほどの化粧品成分の構成を見比べてみて下さい。



上の方の成分構成は結構違って見えますが、

下の方の成分がほとんど丸かぶりなのに気付きませんか?




ちなみにこの二つの成分表からかぶっている成分を抜き取るとこうなります↓




実はこの化粧品は「医薬部外品」なので、

化粧品の成分の並びがはじめから配合順になっていません。



つまり上の方に書いてある成分の配合が多いというわけではないのです。


実質上「~エキス」とかヒアルロン酸とか防腐剤は極微量配合にしかならない成分ですので、

上位に記載されていたとしても配合が多いと考えてはいけません。


また、

化粧品の読み方 ~植物エキスは「無視」すべし!~

でも解説したように、

「~エキス」は基本的には配合も少なく効果は微妙なので無視して結構な成分です。



となると、


このように

二つの化粧品の成分は数えるほどしか違わない

ということにお気づきになるのではないでしょうか。





これがこの化粧品の重大な秘密です。


実はこの化粧品は、元々おんなじものだった可能性が非常に高いです。






というのも、

化粧品を作るときにメーカーさんはわざわざ毎回別の化粧品をしっかり一から作ってるなんてことがあるでしょうか。


もちろん最初から作ることが一切無いとは言いませんが、

多分大手メーカーにもなると

ほとんどがこれまでの化粧品の処方を使い回していると思われます。



その証拠として、

今回紹介している化粧品の処方では非常に微妙な品質調整剤や安定剤が全く同一で配合されています。

違っているのは後から加えることが出来る成分が主です。
(エキスとか保湿剤とか防腐剤とか)


またこの化粧品は「医薬部外品」ですから、

お役所に部外品の申請をしなくてはなりません。

これが結構面倒な手続きで、一から作った化粧品だとその登録にものすごく時間がかかってしまいます。


ですが元は同じで添加物をちょっと弄っただけの化粧品であれば、

医薬部外品の申請も前に作った資料をちょっと弄れば済む話です。





ここから想像出来るのは、


元々この化粧品の土台は同じもので、

エキスや保湿剤などの微妙な添加剤を変えて販売している。


ということです。





ここまで成分が読めてしまえば、


あとは同じ化粧品を高く買うのはただの損ですよね。


僕だったら&フェイスさんよりディシラのクリームの方が安上がりになると考えます。


むしろ『メラニン生成阻害タイプ』の美白剤であるトラネキサム酸とは別に、

『メラニン還元タイプ』のビタミンc誘導体も入っているので

美白効果としてはディシラの方が上手なようにも感じますね。





あともう一つ、

エリクシール プリオールライブクリーム

というのも同じ「化粧品の素」が使われていますね。


ただこちらは有効成分が一個不足しているので、

全く同じ効果は求められないかもしれません。


(とは言え酢酸トコフェロールは結構微妙な有効成分なので無視してもいいかもしれませんけどね^^;)


こちらは40gで5000円程度と更にお買い得(?)です。





化粧品の性能的に本当にこの価格が十分妥当なのか、

という話はまぁ置いておいて、



あるところでは2万円で売られている化粧品が、

別の場所では名前を変えて1万円で売られていたり、

さらに安くなって5000円で売られている場合があるということです。



もちろんこれは今回お話した資生堂だけの話ではなく、

様々な化粧品メーカーが同じことをやっています。


特に高級化粧品ブランドを何個も傘下に持っている巨大グループには

特にこのような風潮があるように思います。



そういえば

巷で有名な『ドゥ・ラ・メール』とかいう高級クリーム

数百円のNIVEAクリームとほぼ同じ中身とも言われていますし、



こういう事例も含めて眺めてみると

「高級化粧品」はホントにその価格で買うべきなのか…

一度立ち止まって考えてみる必要がありそうです。




ランキングの投票にぜひご協力ください!

↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓
(PC版表示でのみ得点が加算されます 詳しくは→こちら

↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア


かずのすけプロデュース化粧品発売中!


セラキュア 紹介&意見投稿ページ



解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析




Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(1)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント