鴨志田リエ オフィシャルブログ「今こそ出番!鴨志田リエ」Powered by Ameba

鴨志田リエ オフィシャルブログ「根室市長へ挑戦!大きな決意 今こそ出番!鴨志田リエ」Powered by Ameba


テーマ:

6月20日13時半から30分間、一般質問します。

インターネット議会中継で生中継も録画もご覧頂けます。

 

1点目は、今年30周年を迎えた小粒ながらキラリと光る展覧会を開催している目黒区美術館の将来展望について

 

2点目は、働き方改革から置き去りになっている教員の過重労働について

 

以下が質問通告書です。

 

1 目黒区美術館の将来展望について

「めぐろ芸術文化振興プラン」で目黒区美術館は区有施設の見直し計画を踏まえ、必要な維持管理を行い区の宝として活用を図る、としているが、具体的な将来展望は描かれていない。また、本年4月に山本幸三・地方創生相が地方創生に関するセミナーの中で、観光振興をめぐり「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」と発言し、後に撤回に追い込まれた。この発言を機に博物館や美術館の表舞台にはなかなか出ない、縁の下の力持ちの学芸員が注目を浴びた。本年30周年を迎えた目黒美術館を開館当初から支えてきた学芸員2名は昨年定年を迎え、現在は再任用の立場で美術館を下支えしているが、後進の学芸員が育っていない状況である。美術館の企画展には準備に3年を要する場合もあり、学芸員を補充し現行の形を存続させるか、又は他の展望を模索するか、早急な検討が必要と考える。目黒美術館の将来展望を問う。

 

2 教員の過重労働について

公立小中学校教員の残業時間は過労死ラインとされる月80時間を超える割合が小学校教員の33.5%、中学校教員の57.7%との文部科学省の調査結果がでた。日常業務は多岐にわたり、部活動の指導で休日出勤も多く、学校現場はパンク寸前との声がある。教員の長時間労働は子どもたちの教育にも深刻な影響を及ぼす。

①  教員の過重労働に対しどのように取り組んでいるか。

②  今後、教員の過重労働にどのような対策を講じるか。

③  休職中の公立小中学校教員の人数と近年の傾向、休職理由の上位3点問う。また、休職教員にどう対応してゆくか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

鴨志田リエさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース