艶ヨガ家 遠藤理恵  心も体も艶やかに…笹塚駅にある「艶サロン」

もっと艶増す、もっと欲張りになれるサロン
ヨガだけではなく、「艶」に繋がることをお伝えします!


テーマ:

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

 

女性の「艶」を追求する、

艶ヨガ家 遠藤理恵です。

 


私は、笹塚にある「艶サロン」
オーナー兼ヨガインストラクター

として働いています。

 


この艶サロンは、女性のためのサロンです。
体も心もずっと艶やかに、そして自分らしく楽しく
過ごしていくために・・・

過去より今の自分、その時その時の自分を
1番と思えるように、艶サロンではサポートしています。

まずは、私の自己紹介含めヨガとの出会い
サロンのテーマ「艶」のお話をさせていただきます。

 

 

艶ヨガ家 遠藤理恵

 

 

艶サロン 遠藤理恵

 

 

東京生まれの東京育ち。
現在、艶サロンがある笹塚の地域で

生まれ育ちました。

 

小さい頃から少しおませな私は、

体型を気にして、小学生の頃

はじめてダイエットをしました!

 

中学生の頃は、、、

 

ダイエットにプラスして

髪型や服装が気になり始めて
ファッション雑誌を読みあさっていました。

 

高校生では、、、

当時流行のギャル?!へ変身。

 

私はギャル?!の波にのり、

肌の色は、小麦色というかガングロ(死語)


制服は、ミニスカートにルーズソックス。

 

この頃、アムラーという言葉が流行り
厚底ブーツに細眉毛にロングヘア。

 

売っている洋服は、細身の服が多い時代でした。

 

私はというと、しっかりその波にのっていましたよ。

 

 

 

「20代、社会人OL時代に突入!」

 

社会人1年生。


始めての仕事でヘトヘトの毎日。
家と会社の往復でした。

 

社会人2年目以降、少しずつ余裕が出てきて
仕事終わりには、ずっと行ってみたかった

スポーツジムへ行き始めました。

 

 

着々とThe OL!

私が完成。

 

 

 

週2回のスポーツジム。
週2~3回の外食に、コンパもそこそこ。

 

買い物は、銀座界隈。
靴は、8㎝ヒールのダイアナの靴。
洋服は、PROPORTION BODY DRESSINGなど

コンサバ系の服装。

 

髪型は、前髪ありのゆる巻きロング。
読んでいた雑誌は、JJ・クラッシーなど

 

美味しいものが好き!

旅行が好き!

 

という・・・

 

 

いかにもというOLでした。

 


アフター5は、ジム通いがmust!

 

エアロビクスにどはまりして、
湯気が出るくらい汗をかいていました。

 

この爽快感がやめられなくて、

約2年間続けていました。

 

 


ある日、

 

いつも通りにジムへ行った時のこと。

 

何気なく隣のクラスを見て


「今日はこっちのクラスに出てみよう」と、

珍しく思ったことがありました。

 

 

それが、ヨガのクラスでした。

 

 

 

 


自分でも不思議ですが、

その日「出てみよう!」

気持ちが動いたんです。

 

 

体がとても固い私。

 

ヨガをするなんて

考えてもいませんでした!!

 

 

それなのに、「出てみよう」と

気持ちが動いた日は

 

「少しでも体が柔らかくなるのでは?」

 

と、安易な考えが

頭に過ったのを覚えています。

 


当時の私は、

前屈しても指先すらつかない

硬い体でした。

 

 

だから、学生時代に毎年あった、

スポーツテストが大嫌いでした。

 

立位前屈のテストが!

 

 

前屈して何センチいけるか。

このテストの意味がわからなかった!!

 

それも、みんなの前でやらないといけない。

 

意味がわからない!!

 

まったく指すらつかない私は

そのことがとても恥ずかしかったのを

覚えています。

 

 


「体が少しでも柔らかくなれば・・・」

 

安易な考えで始めたヨガ。

 

気付けば、あっという間に

ヨガ歴15年以上。

 

 

ヨガを始めて1番最初に感じたことが

 

体が少しずつ柔らかくなってきた!

 

ということです。

 

 

 

 

前屈をしても、指先すらつかなかった私が

 

指先がつくようになり

 

少しずつ、指全部がつきはじめ

 

最後は、手の平ペタリ

 

つくようになりました。

 

 

 

 

子供の頃、できなかった前屈が

できるようになったのです!!

 

 

 

さらに、

 

体幹が鍛えられたこと

 

全身に程よい筋肉がつき

 

代謝が良くなったこと

 

 

そして、

 

ヨガをし終わった時に感じる

 

体と心の気持ち良さ

 

これも続けたいと、

 

思った理由のひとつです。

 

 

 

 

体での気持ち良さは、

 

全身に血液・酸素が流れているのを

 

感じることができます。

 

また、心の気持ち良さでは、

曇っていた気持ちが一気に晴れて、

穏やかになります。

 


今では、あの日

「ヨガに出てみよう!」

 

初めて思った日、その気持ちに

素直に動いて、本当に良かったと思います。

 

 

 

 

 

趣味から仕事へ。

インストラクターになった理由


やればやるほど、奥深いヨガ

 

趣味だったヨガを、インストラクター養成を
考えるまでになった理由は・・・

 

 

『ヨガが好きだったから

 

というのが、まず1つです。

 

 

そして、

 

 

体を動かすことが好き。
体の構造が好き。
ダイエットや美容のことが好き。
人が好き!

 

 

私の好きなものが、ヨガの中に

たくさん含まれていたからです。

 

 

 

 

インストラクター養成の勉強は、

覚えることが多くてとても大変でした。

 

ヨガの哲学や体の構造、

クラスの作り方やヨガのポーズなど・・・

 

実技と学科があり、頭が爆発しそうなくらい

学ぶことが多かったです。

 

 

それでも「ヨガが好き」という気持ちが強く
学ぶことがとても楽しかったです。

 

勉強すればするほど、ワクワクした気持ちが
増えていきました。

 

 

 

しかし、問題が1つありました!

 


それは、インストラクターの仕事をするには

致命的なことでした。

 

 

 

私は、、、

 

人前で話したり何かをするのが

苦手だったんです。

 

 

 

それなのに、

インストラクターという仕事は

 

人前で話して、教えて、

伝えていかなければならない仕事。

 

 

ヨガレッスン
 

 

それもたくさんの人の前で・・・

 

今でも、人前は苦手は苦手です。
緊張しーなので。

 

でも、考え方が変わってからは
話すことが、とても楽しくなりました。

 

 


最初は、、、

 

ヨガだけの事を「話さないといけない」
という頭があり、

 

ヨガの押し売りをしていた感じがします。


「ヨガって体に良いですよ」

「ヨガて、○○に効果的ですよ」

 

だから私のヨガに来て!!

 

そんなことを言い続け、

「人を集めなきゃ」という気持ちが

強かったと思います。

 

 

それ、なんか違うなぁーー


本当にやりたかったことって、
人を集めることじゃないよなぁ~

 


もう一度、初心に戻り、

私が本当に伝えたかったことを
考え始めることにしました。

 

 

『本当に伝えたい事って?』


自分の話してきた内容を思い返してみたら

 

1番ワクワクしたのが、

「女性の変化」

についてでした。

 

 

 

 

女性には、様々なステージがあります。

 

女の子から女性へ、

妻、妊娠、ママ(育児)、更年期…

 

 

女性は、めまぐるしいほどの変化があります。

 


その時々を

思う存分楽しく過ごすこと。


そして、

欲張りになって過ごすこと。

 

 

 

さらに、

 

食・美容・考え方、

ヨガの枠にとらわれない
女性だけが味わえる

「女性の変化」を伝えたい!!

 

 

 

そう思ってからは、

インストラクターの仕事が
一段と楽しくなりました。

 


「女性の変化」の中には、

 

体や心に良い影響のこともあれば
悪い影響の場合もあります。

 


例えば・・・

 

 

  • 最近、肌にハリがなくなった
  • 太りやすくなった
  • 生理痛がひどくなった
  • 何かするのも億劫になった
  • 恋愛する気力がなくなった

 


これらも「女性の変化」で

出る影響です。

 


そして、変化をする中で

ついつい言ってしまうことが

 

 

 

しょうがない・・・

 

 

歳だから・・・
結婚したから・・・
子供がいるから・・・な

 

 


「しょうがない」

自分の中で線を引き、

 

何も行動を起こさずに諦めてしまう。

 

そして、後になってから
後悔をしてしまうことがあります。

 

 

 

例えば、、、

 

「歳だから・・・」

 

 

 

体型が変わってしまう、

肌にハリがなくなるなど・・・

 

それらを「しょうがない」と思い、
何も行動しない人は、確実に今よりも

衰えるスピードは速くなります。

 

そして、自分に自信が持てなくなり
歳を重ねることが怖くなります。

 

 


だから、もし後悔をするならば


「しない後悔より、する後悔」

 

を選んでほしいと思いました。

 

 


また、もう1つ忘れがちになるのが

「オンナ」の部分です。

 

 

その「オンナ」の部分は、

少しの意識でだいぶ変わっていきます。

 

 


例えば・・・


お風呂上がりにボディークリームを塗る
下着に気を使う
背中だけにはお肉はつけない!


簡単なことで良いんです。

簡単な方が良いんです!!


それは、ずっと続けてほしいからです。

 


「せっかく女で産まれたのだから、

とことん女を楽しむ!」

 


とことん楽しむためには、

まず自分に意識を向けることです。

 

そして、その意識を高められるように
クラスなどで話しをする時は、

ヨガだけの話しではなく、
ヨガの枠を飛び出して、

話しをするようになりました。

 

 

クリック プロフィール(2)に続く・・・

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

艶ヨガ家 遠藤理恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。