$グローバルなエグゼクティブ作法を伝える 「作法家」-著書のご案内

空の上で本当にあった心温まる物語 空の上で本当にあった心温まる物語2チャンスをつかむ雑談力世界に誇れる日本人の心くばりの習慣ビジネスで差がつくマナーの心得
空の上で本当にあった
心温まる物語


シリーズ16万部
日本語、英語、中国語
韓国語版

1,300円(税別)

四六判・240頁

チャンスをつかむ
雑談力



日本語、韓国語
中国語版

1,300円(税別)

四六判・208頁
世界に誇れる
日本人の
心くばりの習慣34





1,300円(税別)

四六判・192頁
ビジネスで差がつく
マナーの心得





680円(税別)

文庫判・267頁
 
リアルな場面ですぐに役立つ最上級のマナーBOOK人は「そとづら」が9割 誰からも好かれる人が密かに実践していること「あなたと一緒に仕事がしたい!」言われる42のマナー術
リアルな場面ですぐに役立つ
最上級の
マナーBOOK



1,200円(税別)

B6判・173頁
人は「そとづら」
が9割

誰からも好かれる人が
密かに実践していること

1,200円(税別)

B6判・207頁
「あなたと一緒に仕事が
したい!」と言われる
42のマナー術


1,300円(税別)

四六判・267頁









・取材、講演依頼などのお問い合せはこちら
からお願いいたします。

・最近の講演活動についてはこちら
をご覧ください。

・作法スクールについてはこちら
をご覧ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-12-15

ストローク

テーマ:ストロークマネジメント・マネジャー養成
いつもこの季節になると聞こえてくるこの曲。
「赤鼻のトナカイ」
どんな歌詞だったか覚えてますよね?

♬ サンタのおじさんは 言いました
「暗い夜道は ピカピカの
 おまえの鼻が 役に立つのさ!」
いつも泣いてた トナカイさんは
「今宵こそは!」と 喜びましたー ♬


笑いものになって、いつも泣いていたトナカイは、
サンタおじさんのたった一言で、喜んだのです。
それも「今宵こそは!」と元気満々です。
ほんの一言がその人の心に火を灯す。

このストローク。皆さんは軽視していませんか?
恥ずかしいからという理由で封印していませんか?
私は研修の場で次の質問を良くします。
「皆さん、この1ヶ月で誰かに褒められた人?」
⇒だいたい3~5名の手が上がります。

「では、この1ヶ月で誰かを褒めた人?」
⇒だいたい7~10名の手が上がります。

いつも必ず褒めている人の数が多いのです。
これはどういうことかと言うと、
実際あまり褒められていないということもあるのでしょうが、
『自分は相手を褒めていると思っても、相手はそう感じていない。』
ということです。

人の美点を口に出して伝える。
その言葉を一番聴いているのは自分の耳です。
人の良いところが見える人は、自分の良いところも見える。
人の良いところを言える人は、自分の心に栄養を与えている。


孔子は論語で、
「君子は人の美を成す」と言っています。
立派な人間というのは、人の美点や長所を見つけ、
伸ばし、大成させる。という意味です。

自分の周囲の人の、美点を一つ見つけて、それを伝えてみましょう!
それがあなたの幸せに繋がりますよ。

『和顔愛語』

いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-11-17

「対面」することの大切さ

テーマ:おもてなし・ファン作りのポイント
現代は、モノではなくヒトで選択する時代。
IT技術は発達し、人間が行っていたサービスが効率化され
ロボット化が急速に進んでいます。

しかし、だからこそ、人間は温かい人の心や温もり、気持ちを
感じたい。感じていたい。人間力を通わせたい。
そう思う生き物です。
手間や面倒なこと、その人のことを慮った行為やサービス。
ほんの一言のおもいやり言葉。
そういったヒトとして、大切なことが企業活動においても
とても重要になっているということを皆さんはお気づきでしょうか?

今、ヒトによるサービスの影響が非常に大きくなっており、
そこで差別化できる時代に急速に変わってきています。


ある企業では、あらためて
お客様と「対面」すること。
という行動規範を徹底させています。
電話やメールで用件をすまさない。
「対面」をすることでその人の人間力が試される。
「対面」をすることで嘘がつけない。
「対面」をすることでコミュニケーション力が磨かれ、心が繋がりやすくなる。

まずはシンプルに「対面」を徹底させることだけでも、
ヒトの力を磨くきっかけになると思いますし、
お客様との「つながり」が強化できます。


皆さんは、
手間や面倒なことを、効率化という名のもとに
疎かにしていませんでしょうか?

ヒトとして、大切なことを忘れていませんか?


いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-25

『量』が大切!

テーマ:茶禅(心の声)
『量』が大切!

そうなんです。
量なんです。

なんていうと、
「えー面倒くさい」。「もっと効果的な方法ないですか?」
と言われることも多い今日この頃。

でも、私はそこそこ一人前になるには、
この『量』ということが、非常に重要だと思っています。

偉人・天才といわれている人の行動を分析したところ、
能力や技能に関しての差は、実はそんなにない。
大きく違う点は、練習の量だそうです。
この練習の量が、桁が違うくらいに違うのが
偉人・天才といわれている人たちの共通項とのこと。

先日大活躍で帰国したW杯ラグビーの日本代表。
皆さんも既にご存じのとおり、どの国よりも一番猛練習を
桁違いにして準備したのが日本代表でした。

おもしろくもない基本練習を黙々と長時間にわたってできるかどうか?
その差が、一角の人間になれるか、凡人のままでいるかの差。
そのおもしろくもない基本練習・基本動作に心を入れて、
長時間にわたり継続できる力。
その心のチカラが本当の 『情熱』 なのではないかと思います。

私もお茶を嗜んでおりますが、茶の道はまさにその通り。
少しでも生き方をサボるとてきめんに
お茶の味や自分の心にはっきりと映し出されてきます。

「桁が変われば人生が変わる」
ある師から教えられた言葉。

まずは、量が足りていない。
そう疑って、量を桁違いにやってみる。
凡人の私がやれることは、
そんなことしかありません。
そこに心を入れていく。
とても難しいですが、
私に必要な修行のような気がします。

基本動作の徹底。
面倒くさいことを、一見非効率に思えることでも
黙々と実践できる
心と身体の鍛錬を行うこと。

面白くなさそうで、
今っぽくないかもしれませんが、
そこにこそ精神の成長と社会的成功が
繋がるポイントがあるように思います。

いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>