かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓





無添加とか自然派とか植物由来とか、

もうそういうのはお腹いっぱいなんですが


そういえば「ノンケミカル」なんて乱暴な言葉も一時流行りましたね。



まぁ一般的に「ノンケミカル」なんて言われると、

・化学合成物質的なものが一切配合されていない!!

とか

・界面活性剤やら防腐剤やら合成香料や合成染料などなど全部無し!

みたいな意味に考えてしまうのが人の常です。



僕らみたいなケミカル(化学)大好き人間から見れば、

化学的なものを一切使っていない化粧品なのか?

とそう捉えてしまいます。



化学物質はすべて害悪だと思っている人達からすれば、

このノンケミカル化粧品は理想的なものだと言えるでしょう。





しかし残念ながら、


化粧品という体裁を保っている以上、

それが「ノンケミカル」であることは不可能です。




例えばシャンプーで言えば

「泡」が立って洗浄効果を持つ時点で、

それは化学的物質(界面活性剤)の効果です。

シャンプーとしてこの効果が無ければそれはシャンプーではありません。



またシャンプーだけにとどまらず

油と水を混ぜ合わせるのが化粧品の基本ですから、

ある意味

界面活性剤を抜いた化粧品というのはほとんど考えられない
のです。

界面活性剤とは



本当にノンケミカル=化学物質とは無縁を主張したければ

それはただの水か土以外にありえないでしょう。





じゃあ「ノンケミカル」は詐欺なのか??


と思うと思いますが、



実はこれ、またもやメーカーの考えたインチキワードだったんですよね…


そもそも

「ノンケミカル」

・・・と聞くと

化学物質が入っていない

と考えるのが普通ですが、


実はこれが大きな勘違いだったのです。





◎「ノンケミカル」=「紫外線吸収剤無配合」のこと



知ってました?(汗)



つまり「ノンケミカル」というのは業界では

「化学物質を配合していない」

という意味ではなくて

「紫外線吸収剤を配合していない」

という意味を表すワードだったんです!



そもそもこのノンケミカルの発端は


紫外線を化学的な性質で防御する「紫外線吸収剤」を配合せず、


紫外線を物理的な性質で防御する「紫外線散乱剤」のみを使用した


「日焼け止め」
に用いられた言葉だったんです。






化学(ケミカル)的な性質ではなく物理(フィジカル)的な性質なので

「ノンケミカル」

と呼んだということですね。


…う~~ん、、、

それはかなり無理があるような…(笑)




ですから、世の中に販売されている


「ノンケミカル化粧品」

は、

決して化学合成物質が配合されていないということではありません。


ただ単に紫外線吸収剤が配合されていないというだけです(苦笑)


界面活性剤もポリマーも防腐剤もシリコーンも

い~っぱい入ってますね(^_^;)



そりゃあシャンプーや普通の化粧品にはあんまりいれませんからね。

ノンケミカルなんて表示し放題ですよ(ーー;)



ちなみにこの「紫外線吸収剤」についてもそこまで恐るべきものではなくて、

紫外線が強い場合には正しく活用するべき成分です。

紫外線吸収剤と発がん性




結局のところ「ノンケミカル」=「化学物質が入っていない」と思うのは

消費者の勝手な思い込みだったわけですので、

もしこういう化粧品を作ってる会社に


「ノンケミカルじゃないじゃないか!!」


なんてお叱りの電話を入れたとしても


「弊社の規定ではノンケミカルとは紫外線吸収剤を無配合という意味ですので」

と言われて軽くあしらわれてしまうというわけです。




◎ケミカル(化学物質)は悪いものじゃない


僕はずーっとずっとずっとこれを言い続けますが、


化学によって作られる合成物質は必ずしも悪いものではありません。



化学物質の有害性が問題となったのは今から30年も40年も前の話です。


その頃は日本は高度経済成長の真っ最中で、

世界的にも重化学工業が発展段階にありました。


この当時の化学産業はまだ未発達だった為、

新しく作り出された物質の安全性を確認することもその術もないまま

商品化されてお金に変えられていったのです。


そんな杜撰な体制によって作り出された化学物質は、

公害や大気汚染、環境破壊の原因となってしまいました。


現代に残る化学物質への無根拠の恐怖は、

その当時の名残とも言えるでしょう。



しかし今ではそれらの失敗を生かし、

現在商品化される化粧品成分の多くは人体にはほとんど毒性がありません。


それはラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの物質でも同様です。


確かに一定の一次刺激やタンパク質変性作用などがありますが、

人体に対する毒性はとても低いものなのです。

いかに刺激がある洗剤でも、

皮膚から吸収されて体内の臓器に蓄積したり(経皮毒)、

遺伝情報を狂わせて生まれてくる子どもに悪影響を与えたり(催奇形性)

ガン発生のリスクを上げたりすることはほとんどありません。



合成ポリマーやシリコーン、紫外線吸収剤、防腐剤、…


今無意味に恐れられている「化学物質」はたくさんありますが、


実際にはこれらを配合しないよりも

これらを配合することで得られるメリットの方が大きいことはたくさんあります。
(もちろん悪用しているパターンもありますが)



本来消費者はこれらのメリットとデメリットをしっかりと考え、

正しいリスク判断をしなければならないのです。



しかし現在ほとんどの消費者はその力がないばかりに

メーカーのインチキ商法に簡単に踊らされてしまっています。


悪質な化粧品メーカーは

本当は何も怖くない化学的な物質に「怖いものだ」というイメージを埋め込み、

この「ノンケミカル」のように言葉で騙して商品を販売しています



一番恐ろしいのは化学物質などではなくて、

「化学物質は怖い」というイメージにつけ込もうとする人間です。






「ノンケミカル」なんてちょっと調べたらすぐにその化けの皮が剥がれるワードなので、


絶対に騙されないようにしたいですね。

世の中には本当に小狡い奴らがいるものです。






プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ



かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ


かずのすけの独占インタビューが連載中!
jspa-nspa_migishita2
http://joshi-spa.jp/449936


かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1


かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓
ギャザリー



かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析


かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!


解析依頼はここから
※アメンバー限定です。


【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント