Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記

子供の成長は早いので、とりあえず忘れないように観察日記をつけようかなと・・・
英国人の主人とお互いの文化の違いを尊重しつつ(主導権を争いつつ?)子育て生活送ってます。


テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は雨のち晴れ
4連休の後で、私がいる生活に慣れてしまっていたからか、私が仕事に行く準備をしているのに気づき泣き出してしまった。

なぜ気づいたかというと、4連休中にどんなにおさるさんが叩いてもなかなか起きなかった私が、アラームですぐに起きてコーヒーを作っていたからです。(よく観察してるね…)
大好きなヤクルトをもらいにキッチンにきて、私がコーヒーを作っているのを見た瞬間に目からポロポロと涙が落ちて、ヤクルトを見せても泣き止まない。
あまりにもぐずって私の足にしがみついて離れないし、可哀想なのではがせないし。。。と、どうしようか悩んでいたら、ふと横を向いた時に自分の本棚に新しい本があるのを見つけて離れていった。(ほっ)


昨日行った、私の友達がやっているグループ絵本展 『絵本でピクニック 』 で本をおとなしく(=破らず)読むおさるさんを見て、旦那が前に友達からもらっていた本を 「もうそろそろコレ位の本読めるかな~」 と言いながら並べていたのである。
(さすが旦那!私より Grumpy Monkey の事をよくわかっています。私だったらきっとその本の事を忘れて Grumpy Monkey が小学校中学年位になってから出していたことでしょう・・・)
この絵本展は絵本作家を目指す私の友達が3年前からやり始めて、今のところ皆勤で毎年行っています。
私に似たのか絵を見るのが好きなうちのおさるさんは、そこへ行くとはしゃぎすぎて本をあちこち移動させたり、看板を動かしたり、立体で作ってある作品をひきちぎろうとしたりと大変な事になっていたのですが、(ほんとに絵好きなの?って声が聞こえてきそうですが・笑)今年はちゃんと読もうとしてくれてました。

おかげさまでおさるさんの気分も落ち着き
(助かった~)と思いながら、布団を片付けながらふと Grumpy Monkey を見ると、本を反対側に開けて、ページを旦那の方に向けている。

(????そんなに面白い表紙やったかなぁ??) と思いながら、よく見てみると、一生懸命 「おはよう。к☆жЮ*。だいじょうぶ~・・・д△◆ΨΘダディー」 なんて言いながら自分の知っている単語をとりあえず並べて旦那に読んであげているではないですか!(笑)
どうも昨日の絵本展で紙芝居を読んでもらった事が印象に残っていて、自分が読む側になりたいらしい。(^-^*)

面白いので写真を撮りながら見ていると、今度は本を持ってベランダへ出る窓のヘリの所に腰掛けて両手でおいでおいでをしながら 「おいで、おいで~ と私と旦那を呼んでいる。
きっと保育所で先生が椅子に座って皆に「おいで、おいで~」ってやってるんだろうなぁ。って思い笑いながら近づいていくと、その本を読んでくれた。(あくまでもフリですが・笑)


残念ながら我が家の朝はそんなに余裕がある訳ではないので、ちょっと読んでもらっただけですぐ朝ご飯になりましたが、子供ってほんとに観察力があるな~。と思ったひと時でした♪


<本を反対側に開いて読み聞かせている Grumpy Monkey>
(ちょっと太陽の光で白っぽくなってますが)

reading book4someone2
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は晴れのちくもり
昼間はあちこちで遊んで楽しかったけど、夜は昼寝が足りなかったので、ぐずりぎみでございました。

お盆休みのなかった私は今月28、29日と休みをとって、家族サービスをする事にした。(気分は世の中のお父さん達のようです・笑)
せっかくの夏なのに仕事ばっかりで、実家でお盆祭りに行った事以外あまりたいしたイベントに連れていっていなかったので、どこか連れて行ってあげたいなぁ。と思っていた矢先、南港ATC特設会場でやってる 『爬虫類王国』なるイベントのポスターを見つけ、その中にあったリクガメにまたがる女の子の写真と頭にヘビを乗っけてる男の子の写真がを見て、最近動物に興味の出てきたGrumpy Monkey には、色々とふれあいもできるし、ちょうど良いやんと思ったのです。(^-^*)
自分の趣味入りすぎ。って言われるかなぁ。と思いつつ、旦那に提案すると 「we could go if you want. (行きたかったら良いよ)」 との事だったので、(ちょっと君、ノリ悪いやんけ~。と思いつつ)皆で行ってきました。(旦那は主に撮影係で)


前にも書いた事があるので写真は載せてませんが(興味のある方は⇒ うちのペット1を ご参照ください♪)うちにはペットが二種類いてそのうちの一種類はヒョウモントカゲモドキの ”哲” である。
物心つく頃からそのを見て育った Grumpy Monkey は、爬虫類には慣れていて実家にいる亀も気に入っている。

そんな訳で、爬虫類王国につくと、色んな爬虫類のケースに一人で走っていって興味深そうにみていた。
が、爬虫類は動きがあまり活発ではないので、おさるさんにはそのエサとなる金魚とかコオロギの方にどうも目が行ってしまい、ヘビ系はあまり受けがよくなかったです。(^-^;)
会場中央になぜか二十日ねずみもいて、「かわい~」 と嬉しそうに見ているうちのおさるさんや他の子供達と、それがヘビ達のエサと知っている大人達の間には微妙な空気が流れてました。。。(笑)

さて!と気を取り直し、ふれあいエリアへ行くと、子供のイグアナやヘビをケージから出していたので、早速持たせてもらいました。冷たくて気持ちよかったです。(^-^*)
さすがに、子供のイグアナもヘビも Grumpy Monkey には大きくてすぎて残念ながら抱くことはできませんでしたが、怖がって泣きそうになる子供もいる中、 Grumpy Monkey は嬉しそうに 「かわい~」と言いながらイグアナとニシキヘビをなでてました。

そして、うちの哲と同じヒョウモントカゲモドキをみつけ 「てちゅ、てちゅ(哲の事)と言いながら眺め、小さな王国内を嬉しそうにウロウロし、いつになったら気づくかなぁ?と思っていたリクガメにやっと気づいてくれました。
あ、カメ!カメ!」 と嬉しそうに指をさすおさるさんと一緒に
4匹いるリクガメ達のケージを外から眺めていると係の人が入っても良いと言ってくれたので、ケージの中でのろのろと散歩しているのカメの後ろを歩いたり、甲羅にさわったりして 「乗っても良いのかな~?やっぱり駄目かな?」 と思いながらきょろきょろしていると他の係の人がきて 「もう上に乗って写真撮られましたか?」 というではないですか!(待ってました~)

ポスターに載っていても、行ったら駄目ってパターンもあるし。と少し心配していましたが、ちゃんと乗せてくれるなんて!と思い 「どれでも良いですか?」 と確認しようと思ったらもう係の人はいませんでした。
かなり自由な王国のようです。(^-^)v
という訳で、Grumpy Monkey が十分カメに慣れた頃に甲羅に乗せて写真を撮りました。
が、変な顔をしていたので、取り直そうとするとリクガメが動き出し、なんとおさるさんはいきなり前の方に滑って逃げようとしてしまい、私が逃げるおさるさんを捕まえる事ができず。。。


私と旦那は 『ぷしゅ~、きゅう~』 という音を聞きました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


なんとあろうことか、うちのおさるさんはリクガメの前足を滑り降りる時に踏んでしまったのであります。(> <)
『ぷしゅ~、きゅう~』 は亀の悲鳴でした。あ~、亀さん本当にごめんなさい!

それからその亀は私達が他の爬虫類とたわむれている間ずっと甲羅の中にひそんでしまっていたので、心配しましたが、私達が退場する際にのぞきこむと、いなくなる気配がわかったのか頭を出してくれました。(ほっ)
こういう事故があったりするから、なかなかふれあいの機会がないのかも。と思いつつ、その貴重な機会に失礼なことをしてしまい、反省しております。でも、大丈夫そうで良かったです。

(私だけではなく)Grumpy Monkey も色々楽しんでくれたので、また機会があれば行きたいと思います。
 
kame n grumpy <嬉しそうに後ろをついて歩く Grumpy Monkey>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は晴れ
私が28,29日と休みを取って家にいる事がわかったのかしら?と思うくらいご機嫌でありました。
(ってそんな訳ないとは思いますが・笑)


昨日の晩旦那が「I guess Grumpy Monkey's Japanese will be better than mine very soon. (あっという間に Grumpy Monkey の日本語は僕の日本語レベルを越えるんだろうなぁ。。。)」と悔しそうに、そして諦め気味に言っていた。

なぜかというと、接続語をうちのおさるさんが使いだしたからである。

例えば
Mommy 寝る(=Mommyも一緒に寝る) ⇒ 「Mommy ”も” 寝る
ここ する」(=ここでする)  「ここ””するなど。

1週間前まで『大丈夫』 の事を 「ぶ」 としか言えていなかったのが、3日前には 「じょぶ」 というようになり、今日はもうすでにゆっくりだけど 「だい・・じょぶ」 と言えるようになったり、できなかった否定形が、「いたい。ない」 (=いたくない) 「食べる。ない」 (=食べない)など、後ろに 「ない」 をつけて表現できるようになった。

他には限られた単語だけだけど、「~たい」 と言えるようにもなりました。
前までは靴下を履きたいときなど 「ソック (Socks=靴下の事) はく」 と言っていたのが、「ソック 履きたい」 と突然ちゃんとしたセンテンスで言えるのだ。これにはかなりビックリした。
もちろんこれがうちの子だけではなくてどの子にも起こる成長の仕方だとは思うのだけど、日に日に上達していくおさるさんの語録には子供の言語能力って本当にすごい。と驚かせられる。

今日は初めて自分で 1 から 10 まで英語で数えれるようになった。突然指を1本立ててそれを縦にふりながら数え始め、言い終わった時には顔に ”満足” という字が書いてあるのが見えそうな位、嬉しそうな顔をしていて聞いていた私達もかなりびっくりしてしまった。旦那の友達が遊びに来ていたので、何かでき る事を見せたかったのでしょう。(^-^;)
(もちろん発音は 『ワン、トゥー、シュリ~、フォ、ファイブ~、シック、セブ、エイ、ナイ、テン』 みたいな感じで完全ではありませんが、まっ、2歳なので良しとします。←親バカの言い訳でこればっかり言ってますけど・笑)

そんな訳で最近また日本語の勉強に力を入れていた旦那がさびしそうに 「抜かされるかも」 という気持ちもよくわかる。
これで、勉強やる気を失わなければいいけど。(笑)

一方、なぜか今まで言えた言葉が言えなくなったり、他の言葉とこんがらがって違う事を言ったりする事も出てきて、うちのおさるさんの頭の中は言葉であふれているような感じがします。(^-^*)

たとえば、普段聞きなれている 『クマのプーさん』 が頭に残っているのか、私の友達が来た時に、「Grumpy Monkey あっこさんだよ」 と言うと 「ぷ~しゃ~ん!」 と嬉しそうに呼びかけたり、

※<Grumpy Monkey の思考回路> あっこさん => プーさん (”さん” しか合ってないやん!)

私の母と電話で話す時に、「おいし、おいし?」

※<Grumpy Monkey の思考回路> もしもし => おいしい、おいしい (”しい” と ”し” が似てるから?!って無理があるよ。。)

テレビでやってるMiffyの歌で、英語と日本語と両方聞くことがあるのだけど、その歌詞で

Miffy! A sweet little bunny ミッフィー かわいいうさちゃん
Miffy! A smart little bunny  ミッフィー おりこううさちゃん
Miffy! A cute little bunny   ミッフィー 元気なうさちゃん
Miffy! And friends!       ミッフィー 大好き!

という部分があって、その部分を

♪Miffy かわいい うさちゃん
Miffy "おいしい" うさちゃん
Miffy ○△$ШЯ
Miffy ・・ すき~♪

と歌っている。。。

※<Grumpy Monkey の思考回路> おりこう => おいしい (”お” しか合ってないし、わからないところはハミングで対処?)

わかめうどんを食べていて、「あ、カメ~(ワカメと言っているつもりが、”わ” が言えない)」 「カメ・・・ カメ。。。 てちゅ~!」 とペットの哲を見に行く。

※<Grumpy Monkey の思考回路> 
わかめを言おうとして”わ”が言えず 『カメ』 という => 自分でワカメの事を言っておきながら 『カメ』 = 亀 になる 
=> いつも亀のぬいぐるみをみて ”哲” と間違え、私に指摘されるので ”哲” を思い出す



ここまで来ると、もう思考が飛びまくりですが、きっとこれも言語を習得していく上でのプロセスなんだろうなぁ。と興味深々で最近色々観察している rieleah です♪(^-^)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は晴れ

最近の Grumpy Monkey は本当にいろんな事を真似するので、気が抜けません。(苦笑)

例えば、私が旦那や Grumpy Monkey に何かするように言っても全然動かない時などに「え~~~~~~!」と抗議をすると、それをそのまま真似るようになり、何を言っても 「え~~」 と言ったりします。
しかもそれを旦那が利用してわざと、「今日はMommy がご飯つくるよ」 「え~~~!(せっかく作るのに・・・) (-_-#) とか、
新しいキーボードが欲しいのにMommy がダメって言うよ」 「え~~~!(あたりまえやっちゅうねん)(T-T)
みたいに遊ぶので調子にのって、ずっと言ってます。

また、ご飯を食べた後に、『ごちそうさま』 を言わずに席を立つと、私達が 「『ごちそうさま』 は?」 と聞くのですが、きちんとおさるさんが 『ちそうさま(”ご” がまだ言えません)』 と言ったら 「うん。OK」 というので、この間旦那がご飯を食べ終わって『ごちそうさま』 を言うのを忘れていると 「『ちそうさま』!」 と催促し、旦那が 「oh, ok ok. ごちそうさま」 というと 「うん。」と、いかつい顔でうなづいてます。

良いことを真似されるのは良いのですが、悪いことを真似されたら?と思うとマジで油断できません。

他にも仕草などを真似たりするのですが、私がよくゴミを捨てる時にゴミ箱にシュートするように投げて捨てるので、それを真似して物を渡さずに投げてよこします・・・。これは一応良くないことなので、私もなるべく投げて捨てないようにしたりするようにしてますが、すでに覚えてしまったのでなかなか直りません。。。
あと、私が反省しないといけない仕草は旦那が冗談を言った時に肩を叩いたりするのですが、それを真似し、”お父さんは叩いても良い” と思っているのか、バシバシたたいてます。。。(旦那よごめん。ま、大阪人と一緒になった宿命だよね。って思うのは私だけ??

という訳で、『人の振り見てわが振り直す』 のごとく 『真似された振りしてわが振り直す』 が最近私のモットーです(笑)



grumpy n boots3


<玄関口で私のブーツを履こうと
健闘中のGrumpy Monkey>

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は晴れ

前にも書いたことがあったかもしれませんが、うちの Grumpy Monkey はめちゃくちゃ寝起きが良いです。
夜寝るのが遅くなっても朝6時半には起きて、私を起こそうと色々やりますが、私はどうしても7時までは寝たくて無理やり抱きしめてもう一回寝てもらったりしてます。(ごめんよ~)
私も旦那も夜型なので(最近なんとか朝方に切替えつつありますが…)、私の両親が早起きなのでその血を受け継いだのかもしれません。良いことだとは知りつつ週末は独身時代に正午より前に起きる事がほとんどなかった私には結構すごいことでもあり、ツライ事でもあったりする。(だって金曜日の晩はついつい夜更かしして寝るのが明け方になったりしてしまうんですもの・笑)

一時期は朝早く 「痛い痛い」 と言いながら頭を押えたり、お腹を押えたりして泣くので慌てて飛び起きてましたが、実は私を起こす為の芝居である事がわかってからは私も起きなくなり、おさるさんも芝居をしなくなりました。(こうなると知恵比べですね…)
最近は先に起きても、私の目覚ましがなるまでは一人で静かに私の携帯で遊んだり、ソファに座ってたりして待ってくれる親思いの良い子です♪(って、たぶん諦めてしまったのだと思いますが。。。重ね重ねごめんよ~)
という訳でほとんどの朝、私が起きる頃には絶好調の Grumpy Monkey が待ち構えています。(笑)

さて最近朝起きると何をするよりもまずヤクルトを1本飲む事が日課になってきたうちのおさるさん。
毎朝同じ順序でヤクルトを飲みます。(^-^)b


① アラームが鳴ると同時に寝ている部屋のふすまを開けて、片手をリビングの方へのばしながら 「どうじょ~」 と言ってお辞儀をします。(初めてこれを見た時は旦那も私も吹き出してしまった)

② そして、私も旦那も起きそうにない時は、手や足をたたきながら 「おちて、おちて~(起きて起きて~)」と起こしにきます。


③ 私(もしくは旦那)が起きた瞬間に嬉しそうに 「はぐはぐ~(Hug hug, 『抱きしめる』 の意) とHug をくれた後に私の手を引っ張りながら 「ジュース、ジュース」 と言います。

つまり早くおきてジュースをくれ。という訳ですな。。。(^-^;)

④ ヤクルトを一つ冷蔵庫から出しながら、渡す時に 「Shake it first (先に振ってね)」 というと


⑤ 「Shaky Shaky Shaky」 と言いながらヤクルトを振り、(たまに片手にヤクルト片手に手作りのマラカス<ペットボトルにお米を入れたもの>を振りながら)テーブルまで行き


⑥ 「オープン、プリーシュ! 開けて開けて~」 と頼み、開けてあげると、しばし頬杖をつきながらニタニタして眺め、少しずつ飲みます。


⑦私の方や旦那の方をみて 「おいしぃ」 とか 「はぴ~(Happy のこと)」 と言いながら半分飲み、必ず途中で 「まだ」 とまだ残ってる事を見せてくれます。


⑧ようやく飲み終わると 「フィニシュ (Finish の事ですが、まだ ”ッ” が言えてません)、飲んだ」 と言いながら 「ごみ、ごみ。bin (ゴミ箱へ)」と空になったヤクルトのボトルを私たちに見せてゴミ箱へ捨てています。


ヤクルト一本でここまで堪能してくれるか?と思う位堪能してしかも、やる事がほとんど毎日一緒なので見てて面白いです。

こういう小さな事に至福を感じる子供って可愛いなぁ。(って毎度親バカ入ってますが)って思いつつ実家の母からもらったチロルチョコ(私の大好物なので、毎日最低2個食べてます)に幸せを感じる rieleah であります。(笑)
こういうのは年齢関係ないかもしれませんね~。



happy face

<嬉しい顔してごらん。というとこんな顔してくれました。歯を食いしばってるようにも見えます…>
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。