キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 解析 | かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:

一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓



キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 解析




    皮膜力:★★★★★

    保湿力:★★☆☆☆  
   低刺激性:★★★★☆  
 伸びの良さ:★★★☆☆    
   しっとり感:★★★☆☆    
 サラサラ感:★★☆☆☆  
保湿持続性:★★★★☆       
敏感肌適正:★★★★☆    
  価格適正:★★☆☆☆   (40g:2415円) 

  総合評価:★★★☆☆-



有効成分に創傷治療剤のアラントインを配合しています。

アラントインは荒れ肌を整え傷の再生を促す有効効果があります。

(まれに皮膚過敏症を起こすこともあるので、使いすぎには注意)



ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド

は花王特許の擬似セラミドです。


実際のセラミドと比較すると保湿性や肌なじみは圧倒的に弱いですが、


大量に生産でき大量に配合できるというメリットがあります。



とはいってもその他に保湿を助ける作用の成分もありませんので

あまり水分を補給する効果は期待できません。


また

シクロジメチコン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体


など多種のシリコーンが配合されています。



皮膚表面をコーティングしてツルツルに見せる効果はかなり強いでしょう。



おかげでお化粧の皮膜は一段階強くなると考えた方が良さそうです。




アラントインの有効効果を持った

シリコーン+擬似セラミドの皮膜系クリームです。


お化粧の下地などに使う分には使いやすそうですが、

あまり長期間お世話になりすぎるとアラントインの副作用のリスクも出てきます。




40g2415円というのは、僕の感覚では少々お高いように感じますね。






商品名
キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

容量 価格定価2415円/容量:40g

成分 アラントイン*、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、シクロジメチコン、スクワラン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ユーカリエキス、硫酸Mg、BG、イソステアリルグリセリルエーテル、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン

乾燥性敏感肌用
パラベン以外の防腐剤フリー紫外線吸収剤フリーアルコールフリータール色素フリー ○弱酸性・無香料・無着色・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)○アレルギーテスト済み*○乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み*[パッチテスト:皮膚に対する刺激性を確認するテストです]*すべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。



ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)


↓クリックで投票完了↓


↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア




解析依頼はここから
※アメンバー限定です。



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけのオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!(amazonで購入頂けます)

オススメの解析





Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。
 

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント