かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

美容と健康、美髪と美肌にまつわるケミカル裏話を美容に詳しい「化学の先生」が分かりやすいコラム形式で徹底解説!
美容業界を取り囲むウソ情報を見破る術を伝授します。
化粧品類の評価・解析も更新中。


テーマ:
一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓







「シャンプー解析」


においてよくある評価の方式なのですが、


洗浄力が高い=ダメシャンプー

洗浄力が低い=良いシャンプー


みたいな評価がなされがちです。


恐らくこの風潮を作ったのは紛れもなく、

現在シャンプー解析の第一人者でかのビッグサイトを運営するあの人

でしょう。



しかし現状多くの現場主義の美容師や消費者たちから

低洗浄力に対する不満の声が上がっており、


実際に数々の要因を考慮してみれば




その評価法には甚だ疑問を抱かざるにはいられません。


シャンプーというものの役割を考えれば

低洗浄力というのはむしろ欠点と言えるでしょう。





◎シャンプーの役割とは


シャンプーの役割と言えばもちろん「洗浄」です。

いかに低刺激で地肌や毛髪に対して優しいシャンプーであったとしても、

落とすべき汚れすら落とせないようなシャンプーは役不足です。


洗浄力不足で話にならないシャンプーというのは実にたくさんあります。

ヘアケア初心者がまず手にしがちなこのシャンプーも
そのうちの一つでしょう。


ミレアムシャンプー 解析


サロン専売品のシャンプーの中でもダントツのベストセラーと言われる

このミレアムシャンプーは、多くの解析サイトで高い評価を得ています。


ちなみに僕は生粋のデミユーザーで、

デミさんと同郷であることからあまり悪く言いたくはありません。


しかし、僕の評価はおまけをつけても★★★に毛が生えた程度。

成分の確かな安全性は認めますが、

その洗浄力の低さでは、シャンプーとして激しく力不足なのです。


実際にミレアムシャンプーのクチコミは二分しており、
「洗えていない」「痒くなる」という意見が多く聞かれています。


シャンプーに優劣を付けるのであれば、


「洗浄能力」というものを評価するのが正当な方式です。



◎洗浄能力≠洗浄力


僕が便宜的に用いている「洗浄能力」という言葉は、

単なる洗浄力とは異なります。


一般的に洗浄剤として用いられる「界面活性剤」には

多様な種類・性質があり、

それらの性質を組み合わせることで

高い洗浄力だけでなく、

低い刺激性選択的な洗浄効果

を作り出すことが出来ます。


「洗浄能力」とは、それらの要素を総合的に判断したパラメータです。


例えば、洗浄力が高く皮膚刺激のあるアニオン性の界面活性剤に対して、
(ex:ラウレス硫酸Na)

アニオン界面活性剤の負電荷を打ち消しながら洗浄力を緩和する
「両イオン界面活性剤」を負荷すれば、
(ex:コカミドプロピルベタイン)

高い洗浄力のベースを残したまま刺激の緩和が可能となります。

※ラウレス+コカミドプロピルベタインでは刺激はまだ強すぎるベースです。


高い洗浄能力を持ったシャンプーというのは、

界面活性剤それぞれの性質をうまく組み合わせ、

理想的な洗浄力・低刺激性・選択的洗浄効果

などの性能を複数持ち合わせるなどのポテンシャルを秘めます。


本当に高い評価を得るべきシャンプーの条件として、

この洗浄能力の高さとは非常に重要です。



◎低洗浄力の落とし穴


さて高洗浄力である場合にはその脱脂力がしばしば問題とされます。

簡単に言えば、脱脂力が高い=パサつく ということです。


しかしその脱脂力、無ければ無いほど良いということでもなく、

低洗浄力である場合には、その脱脂力の無さが逆に問題になります。


シリコーンというものの性質を既にお話しています。
(シリコンは無害・安全の超素材?)

シリコーンは現在ほとんどのトリートメントやコンディショナーに含まれており、

意識せずして回避するのは難しいです。


シリコーンはオイル成分との吸着性が強く、

例えば毛髪表面にシリコーンがコーティングしていると、

その表面に皮脂やその分解物が付着していきます。


低い洗浄力ではこの付着やシリコーン自体を洗浄できず

毛髪表面にこれらの物質が蓄積していってしまうのです。


低洗浄力のシャンプーを使っていて最初はサラサラでも

徐々にベタつきが気になってくるパターンは、これが原因です。


また蓄積した皮脂などは時間経過で酸化し、

過酸化脂質となって地肌等に悪さをするので痒みを覚えたり、

嫌な臭いを発する原因ともなります。


洗浄用のシャンプーとして優秀なものは、

シャンプー後にはしっかり毛髪表面の残留物を除去できるものが妥当です。





◎「良いシャンプー」を選ぶのは難しい


結局、「本当に良いシャンプー」を選ぶには

ただ地肌や髪に優しいものを選べば良いということではないのです。


ある人にとっては良いシャンプーでも、

ちょっとしたライフスタイルや生体環境の違いが原因で

別の人には全然合わないなんてこともしばしばです。



「シャンプーが合うかどうかは人それぞれ」


これはよく言われることですね。

僕はこれは間違ってはいないと思います。


しかし

「合うかどうかは使ってみなければ分からない」

というのは大間違いです。


成分表示という判断指標が残されている以上、

僕たちには選択の余地があり、

あなたに合うシャンプーを意図的に選択することは十分に可能です。


その方法については、また後日に。





<公式ホームページ>  ブログを見やすくまとめています!→詳しくはこちら! hp%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc



プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売中!!
(オンラインストアURL:http://cores-ec.com/
ストアバナー3
セラヴェールスキンウォッシュ 紹介&意見投稿ページ
セラキュア 紹介&意見投稿ページ
セラヴェールクレンジング 紹介&意見投稿ページ


かずのすけの本も好評発売中!!
詳しくはこちら!
コスメ、カバー、帯あり    本
(新刊:左)質問・ご意見ページ
(既刊:右)質問・ご意見ページ

かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信中!
かす-のすけさんハ-ナー1

かずのすけの高評価アイテムまとめページ
かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→こちら


かずのすけのオススメまとめページ
かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!
オススメの解析

かずのすけ

Facebookページも宣伝
かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!

解析依頼はここから
※アメンバー限定です。

【かずのすけのブログ検索】
コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)

いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)

かずのすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント