今日、&ohが卒園した幼稚園と大学(幼稚園はその大学の附属)があった場所をたまたま通ったら…え?ない?!大学・幼稚園共々跡形もなく、広大な更地が拡がっている!工事現場事務所らしきプレハブが片隅にあるのみ。えー?!いつの間にこんなに綺麗さっぱりと?!

 

学園のホムペを探して読んでみたら、本部がある場所へ統合するらしい。学校法人自体が消滅した訳ではないけど、かつて通っていた幼稚園の園舎が消えて跡形もなくなっているのは、一抹の寂しさを覚えたのでした。

AD

うちの親戚(母親の一番上の弟の次男)が地元鹿児島県K市のローカルFM局でパーソナリティをやっているらしいという話を小耳にはさんで(&ohは耳でかいですが…ってそういう問題じゃない)そのFM局のホムペを探して、『パーソナリティ紹介』のページを見たら…本当にいた。いやフェイク情報と思った訳じゃないけど、実際確認するまでは、半信半疑な気持ちも少しあった。

 

どういうきっかけでパーソナリティになったか知らないけど、普段は本業(酪農)をやっていて、こちらは月に三回程度の仕事らしい。

 

その市限定の超ローカルFM局だけど、インターネットラジオで聴こうと思えば聴けるんだろうけど、敢えて聴いてみたいとまでは思えない(^_^;)

AD

京都市の上賀茂神社参道の桜の名木『斎王桜』を見に行ってみました。上賀茂神社は何度か行った事がありましたが、桜が咲く季節に行ったのは今回が初めてでした。

 

しかし…

 

 

こんな状態でした。見頃は来週末頃?

 

↑満開の『斎王桜』はこんな感じらしいです(この画像は借り物です)。

 

ちなみに『斎王桜』の隣にあった枝垂桜は

 

 

 

こんな感じで満開でした。『斎王桜』は八重紅枝垂という品種でやや遅咲きなようです。去年の4月8日は見頃だったそうで、今年は桜が全体的にちょっと遅めですね。

 

あと、上賀茂神社参道にはこんな濃いピンクの桜もありました。『陽光桜』という品種らしいです。

 

 

 

上賀茂神社の有名な桜の名木には他にもJR東海『そうだ京都、行こう』のポスターに登場した『みあれ桜』の木もあまり開花しませんでした(こちらは参道ではなく境内に植えてあります)。

 

 

 

話は前後するんですが、同じ日(4月8日)の午前中に京都市左京区の『蹴上(けあげ)インクライン』という桜名所にも行きました…って、実はここの事は知らなくて、ここの近くの別の場所に行きたかったんですが、その時たまたま発見して『ついで』に見てきたという話です(^_^;)

 

蹴上インクライン(けあげインクライン)は、京都市左京区にあった琵琶湖疏水による舟運ルートの一区間をなす傾斜鉄道(インクライン)。1891年(明治24年)から1948年(昭和23年)まで実用に供された。現在は国の史跡として整備され、桜並木の観光スポットになっている(Wikiから)。

 

はい、そんな訳で線路の脇に植えてある桜を、線路がある足場の悪い場所を歩きながら眺めました(しかし天気が悪かったのが惜しまれる)。

 

↑↓この二枚は線路上(道路より高い場所)から撮影。

 

↑こちらは道路側(線路より一段低い場所)から撮影。

↑↓ソメイヨシノばかりかと思ったら、一本だけヤマザクラの樹もありました(上が線路上から。下は同じ樹を一段低い道路側から)。

 

そしてあとついでに(また話が前後して申し訳ないですが)、上賀茂神社の後に行った下鴨神社の桜の画像も少々。

 

↑楼門とヤマザクラ。

↑御手洗(みたらし)川に架かる太鼓橋(左側のアーチの手摺りの橋)横のソメイヨシノ。

↑更に余計なおまけ:京都市営地下鉄『地下鉄に乗るっ』シリーズの萌えキャラ『太秦萌(うずまさもえ)』。駅に貼ってあったポスター(この写真必要か?^_^;)。

別にシロノワールシリーズの限定が出る度にわざわざコメダに行っている訳じゃないけど、今回の『小倉ノワール』は試してみようと思い、ご近所(徒歩一分半くらい)に出来た店に一年ぶりくらいに行ってみた。尚、今回食べたのはミニサイズの『ミニ小倉ノワール』でした。

 

 

写真でお分かりのように、デニッシュパンの間に小倉餡が挟んであって、シロップの代わりにイチゴソースがかかっているという代物。

 

↑粒餡という辺りがいかにも名古屋的。

 

余談ですが、この店開店から一年ちょっと経ちますが、日曜日の朝は待たされるほど混んでいます。平日の夕方ならガラガラなんだけど。この辺りの飲食店は大抵繁盛せず早々と撤退するのに、ここは結構盛況なよう。客層を見ると、地元の年寄が溜まり場にしているという印象だけど(^_^;)