かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓





シリコンは無害・安全の超素材?~シリコーンを徹底解説~



「シリコーン」についての話は美容コラムではしていましたが、

ヘアケア関連の記事としては扱っていませんでしたね。


美容コラムでのシリコーンのネタはどちらかと言うと


・シリコーンは悪いものなのか?

・ノンシリコンシャンプー関連の歴史的考察

・ノンシリコンシャンプーの問題点


みたいな話をしてきましたね。




ここでは実際にヘアケアを考慮に入れた場合、

「シリコーン」という物質を利用する手法などを解説していきます。



まずはしばらく前に有名になった

「ノンシリコンシャンプー」

についてのかずのすけ的な分類をお伝えしておきます。




◎「ノンシリコンシャンプー」は2種類ある!?



一般的には、

シリコーンが入っているシャンプー:『シリコンインシャンプー』

シリコーンが入っていないシャンプー:『ノンシリコンシャンプー』

というふうにシャンプーは二つに大別される風潮がありますね。



むしろ一般の方の中には

ほとんどのシャンプーは基本的にシリコーンが入っていて、

ノンシリコンシャンプーは特別なものだ…


くらいに考えている人がいます(-_-;)



ただこれはちょっとおかしな考え方で、


シリコーンが入っているシャンプーは

市販の安価なシャンプーか低品質なサロンシャンプーくらいのもの
です。


普通にまともなシャンプーを作っているメーカーは、


シャンプーにシリコーンなんて入れませんよ。



じゃあその「まともなシャンプー」が、『ノンシリコンシャンプー』なのか?


というと…


これもまた違います。




実は

『シリコーンを入れるか入れないか』

でシャンプーの優劣を判断することは厳密には出来ません。


かずのすけの考え方で言えば


シリコンインシャンプー→ほぼ低品質


は確定ですが、



ノンシリコン(シリコーンが入っていない)シャンプーに関しては、


・まともなシャンプー

・シリコンインと同列かそれより問題があるシャンプー


の2つに分類できるのです。



ノンシリコンシャンプーだから良いんだ!


という風に安直に考えてシャンプーを購入してしまうと、

それはかなり問題があるシャンプーの可能性もあり得るということです。




◎シャンプーにシリコーンを配合する理由


シリコーンの化学的性質については

シリコンは無害・安全の超素材?~シリコーンを徹底解説~


にて既に解説しています。


シリコーン自体が毛穴に詰まってハゲるとか

毛髪へのダメージソースだとか

色々な悪評が立っていましたがそんなことはありません。


シリコーン自体は安全で安心の油性成分です。



そしてシャンプーにシリコーンを配合するのは

洗浄中後の摩擦を軽減して、

シャンプーだけでサラサラの質感を演出する
ためです。


シリコンはなぜ嫌われる?


ある意味では摩擦軽減を補助するシリコーンは、

シャンプーに配合することで髪へのストレスを軽減できる

ということになりますね。


つまりシリコンはそこまで悪いものではない
(むしろ良い成分?)

くらいに考えてもおかしくないのかもしれません。





それなのになぜかずのすけは

シリコンインシャンプー→ほぼ低品質

と断じるのか…。



それは


そもそもシャンプーにシリコーンを配合する必要があるのは、

主成分として使用している洗剤の品質が悪いからです。





◎洗剤の品質が良ければシリコーンは要らない!



現在一般的に市販のシャンプーとして利用されている洗剤は、

・ラウレス硫酸ナトリウム

・オレフィン(C14-16)スルホン酸ナトリウム

・ラウリル硫酸ナトリウム

などの強アニオン性の界面活性剤です。


これらの洗剤は水中で多量のマイナスの電荷を生じるため、


洗髪中後に髪が強力にマイナスに帯電し

その結果強い摩擦を生じて軋みや絡まりを助長します。



なぜこの洗剤が頻繁に使われるかというと、

大量生産されていて安価に仕入れが可能だからですね。



大企業はこういった安い洗剤を使ったシャンプーでも

問題なく使用できるようにするために、


潤滑剤の「シリコーン」を配合することでその摩擦軽減を果たしたのです。



しかし実際には

・アミノ酸系界面活性剤

・両性界面活性剤

・カルボン酸由来の合成洗剤

などの水中でそれほど強力な負電荷を放出しない洗剤であれば


洗髪中に毛髪を過度にマイナス帯電させないため

大きな摩擦は生じません。


つまり


洗剤の品質が良ければ

はじめからシリコーンを使用する理由など無いのです。





逆を言えば、


『シャンプーにシリコーンを配合する』

ということは

『洗剤の品質が悪い』


ことをそれだけで示しているに他ならず、


『洗剤の品質が悪い』ということは、


結果として

『シャンプーとしての品質が悪い』

と評価できるということなのです。




◎『ノンシリコンシャンプー』の主洗剤は…?



さて、

このロジックさえ押さえてしまえば


市販に溢れる

『ノンシリコンシャンプー』

が優れたシャンプーであるかどうかは

判断するのはさして難しい話ではありません。



主洗剤として強アニオンの洗剤を用いているのであれば


当然摩擦が生じて髪に対して刺激となります。



つまり市販レベルのシャンプーから

ただ単にシリコーンを抜いただけのシャンプーは、

むしろ髪へのストレスをさらに生じてしまうのです。



このような洗剤の品質はそのままで

ただ単にシリコーンを抜いただけのノンシリコンシャンプー


はシリコンインシャンプーよりむしろ問題のあるシャンプーと言えます。



さらに、

軋む?臭う?ノンシリコンシャンプーの是非


でも解説しているように

低品質洗剤の軋み感を緩和する為にシリコーンの代わりに

天然油脂などを用いているものもあり、


臭いの原因になるなどの問題もあります。




こういった低品質の洗剤を用いたシャンプーは、

ノンシリコンだろうとシリコンインだろうと

評価は当然低くなるので、



『ノンシリコンシャンプー』

だからと言っていいシャンプーだとは言えないわけです。



つまりこういった


『低品質の洗剤をベースにしたノンシリコンシャンプー』

イコール

『シリコンインと同列かそれより問題があるシャンプー』


と言えるわけですね!



まぁ当たり前と言えば当たり前なのですが…(^_^;)




ちなみに

強アニオンの洗剤

カラーやパーマなどケミカルダメージを受けた髪に刺激があります。

(強力なマイナス電荷自体がダメージ要因です)


健康毛であれば問題ありませんが、

ダメージを受けた髪には摩擦軽減した状態でも

さらにダメージを促進する原因となります。


(このあたりの話は少々難しいのでまた今度に)




対して

シリコーンを入れる必要が無いシャンプー

というのは


主成分として使用する洗剤を厳選しており、

少々お値段が上がってはしまいますが


ダメージヘアにも刺激を与えず洗髪が可能です。


サロン専売品や市販でも少々お高めのシャンプーでは

こういったタイプのシャンプーもありますから、


真剣にヘアケアを考えているのであれば

『ノンシリコンシャンプー』

としてはこういった類のものを選ぶほうが良いでしょうね!






<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら! hp%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc



プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント