Ciao!!

 

 

 

日曜日のひと仕事を終えて

 

ラテン・ジャズ・クインテットのLIVEへ。

 

ラテン系は大好物であります。

 

ちょっと早めに行きました。

 

何としても食べたかったお目当てのPizzaがあったので。

 

 

もちろん Today's Specialをいただきました。

 

Cuban Pizzaハート

 

あ。

 

なぜか「抹茶プリン」もある爆  笑

 

 

フラガールたちのテーブルに同席させていただきました。

 

すると

 

 

びっくり!

 

 

同じテーブルに あの「浜の王子さま!!

(コレね→「浜の王子さまと天女」)

 

お兄ちゃんになってるぅハート

 

王子さまはラテンのリズムが大好きなようで

 

ふと見れば トランス状態になって

 

ペンを2本持ってテーブルの上の小物を夢中で叩いてる。

 

めくるめくラテンのリズムに酔いしれながら

 

オーディエンスも大盛り上がり。

 

あっという間に2ステージ終わってしまい いよいよアンコール。

 

最後はオーディエンスから飛び入りで

 

「デスカルガ」←ジャム・セッションのことらしい

 

 

私は後ろの方の席に座っていたのですが

 

 

踊ろう 踊ろう!!!!

 

 

と手を引っ張られて前の方へ。

 

恥ずかしがり屋なのに。。。デレデレ

 

でも ゴキゲンな演奏を聴かせてくださったクインテットのみなさんに

 

「楽しかったービックリマークと体でアピールするのもいいなと思い

 

張り切って踊り出しました。

 

と言っても サルサは踊ったことがなく なんとなく「っぽく」です(笑)

 

 

すると 1人の男性がすっくと立ち上がって私の手を取って踊り始めたのです。

 

日本人離れしたリズム感と体の動き。

 

 

なになにっ だれだれっ このひとっあせる

 

 

私の手を取って 実に楽しそうにかっこよく踊るのです。

 

私はもたもた じたばたしながらも

 

ひっさしぶり(多分30年ぶりくらい)に

 

男性と手を繋いで踊ったのであります 敬礼

 

 

最後の曲ということで 尺も長め。

 

そのうち 息は切れるわ 足がもつれるわで

 

 

 

 

どてっDASH!

 

 

 

と派手にしりもちをついてしまいました(笑)

 

 

いやー でも楽しかったぐぅ~。

 

 

後日聞いたところによると

 

一緒に踊ってくださった男性は サルサダンスを教えていて

 

スペイン語もぺらぺらなんですって。

 

奥様はコスタリカ人ハート

 

お近くならば サルサを習いたいところですが

 

なんでもこの日は 遠く南の方からいらっしゃっていたとか。

 

あー 残念。。。

 

 

ということで

 

しりもちをついていない写真を。

 

浜の王子様も 脇に抱えた太鼓を叩きながら 踊りに加わっていました。

 

かわいいラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No Music, No Life音譜
音楽のある暮らしを楽しみましょ

RieWaitsお月様

 

AD

マタマタたまたまカネカネが

テーマ:

 

Ciao!!

 

 

 

続いてますグラサン

 

一冊の本がきっかけで繋がっていくお話。

 

 

 

これを読み始めた時 真っ先に思い浮かんだのは

 

「かずさクラシックホール」の案内人 K原氏

 

膨大な音の資料とその知識から あと何十年も番組は続くと思われます。

 

K原ご夫妻とのお付き合いも25、6年になるでしょうか。

 

でもかれこれ もう一年近くお会いしていません。

 

 

奥様は

 

共通の恩師のお身内にご不幸があった時

 

恩師在住の奈良の地まですっ飛んで行き

 

代表して葬儀に参列してくださったこともあるほど

 

フットワークの軽い 行動力のある女性です。

 

そんなこともあったなと ふと思い出したりしていました。

 

今思えば それは「虫の知らせ」のようなものでしょうか。

 

お元気だろうかと思いつつ

 

なんとなくそのままになっていた私。

 

 

 

そして 先週の日曜日のことでした。

 

局に行くと 

 

サテライトスタジオに出発前

 

忙しそうに準備をしていたスタッフのカネカネが 

 

 

 

 

 

あ そうだ

 

K原さんが しばらく会っていないけど元気ですか

 

って尋ねてました

 

 

 

 

 

びっくりあせるあせるあせる

 

 

私も この本 K原さん 読んだことあるかなって

 

思ってたところ!

 

 

そう言って 

この本を見せました。

 

カネカネの一言がきっかけで

 

取り急ぎメールをしようと思ったものの

 

なんだかんだで お昼近くになってしまいました。

 

 

「私は 相変わらず健康だけが取り柄です」

 

「この本 もし まだ読んでいないなら是非オススメしたい」

 

 

すぐ返信がきました。

 

 

 

 

ちょうど木曜日の朝 NHKのBSで 

 

無伴奏チェロ組曲を聴いていたところです

 

その本を読んでみます

 

 

 

 

 

な な なんとっ びっくりあせるあせるあせるあせるあせる

 

 

 

さらに

 

 

 

今 奈良に着くところです

 

観光を兼ね T田先生(恩師)に会いに行くところ

 

 

 

 

な な なんとっ びっくりあせるあせるあせるあせるあせる

 

 

まもなく奈良に到着というタイミングで

 

体調が思わしくないという恩師へのメッセージを託すことができたのです。

 

 

 

ひとつひとつのことが繋がっているのだと

 

心から感じた出来事でしたうっとり。

 

 

 

 

 

 

 

 

No Music, No Life音譜
音楽のある暮らしを楽しみましょ

RieWaitsお月様

 

 

 

AD

 

 

Ciao!!

 

 

金曜日の夜はスケジュールが空いたので 

 

ひっさしぶりに 大好きなピアノ弾きT氏がホストのセッションへ。

 

 

KENちゃん 来てるよーー!!

 

 

これまたひっさしぶりのアイリッシュ・フィドラーのKENちゃんハート

三線も持ってきてた(二胡も弾ける)

 

 

 

ジャズ・セッションは 歌える曲が限られている私には

 

まだまだ敷居が高いのですが

 

T氏がホストの夜は「なんでもあり」のセッション。

 

前回は Tom Waits「Fish and Bird」も歌わせていただきました

 

あくまでもイメージであります照れ

 

 

今回は「The Rose」を 初めて人前で歌いました。

 

KENちゃんのフィドルが いい感じで寄り添ってくれました。

 

 

せっかく KENちゃんがいるのだから

 

と 「Dirty Old Town」(The Poguesバージョン)も音譜

 

「アイリッシュ」な雰囲気が出て

 

やっぱりKENちゃんのフィドルはいいなと思いましたキラキラ

 

たまたま時間ができて行った場所で

 

思いがけず会いたい人に会った金曜日の夜に続き

 

翌日 土曜日のことでした。

 

 

面白そうな映画があると聞いて

 

これね

 

上映予定を確認していたら

 

都内と横浜でしか観られないのか

 

と思っていたPeter Barakan氏オススメの映画が

 

千葉でも観られるでないの!

 

と これまたたまたま知って行ってきました。

 

興味のある方は是非。

 

 

この映画と同じタイミングで Peter Barakan氏がオススメしていたのが

こちら。

 

図書館で借りてきました。

 

この本の中でも 

 

運命の糸を紡いでいく「たまたま」たちが出てきます。

 

そして この一冊がきっかけで いろいろなことが繋がっていく

 

 

びっくりあせるな出来事があったのですよ。

 

 

 

(唐突に)続く

 

 

 

 

 

 

 

No Music, No Life音譜
音楽のある暮らしを楽しみましょ

RieWaitsお月様

 

 

 

 

 

AD