かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓




以前

アウトバスについて ~ヘアミスト編~


の記事に取り上げた

ナプラ CPモイスト



について

その有効性に関する詳しい解説に加え、

基本的な使用法や

上級者向け活用術をまとめていきたいと思います!




◎水で流せる皮膜系アウトバストリートメント


ヒドロキシプロピルキトサン


という親水性皮膜成分の配合で、

シリコーンに頼らずサラサラの質感を演出できます。


この成分がシリコーンじゃないことのメリットは

「水で流せる」=「皮膜が残らない」

ということですね。


なのでどれだけ使っても皮膜蓄積によって重くなったり、

油脂系トリートメントと相乗して質感低下につながったりしないということです。


しかも油ではなく耐熱性にも優れるため、

ヘアアイロンやドライヤーでも髪を痛める心配がありません。



◎弱い「毛髪軟化作用」


毛髪軟化作用については

髪を軟らかくするには ~キューティクルの柔軟性とCMC~

にて詳しくまとめていますが


CPモイストにも

CMC代替成分が配合されています。


それがセラミド2クオタニウム‐33(18MEA)です。

特に18MEAはCMCに大して強力な親和性がある成分なので、


ヘアミストという極薄トリートメントでも

実感を伴う軟化効果が見込めます。


しかしもちろん軟化トリートメント程の効果は無いので

必要以上にべったりしてしまうことはありません。



◎どんなスタイリングにも○


サラサラな質感

しっとりした手触り

軽いつけ心地


という三つの要素を持ち合わせたアウトバスであるため、


CPモイストは

ボリュームを出したいスタイリングにも

ボリュームを落としたいスタイリングにも

果てはロングヘアにまで

幅広く活用可能な


まさに「万能アウトバス」なのです!




◎CPモイストの基本使用法


CPモイストは

「ブロー前の濡れ髪」に使用するのが基本です。


普通使う局面は、

・夜のインバスケア後

・朝のスタイリング前


の2パターンがあると思います。


毎回濡れた髪のドライ前に塗布すると良いですね。



ところで

ヘアミストを普通にスプレーすると

局部的にしか当たらないし少なからずの誤射があります。


だからまんべんなく塗布するのが結構難しいですよね…(^_^;)



そこでかずのすけのオススメは

一度手のひらにスプレーして取り出し、

シャンプーやトリートメントを塗布するようになじませる


という方法です。


こうすれば誤射もなく、

まんべんなくトリートメントを行き渡らせることができます。


メンズのショートスタイルの場合で2~3プッシュ

レディースの場合は5~6プッシュといったところでしょうか。


髪の長さに応じて使用量は調節して欲しいと思います。


特にしっとりさせたい場所には多めに付けると良いですよ(*^_^*)



濡れ髪にCPモイストを馴染ませたら

ドライヤーでドライします。


オーバードライに気を付けて乾かせば、

しっとり・サラサラ・ふんわり

が共存する扱い安いベースヘアが完成するはずです。



ここからさらにワックス等のスタイリングに繋げるも良し

そのままナチュラルヘアーで出かけるも良しでしょう!



これがCPモイストの基本使用法になります。



◎CPモイスト使用上の注意


・乾燥毛に使うのは×

CPモイストを乾燥毛にそのまま噴霧するのはオススメできません。

原液で使用するとしっとりしすぎて逆に扱いにくい髪になります。

また乾燥毛にはあまり毛髪軟化効果が現れません。


・寝癖直しに使うのは…

ダメとは言わないですが(^_^;)

上でも書いているように乾燥毛に使用するのは

スタイリング上あまりオススメできません。



と、このくらいしかないんですけどね(苦笑)




<番外編>CPモイスト活用術


ここで上級者向けCPモイスト活用術を一つ紹介しておきますね。


実はCPモイストは

スタイリングの際にも大活躍するんです…



その活用術とはずばり

「ワックスに混ぜる」

です。


僕は普段

ウェーボ デザインキューブ ハードワックス


プレジュームワックス5



の二つをスタイリングによって使い分けるのですが、


CPモイストをこれらのワックスに混ぜ込むことで

ワックスの柔らかさを調節することができます。


つまりある程度硬いワックスを持っていれば、

それ以下の柔らかさのワックスは必要無い
ということです。



具体的には


特にパーマヘアの方にオススメなのですが

ウェーボハードワックスとCPモイストを5:5くらいで混ぜ、

手のひらで揉み込んで乳化させます。


するとまるでクリームワックスのような状態になります。

それを使ってスタイリングして下さい。


ソリッドワックスだと作れない

柔らかい質感のワックスに早変わりします(^-^)


これは女性のショートスタイルのスタイリングにもかなり使えますし、

パーマヘアのカールを引き立たせるのにも有効です。




CPモイストの主成分は揮発性なので

最初はちょっとやんわりしすぎるかもしれませんが、


しばらくするとすぐに乾いていい感じになります。


どんなワックスでも出来ると思うので、

今の髪にはもう少し柔らかいワックスがいいなあ…

なんて思ったらぜひ一度試して見てくださいね(*^_^*)



スタイリングの幅がぐんと広がると思います!





ランキングの投票にぜひご協力ください。
(投票は一日一回)


↓クリックで投票完了↓


↓モバイルの方はこちら↓
にほんブログ村 ヘアケア




解析依頼はここから
※アメンバー限定です。



かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけのオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!(amazonで購入頂けます)

オススメの解析





Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Twitterにて美容情報・更新情報・素朴なつぶやき発信中です。
上記アイコンからのフォローをお待ちしています!
必ずリフォローいたします。

いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント