ドニー・ボーイと低音マム

テーマ:
 
Ciao!!
 
 
ある女性から こんな素敵なヴァイオリンをいただきました。
 
これが思いがけない素敵な出来事に繋がっていきました。
 
 
この時計をいただいて しばらく経ったある日
 
例のピンク・シャツのピアノ弾きさんが
 
リーダーを務めるセッションがありますよ
 
と連絡をいただきました。
 
 
カーペンターズの「Yesterday Once More」と「青春の輝き」ならハモれるから
 
今度のセッションで一緒に歌いませんか?
 
と。
 
 
久しぶりに「青春の輝き」の譜面を見ながら
 
あぁ 私もこんな時があったよな
 
などと しみじみ。
 
そして ヴァイオリンをくれた彼女のことも思い出しました。
 
彼女も 今 こんな気持ちなんだろうか
 
 
そして ちょうどセッションに出かける前に
 
彼女とやり取りをしていたので
 
 
これから「青春の輝き」を歌ってくるよ
 
○○ちゃんのことを思いながら歌うよ
 
と伝えました。
 
 
すると 彼女は
 
りえさんが歌っているとき
 
私 きっと何か感じると思います
 
 
 
 
穏やかな笑顔で迎えてくれたセッション・リーダーのピアノ弾きT氏
 
真っ先に
 
先月のT氏の昔のバンド仲間のLIVEでT氏の話題になって
 
皆さんが懐かしがっていたことを伝えました。
 
T氏も繋がっていたことにビックリなさっていました。
 
 
セッションなので 行ってみないと どんな人たちが参加するのかわかりません。
 
ひとり またひとりと集まってきます。
 
その中に ヴァイオリンを準備している人が。
 
何系のヴァイオリンを弾くんですか?
 
 
と興味津々で尋ねると
 
 
アイリッシュ・フィドルです
 
 
 
 
アイリッシュ!!!!
 
 
 
そこで一気に盛り上がりました。
 
映画Once ダブリンの街角で」の話を振ると
(↑すでに「Yesterday Once More」と繋がってる!)
 
大好きな映画ですっ
 
何度も観てますっ
 
サントラも持ってますっ
 
でも 周りに知ってる人 あまりいないんですよね。。。
 
 
当然 あのミュージカル「Once」のテーマソングのコンテストがあった話も。
 
特賞をもらって ミュージカルに招待されたことをお話すると
 
びっくりびっくりびっくりあせるあせる
 
超ビックリしてくれました。
 
 
そんなわけで一気に「アイリッシュ」モードになった私は
 
まず 「Down By The Salley Gardens」を彼のフィドルと一緒に。
 
シンプルで美しい曲です。
 
 
そして「Once」のテーマソング「Falling Slowly」を彼にリクエスト。
 
きゃーアップ
 
念願のデュエットアップ
 
 
 
コンテストに応募するにあたって
 
スコット君にもピーターさん(笑)にもデュエットを断られ
 
仕方なくウクレレを弾きながら
 
Glen Hansardのパートを歌って 後で自分でハモリを録音しましたからね。
 
 
久々ですが
もう2年も経ってしまった。。。
 
 
 
デュエットの様子は まるで
 
 
母と息子(笑)
 
 
アイリッシュ・フィドラーの彼は
 
フィドルだけでなく ほかにもいろいろと楽器ができるそうですが
 
彼の歌がまた素晴らしいのですよ。
 
聞けば 大好きな歌い手は「Donny Hathaway」
 
 
おーーーっ!アップアップアップ
 
 
このほかにも あの「Stardust」も歌ったのですが
 
きっと若い時のドニーがこの曲を歌ったらこんな感じかも
 
みたいな「Stardust」でしたラブ
 
歌唱力はもちろん 声もいいし
 
なんといっても感動したのは 彼の英語の発音が素晴らしいのです。
 
思わず
 
 
帰国子女ですか??
 
 
と聞いてしまったくらい。
 
どんなに良い曲でも どんなに歌がうまくても
 
英語で「。。。汗」と萎えてしまうこともありますよね。
 
彼は 英語の歌を歌う以上
 
限りなくネイティヴの発音に近づきたいと思っているそうです。
 
素晴らしいビックリマーク
 
 
 
 
そんなこんなで10時を回ったところで
 
「Yesterday Once More」「青春の輝き」を。
 
フィドル入りでラブラブ
 
その夜の「青春の輝き」は あの女性を思いながら
 
そして かつての自分を思い出しながら
 
特別な思いで歌いました。
 
 
そうそう フィドラーの彼は 私の「Yesterday Once More」の歌い出しで
 
 
日本人でこんなに低い声で歌うひとがいるんだ!びっくり
 
 
とビックリしたそうでございます。
 
彼曰く
 
日本人って 比較的 女性の声は高めが好きじゃないですか
 
 
 
私の声が低いのは 音域がせまいだけなんですけれども(笑)
 
 
 
今回のセッションの大ラスは これまた名曲「Danny Boy」
 
ピアノとフィドルをメインに 彼の歌。
 
この歌は (いろいろと解釈があるようですが)
 
遠く離れた息子ダニーを思う親の切ない気持ちを歌っています。
 
聴いている私は もう。。。
 
母の気持ちになってしまって うるうる。。。うるうる
 
この「Danny Boy」も 歌 フィドルともに素晴らしかったキラキラキラキラキラキラ
 
 
 
 
 
こんな素敵な出会いがあったセッション。
 
ヴァイオリン時計から いろんなことが繋がった夜でしたぽっ
 
 
 
 
 
 
No Music, No Life音譜
音楽のある暮らしを楽しみましょ

RieWaitsお月様
 
 
AD

音楽、幾何学そして魂の代数学

テーマ:
 
 
Ciao!!
 
 
今日の「タイトル」
 
イタ友が エリック・サティのCDを聴きながら
 
送ってくれたメールにあった「言葉」です。
 
La musica, la geometria dell’aria e l’ algebra dell’ anima
 
深くて とても美しい表現だと思います。
 
彼は あの武満徹氏とも親交のあった方で
 
武満氏の著書にも登場しているんですけれど
 
お互いに惹かれ合ったその「感性」や「哲学」
 
通じるものがあるなと。
 
 
 
「通じる」と言えば
 
音楽を通じて 様々な出会いがあります。
 
ギター弾きI氏率いるユニットで活動を始めてから
 
Liveを観に来てくださるご夫婦がいらっしゃいます。
 
いつもお二人一緒で とても穏やかな表情の「仲良し夫婦」というイメージ。
 
先日 ご自宅に招かれて
 
なんと贅沢な"ホーム"セッションに参加させていただきました。
 
キューピッドは I氏キューピッド
 
日が沈んでからの訪問で 辺りはすでに暗かったのですが
 
その住宅街が特別な場所であることはわかりました。
 
聞けば 家の高さや屋根の色 植栽に関してもルールがあるそうで。
 
別荘として所有されている家も多そう。
 
玄関に入った瞬間
 
 
 
わーーラブキラキラキラキラキラキラ
 
 
なご自宅でした。
 
家の作りから調度品にいたるまで
 
 
 
お金がないとは言わせない(笑)
 
 
みたいな素敵なご自宅キラキラ
 
海岸沿いに建てられたその家のバルコニーからは目の前に広がる海。
 
富士山と東京湾に沈む夕日が自宅に居ながら楽しめちゃう
 
という何ともうらやましい暮らし。
 
 
こんなシャンデリアの下で 夕飯をご馳走になりました。
 
そのほかにも素敵な照明器具があちこちに。
 
これがまた美しかったキラキラ
 
 
食事のあと 機材もいろいろと揃っている広いリビングで
 
演奏を楽しみました。
 
しばらくして 奥様が「コーヒーをどうぞ」と声をかけてくださいました。
 
チョコとフルーツも ティファニーのお皿に乗ってるびっくり
 
 
 
ご夫婦仲良く 穏やかに豊かに こんな風に暮らしているひともいるのだな
 
と「別世界」を垣間見るようなひとときでございました。
 
 
人生「ご縁」は尽きません。
 
だから 自ら行動を 時には導かれて 様々な場所を訪れたいものです。
 
良き出会いをおねがい
 
 
 
 
 
 
No Music, No Life音譜
音楽のある暮らしを楽しみましょ

RieWaitsお月様
 
 
AD
 
 
Ciao!!
 
 
首を長くしてまっていた
 
2016年秋に収穫されたオリーブの「新」オリーブオイルが届きましたクラッカー
今回は 船便船 だったので40日間ほど待ちました。
 
 
そういえば 「このオリーブオイルを是非とも日本に紹介したい」
 
という話が出たことがありましたが
 
いろいろと大変なんですね 「輸入販売」って汗
 
 
個人的に購入していますが
 
こだわりのオリーブオイルを ひっそりと味わえるのが
 
いいのかもしれませんぽっ
 
 
 
 
 
世の中には面白い人がたくさんいますね。
 
先週末 同じ日に二つの「イベント」がありました。
 
まずはひとつ目の会場へ。
 
施設の開館は9時。
 
少しでも早く入って会場準備をしたかったので
 
10分前には入口で開館を待っていました。
 
風が強く とても寒い朝でした。
 
そこへ 同じく会場準備のためにやってきた男性。
 
見ると チェックシャツ一枚という薄着。
 
 
コートないと寒いですよねあせる
 
 
と声をかけると
 
 
いや 暑がりなんですよ
 
-15℃の北京でもこの格好でOKな人なんで
 
 
 
ポーンあせるあせるあせる
 
 
 
冬のヨーロッパにもコートを持たずに行っちゃうんですって。
 
私は冬のヨーロッパに行くのに コートを忘れちゃって
 
到着するなり買わなくちゃいけなかった という経験はありますけど。
 
元々 コートは持っていないんですって。
 
どうしても ジャケットを着なくちゃいけない時は着るけれど
 
汗かいちゃうんですってあせる
 
ネブラフスカのオマハに行った時も -20℃でシャツ一枚。
 
 
煙草を吸おうと思ってホテルの外に出たら
 
さすがに耳が痛くなっちゃって
 
部屋に戻って バスタオルを頭に巻いて外に出ましたよ
 
 
シャツ一枚は変わんないんかよっあせる
 
 
ってツッコミたくなりましたが よく知らない人だったのでやめました。
 
 
 
いやー もっといろんな話を聞いてみたい
 
と思ったところで開館。
 
 
 
お昼をはさんで 別の会場へ移動。
 
そこには 1人のイギリス出身の中年男性が。
 
背筋がピンと伸びて スーツがとてもお似合い。
 
見るからにイギリス紳士。
 
彼が自己紹介を始めました。
 
おもむろにジャケットを脱ぐと 手にしたのは
 
 
 
 
 
 
 
縄跳びなわとび
 
 
 
 
 
ポーンあせるあせるあせる
 
 
そして 軽やかに跳び始めました。
 
三重跳びも披露!
 
ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち
 
大変盛り上がりました。
 
「もうひとつ得意なものがある」と取り出したのは
 
 
 
 
 
 
 
 
ウクレレウクレレ
 
 
 
こちらも見事な演奏で
 
ぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱちぱち
 
またまた大盛り上がり!
 
 
 
この方とは個人的にお話する時間が全くありませんでしたが
 
この「意外性」にすっかりやられました。
 
 
 
この日はとても忙しく
 
再び ひとつ目の会場へ戻って後片付けのお手伝い。
 
その時に 「暑がり」のあの男性と再会。
 
 
いやー 今 面白いものを見てきました!
 
 
と イギリス紳士の話をすると
 
 
あれっ もしかして。。。
 
 
聞けば 以前あるイベントで一緒になったことがあったそうな。
 
あのイギリス人男性は リバプール出身で
 
大のビートルズファンラブラブ
 
そして 「暑がり」男性もビートルズの大ファンラブラブ
 
すっかり意気投合して ビートルズ話に花が咲きまくったそうな。
 
 
同じ日に別々の場所であった
 
こんなにインパクトの強い二人の男性が繋がっていたことに
 
私は感動したのでしたおねがい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
No Music, No Life音譜
音楽のある暮らしを楽しみましょ

RieWaitsお月様
 
AD