占星学鑑定家の花園りえと申します。

ベルギー→オランダ→イタリア→を経て現在パリ在住。
ファッション業界誌・ワイン業界誌・情報誌の元編集者
マガジンハウス「ブルータス」 光文社「VERY」 NHK出版 「男の食彩」他
リクルート社旅行情報誌やJAL機内誌などに「旅と食」をテーマにしたエッセイ・コラムを執筆。
現在は「旅」「食」の他、「アストロロジー(西洋占星術)」や「ヒーリング」について
などスピリチュアル系記事の執筆もしています。
フランスから日本への(または他国どこでも)国際電話(携帯とIP電話は不可です)
およびスカイプによる個人鑑定しております。

【鑑定メニュー】
「星コース」= 通常の鑑定(一般的なお悩み・相性など)60分=1万円

【マーサ女史コース】
「マーサ さんA」英国の除霊家であり、ヒーラー、マーサさんのセッションです。
「マーサさん B」マーサさんのセミナー。サイキック能力を開発したい方のためのコースです。
以上は2コースとも、私の同時通訳付き、セッション後におよそ、30分の私の解説付きです。
2万円となります。


※お申し込みはこちらのフォーマットをご利用ください→http://ameblo.jp/rieparis/entry-12062618090.html
※セッション終了後にたびたびお客様からのメールにて「聞き忘れてしまいました・・・」
とのご質問を時々受けるのですが、メールでの追加鑑定は基本的におことわりしております。
ご質問はあくまでも時間内にお願いいたします。
※携帯電話と「050」からはじまるIP電話への通話は不可。そなえつけのランドラインのお電話
またはスカイプのみの通話料無料鑑定となりますのでご理解ください。
※お申し込み・お問い合わせ→mooninleo23☆gmail.com(☆を@に変えてメールください)
  • 17 Jun
    • 夏至の特別鑑定、あと4名様で締め切ります。

      特別料金 一時間1万円のところ→7000円での夏至記念のための鑑定、 ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました。   インドに出発する日が早まりましたので、 残り枠、あと3名様とさせていただきたいと思います。   空き枠のお日にちは、19日の夜22時以降〜の始まりと同日23時〜の始まり、 そして、20日は午後16時〜の始まり、同日の夜23時〜の始まり。 上記のお時間のみ空いております。   お申し込みはメールにて、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。   21日の夏至の瞑想会はお陰様で、定員となりました。 どうも、ありがとうございました。   それでは、皆様、どうか、良い夏至をお迎えくださいますよう❤️  

      1
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 夏至までの特別鑑定のお知らせ。

      一年のうち太陽の力が最も強くなる夏至、もうすぐですね。 6月10日の木星の逆行から順行へと戻る、その日より 6月20日までの十日間のみですが、 今年下半期の特別鑑定をさせていただきたいと思います。 お値段は一時間、一万円のところを三割引にて。 七千円です。 占星術とオラクルカードにてメッセージを引き出します。   ご希望の方はメッセージ欄に書いてありますように、 ご自身のバースデーターと生まれたお時間、場所、そして 固定電話の番号かSkype ID または FBのインスタントメッセンジャーでも 無料会話ができますので、いずれかご希望のご連絡先を記載されてください。 鑑定ご希望のお日にちとお時間帯を第三希望までお知らせくださいませ。   そして、もうひとつ。 夏至の日である、6月21日には特別にマーサさんと私とともに行う、 瞑想会を開きます。 日本時間の朝6時、16時、23時、に合わせて 30分の瞑想ができる方に限ります。   お名前とご参加できるお時間だけをご記載の上、メールをください。   のちにマーサさんから個々、一人一人別々にメールにて 後日、メッセージが頂けます。 私の方からも、お一人ずつイメージニングさせていただいたビジョンを 同じようにメールにてマーサさんのメッセージとともにお届けいたします。 こちらはお一人様、一万円となります。   ★ご希望の方はお早めに以下までメールくださいませね。   mooninleo23★gmail.com(★は@に変えてください)   それでは、ご応募をお待ちしております。   なお、私は7月1日よりインドのリシケシにて、 瞑想スクールの師範コースを受けに渡印します。 一ヶ月の旅です。 8月はバカンスをいただきますので、この機会に鑑定のほう、 ぜひ、受けてみてくださいませね。   では、特別な夏至のパワーを利用して、 新しい自分に生まれ変わりましょう。            

      3
      テーマ:
  • 12 May
    • パワフルな蠍座の満月を過ぎて、そろそろ夏至に向けての目標設定を!

      昨夜から本日にかけて、蠍座の満月となり、 そのパワフルなエネルギーを色々なかたちで皆さん、感じたのではないでしょうか。 満月前後は感情的にも不安定になりやすく、 肉体的には栄養を吸収するのには適してはいますが、 逆にデトックスという視点から見ると「排出する力」は弱まります。 女性はむくみを感じやすいと思います。 ですので、この時期になると私は毎月、 スリランカやインドで受けたアーユルヴェーダの医師の助言に従って プチ断食をしたり、ライムと生姜のホットジュースを飲んだり、 消化がよく、しかもデトックスに良い食品を摂り入れるようにしています。   そして、気分的には「のんびり」と。 自然の中で過ごすように努めております。   昨日はお天気も良く、時間にゆとりがありましたので、 近所のお城の庭園と森の中を愛犬の桃子とお散歩してきました。   シャクナゲ、マロニエ、ハナミズキの花が咲き誇っている姿を 惚れ惚れと眺め、深緑の森の中を木々にもたれつつ、 瞑想&グラウンディングのためのイメージニングをしながら歩きました。   風も心地よく、花々の芳香が安堵感をもたらしてくれました。 フランスのケルト文化圏のブルターニュ地方では 「夏至の日に四つ葉のクローバーを見つけると幸せが舞い降りる」 と言われています。 もうすぐ、夏至ですね。 占星学上ではミッド・ポイントという南の頂点に太陽が位置し、 私たちの「社会的な役割・現世における使命」を再認識するのに良いのが、 この夏至の時期だと言われています。 目標設定の見直しをお勧めいたします。 自己像の再設定、すなわち自分が理想とする元型(アーキタイプ)を今一度、 ノートなどに書き出したり、目標とする女性(実在の女性でなくとも、 小説の中の人物だったり、歴史上の人物であったりしても良いと思います) がいたりしたら、その写真をスクラップしたりして、 自分の内に取り込むのも潜在意識の好ましい改革につながります。 女神などを自分の内側に取り込むのもお勧めですよ。 私の場合はエジプト神話が好きなので、自分のアセンダントの星座である 天秤座の性質と適合する「真理と調和、正義の女神マアト」や やはり自分のホロスコープの中で最も強い天体である金星の性質と通ずる、 「愛と美と創造の女神ハトホル」をイメージした瞑想を度々、しております。 祈っている、といった方がいいかもしれませんね。 なんせ、相手は神々ですから(笑) また、自分のアーキタイプの女性というのは幾人かいて、 その都度、TPOによって(笑)交代させてはいるのですが、 実在の女優さんやモデルさんよりも、小説の人物や歴史上の人物を 「理想の女性」として設定することが多いです。 また、メンターのようにあがめているフランス人の年配の女性も何人かいます。   さて、皆様には私の住まいのある街、ベルサイユからすぐの城下町、 ランブイエのお城の庭園の初夏の光景をお写真にて、 今日はお届けしたいと思います。     眠くて仕方ない桃子とこれから、お散歩に。 まだ、コートは必要です。 帽子も冬支度です。     楽しい色、オレンジとイエローのシャクナゲの花。     大好きなオペラ・ピンクのシャクナゲの花です。     マロニエの花。そろそろ散り始めてました。可憐です。     妖精が舞っているかのようなハナミズキ。 ハナミズキの花言葉のひとつは「返礼」だそうです。 日本がアメリカのワシントンDCに桜、ソメイヨシノを贈った、 そのお礼にいただいたのがハナミズキだったからでしょうかね。     軽やかな妖精のようなハナミズキ。     森が深い緑が光を受けて輝きを増しており、 とっても美しかったですよ。 リラックス!     ランブイエのお城の森、庭園、のあちらこちらにこのような狩りの女神の ダイアナの像があります。 王様がベルサイユからここまで狩にいらしていたのでしょうね。 この街の周りは乗馬スクールだらけなんですよ。 安全で自然の多い、ブルジョワジーの街です。 住み心地はとってもいいです。 パリには急行で35分。もちろん、通勤圏です。   フォンテーヌブロー同様、パティスリーが有名な街で、 目抜き通りに何軒もおしゃれなスィーツを提供してくれるガトーのお店があります。   それでは、皆様、よい十六夜の月を。 夏至に向けて、パワーを蓄えましょうね。  

      7
      テーマ:
  • 06 May
    • 破壊の女神カーリーのようにパワフルな10日(日本時間は11日)の満月エナジー、どう使うか?

      9日の火曜日から破壊と死、そして再生・復活を司る、 冥王星が太陽と120度という調和のアスペクトを取ります。 これは満月への助走かな。 音楽でいうなら、滑らかなイントロの部分ですね。 なぜなら、次の満月は10日(フランス時間の10日の宵です。 日本時間では11日未明となりますね)に 冥王星を統治星とする蠍座にて起こりますから、 耳触りに心地よいイントロとなるはずです。   満月の時点でも、この太陽と冥王星の調和の角度は オーブこそ少し広げますが、いまだ絡んでおり、 蠍座の満月をよりパワフルにする配置となります。   と、同時にこれもまた、冥王星が発見される前までは蠍座の統治星とされていた 火星がわずかなオーブを取りつつも、木星と調和の配置を形成します。 これは火星にとってはありがたい配置であり、 本来、火星の持つ「攻撃性」を和らげる木星、ということになります。 そして、この配置は蠍座の満月と似たようなエナジーを地球に放ってくれる、 ということになります。 ようは、「死と再生」への応援。 「破壊と再構築」への観音扉が開き、その向こうから輝かしい光が差している。 そんなイメージです。   破壊と再生、死と復活の女神カーリーの慈愛を受けられる者にとっては、 好都合の満月となります。 すなわち、自分の出生図または進行図の中にこの満月と調和的な角度を取る、 魚座もしくは蟹座の個人的な土星より内側の天体がある方にとっては 「初夏の始まりのパワフルなげしに向けての変容の鐘の音」が 心に鳴り響く満ち足りた気持ちへといざなう満月となるに違いありません。   何かを破壊しなくてはならない・・・という条件付きではありますが、 いわゆる「ブレーク・スルー」というもので、 自分の既成概念を打ち破って進め!と解釈していただければ さほど難しい配置ではありません。   その他のアスペクト。 解釈によっては負に働くかのような配置もこの日の空にはあります。 しかし、自分の内なる強さを信じ、変容を恐れない意識があれば 痛みは伴ど、将来の自己改革へとこの満月は導いてくれることでしょう。   大切なのは、「勇気を持つこと」と「自分自信を信頼すること」です。 そして、心の声を聴くこと。 心があまりにも弱っていて、改革にYESと言わないのであれば、 多分、あなたの出生図か進行の図の天体はこの満月とは良い角度にはない。 そのように考えて、無理にブレイク・スルーを進めないでください。   それから、決して「ヤケにならない」こと! 一か八か!の賭けにでるのはやめましょう。 あくまでも、心の声を聴くこと。 ヴォイド時間ではなく、満月の前日あたりから、 直感でピンとくるものがあったら、そちらに焦点を当ててみましょう。   蠍座とは、その反対にある牡牛座の「物質面での充実」とは違った、 霊性の探求を経て得たものに対する充足感を表します。   改革とはいえど、すぐには表面化しないものかもしれませんね。 霊的に自分が満足する生き方、そこに焦点を当てて、 じっくりと自分の心と対話されてくださいませ。   きっと、数日後には心の変化が満月からの贈り物として、 届くことでしょう。   それでは、どうか、良い満月をお迎えくださいますよう。              

      3
      テーマ:
  • 02 May
    • もうじき、水星が順行に。コミュニケーション面で気をつけたいこと。

      【 逆行の水星がダイレクション(留)を経て順行に。水星パワーの上手な使い方とは・・・? 】 スイス・エフェメリスによると こちら、欧州の時間帯では明後日の4日より 逆行していた水星が「留」(スティションとかダイレクションとも呼ばれます) という、一時その回転を停止したかのように見える状態を経て、順行に戻ります。 「留」の状態の時には、その天体の力が率直に出る、すなわち、強くなる。 そのようにも云われています。 例えば、ハリー・ポッターのシリーズを書いた作家として有名なJ・K・ローリングは 水星が「留」の状態の時に生まれています。 出生図の水星が逆行している人は一部の例を除いて、 コミュニケーション能力が苦手で、書くことも話すことも 「自己表現のツール」としては選ばないタイプが多いんですよね。 これは鑑定の検証からもよくわかります。   ただし、「停止」したかのようにゆっくりと順行に戻る天体はまるで 一旦、勢いをつけてから、その向きを変えてゆくかのように その天体そのもののパワーを最大限に地球へと放出する、と言われています。 4日の水星はまさにそれです。 水星の本来のパワーが強くなるのです。どうか、水星パワーを上手に取り入れて、 未来の自己改革へと繋がる、きっかけを作ってくださいね。   4日から5日の間にかけては、「書く作業」が瞑想に変わるほどの 「自分へのなんらかの決断や新しい出発点の確認」に 繋がってくれることと思います。 また、滞っていたコミュニケーションを円滑にするためにも、 たわいのない話や挨拶程度のメール、メッセージなどを 疎遠になっていた人々に送る・・・、 そのようなことをしてみても良いのではないでしょうか。   大切な契約ごとは水星が順行となり、 逆行を始めた度数に戻ってからのほうがお勧めですが 契約の確認と再考をしてみるには良い時間だと思います。 自分の直感がイエスというかどうか・・・、密かに自己確認してみましょう。 心が率直に「イエス」と言わなければ、まだまだペンディング。 兎にも角にも、心の率直な声を聴いてみましょう。   他者とのコミュニケーション面においても、 この二日間に限っては「率直であること」が 大切な人間関係構築への鍵となることでしょう。 人との調和を表す金星は「率直」であることを美徳とする、 牡羊座に座していますし、ね。 ・・・かといって、人を傷つけるような言葉を口にするのは良くありません。 しかし、「今の自分にはこれが必要です」と意思を伝える、お願いする、 というのはその範疇ではなく、悪いことではありません。 自分が何を必要としているかを仕事の場、家庭、友人間にて、 はっきりとさせておくのは、相手との距離を縮めてくれる大切な行為です。 勇気を出して、ただし、やんわりとお願いをしてみる姿勢を大切に。 相手を批判・非難するわけではなく、あくまでも「お願い」「期待」を 目的とするような会話を心がけましょう。   さて、ようやく、パリ近郊も晴れる日が続き、 春から初夏へと季節は移行してきております。 太陽の力が最大となる夏至まで、もうすぐです。 夏至に向けた目標確認、方向修正に、この「水星の停止パワー」はきっと 役に立ってくれることでしょう。   皆さまの幸運をお祈りいたします❤️        

      1
      テーマ:
  • 30 Apr
    • 本日は癒しの日の前夜祭!癒しパワーが全開となります!

      今夜はケルトまたは北欧の一部の民族のお祭り「Beltane」のイヴです。   メーデーの明日が ベルティーン。もしくはベルタインとも発音します。   いわば「火祭り」の一つなのですが、 ベルティーンという名は、彼らの神話の神である、 Belenus(光・火・治癒をつかさどる神)に由来しているそうです。 光、炎、いずれも浄化やエナジー注入の象徴です。   そして、何よりも、明日からは欧州の「初夏」の始まりということなんですね。 花々が咲きみだれ、新緑がおい繁り、 発育のエナジーが大地にみなぎる季節!を祝う祝祭なのですが、 スコットランドやアイルランドなどのゲイリック・ケルト文化の地では、 これを以って、「病人の治癒」を祈願するのが習わしのようです。 今夜はお好きな香りのキャンドルに火を灯して、 誰か病気の知人・友人・ご家族などの快癒の祈願をしたり、 自分自身の健康を祈ったりしてみませんか。   明日のメーデーは病気療養中の方のお見舞いに行ったり、 ご自身へのギフトとして、マッサージやSPAなどの癒しの施術を受けたりする1日 にしてもよいでしょう。   フランスでは街中でいい香りのする、すずらんの花が売られます。 子供から大人まで、街角ですずらんの花を売ってもよい、という 「労働」に対するリスペクトを遂行する日なんです。 労働者の権利を大切にするフランスでは、メーデーはどのお店もお休み。 ただ、一部のパン屋さんと素人さんの街角のスタンドにて すずらんを売る人々のお店だけが営業中。 そのような日となります。   三連休ですので、パリジャンたちの多くは郊外の田舎で、 家族または友人たちとのんびり過ごしていることでしょう。   それでは、皆様もどうかよいベルティーンの日を。 病気の人々が癒されますようにー。      

      1
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 金星の牡羊座入り。軍神アレスと美神アフロディーテの結婚。

      金星はじきに牡羊座に入宮します。 春分点である、牡羊座の0度に達する金星は、本来の美と愛の象徴としての、 その性質に「挑戦」「勇気」「闘い(または論争)」「攻撃性」「決断力」 などの本来なら、軍神であり火星と同一視されるローマ神話のマルス、 すなわちギリシア神話のアレスの資質を兼ね備えることになります。   本来なら、相容れない性質の組み合わせとして、 「金星が居心地の悪い牡羊座に座している」などとも表現されますが、 それも、星の放つエネルギーの使い方次第。   ちなみに火星と同一視されるアレスと金星を体現しているとも云われる 美と愛の神のアフロディーテの娘は「ハーモニア」。 そう、英語のハーモニー。調和を意味する名がつけられています。   金星は古くはバビロニアやシュメール文明では、 イナンナ、イシュタールなどと呼ばれ、 愛の女神でありつつも、戰いを司っておりました。 決して、弱い神様ではなかったのです。   かくいう、知恵の女神のアテナも「戦略」の女神としての一面を持っています。   そのような時代背景であったのでしょう。   低レベルな欲の絡んだ戰い、戦争、闘争ではなく、 高尚な目的を持った、自分自身との闘いは「挑戦」とも呼びます。 新たしいことにチャレンジすることは牡羊座の金星は大得意。 勇気を持って、自分を信じて、本当の自分でいられる環境をつくるのなら、 そこからは自然と「ハーモニー」を産み出し、 自らの「心の平安・平穏」そして「周囲の空気を調和させるための エネルギーの放出」も可能となることでしょう。   低俗な戰い、争いは精神が未熟であることの顕れです。 戦争のような権力と欲の絡んだ戰いは「暗闇から出づる、冥界への道」であり、 もちろんのこと、「悪」の極みです。 戦争に行為に「善」はありません。 「悪」を押し付けられて遂行せずにはいられないという加害者と呼ばれる、 もう一つの性質の「犠牲者」を出す。 それだけのことです。   女神ハーモニアを産むための結婚。 勇敢さと挑戦と決断を備えた、愛の女神であるための金星のエネルギー。 それをどうか、意識してみてくださいね。 本当の強さは賢さ・冷静さ・客観性・正義とともにあります。 その証拠に、牡羊座の真向かいに位置するのが・・・ 平等と法の正義と調和と共生の美徳を指し示す、「天秤座」ですよね。 向かい合った星座宮同士は真反対の性質を持つかのように外側からは 見受けられますが、実は同じエッセンスを有して、 お互いを補い合っているのです。   金星の牡羊座入り。 火星という「攻撃性と勇気、戰い、決断力、挑戦する意志、パイオニア精神」 を兼ね備えた天体が統治星である、牡羊座に座す「金星」は非常に逞しい 調和の母となることをどうか忘れずに。   春ですね。 挑戦する力と出発する決断力を今一度、確認し、 新しい計画を練り直してみてください。 水星が順行となる、5月のゴールデンウィーク過ぎ頃が事始めです。      

      4
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 新月のパワーをどう活かすか? 分断を拒んだ新しいフランスと今日の牡牛座の新月の関係。

      【新月予報】本日のフランス時間、午後2時16分過ぎに新月となります。 解毒力は最強に。 牡牛座の新月。牡牛座の6度を少し過ぎた度数で月と太陽が重なります。 この度数は「孤立・分断していた人たちを共感によって結びつける」力がある とされていると同時に、「エゴの強くなってしまった社会的な成功者」よりも 今までの伝統やしがらみにがんじがらめにされているような、 「苦境の中にいる小さき存在」にこそ、 高度な意識が芽生え、新しい未来が開示されるという意味合いがあります。   まさに、今のフランスの大統領選での大衆たちの動きですね。 「右」「左」の分断に飽き飽きしたフランス人たちが無所属の中道派を選んだ。   その政権の結果はどうであれ、「分断するフランス」を 拒否したフランス国民の新しい意思には私はエールを送りたいと思います。 もちろん、選ばれたマクロン氏(最有力候補というだけで、二次戦が控えてますが) の公約すべてに同意はできないけれど・・・。   さて、この牡牛座の新月は太陽以外の他のどの天体とも 強力なアスペクトを形成していません。 ものすごく孤立した「月と太陽」です。 このあたりが面白いですね。   牡牛座の統治星である金星の「美意識」が 皆さんの潜在意識の内に顕著となることでしょう。 本日、ピン!と直感できたこと。 特に「美しい・楽しい」と思えることを夏至までに遂行なさってください。   さて、その一方で水星は逆行しており、天王星と重なっています。 これは、「RE」で始まるターム、すなわちリラックス、リメイク、 リカバリーなどの「再び〜する」とか「回復する」「自分を取り戻す」 ということ以外では、非常な緊張を伴うという警告だと私は読みます。   天王星は良い意味でも悪い意味でも、孤立や分離、独立、マイペース、 もしくは「他者の感情に疎く、マイペースすぎる」 「個性的であることが周囲には奇怪に映る」というキャラクターを持つ天体です。 その天王星がコミュニケーションの星、水星をくっついてしまっているだけに、 言動にはどうか十分にご注意くださいませ。   共感する心、慈愛の精神、そして、 「多面的にものごとを捉える客観性と寛容さ」を自分の中に見つけ、 そこからのエネルギーを放出することが大切です。  

      2
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 新月前、解毒パワー最大の時!

      もうじき、新月となります。 よって、解毒パワーが最高潮となる今、 何を食べるか、飲むか、身体に入れるものをよくよく吟味してみましょう。   私の場合はインドのアーユルヴェーダ医から教えてもらった、 ライムと生姜汁を合わせたものを入れたホット・ウォーターに、 飲む寸前に蜂蜜を入れて、朝食前と寝る前に飲んでいます。 長く続けては逆に「毒」になると言われているので、 二ヶ月ぐらい毎日、続けては数ヶ月間ストップ!を繰り返しています。   または、トルシという葉にセンナの入ったオーガニック・ハーバルティーを 食後に飲んだりもしております。 これはインドで買ったもの。   玄米は胃が弱いので、一晩しっかりお水に浸して、 さらにお粥にして食べています。   最近のマイブームはマンゴー。 近くのスーパーでトロピカル・フルーツが簡単に手にはいるので、 インドやスリランカで食べたマンゴーを朝食にする場合が多いです。 繊維質のものもしっかり摂りたいですね。   また、「幸せホルモン」との異名を持つ、セロトニンを生成してくれることで 一躍有名になったビタミンB6とB12も忘れずに。 アーユルヴェーダでは何よりもまずは「消化」を重視するとのことですので、 いくら栄養分があっても、消化が悪そうなものは調理法をかなり工夫しています。   納豆も手にはいるフランス。 自己免疫を高めるためにも、納豆は必要ですね。 まとめ買いしてます。 きのこ類もミネラル分が多いですから、サーモンのホイル蒸しなどの 簡単なお料理で、たくさん摂るよう、心がけております。   情報が錯綜する現代社会、いろいろと迷いが出てきますが、 私は自分のアーユルヴェーダ医が言うところの 「あなたの体質と今の状態にはこれこれがいいわ」 というオーダーメイドのお勧め食品をまずは尊重することにしています。   そうそう、身体だけでなく、脳内洗浄も大切ですよね。 ストレスがなくなるよう、思考もデトックスいたしましょう。 瞑想、軽い運動、マッサージを受ける、ニュースを見ないようにする、 自分と他者との境界線をきちんと心の中で作って 感情的にならず、客観性を大切にする・・・などなど、 方法は多岐にわたってあるとは思います。   ご自身に合った方法で、負の記憶・負の感情を整理してしまいましょう。 私の場合は自然の中に愛犬の桃子と一緒にいること。 ただ、ボーッと木々の中にくつろぐことが一番かな、と思います。   それでは、皆様、どうか良い新月を❤️   パリ近郊、私の家から徒歩12分でこの景色。 菜の花が綺麗です。 キャンプ場もすぐ近くにあり、ここで森林浴をし、脳内洗浄をおこないます。                

      1
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 八重桜の散る音

      さらさらと薄い絹を擦り合わせたような、 涼やかな音を立てて、 八重桜の花びらが風に舞って、何処へと旅してゆくのを うっとりと眺めていた昨日。   芝生の鮮やかな碧玉色の上に桜貝のような花びらが 美しい絨毯を編んでおりました。   晴天なのに、風はまだ冷たく、強く、 花吹雪と呼んだ方が似合うような散り方でしたが、 その乱舞がまたもののみごとで、うっとりと見とれてしまいました。   春です。   澄み渡った青空の続く、昨今のパリ近郊。 なんとも言えない多幸感を感じることができます。   桃子もお城の庭園をお散歩するのが、日課となり、 はしゃぐようになりました。 春はいいですね。                      

      1
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 春爛漫、ミニ・バスに乗って近くのお城の裏側の庭園へ

      晴天で気持ちの良い朝でしたので、 桃子を連れて、普段なら歩いて行ける距離なのですが、 腰痛のことも考慮して、珍しくミニ・バスに乗ってお散歩に行きました。   朝早めのごはんを済ませた桃子。 ちょっと寝たら、やはりお散歩がしたくなったようで、 カウチでバタバタとジャレあってきました。   ママン、お散歩に行こうよ〜❤️の合図です。     とは言っても・・・まだ眠そうですが。😄     でも、バタバタ!「お散歩?」言うと興奮します。   さて、バスに静かに乗っていられるかなぁ・・・。     一番前のお席に通されました。     はじめはおとなしかったのですが、そのうち、「抱っこ、抱っこ!」 キャリーバックからはみ出して、クゥ〜クゥ〜と泣きます。 抱き癖をつけてしまいました(^◇^;)   さて、お城の庭園の裏側の誰もいない隠れた場所。 そこが私と桃子の秘密の花園・・・なのです。 お城は春爛漫❤️ 八重桜もまだ美しかったですよ。                       上の写真のあたりが私たちの秘密の花園なんです。 川の向こう岸には中世の頃からのミルク製造場や 羊飼い養成施設が残っております。 お城の拝観も修復が済む、初夏あたりからできるとのこと。 お城は小さくも、庭園と森の広大さはヴェルサイユにも劣らず、 ランブイエという街は小ぶりながらも品が良く、しかも、 人がスノッブではない城下町なので、暮らしやすいんですよ。 パリからも電車で35分ですし、パリの定期券はここまで通用します。 もちろん、通勤圏内です。   最近のランブイエはチューリッブだらけ。 パンジーばかり。 そして、ライラックの花の芳香で満たされています。               白いライラックも素敵ですね。清楚で、気品を感じます。   じきに、新月となります。 デトックスに努めましょう。 瞑想やヨガ、ダンス、音楽などで癒されるのも良いですね。 ハマムやマッサージでのデトックスも効果があるはずです。   私は朝、ライムジュースを絞って、そこに生姜をすりおろしたジュースを 温めて飲んでいます。 夜も。 むくみが取れますよ。 試してみてください。スリランカのアーユルヴェーダ医から二年ほど前に 教えてもらったのでした。 しかし、二ヶ月以上続けたら逆に「アーマという毒になっちゃうよ」 とのこと。 なんでも、「それだけを摂取する」「毎日、過剰摂取を長期続ける」 というのは勧めないとその医師はおっしゃっていました。   それでは、皆様、良い新月をお迎えくださいませ。  

      テーマ:
  • 15 Apr
    • 桃子の日記

      久しぶりに桃子の日記です。   今日は昨日とは打って変わって、寒くて、お天気も曇りのち雨でした。 気分だけでも、楽しく❣️ということでイチゴのセーターを着用。     最近、ダイエットに成功した桃子にはぴったりです。     んじゃ、お散歩に行くかしらね?     カフェにて朝食をとりましょう。     隣の人のクロワッサンを食い入るように見つめています。 「あたしもあれが欲しいっ❣️」     唾を飲み込んで待ちます。😂     早く来ないかな・・・😊     「おーい!あたしのクロワッサン、まだかいな〜!」     来た来た、でも、桃子にはワンちゃん用のお菓子ね。 クロワッサンは匂いだけ楽しんでね。 健康のためです。   この後、お菓子バリバリ❤️ ダイエットもちゃあんと続けましょうね、桃ちゃん。😊

      テーマ:
    • インド・スリランカのHAPPY VISHU とお正月

      インド・スリランカでの占星術においては、 地球の歳差運動を計算に入れます。 よって、太陽の牡羊座入りが西洋占星術より少し、ズレますし、 私たちの生まれついて持ったホロスコープの星座も、その度数によっては 一つ手前の星座宮に属したり・・・ということになります。   というわけで、インド占星術は魂レベルでの占星術。 西洋占星術は現実の生活を捉えるための占星術。 そんなふうに勝手に納得して、両方万歳❣️の私ですが、 いろいろな見解もあるのでしょうね。   さて、昨日はインドの友人たちからは「HAPPY VISHU」 スリランカの友人たちからは「新年おめでとう」 のメッセージをいただきました。   ちなみにインドではこの黄色い花と稲穂を家庭内の祭壇に その他、果物などのお供物と一緒に飾って、お祝いするそうです。 豊穣を祝う祝祭なわけですね。     さて、私は稲穂の代わりに麦の穂を買ってまいりました。 もちろん、デコレーション用です。 黄色いお花は手に入らず。 なので、近所に咲いているエニシダなどをパチリ❣️   黄色はやはりゴールドを連想させるためか、豊穣のしるしなのですね。               夜はインドを思い出して、インド料理屋さんでチャパティだけ お持ち帰りして、レンズ豆のカレーを作りました。         明日はイースターです。 月曜日までは三連休のフランス。 みんな、家族と、友人たちと、のんびりと春の訪れを祝う週末です。    

      テーマ:
  • 13 Apr
    • 金星逆行はカイロンとの合を以って終焉に。ギリシア神話の癒しの女神、パラケイアのような星空の今日。

      金星の逆行が本日を以って、留から順行へと戻ります。 カイロンとほぼ重なりつつ、ステーションまたは留と呼ばれる、 止まっているかのようにゆっくりと動く過程を経るわけですが、 このときが金星のエネルギーが最も強まるとも云われています。   これは、私には医学の女神である、ギリシア神話・ローマ神話のパラケイアを イメージさせます。 パラケイアは、医術をも司る神アポロンの孫であり、 アスクレーピオスと呼ばれる娘たちのうちのひとり。 その名の意味はまさに「すべてを癒す」だそうで、ヨーロッパの中世には 錬金術師たちがエリクサや賢者の石の材料と捉え、 インド神話でいうところの「アムリタ」つまり「霊薬」の呼称として 使われていたそうです。 現在でもパナケイアといえば、「万能薬」(英語=panacea)の意味があります。   さて、本題に移りますね。 本日のこの金星の停止、カイロンとの合の癒しのエネルギーをどのように 役立てたらよいのでしょうか。   これも、個人のホロスコープとの繋がりが深ければ、 深いほど、そのパワーが強く感じられるはずです。 金星の位置する星座宮とその度数がそれぞれの個人個人の出生図や進行の図と どのように絡むか、で最終的には、その影響の強さを判断しなくてはなりません。   しかし、一般的に、やはり現行の星の配置は多かれ少なかれ、 皆が意識さえすれば感じたり、上手に使えたりするものです。 どうか、意識を金星とカイロンに集中させてみてください。   女神パナケイアの癒しの力は魚座にて発揮されます。 要するに、魚座の意味する民間療法。 特に、マッサージ、アロマセラピー、オイルを使用したセラピー一般、 ヨガ・セラピー、海から生まれたタラソ・セラピーなど。 そして、さらに魚座の領域である「音楽」を使った療法も役に立つことでしょう。   身体や心のケアの今日、または今週末まで効き目はあるかと思いますので、 そのようなリラックスしたウィークエンドをお過ごしください。   女神パラケイアにお祈りを捧げつつ・・・。 金星とカイロンに意識を合わせつつ・・・。 どうか、穏やかな週末を。   ご自身をいたわってさしあげてくださいませね。   フランスのパリ近郊もすでに春爛漫です。 私はアーユルヴェーダのマッサージ・オイルを使って、 簡単なセルフ・マッサージを試みようと思います。 インドを思い出しつつ・・・。                

      2
      テーマ:
  • 11 Apr
    • ピンク・ムーンのもたらしてくれるもの、人間関係の次元シフトの決行と自分の再構築!

      さて、いよいよ春の満月、「ピンク・ムーン」となりました。 一昨日頃から、不思議なエネルギーの移行を感じていた方も多いことと思います。   私はたまたまアセンダントが天秤座にあり、 満月になる少し前の月の度数と重なっているせいもあり、 土曜日あたりから、気分の高揚と自分を囲むエネルギーの次元が 別次元へとシフトしてゆくのを感じました。   天秤座の満月、ということはシンブルに解釈するのであれば、 ホロスコープの第七室同様に「パートナーとの関係」「対人関係」を示唆します。 月は木星と重なりつつ、満ちて行ったので、 緩やかな(穏やかな、柔和な)かたちでの「対人関係の手放し」「解放」を 与えてくれる月のエネルギーでした。 ただし、やはり「対人関係」「愛とパートナーシップ」を統治する天体、 「金星」は逆行中であり、木星も水星も逆行しています。 ですので、ただやんわりと仲直り、仲良しになる、新しい出逢いを果たす、 というよりも・・・もっと現実的かつ心の動揺すら伴う「望まない別離」や 「予期せぬ別れ」「誤解からの疎遠」「フレネミーとのキレイなかたちでの訣別」 そのように様々な人間関係の変化を味わった方も多いかと思います。 (こればかりはその方々の個人の出生図や進行図、そして今の星の配置、 そういった個人のホロスコープの鑑定によってしか紐解けないのが事実です)   このパワフルな満月を上手に利用するためにはどうしたら良いか? 答えはシンプルです。 「他者を通して自分を見る」「他者との関係を正す(合わない相手と無理をして 仲直りするという意味ではありません。きちんと謝罪したり、 相手の良いところを認めつつ、しかし、はっきりと訣別する= 存在する次元を変えること=その人の意識と波長を合わせないことを 自分自身に誓うだけで良いのです)」 そのような努力を決行することにより、自分自身を再構築することを 決意することができるでしょう。   別れからの学びは出会いからの学び同様、大切なものです。   人間関係に悩んでいる方は今がチャンス。 この一週間ほどで、自分の意識改革を行ってみましょう。   昨日は私も憧れの女性とのつらい告別式を体験しました。 しかし、彼女のお人柄のせいでしょう。 悲しみの中にも清麗とした、彼女の意識がそこに座しており、 陰の空気はまったく感じられませんでした。 彼女が私にくださったたくさんの思い出を胸に、 忠告を胸に、「自分以外の他人がどのような態度で自分に接しようが、 それに振り回されることなく、自分らしく心を強く持って軽やかな笑顔で この先の人生をやり過ごそう」そう思った一日でした。 亡くなった彼女からの声が私の心にこだましたような気がいたしました。 これも一つの次元シフトなのかもしれません。   彼女に恥ずかしくないように、生きたい・・・。 そう思いました。   今夜のピンクムーンは私にとって、再出発の力を与えてくれることでしょう。   みなさまもどうか、勇気を持って、何か新しい挑戦・目標・抱負をアジェンダか ダイアリーにでも記してみてください。   それでは、よい満月の宵を❤️  

      4
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 春になりました。気持ちの良い毎日です。

      じきにイースターになります。 やっと春。 ひなげしがいっぱいのうちの前のドッグランで桃子を思いっきり遊ばせる毎日です。 これから、ヨーロッパは良い季節を迎えます。 春分から秋分までは空気も乾燥していて、陽射しは強いのですが、 木陰は涼しい過ごしやすい季節となります。 もうそろそろ、日本もゴールデンウィークですね。 桜も咲き始め、良い季節ですよね。 日本の桜が恋しいです。 みなさま、花冷えなどなさりませんよう、お身体にはご留意くださいませ。     近所のお城の庭園の花壇も華やかになりました。     お散歩しながらの花鑑賞が楽しい季節です。     フローリストさんのウインドゥもイースターの飾り付けがなされています。       すぐ前にはドックランがあります。ひなげしとタンポポが綺麗。     パパに抱っこされて眠そうな桃子。陽射しが気持ち良いのでしょうね。     お天気の良い日は毎日、お城の森までお散歩します。        

      テーマ:
  • 25 Mar
    • 「その時」が来れば答えは向こうからやってくる・・・という信頼感を胸に!

      パリ近郊は本日からお天気が春日和となりました。 気温はまだ低いものの、空は晴れ渡っております。   春分の日の次の満月はスリランカではお正月。 そして、ヨーロッパではイースターの祝日が間近です。   春を機に、心機一転するほうが、一月一日の元旦に心機一転するよりも、 私の場合は心理的にはラクなので、 春分の次の満月、今年は28日ですが・・・これを自分の中の「新年」❣️ とすることにいたします。   浄化の時期が過ぎて、パワー注入の時期に突入❣️   夏至までは「自分づくり」の時季となります。   しっかりと自分との対話をしてみましょう。   そのためには、フェイス・ブックなどのソーシャル・メディアや、 情報が頭に入り過ぎるような、ニュース番組・テレビ番組を控えて、 小説を読んだり、絵画鑑賞、音楽鑑賞をしたりに生活の重点を置いて 心を鎮めたいと思います。   私の場合、アセンダントに木星という幸運の星が重なるのが、 自分の誕生月でもある五月ですので、 その時期までは「なるようになる」と楽観的に一日、一日を過ごし、 無理に目標や計画を立てることは控えようと思います。   「その時」が来れば自然に答えは向こうからやってくる❣️ そう信じて、希望と信頼を胸に日々、楽しみましょう。    

      3
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 春の気配

      パリ近郊の寒さは一旦緩み、晴天が続いた先週でした。 晴れると嬉しくて、つい近くのお城の庭園や森へとお散歩に出かけてしまいます。 よって、ちょっと家事はおろそかになってしまったかなぁ・・・と反省しています。 気温が10度を越えて、太陽の日差しが浴びられると、心も身体も喜びますね。 春分が楽しみです。     お城の庭園の中にある池。       桃子も森で大はしゃぎ。       よく歩いてくれました!       チワワですので、基本的には冬の寒さは嫌い。 でも、やっぱり、外の空気を吸って、気分転換させてあげないと・・・ね。       カフェでひと休み。       ヴァレンタイン・デーのパティスリーは本当に華やかでした❤️     散々迷って、これにしました!フランボワーズのムース💕     そして、夫からのプレゼントは・・・私の大好きな作家さんの絵本でした。       水仙がお花屋さんに並んだら・・・ やっぱり春 😊      百合も出てきていましたよ〜😊     いい香りです。     ブーケもたくさん登場してきました!       春分が楽しみですね。 でも、その前に日食を伴う新月があります。 最強の浄化の時期。   心身共々、デトックスをなさってくださいませ。 春分点に太陽が到達し、パワー注入の準備が調う間までは、 インボルクの祝祭の後の決まりごとである、 「土壌を耕す。土を肥やす」 そのような気持ちで一日、一日を過ごすとよいでしょう。 子羊が生まれ、質の良い母乳がたっぷり出るように、 面倒を見る時期でもあります。 心身ともに健康であることを確認、チェックしたりなどの 「自分の面倒をみる」ことも忘れずに、どうぞ。 定期検診にも良い時期です。      

      2
      テーマ:
  • 31 Jan
    • インボルクを記念してのマーサさんの特別セッション満了です!ありがとうございました!

      先日、募集させていただきました、インボルクのマーサさんの特別割引セッション、 枠がすべて埋まりました。 どうもありがとうございました。   明日はインボルクの日、炎の女神、ブリギットの祝祭の日。 浄化にはとても良い時季です。   春分にしっかりとパワー注入ができるよう、 体内・心身の浄化・解毒をしておきましょう。   古く、農民たちは種を植える前の土壌をきれいにし、 仔羊が生まれる準備をしつつ、春を待ちました。   私たちに忍耐を与えてくれる時季でもあります。   冬至と春分のちょうど真ん中。 気持ちが落ち込みやすい寒く、暗い日照時間を過ごさねばならない北欧や 英国、アイルランドその他の欧州の地域では、この二月一日を春を迎えるための 様々な準備にとりかかる「スタート地点」と考えます。   耐え忍ぶこともまた人生には必要です。 どのような感情でも、愛おしく思い、じっくりと味わいましょう。 忍耐もまた、一つの大きな私たちのパワーです。 そう考えて、より強い自分を育んでください。   今夜と明日は私もキャンドルを灯し、炎を見つめつつ、 静かに自分の心を見つめようと思います。   静寂の暗い森にたいまつの炎が踊るように激しく燃えているような イメージ二ングをして、自分の内なるパワー、すなわち勇気や忍耐力、 待つ力、自浄作用の力をしっかりと感じてみましょう。   お好きな色、香りのキャンドルを灯すのもよいですね。   どうか、よいインボルクの宵をお迎えください。  

      3
      テーマ:
  • 24 Jan
    • インボルクを記念して、マーサさんの特別セッション開始します!

      こんにちは。 もうすぐ、インボルクの祝祭の日ですね。 キリスト教のキャンドルマスの起源となった、冬至と春分のちょうど真ん中を 祝う北欧の民族、ゲルマン系、ケルトの民族たち共通のお祭りです。     インボルクは2月1日です。 種まきの前の土壌の浄化の時期であり、ひつじが妊娠・出産の前後も この時期。 北欧人、ゲルマン系民族やケルト語文化圏では、 女神ブリギッドの象徴である「火」を使って、 健康、医療の成功、土地の繁栄を祈ります。 よって、炎を灯す・・・ということから、「キャンドルマス」という カトリックの祝祭が生まれたといわれています。   ケルト語系民族の多いアイルランドでは今でも、未婚の若い女性たちが、 女神ブリギットの訪れにより、彼女たちに幸運がもたらされるよう、 ミニチュアのベッドがつくられ、その上にトウモロコシやリボン、 貝などで創作されるブリギッド(=Brigid)をかたどったお人形が 下の写真のように寝かされるそうです。 おもしろいですね。     ところで、Brigid というのは「輝く者」とか「高貴な人」という意味なんですって。 フランスでは「ブリジット」という名前の女性が多いのですが、 語源を同じくしています。   お人形の隣のクロスは Brigid を象徴するクロスだそうで、 イギリスのスピリチュアル系のショップではたくさん見かけました。 古代からの信仰だという説もあります。   さて、この「炎による浄化」の時期に 今年はマーサさんの協力を得て、彼女の特別価格における、 ヒーリング・セッションを行うことにいたしました。   二月一日前後七日間の間にセッションを受けていただける方に限り、 通常1セッション=2万円のところ、私の方から皆さまへのギフトとして、 一割お値引きさせていただき、1万8000円といたします。   お申し込みは・・・ ★お名前をローマ字でお書きください。 ★ ご希望のお日にちとお時間(日本時間の夜7時以降から24時まで のセッション開始で土日を除いてください)を第三希望までご記入ください。 ★スカイプによるセッションもしくはご自宅の固定電話でのセッションのどちらを ご希望かもご明記いただき、スカイプ名またはお電話番号をご記入なさってください。   以上をご記載の上、件名を「インボルクのセッション希望」として、 私の以下のメールアドレスまでご送信ください。   mooninleo23★gmail.com (★は@に変えてくださいね)   それでは、お申し込み、お待ちしております❤️  

      1
      テーマ:

プロフィール

花園理恵

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
フランスのParisから急行で半時間の街ランブイエ在住。編集者・フリーランスライター・雑誌のコーディ...

続きを見る >

読者になる

AD
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。