Grumpy Monkey(不機嫌なおさるさん)の観察日記

子供の成長は早いので、とりあえず忘れないように観察日記をつけようかなと・・・
英国人の主人とお互いの文化の違いを尊重しつつ(主導権を争いつつ?)子育て生活送ってます。


テーマ:
昨日の晩、実家の母から電話があった。
だいたいうちの母親と話をすると長くなる。もちろん同じ大阪内にいながらなかなか、会う機会が無いので(Grumpy Monkey を実家に連れていくのはうちの旦那の役目なので) 話す事が多い。という事もあるが、母親にコンピュータの使い方を説明するため。という事も多い。。。

私の母は色々と習い事をしているのだが、その中の一つに大正琴があり、その進化系のような楽器ビオリラ(バイオリンと大正琴を組み合わせたようなもの)に最近はまっているのだ。他にもオカリナや英会話なども頑張ってやっている。英会話は初めて母を妹のいるアイルランドに連れていった時に、あまりにも妹の友達やその家族の人達とコミュニケーションがとれず、色々してもらったお礼もきちんと自分で言えなかったことから(母の名誉の為に言っておきますと、Thank you は言えます・・・笑) 次に会った時にはきちんと言えるように!と習い始めたのである。
それ以外の楽器の練習は伴奏用の曲をアンプで再生して、それに合わせて演奏をする。この時に初めて知ったのだけど、アンプはフロッピーディスクを使用するので、そのファイルをコピーしようと思うとコンピュータが必要になる。他にも私達家族とビデオチャットをして孫の顔を見たい時や、ちょっとした調べ物など、色んな理由でうちの両親は最近コンピュータを使わざるを得ない状態になってきていた。
が、私の母の年代でコンピュータをすぐに覚えるのは難しく、基礎的な事は覚えていても、予想外の事が起きるとあせって電話をしてくる事が多いのだ。
そして、なかなか電話の説明だけでは難しくて長電話になる。。。という図ができあがる。
最近は両親の使用するコンピュータに私が遠隔操作で操作しながら説明ができるソフトを入れているので、そのソフトさえ立ち上げてくれれば、後はこちらから操作してマウスうを動かしながら説明をするので楽なのだが、昨日はそのソフトが立ち上がらない・・・。という事で電話があったのである。

さて・・・前置きが長くなりましたが、なぜ母との長電話の話をしているかと言うと・・・。

ドバイへ行く前くらいから Grumpy Monkey がやりはじめていたがなかなかタイミングを失って更新できなかった事が一つあり、それが電話に関するものだからなのです。
うちのおさるさんがやっと” 携帯は『噛むもの』ではなく『耳にあてて話すもの』 ” と認識してくれるようになりました~!
ワ~イ 
これで、私の携帯にこれ以上歯型がつかなくなる!
これで私の携帯のアラームがよだれで聞こえなくて遅刻なんて事もなくなる!(一度だけですが・・・苦笑)
これで旦那の携帯のスクロールが壊れて携帯会社に修理に出さなくてよくなる!
なんて色々嬉しい。笑 (^-^)v もちろんGrumpy Monkey が物を噛むだけではなく、他にも使い方があるとわかり始めた事が一番嬉しい。

一ヶ月前までは電話をもって耳にあて、おなじみの言葉にならない Grumpy 言葉でШг Я д!$*としゃべりはじめているだけだった。(^-^*)
それが私達がドバイに行っている間に実家で、携帯を肩にはさみ(これはこの間の記事”ただいま~”でも述べましたが)むようになり、笑ってしまう事に先週位からは携帯や家の電話の子機で話しながら笑う。という事までしだした。これはかなり面白くもあり不気味でもある。
だって、適当に話しながら相手が面白い事を言ったかのように、「キャッキャッ」と笑ったり 「アハハハ~」 と笑ったりしているのだ。しかも立ちながらしゃべっている時は腰を曲げて笑ったりしている。。。
そうです、お気づきの方もいるかもしれませんが、これはおそらく私が電話で友達としゃべりながら笑ったりするのを真似ているのだと思います・・・。(-_-;)
子は親の鏡とは言いますけど、まさかこんなところまで見ているとは!!!しかもそれをここまで表現されると笑うしかない。って感じです。
そんな訳で、毎回長電話になる度に旦那に「ほらね~。これだから Grumpy Monkey が真似するねん」 などという横槍を入れられながらやめられない rieleah でありました。(だって 久々にしゃべる時くらいゆっくり話したいしっ)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は晴れ

最近長いこと音信不通になっていた友達と連絡をまた取り出すようになった。
それはなぜか?

別に仕事が暇になったとか、Grumpy Monkey の世話に手間がかからなくなった訳ではない。

ふっふっふ。お子さまをお持ちの人はすぐに 『ピーン』 ときたのではないかと思います・・・。
って別にもったいぶる話でも無いので、読むのやめられてしまう前に書いておきます。(笑)

そうです。Grumpy Monkey がかけてます。(^-^;)
私に子供がいる事を知っている人で小さい子供が周りにいる人達はたぶんそうだろうな?と思うらしくすぐにかけ直してこずにメールで 「電話した?子供がやったのかな?」 みたいなメールが来るのだけど、そうでない人へ電話した場合は、「久しぶり~。どうしたの?急に電話なんかしてきて。」 という電話がかかってくるのである。こっちもなかなか連絡を取らずにかけにくくなってしまった人なんかもいたりするので、しどろもどろになりながら 「あ、ごめん。実は・・・」 と説明をし、「えっ!いつの間に子供いてたん?っていうかいつ結婚したん?」 みたいな会話が続くのだ。
7月にも会社が月末締めで忙しい頃、朝出勤早々会社の人に 「昨日電話があったけど夜中やったし、かけ直さなかったよ。もしかして子供?とも思ったしね」 と言われた。慌てて携帯の発歴を見ると、なんと2時頃にかけているではないかぁ~~~~!(^-^;) 
すいませんっ、すいませんっ!これから気をつけます」 と言うと同僚は 「良いよ、うちの妹の子供もよくやってたし。それにしても遅くまで起きてるなぁ。」 と言われ「はっ!」 と気付いた事があった。
そう、2時といえば、その時間は私もGrumpy Monkey も寝ていたのである。。
どうやらGrumpy Monkey が夜中に起きて私がアラーム代わりに使っている携帯で遊んでいるうちに誤ってかけてしまったようだ。夜中に一人で携帯の画面ランプに顔を照らされながら一人で遊んでたのかぁ。。。
と想像すると異様な気もするが可愛い気もする。(はい、出ました。私は親バカです・笑)

思わず笑ってしまうのが、私や旦那の携帯をいじっていて、なぜかうちの家の電話にかかる事がある事だ。
別に発信履歴に入っているわけでもなく、なぜ家にかかるのかはわからないが、うちはほとんど家の電話にはかかってこないので、(海外の友達や妹が携帯にかけると高いのでそっちにかけてくるくらいである) 家の電話が鳴るといつも旦那と 「誰だろうねぇ」 と言いながら出るのだが、最近はまず Grumpy Monkey を見るクセがついてしまった。そして、3回に一度くらいは彼女がかけているのである。(笑)
さらに確率は低いが、私の携帯から旦那の携帯にかかったり、その逆もあり、どうやったら上手くそんな事ができるのか不思議だ。

とまぁ、そんな訳で旦那の友達にも何度かかけた事もあったが、最近は旦那の携帯をマナーモードにする事を覚え、どこに携帯があるのかわからなくなってしまい(かけても音が鳴らないのでみつからない)、メールに気づかなかったりと色んな意味で私達夫婦の交友関係をコントロールしている Grumpy Monkey は現在ハウスフォンで電話がかけれないかどうか奮闘中でございます。(^-^*)

*久々の更新でまたもや短い記事ですいません。 m(_ _;)m
Grumpy Monkey が風邪をひいてしまい、一週間近くかかってやっと治ったと思ったらぶり返して気管支炎と突発性発疹を併発してしまい、とうとう入院してしまったのでした。。。

もう一歳5ヶ月なので、突発性発疹にはならないと思っていた事もあり、病院でも「気管支炎だけで41.6度の熱が出るなんておかしい。体温計が壊れたかも」と看護婦さんが慌てて違う体温計を持ってきた。という事もあったのだけど、次の日の午後発疹が出始めて原因がわかったのでした。
そんなこんなで、なかなか追いつかない更新ではありますが、またゆっくり更新してきますのでよろしくお願いします。(毎日更新されている人達を本当に尊敬します!)
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の Grumpy Monkey の天気は晴れ
(っていうかバンザイしてるからご機嫌に思えてるだけなのかも。。。笑)

ドバイに行く前あたりからもしやこれは偶然ではなく、きちんと意思を持ってやってくれてるのかしら??と思い始めていたのだが、旅行の準備等でバタバタしていて、その辺りから実家に預けていたので、確認できなかったのだけど、Grumpy Monkey がまた一つ覚えてくれました。(^-^*)

初めに「おっ!」 と思ったのはサッカーのニュースを見ていた時だった。何の試合だったのかわからないけど、大きな試合だったようで、ニュースで大々的にそれを見ていた人達の勝利が決まった時の様子を流していたのをおさるさんと見ていたときにそれは起こった。(って大げさ?笑)
普段はCMにしか興味のない Grumpy Monkey が、テレビの前に立ちながらニュースをジ~ッと見ていてテレビの中の人達が勝利が決まった瞬間にバンザイ!と喜びを表しているのを見ておもむろに Grumpy Monkey は両手をあげて私の方を見たのだ。思わずいつもの 「すごい、すごい!バンザイができるようになったね!」と言いつつ、偶然一度だけしただけかもしれないなぁ。と思っていたので、それから気をつけてみていると、ニュースやテレビのバラエティー番組なので誰かが手をあげて喜んでいるのを見ると、一緒に手をあげて喜び手を叩いて参加するようになっていた!
お母さんも嬉しいっす と思いながら旦那にクイズ番組を見ていた時に 「見てみて!Grumpy Monkey がバンザイするようになったよ」 と見せてみると旦那も嬉しそうに 「お~、じゃあ今度一緒にリバプールの試合見ようね~」 と話しかけていた。でも旦那が見る試合はいつもインターネットからダウンロードしてみる試合の様子だけで、観客は映らないので意味ないのでは・・・。と思ったがそれは気付くまで放っておきます。(笑)
(バンザイする旦那みてする可能性もあるかもしれないですしね)

そうそう、テレビに対する反応といえば、もう一つおさるさんが芸を覚えました☆
前にも記事にした事があったが、うちのおさるさんは歌が好きで気に入った曲が流れると腰を振るのだが、最近関西では月曜日に放送されているテレビ番組『SMAPxSMAP』 の中でキムタクがホストとして踊る場面がちょくちょく出るのだが、その曲がなると手を振って一緒に踊るようになったのだ。
腰振りから手を使うようになるなんて大きな進歩である。これからますます期待が持てそうだわ~。

っと何の期待かわからないけど、勝手に 『あんなことや、こんな事も覚えるかなぁ。。』 と旨膨らませている rieleah でした。 (^-^)


先日友人に会った時に 「ブログ遅れながら書いてるけど、よくそれだけ覚えているね~」 と言われました。
が、実はちょこちょこと箇条書きで書き溜めてあります。ふっふっふ。
ドバイの記事に関しては箇条書きプラス情報が間違っていないかの確認もしているので、いつもの記事よりも時間がかかってしまう為、ちょっと並行して、Grumpy Monkey 記事もあげていく事にしました。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさてドバイでは色んな知人 (私の元上司の友人、前にドバイで働いていた妹の知人の従姉弟、旦那が事前にネットで知り合った人、私が事前にネットで知り合った日本人) にあって、ドバイの話を色々と聞きました。

その中でも印象に残ったのが、下の幾つかの内容です。

<学費>
ドバイは外国人労働者が8割強という外国人の労働によって成り立っているような国で、少ない割合のドバイの地元の人(英語では Dubai Local みたいな呼び方をしている人もいました) の子供の学費は国持ちで修学旅行や留学費用も出ること。
まぁ、外国人には別に関係のない制度だけど、ドバイの人はある意味国民が皆セレブなんだなぁ。と思わせられました。

<家賃>
ドバイで働くなら家賃付もしくは家つきの条件で働かないと土地が少ない為、生活する事が困難。
話をしたほとんどの人が会社から家やマンションの部屋をもらっていました。
そうでない場合は7,8人で1つの場所に暮らす。というのも普通のようで、マカオ時代に中国本土からの労働者が似たような生活をしていた事を思い出しました。

<インターネット>
インターネットアクセス制限
国外のサイトへのアクセスはフィルタリングされていて、ドバイ政府(もしくはネットアクセスの管理している所?)が宗教上の理由で閲覧してはいけない。と思ったものはページが表示されない。
これはきちんとした情報が伝わる事が無いので、偏った情報の中で生活するというのはちょっと怖いなと思いました。

<ビザ用のフライト>
ビザの為に一度国外に出る為のフライトがあるらしいです。さすが外国人労働者で成り立っている国だな。と思いました。

<週末>
日本と違い水曜日、木曜日が週末である。
これはすっごく不思議で新鮮な感じがしました。

<食事>
豚肉を食べてはいけないので、普通に朝食ビュッフェなどで置いてあるベーコンやソーセージもターキーから作ったものが置いてある。
外国人客用に豚肉を出す事もあるが、キッチンではきちんと豚肉用の包丁やまな板など別のものを使用して調理する。


<アルコール>
ライセンスを持っていないとお酒を買えないし、売れない。ホテルのバーなどは外国人客用としておいてあるので、外国人は飲める。

<エレベーターのルール>
女の人は知らない男の人と同じ空間にいる事は許されない
エレベーターにドバイの地元の女の人が乗ると男の人は一緒に乗る事が許されないので次のエレベーターを待たなければならない。



などなど。
慣れているとどうってことないのかもしれないけど、私が今まで行った色々な国の中で一番制限事項が多い国でした。

帰りのフライトでは、地元の人が搭乗しないので、アナウンスもなく30分待たされ、ドーハでの乗り換えがちょっと心配でしたが、これもドバイの地元の人を優先するのは当たり前なんだそうな。

カースト制度のように国籍別に待遇がほぼはっきり分かれていたり、地元の人の優遇される度合いがすごい大きいのを見ていると、そういう差別を目の当たりにして育ちそれが当たり前という風に子供には育ってほしくないなぁ。と思ったりもしつつ、埋め立て工事の素早さや、宗教を大事にしている面など日本では経験できない体験もあったりして、遊びに行ったり短期で数年働くには良いけど長期で働くにはちょっとむいてない国だなぁ。なんて思ったりした旅でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさて気になる2日目。
私は本当にこの国を楽しむ事ができたのでしょうか??

とりあえず、今回の旅行で会うことになっている人達に電話をする為、ホテルの1階にある本屋さんでテレホンカードを購入した。(だってホテルの電話代は高すぎるんですもの・・・。)
買いに行く途中で気付いたのだけど、このホテルの一階部分にはアイススケート場がある。
この暑いドバイにまさかアイススケート場があるとは・・・。意外だと思ったけど、実は他にも色々意外なものがあった。
どうもドバイの国民は、あり得そうに無いところにあり得ないものを作ったり、『世界一』なものを作る事が好きなようだ。
たとえば、もうすぐ『屋内規模では世界最大のスキー場』 だとか、『宙衛星からの写真にも写る規模の椰子の木の形の埋め立て地』 などができる予定になっている。埋立地は世界地図の形のものもあって、椰子の木の形のものに関しては3つも作る予定なんだそうだ。
すでにできあがっているものでは『世界最大級のショッピングセンター』 なんてものもある。

良いなぁ。石油でお金が有り余っているんだろうなぁ。。
と思っていたが、後で知り合いに聞いた話によるとそんなに石油が出る国ではないらしい。という事で今観光事業に力を入れているんだそうだ。(かなり昔には真珠がよく取れていたが、今はさっぱり取れなくなったので、金細工に力を入れていると聞いた。”ゴールドスーク”はその名の通り、金を売っている場所で金細工のお店が立ち並んでいる)
ショッピングモールも充実しているし、どこでも英語は通じるのである意味香港やハワイに飽きた日本人が買い物目当てに行くには、日本語が通じない事を除けば格好の場所のような気がする。
唯一日本人が気をつけなければいけないのは、ぼったくりくらいであろう。
私が住んでいたマカオも小さなお店では値切るのが当たり前だったが、ショッピングモールなどの値段は値切れなかった。が、ドバイはショッピングモールであろうとどこであろうと、書いてある値段はあってないようなもので値切らなければ損をするだそうだ。
ビジネスについても同じことがいえるらしく、こちらの言い値をかならず値切るので、少し高めに言っておくのが常識というのはちょっと面倒かもなぁ。と他人事なんだけど思ってしまった。

私は特にブランド物に興味がある訳ではないので、今回お土産以外はあまり買わなかったのだが、サングラスを買う時に値切ってみると「これはあなたにだけ特別だけど・・・」 と決まり文句を言いながら25%OFFにしてくれた。知人に言うと 「簡単にそこまで下げたなら40%はいけたよ」 と言われてしまった。(もう少しねばれば良かった。。。)
ちなみにショッピングセンターによって同じ製品の値段もまちまちで、グランドハイアット ドバイに隣接しているショッピングセンターは金持ち相手なので、私が買ったサングラスも3倍くらいの値段で売っていた。

ドバイのショッピングセンターの印象は『とにかく広い』 ということ。場所が有り余っている。という印象がどこに行ってもあった。
便利だなと思ったのが、アメリカドルとの換金レートが一定なので、現地のお金を持っていなくてもドルが普通に使えること。おつりは現地のお金になるのだが、それはまた別の買い物で使えるので多少のお金であればわざわざ両替所を探す必要もあまりなかった。
両替所といえば、初めていったショッピングセンターはディエラシティーセンター』という所で両替所があったので、どこにでもあるのかと思っていたら、ディエラシティーセンターと銀行ぐらいしか近辺にはなくて、両替の為にディエラシティーセンターにわざわざタクシーで行く。。というポカをやってしまった。(^-^;) ま、それでもタクシー代が往復500円もしなかったのでそれほど痛くはなかったが、両替の為にタクシーを使ったのは今回の旅行が初めてである。

もう一つドバイのショッピングセンターでの印象は子供相手のショーやイベントを毎日のようにやっている事。
何をしゃべっているのか全く見当もつかないけど、マイクを使ってず~っと何かやっている。
そして、現地の女の人は皆黒いアバヤと呼ばれるベールに同じく黒色のヒジャブと呼ばれる服の上から羽織るガウンのようなもの(男の人は対照的に白色)を着ているのだが、休日にはそういう人達が沢山いるのでショッピングセンター全体がキャラクターショーみたいだった。(現地の人スイマセンっ)

色々観察していて大変そうだなぁ。と思ったのが、女の人は目の部分だけしか開いていない人や、鼻先から下が見えない人、顔は全部見えているけど耳や髪の毛は出ていない人。など本人の宗教の信仰によって隠す部分が多少違うのだが、それでも口の部分が隠れている人が多くショッピングセンターのフードコートではそれをはずすことができないので、顎の下辺りの布の開いている所から食べ物を中に入れて食べている。

インフォメーションセンターの人でも、こういうベールをつけている人達は信仰上の理由で男の人と目を合わせる事ができないので、斜め向こうを見ながら話すのもイスラム教の国ならではである。

modesh そうそう、最後になったけど、今ドバイの子供達に人気のキャラクターをご紹介しましょう
名前はMODESH と言うのだけど、なぜこんなキャラクターが??と思ってしまうのは私だけ??
ドバイではこのMODESHがとても人気者らしく、グッズが飛ぶように売れていてどこにいっても目に入る。
空港のポスターで見た時に、「何だろうこれ?」 と思っていたらタクシーから見えるビルとビルの間にこれの大きな人形がぶらさがったりとかなりの人気のようである。
いったい何を象徴しているのかが気になる。。。(旦那曰くおそらく頭の角7本はアラブ首長国連邦の国の数では?との事ですが、真意はわからないままでした
とりあえず、友達AKさんの子供にお土産として一つ買いましたが、喜んでもらえたかどうかは不明です。。。(笑)

ちなみに冒頭で「この国を楽しむ事ができるのでしょうか?」と書いていましたが、人物観察。という点で2日目は結構楽しめました。(^-^)


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。