Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記

子供の成長は早いので、とりあえず忘れないように観察日記をつけようかなと・・・
英国人の主人とお互いの文化の違いを尊重しつつ(主導権を争いつつ?)子育て生活送ってます。


テーマ:
ずっと鼻水が出ていたミニが咳をし始めたりしたので、先週初めに病院で風邪薬を処方してもらい、少しずつ回復に向かっていました。
週の終わりにまた少し咳が出てきて微熱も続いていたので病院へ連れていくと ”前の風邪が治って、また別の風邪をもらってきたのかな?” との診断で新たに抗生物質と風邪薬をもらいました。

少しマシになってきたけど、ちょっと微熱が続くなぁ。と気になっていたものの、37.2度前後という微熱だった為、仕事が休めなかったこともありそのまま様子を見ていたら、11日の夕方私が家に帰った時に遊びに来ていたあーちゃんが

ちょっと熱あるみたいやで。頭が熱いわ

と言います。

測ってみると37.6度。
そんなに高くないかなぁと思いつつも、微熱なのに私にもたれてぐったりしんどそうにしているので、次の日に病院へ連れて行きました。

”風邪薬を飲ませていたこと。微熱が続いていたこと。ぐったりしている様子が前に肺炎になった時の様子に似ているので検査して欲しい”

という事を伝えて、お医者さんが理解してくれ、レントゲンと血液検査をする事になりました。

※自分が専門家ではないので、検査して欲しい。というリクエストはあまりしないのですが、今回は風邪が長引いていた事と、新しいお医者さんでミニがよく肺炎になる事などを知らない人だったので履歴を見てもらいお願いしました。(^-^)b

診断結果は

気管支炎で、肺炎一歩手前

というものでした。
ぐったりしている時点で気管支炎はなってるだろうな。と思っていたのでそんなに驚きはしませんでしたが、入院するかも。となると大変だなぁ。と思いつつお医者さんに

入院ですか?

と聞くと、

いつもならミニはすぐに悪化する為、念のため入院。という所を、
今回は点滴を打つ前と打った後に吸入をして自宅で安静にして様子を見ましょう。

と言われました。
家で高熱が出たらどうしよう。と気になったので点滴中に血液検査の結果をお医者さんが伝えに来た時

いつも気管支炎ですごい高熱が出るので、週末前で不安なので一晩だけ病院で様子を見てもらえませんか?

と聞いてみました。
が、

肺炎になってたら即入院なんだけど、まだ肺炎にはなってないので明日もう一度連れてきてください。血液検査の結果もそれほど悪くは無いのでなんとか自宅安静で治りそうです

と言われました。
血液検査の数値が気になるので、チラチラと検査結果の用紙を見ているとお医者さんも気づいてくれて、

たぶん何回も入院してるから(数値の見方)わかりはるとおもうので、用紙渡しておきます。

と言って用紙を渡してくれました。
見てみると、CRPと白血球数が標準値は越えているもののいつも入院する時の数値(標準値の倍位)には至ってなかったので、ミニの免疫力があがってきているのかもしれないな。と少し安心。

吸入器をレンタルして家で朝・昼・晩とやることになりました。


<吸引器と吸入用の薬>
病院では小さい子には ”モクモク” と言ってました。(^-^)

という訳で本当は13日の金曜日はお盆休みでしたが、12日を代わりにお休みし、13日は仕事に午前中行ってから午後から診断を受けに連れていくことに。

ミニは吸入が嫌いで、いつも看護婦さんと2人がかり(私が抱っこしてでして腕と足を押え、看護婦さんが吸入させる)でやっていましたが、最近は少し我慢が出来るようになり、今回は私一人で吸入できました。

が、ミニが吸入をやると聞いて、ミニの暴れっぷりを知っている看護婦さんが他の看護婦さんから私一人でさせている。と聞いて

え!ミニ君のお母さん一人でやってんの?手伝いに行かないと!

と慌ててこちらに来る足音がカーテン越しに聞こえました(笑)
が、私に抱っこされておとなしく吸入しているミニをみて

あ、もう出来るようになってるんですね。良かった。えらいね~

と言って出ていきました。(今までどれだけ暴れててん。って感じですね・・・


そして、気になる自宅での吸入ですが、最初の2日ほどは暴れたものの段々と慣れてきて、後半3日は自分で寝る前になると吸入器を持ち出してきて組み立てて、自分で持ってするほどになりました!

その様子がコチラ


Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記-mini mokumoku aug12
<初めの頃のミニ>
大嫌いなモクモクから逃げようとするので旦那が押さえて私が鼻と口元へ持っていってます



Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記-mini aug17
<自分で組み立てて口元へ持っていくミニ>
おさるさんは薬を吸入器へ入れるのを毎回楽しみにしてました
右に見苦しいたたみ掛けの洗濯物がありますが、スルーしてください(位置的に切り取れませんでした…苦笑)

最後には楽しくなってきたのか昨日の朝で終わりだったのに、晩御飯の後に自分で吸入器を取り出して組み立てようとし、

もう薬無くなったからしなくて良いよ

と言うと号泣されました・・・。

旦那に

ちょうど薬が終わった昨日辺りから鼻水も止まり、咳もすっかり治まったので、結果的には入院してストレスが溜まるよりは、家でゆっくりしながら吸入して治る方が良かったね

と言われ、本当にそうだな。と思いました。
入院はいつでも何かあればお医者さんや看護婦さんがいる。という安心感もありますが、本人も辛いし付き添いも体力勝負という点は大変です。

本人とおさるさん的には気に入ってきた1日3回の吸入ですが、毎朝バタバタする中で15分、寝る前に20分は結構大変なので、1週間ほどで済んでほっとした rieleah でした。(^-^*)b
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
保育所の先生とやりとりするノートので先週の金曜日に

『ミニ君はカブトムシを初めは怖がっていましたが、後から恐る恐るさわって嬉しそうにしていました。その後何度も 「カブトムシ」 とつぶやいていましたよ』

とありました。(^-^*)
動物大好きなミニですが、昆虫も好きでアリさんもしょっちゅう歩いている足を止めては眺めています。

この間は公園でカナブンを見つけて捕まえようとしていたので様子を見ていたら、逃げそうになるのをいきなり足で踏んで阻止しようとしたミニ・・・。
私が思わず足をつかんだから良かったものの、まだまだ虫の扱いに慣れていないので気をつけないといけません・・・。

そう思っていた矢先、おさるさんとミニと今日の朝保育所へ向かって歩いていたら、おさるさんがあーちゃんにいつものモーニングコールをしながら道路にいるセミをみつけました。

あれ?なんで このセミ たかいところに おらんねんやろ

と不思議がるおさるさん。
たぶんもうすぐ寿命が来るセミなんだろうなぁ。と思い、おさるさんはセミの寿命が短い事を知っているので、

たぶん、もうすぐ死んでしまうんちゃうかなぁ。もう力が無いんやわ

というと、あーちゃんに電話で

あーちゃん、セミが どうろに いてる。ううん。ないてへん

と説明しています。
どうやら電話の向こうであーちゃんも私と同じことを説明している様子。
そのままセミを観察していると、30センチほど低いところを飛んでまたすぐ地面に着地しています。

このままだと車や自転車に轢かれてしまいそうだし、せめて残りの時間はゆっくりさせてあげたいなと思って、

ここやったら踏まれたりしそうで可哀想やから、捕まえてあっちの花壇に連れていこか

とおさるさんに言ったものの、あーちゃんと電話しながらのおさるさんはそのままセミを見ながら話をしています。
どうしようかなぁ。しょうがない、私が捕まえるか!と思った瞬間ミニがセミの近くにしゃがみこむので、どうするのかな?と思って見ていると

ミニは右手をセミの方へ差し出し


どうじょ。。どうじょ!


とセミに乗るように促しているではないですか(笑)

セミが手に乗ると信じ込んで一生懸命待つその様子が可愛かったのでそのまま見ていましたが、もちろんセミがそれで乗ってくることもなく。。。
仕方がないので、私が手をセミの前に持っていって足をつついて手に乗せました。

セミどうすんの?

と聞くおさるさんに

花壇に乗せるから手伝ってくれる?

と言うと、おさるさんが私の手の上にいるセミをそっと捕まえて花壇へ逃がす事に成功しました。

後で、考えてみると、カナブンの件もあってミニだと扱いが乱暴になってしまいセミの寿命を縮めてしまうかなと思って触らせませんでしたが、自分の手に乗せたがっていたんだから、私の手に乗せた後にちょっとくらい触らせてあげれば良かったかも。と反省。
やっぱり朝は余裕持って家を出ないとダメですね(^-^;)
今度同じような事があったらミニに触らせてみようと思いながら出勤しました。

そして会社でランチを食べる時に親バカそのまんまですがミニが 「どうじょ」 と言っていた話を上司にすると

Cicada is the bug with brown body and people let them fight right? (セミってあの茶色い体の子供がよく戦わせて遊ぶ昆虫だよね?)

と聞いてきます。。
なんか違う。。と思いつつ話を更に聞いてみるとどうやらカブトムシと勘違いしていた様子。
それを指摘すると今度は


hum... I can not remember how to say Cicada in my own language... (セミって自分の国の言葉でなんていうんだか忘れちゃった・・・)

となんと母国語でセミをどういうのか忘れたらしい。。。
在日7年ともなるとそんなものなんだろうか?と思いつつ、家に帰りました。

そして晩ご飯の後にミニが子供向けDVDを見ていると、ちょうどカブトムシが出てきたので、今朝のセミの話と上司がセミとカブトムシを間違えて覚えていた。という話を旦那にして

そういえば、カブトムシって英語で何て言うの?

と聞くと考えこむ旦那。

え~~~~!覚えてないの?

と聞くと

たぶん Stag Beetle かな

と言うので、

ふ~ん。なるほど。Stag Beetle ね。

と覚えようとしていたらTVに今度はクワガタが出ていて旦那が

これこれ。

と言います・・・。

これクワガタ虫やん!

と言うと

似てるでしょ

と答える旦那。

クワガタとカブトムシは違うやろ~!角の形も全然違うやん

と反論すると、ちょっとまって。と言いながら iPad で調べ始めました。そして

あった、これかな?

と言って指差したのが

rhinoceros beetle (サイ+甲虫)


でもそのページの下の方に載っていた写真を見ると、サイの角そっくりの角をもったかぶと虫で、しかも他の国に生息するものだったので

そのまんまって感じの名前やな・・。でも、日本で見るカブトムシの角は日本独特なんかもよ。 Rhinoceros Beetle じゃないんちゃう?

と言ってさらに調べること5分。

あった。あった。

と旦那が言うので見てみると

Japanese rhinoceros beetle,
Japanese horned beetle, Kabutomushi


と Wikipedia 英語版に ”Japanese rhinoceros beetle ” というタイトルで表記されていました。
やっぱりあの角は日本独特だからか、先ほどの Rhinoceros Beetle の前に Japanese がついてました。
しかも後ろの方には Kabutomushi とローマ字表記でカブトムシとも書いてありました。

海外でコピー機のことを XEROX って日本のコピーブランド名で言うのと同じ感覚でしょうか??


そのまんまやん!


と思わずつぶやいてしまいましたが、これでカブトムシを英語で何て言うのかわかってスッキリ

っていうか、旦那といい上司といい、カブトムシやセミに外国の人たちはあまり興味がないのか、たまたまこの二人が自分の国の言葉で言う機会がなくてすっかり忘れているのか知りませんが、日本では誰でも知っていそうな親しみのあるカブトムシとセミの名前がわからないなんてなんだか不思議な気がしました。
単に気候の違いで身近にいないからってのもあるとは思いますが・・・

Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記-Jpns Rhino Beetle  
<Wikipedia に載っていた日本のカブトムシ>
小さい頃飼っていて沢山卵を産んでそれがまた幼虫になって。とよく観察していたのを思い出します。(^-^)b

Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記
<初めに旦那が見つけた Rhinoceros Beetle>
これは本当にサイってそのまんまやん!って感じの形してますね


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。