かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓



シリコンインシャンプーはダメージヘア用?


先日書いた記事に関して、

もう少し難しい内容のお話をしておきたいと思います。



単純にいえば、



「洗剤によって毛髪がダメージを受けることはありえるのか?」



という話ですね。



実はこれはかずのすけが昨年まで行ってきた研究でして、


ただまだ論文の公開をしていないので

完璧に詳しい話は出来ないのですが…



記事を何回かに分けて、

出来るだけ簡単に説明していきたいと思います(^_^;)




◎弱いタンパク質は界面活性剤で『変性』する


界面活性剤のタンパク質変性作用


でも見られるように、



『卵白』に含まれる「アルブミン」というタンパク質は


SDS(ラウリル硫酸Na)などのアニオン界面活性剤

を加えることで白色の沈殿を生成します。




対してAEなどの非イオン界面活性剤ではその変性は極微です。





この時点で、

アニオン界面活性剤と非イオン界面活性剤では

タンパク質に与える影響が異なっている
ことに気がつきますね。


つまり

イオン(電荷)を強く持つ界面活性剤は

より強いタンパク質変性作用を持ち、


電荷を持たない界面活性剤はタンパク質変性作用も弱い
と言えます。




◎毛髪(ケラチン)のような強力なタンパク質にはほとんど影響無し?



しかし『毛髪』を構成するタンパク質は、

「ケラチン」と呼ばれる非常に強靭で巨大なタンパク質です。



ケラチンは分子内に多種の結合を持っており、

↓ケラチンの分子内結合の種類




特に『ジスルフィド(-S-S-)結合』という結合はケラチンに特有の結合で


ケラチンはこの結合を分子内に大量に持つことで

非常に硬いタンパク質を構成しています。



そのため、

ただの毛髪に先ほどのように界面活性剤を処理しても




このように変性作用はほとんど見られないのです。




なるほど、

ではラウリル硫酸Naのような強力な電荷を持ったアニオン界面活性剤でも

実際の影響はほとんど観測出来ないのですから


毛髪の洗浄には特に問題は無いと判断できるかもしれませんね。





◎『短期試験』では影響は見られないけど・・・


しかし、

洗剤は毎日、何週間・何ヶ月・数年と使用するわけですから


実際の影響を見るのであればそれだけの長期試験が必要です。



上の実験は浸漬したその時の状況を比較しているので


実際に何週間も何ヶ月も経ったあとの状態は分かりません。




しかしかずのすけは大学生ですから

卒論を書く時間は限られていました(^_^;)



そのため短時間で長期的な影響を観測するためには、


車の耐久性試験のように


毛髪の状態をわざと弱らせ、

その状態で界面活性剤を作用させる


という実験方法を選ぶ必要があったのです。




そのために僕が取った方法が

『パーマ剤』

を使用するという方法でした。



洗剤の『ケラチン可溶化促進』について②







ランキングの投票にぜひご協力ください!
(投票は一日一回)


↓クリックでランキング投票&現在順位の確認ができます↓
t(PC版表示でのみ得点が加算されます 詳しくは→こちら


↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア




解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析




Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント