かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓





「アンチエイジング」 ~老化の原因とその理論~

「アンチエイジング」 ~本当に有効な対処法とは~



ごく最近まで、

人の<老化>の原因として注目されてきたのは


『紫外線』



『加齢』

です。




紫外線への暴露によって、

皮膚の老化が過剰に促進される


「光老化」

お化粧はするべき?~紫外線と肌老化について~


という現象はこれまでにも何度か記事で取り扱ってきましたね。




また歳を重ねることで

細胞生成時の「エラー」が蓄積し、

それが老化へと繋がっていく…。

という「障害蓄積」も有力な老化因子と言われています。




よってこれまでは、

「加齢」
「紫外線」

この二つこそが

人の老化に最も重大な因子であると言われてきたのです。




しかし実は、

ここ最近老化に関しては様々な研究が行われ、



加齢と紫外線意外にも、


明らかに有意に老化を促進する因子があることが分かってきました。




しかもその一つは、

場合によっては紫外線の影響を凌ぐ因子となりうる

とも言われてます。




今日は

最新の老化研究のレビューから、

加齢・紫外線に次ぐ老化因子と、

その対策についてお話していきたいと思います。





◎紫外線より老化を促す!? 『喫煙』 の老化リスク




『場合によっては紫外線を凌ぐ』

とも言われている老化因子


それは「喫煙」です。




喫煙が老化に関与していることが最初に報告されたのは、

今から40年以上も前の1971年のことです。


しかし喫煙の影響というのは、

急性的な影響がほとんど見られず


しかも長期(しかも数十年単位)の実験を行わなければ

実際の影響がどの程度なのかを判定出来ないため、


喫煙による影響が老化を促進していると確信づけることが

非常に難しかったという内情がありました。



そのためごく最近までは

あくまで「一つの説」程度にしか考えられてこなかったのですが、


これが最近になって大規模な疫学調査が行われ、


現在では

「喫煙」による老化の促進はほぼ確実と断定されています。




◎「喫煙」による老化促進はどのくらい?



いくつかの研究では、

非喫煙者と喫煙者を比較して

老化の速度を計測する実験が行われてきました。


またとある統計的手法を用いた結果によると

喫煙者と非喫煙者を比較すると、


およそ5.8倍の老化リスクの増加が得られた

という報告があります。



毎日2時間の日光照射による老化リスクの増加は、

同様の統計手法を用いて計算したところ

およそ2.65倍であった


という結果を考えると、



この場合の喫煙者の老化リスクの増加は

日光による老化リスク増加を優に上回っていることが分かります




ちなみにこの時の喫煙者の喫煙量は、

「35pack-year以上」

だったと言われています。


※「1pack-year」とは「毎日 1 箱 1 年間喫煙したこと」を言います。
「35pack-year」は毎日1箱35年喫煙したのと同じで、毎日35箱1年間喫煙も同様の意味です)


毎日1箱喫煙し、

それを35年間継続する程のヘビースモーカー
は、


日光を毎日2時間浴びる倍以上の速度で老化していく


ということが科学的に立証されているのです。


http://aaa.umin.jp/data/2012/20120617leaflet.pdfより



もちろん「35pack-year」というのは相当のヘビースーモーカーですが、


少ない量でも長期間吸い続ければ

老化のリスクはどんどん上がってくことになります。


また

日光による老化リスクの増加も加担すれば、

さらに老化が促進される

ということも予想できますね。


一つの計算の結果では、

35pack-yearの喫煙者が毎日2時間の日光を浴びた場合、

非喫煙・非日光浴の人と比較すると


なんと11.4倍の老化リスクの増加となる

というのですから驚きです。




◎「副流煙も」同様の老化リスクが?!



タバコの老化メカニズムを解析した研究では、

その原因物質が

「タバコの煙」にあることが分かっています。


タバコの煙に含まれる『酸化物質』が、

皮膚表面に付着することで

皮膚が酸化ストレスを受け

それが老化の促進に繋がるとされます。


つまりタバコは体内から老化させるのではなく、

あくまで皮膚に付着する煙に原因があるのですから


自分がタバコを吸わなかったとしても

副流煙を浴び続ければ同様の老化リスクがある
と言えます。





◎「どうしても避けられないタバコ煙」への老化対策


しかし

どうしてもタバコをやめられない方や、

身内にタバコを吸っている人が居る場合、


タバコの煙を完全に避けるのは簡単ではありませんね。



実はいくつかの研究では、

この老化促進を抑制する方法が提案されています。



それは

ビタミンC誘導体ビタミンE誘導体、

フラーレンコエンザイムQ10などの、


「抗酸化物質」を皮膚塗布することです。



先程も言ったように、


タバコによる老化促進は

タバコ煙に含まれる酸化物質が皮膚表面に吸着し、

それらの物質が皮膚細胞に「酸化ストレス」を与えるから


だと考えられています。


つまり抗酸化物質を配合した化粧品などを塗布しておくことで、

皮膚に酸化物質が付着しても

それらの成分が酸化そのものを抑制するため、


結果として皮膚の老化を抑えることが出来る可能性が高いのです。



実際に試験管内試験では、抗酸化物質を添加したサンプルは抗酸化物質を加えていないサンプルに比べ、タバコ煙を作用させた時の老化促進物質(MMP)の産生が抑制されたという結果が得られています。






もしどうしても避けられないタバコ煙に悩んでいるのであれば、

抗酸化物質配合の化粧品を探してみると良いでしょう。


最近ではさほどお値段もしないので、

手に入れるのはそれほど難しくありませんよ(^-^)




抗酸化物質には皮膚刺激を伴うものもあります。
敏感肌の方はできる限り皮膚への負担の少ないものを選べると良いでしょう。
(当ブログオススメのフォーレリアも抗酸化物質配合化粧品です)



<参考>
シワのサイエンス~成因から改善アプローチまで~『環境因子とシワ』
日本香粧品学会誌 Vol. 37, No. 1, pp. 6–10 (2013) 森田明理



プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ



かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー



かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>