内臓からカラダとココロを元気に!ともき均整院のブログ

自由が丘駅から徒歩9分の整体院【ともき均整院】のブログです。


テーマ:

こんにちは。

自由が丘の内臓調整療法院

ともき均整院の小室知貴(=゚ω゚)です。

 

カラダの不調でお悩みの方へ、

『こんなことでカラダが楽になるんだ』

と、カラダに対するイメージを

もっていただけたらと思い、

 

ブログを綴っております。

 

***

 

このブログでは肝臓を例にして、

内臓の疲れと姿勢の歪みの関係をまとめています。

 

 

内臓が疲れると内臓から反射が起こり、背中やお腹の筋肉にコリをつくると言われています。

生理学では『内臓帯壁反射』と呼ばれるカラダの反応です。

 

 

肝臓の疲れから反射を起こしやすい場所をイラストに示すと、

次のようになります。

 

参考『南一夫 著 内臓帯壁反射による異常観察と調整テクニック概論 改訂版 34頁』

 

 

参考『石川太刀雄 著 内臓帯壁反射-皮電計による範例図譜 68頁』

 

 

筋肉にコリができるということは、

その筋肉が付着する骨を引っ張る力が生まれるということです。

そのために姿勢は変化してきます。

 

 

どのような姿勢になるかというと、

こんな感じです。

(お写真何回も使わせてもらって申し訳ないです。。)

 

 

 

さきほどのコリのポイントと比較してみます。

左肩にコリができて左肩が挙がり、

右腰や右背中の筋肉にコリができてカラダ全体が右に傾いています。

 

ちょっとわかりづらいところだと、

右のお腹のコリと背中のコリの関係から、

上半身は右に捻じれ・骨盤は左に捻じれる姿勢の歪みも生じています。

 

 

このようにコリのポイントに引っ張られるようにして、姿勢は変化しています。

 

 

 

では姿勢の変化によってどのような身体の不調が起こるのでしょうか?

 

 

肝臓の疲れによる姿勢の歪みから起こる症状として、

右腰の痛み・左肩のコリ・左側の頭痛・右膝の痛みなどが挙げられます。

 

膝の痛みを例にすると、

 

 

肝臓の疲れ

右腰・右背中の筋肉がコル

カラダが右に傾いた姿勢になる

右足に体重がかかりやすくなる

右膝に負担がかかる

右膝が痛くなりやすくなる

 

 

ということがカラダに起こってきます。

(痛みやコリの他にも、肝臓の疲れは朝起きてもダルイ・疲れやすいなどの状態も引き起こします。)

 

右膝の痛みに対して、右膝の調整だけ行うのは根本的な解決になりにくいということです。

 

 

根本的な原因の1つである、内臓の疲れを解消しなくては、カラダの不調は改善しにくいということですね

 

 

 

■□■□■□■□■□■□

内臓からココロもカラダを元気に!


一緒に身心の不調を読み解き、
あなたに合った施術と

セルフケアを提供致します。


自由が丘駅から徒歩7分
九品仏駅からもっと近い徒歩3分


【ともき均整院】
TEL:03-5752‐1851

ご予約・お問い合わせ
HP:http://tomoki-kinnsei.com
所在地:東京都世田谷区奥沢6‐22₋11 自由が丘富貴ビル203

 

<営業日>

 月・火・木・金 10:00~16:30(最終受付:15:00)

 土・日・祝日  10:00~20:00(最終受付18:30)

<定休日>

水曜日

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

自由が丘の内臓調整療法院【ともき均整院】のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。