35日経って

テーマ:
{01AA7E3E-2B77-4A42-9907-ED5ED5A8082E}

こんばんは、涙もでますが、鼻水もすっごいでます、うつくしくないです、りらままですm(_ _)m

今日はりらの35日法要?とからしいです。
私も知らなかったんですが、こっちの祈り加減で、三途の川の流れが変わるらしい…あのこの為なら、そりゃ超拝むよ!
…でも行かないで、側にいて欲しいなあ…

皆様にはご心配おかけしておりますが、仕事はちゃんとしてますし、ご飯もちゃんと人以上に食べてます。
映画だってみるし、漫画だって読みます。

ただ、寂しいです
{AD8644D3-E449-4993-A9F6-3D1386DC4D33}

この背中を思い出しただけで、いとも簡単に涙腺が崩壊します
日を重ねるごとに、中毒みたいに、禁断症状みたいに、りらに触れないことが堪らなく辛くて。
ただ、ただ、寂しい。
後悔とか、想い出とか、もちろんあるけれど。
寂しい。
{4A480219-C823-4BD0-9A71-752A4C5D392A}

どれだけ、りらが私のことを好きでいてくれたか、今更ながら、思い知ります。

{5A219C5C-7530-4593-9F49-BC2B5FA43E2D}

この子の姿にどれだけ癒されたことか。

{3E3F4D18-2462-4A71-9C1E-5FE617EEBE68}

今はもう、なにも写らないけれど、きっとここにいると思う、お気に入りの場所。片付けられません…

だけど、これから先、私がどんなことをしても、なにが起こっても、この子に触れ合えることは決してない。まあ、死後の世界は別にして。ちゃんとわかってますとも。
アイの時に思い知ってますし、時間が過ぎることを待つしかないですね。
…でも泣けるんやもん、しゃあないやんか。大好きなんやもん。りら、アイかわいいし。とまあ、開き直って泣いてますf^_^;

まあ、しばらくはグズグズ言うと思います
鬱陶しいですよね💦
本当すいません💦
{E3F567C6-4BAC-471B-9867-F32DB1D10C8D}

あのね、らんちゃん、まま、今泣いてるんだけど…なにをやっとるんだ(-_-)

空気を読まない、ほわいとでびるに、救われてます。
{94A5B8D5-A143-45C8-8321-E0CF1B01F5B9}
撫でると目が無くなる、あくま(笑)

この子はこの子なりに、私のことを慕ってくれています。
ありがとうね。がんばるよ。

実は去年から、腕というか、手全体を痛めてしまい、冬には、指まで辛かったのと、りらが居なくなって、疲れがでたのが腰痛やら微熱やら、体調を崩してたのですが、少しずつ、回復しています。
だいぶブランクあるので、ちょこちょこ試作という名の自分用を作ってますが、←おい
お待たせしているバッグもそろそろ製作していく予定です
いろいろ作りたいものもあるしね。

そうそう、来月にはERLがありますね。
りらの世話があったので、今年は出展しませんが、来年は出させてもらいたいなあ
行かれる方は暑さに気をつけて、楽しんできてくださいね。
{F71235D2-0063-43AD-8E46-BF9B6537F62B}

ああ、ハフハフクンクンしたいなあ…


AD

りらへ

テーマ:
{07E9C0D2-188D-42F6-86F7-73135A612570:01}

りら、お前の姿が見えなくなって、もうすぐ三回目の土曜日がくるよ

なんか困ってないかい?ちゃんとやれてるかい?
側にいてくれてるような気はしてるんだけど。
ままはお前になにもしてやれなくなってしまったから、心配で心配でたまらないよ

ずっと一緒いたからね、
お前のお迎えがないこと。
座っても撫でることがなくて、両手が空くこと。
用事をしててもつつかれないこと。
台所にいても、ギリギリまで迎えに来るか、ままの顔が見える部屋の端っこで、ジッと座って見つめてたから、何度も何度も何処にいるか探して、待っててねっていいながら、慌ててご飯を作ってたのに。ゆっくりやってよくなったこと。
全然慣れなくて。
テーブルの下から、ひょっこり出てくる気がして。
朝もお前のお世話があったから、早起きしたね。すごく喜んでくれたね。全然苦じゃなかったよ、今だにその時間に目が覚めるよ。
仕事が終わったら、ダッシュで帰ってたし、人参葉とサラダ菜と水菜と青梗菜とブロッコリーの葉っぱを揃えるのに、何件も何件もスーパーをまわってたから、無駄に慌てて買い物してる。毎日行かなくていいことがすごく不安で。
毎日、いかにお前の側を離れずにいっぺんに家事をするかに頭を使っていたからね、なんだかぼんやりしているよ。ダメだねぇ。

嫌な事があっても、良い匂いのふわふわあったかいお前に頬ずりしたら、もうそれだけでどうでもよくなったのに。

お前は覚えているかな?
ままが泣いてた時、お前は大好きなえん麦スティックをくわえて、ままに持ってきてくれたね。びっくりしたよ、嬉しかったよ。
とうちゃんとままがケンカした時、アイちゃんがままを噛んだ時、ものすごく怒ってくれたよね。
リフォーム中で、ままの実家から、お前が一晩、とうちゃんと違う場所でお泊りしなきゃいけなくなって。
帰ってきても、飲まず食わずで、サークルの端っこの影からでてこなくて、とうちゃんと、ままの実家の皆が心配そうに見守っていて。
ままが仕事から帰って、りら!って呼んだら、駆け寄ってきてくれたね。
そのあと、ご飯も手からしか食べないし、見てないと⚫️もしないし。
ずっとべったりだったね。かわいそうだったけど、かわいかったなあ。
入院した時もそうだったね。ぐったりしてたのに、すがりついてきてくれた。
本当は飲まず食わずで⚫️もでないから、入院しとかなきゃいけなかったのに、それを見て先生が帰らせてくれたよね。
待合室で水菜を貪り食ってたのを見られて、笑われたね。

ムカデやネズミと戦うままを尊敬の眼差しで見てくれたこと。
偽妊娠で毛を抜きまくったけど、どうしていいかわからなくて、ペッてしなさい!って言ったら、手の上に出してくれたこと。 

お前も体調くずしてて、しんどかったのに、アイの最後に、ペロペロしてあげてってお願いしたら、ちゃんとしてくれたこと。
よたよたのくせに、らんのサークルに近づいて、シャキッと座ってケンカうってたこと。
たくさん、たくさん、たくさんの思い出があるね。

ままは決していいお母さんではなかったね、だけど。
世界で一番お前のことを愛していたよ。
ままはアイままで、らんままでもあるけど。ずっとずっと「りらまま」だよ。変わらないよ。
最初に暮らしたうさぎさんがお前でよかった。
お前と一緒にいられて、幸せだったよ。楽しかったよ。
大好きだ。大好きだ。大好きだ。
今はまだ泣いてしまうけど。 

とうちゃんも、ままの周りの人も、うさ友さんたちも、すごく心配してくれてるんだ。
ありがたいね、嬉しいね、りら。
お前のおかげだよ。
やっぱりすごいね、りらは。

こんなに早く時間が過ぎるなら、きっと、ままがいつかあの世にいく時まで、お前は待っててくれるよね。
そしたらいっぱい撫でようね。ままとアイちゃんととうちゃんと、あ、らん忘れてた←ヒドイ
ずっとずっと一緒にいようね。
それまで、まま、がんばるね、見ててね。
いままで、ありがとう。ありがとう。
{80CC5B66-9391-4532-A010-DCC7973086C6:01}
ぐすぐす言ってばかりでごめんなさい。
もう少しだけ、泣かせて下さい。













AD

お別れの時←長文です

テーマ:
ツイッターではお知らせしましたが、4月16日21時20分頃、私の最愛の娘、りらがこの世を去りました。
10歳と、後3日で9ヶ月でした。
{1B9B5515-7AD7-4F30-BC4C-83A0C1630EF5:01}

金曜の夜、ちょっとしんどそうかな…と思いつつ、食欲はありましたし、普通に撫でさせてくれました。
土曜の朝、何時ものように、立っちして、歓迎してくれたし、おやつも食べたのですが、強制給餌とケアが終わっていつもなら撫でこタイムなのに、その日はそっちに行こうとしませんでした。テーブルの下にこもるりら…人参葉はモリモリ食べましたが…

引きこもるのは体調悪いことが多いので、休みだった旦那に様子を見てもらい、私は仕事へ…気が気じゃなかったけど。

⚫️は少しでて、野菜はすすめたら、少し食べたそうです
2時にはダッシュで帰宅…
いつもの歓迎はなく、ちょっと呼吸が早い…
いつもは夕方にする、投薬と点滴をして、病院へ電話、予約いっぱいで、最終あたりに飛び込みで行くことに。
りらは、具合が悪いのを見つかりたくないみたいでした。
それでも撫でれるのは嬉しいみたいで。
さすってさすってさすって…
でも、全然食べなくなって。
{31DD3830-1972-4478-A5C9-2BED07AD53D3:01}

りら、病院行こうか…
気配を察知して逃げたりら。
いつもなら、ここから、ゲージまで逃げるのに…しんどかったんだね、ごめんね、りら…

七時前に病院到着後、すぐに酸素室にりらは入れられました。
検査の結果、胸水、腹水ともにたまっていると。
麻酔のリスクはあるけれど、胸水を抜いたらいくらか、呼吸は楽になるかもしれない。帰ったら、酸素室を用意した方が良い…とのことで、病院で怖い思いをするよりは麻酔で怖くないほうを私は選びました。待ってる間、酸素BOXのレンタル契約をして。
…胸水はかなりたまってました。でも、抜いてもあまり呼吸が変わらないと。
先生の口振りはあまり歯切れがよくなくて。それでも強心剤と整腸剤を貰って、酸素BOXをレンタルして持ち帰りました。

けれど…
車の中でも、ぐったりしていたりらは、家に入って、ゲージに入れる頃にはもう、首が座らないぐらいになってしまい。麻酔が効いてるだけだと思いたかったけど。
違う、もう、りらは、どこも見えてないぐらいぼんやりしてて。

…酸素BOXを旦那はものすごい速さで組み立ててくれました。
私はその間声かけて、スプレー式の酸素を3本使いました。
でも、りらの呼吸も脈も、だんだんゆっくりになってきて。
酸素マスクを着けさせて、身体をさすって…後一回、あといっかい息をしてくれ!って、願っていたのに…
いつ止まったかわからないぐらい、静かに…静かに…りらは、息を引き取りました。

まだ、もうちょっと一緒に居てくれると思っていたのに。
昨日の今頃は撫で撫でしてたのに。
嘘みたいだ。
こんなことなら、もっと撫でてやればよかった。
生牧草買いに行けばよかった。
木曜日、りんごの取り合いなんてしなきゃよかった。
仕事なんて行かなきゃよかった。

してやりたいことがいっぱいあったのに。

なんでっ…て。後悔することは沢山沢山あって。
でも、いい方にとれば、麻酔のおかげでりらは、苦しまなかったのかもしれない。
酸素があったから、最後までなにかしてやれた気がする。
なにより、ひとりぼっちで逝ってしまわないか気がかりだったのが、夫婦二人で家で看取ってやれたこと。それだけは救いに思っています。

亡骸も、ただ、寝ているだけのようでした。こんなになっても可愛らしい私の娘。
旦那はピンクのガーベラ、私は白のラナンキュラスを選んで。
大好きだった、甘いおやつ、人参葉、枇杷の葉、間に合わなかった生牧草…沢山沢山持たせて、一晩一緒に寝た後、りらは、お空にいきました。

{DD788EF2-2597-48A7-B689-AFB09FAF8F25:01}
骨は、綺麗に残っていて。りら自慢の後ろ足はやっぱりでっかくて。
お顔も、のどぼとけもとても綺麗でした。
二人でかけらも遺さず連れて帰りました
お花もいっぱい頂いたね。
お前によく似合うよ、綺麗だね。
{C1E79A14-52F1-4BA9-8A6B-55512C93B58A:01}

楽しかったね、りら。
私は幸せだったよ、りら。
がんばってくれて、ありがとう。
優しくしてくれて、ありがとう。
側に居てくれて、ありがとう。
愛してくれて、ありがとう。
ずっと大好きだよ、りら。大好きだ。






AD