弓と自転車と、時々、にゃんこ

弓道やロードバイクについてのスローライフを、ぬるりと提案中。愛車はRIDLEY。某山神様をこよなく崇めている事は、お察しの通りでございます。


テーマ:

週末のニュースで、阿蘇方面はお花見的にまだ桜が大丈夫そうとのことでした。

一心行の桜は一度見てみたいなぁと思っていたので、島原に行くことにしました。

 

 

 

長洲港じゃなくても、カモメと遊べた。

こっちでもカモメパン売ればいいのになぁ…。

しかしこのフカフカのお腹にめり込む足が可愛い。

 

 

 

同乗していたサッカー少年と思しき子供達は、狂ったようにかっぱえびせんを買って投げていた。

カモメはそんなにかっぱえびせんを摂取しても、大丈夫なんでしょうか。

 

しかしこうも群れる鳥類を見ていると、ヒッチコックワールドに連れて行かれる気がします。

 

 

 

鳥と言えば、このセブンの小鳥のムースケーキはとても可愛いです。

これなら襲ってきても私が駆逐しましょう。

5羽くらいまでなら大丈夫です。

 

 

 

 

島原と言えばシマイチが私のやりたいことリストに入っている訳ですが、前日まで悩んで「退屈そう」という結論に至りました。

ウトイチですら退屈なので、シマイチするなら道連れが欲しい。

幸い行きたいという人が居たので、近いうちに改めて上陸します。

 

 

とりあえず島原外港を出て左方向に直進。

平成新山方面は、山に雲がかかってないということが無い気がする…。

 

 

 

何かピンチが訪れる時、きっとこれが動き出すに違いない。

 

 

 

真っ直ぐ。

 

 

 

とにかく真っ直ぐ前だけを見て進むと

 

 

 

ポケモン風に言うならウンゼンシティに入る。

 

 

 

すごく…雲仙です…。

 

 

 

湯けむり雲仙地獄殺人事件~謎の女は硫黄の香り~

通る人通る人、みんな湯けむり殺人事件の話をしていた。

 

 

 

ゆでたまごを食べたいと思ったけれど、どうも奥まで行く必要があるらしい。

さすがに30分近く自転車を放置していくのは憚られて悩んでいると、近くの売店でも売っていると駐車場の方が教えて下さった。

 

ラムネにも惹かれつつ、温泉卵とミルクセーキを頂lきます。

冷たすぎて頭がキーンとした。

 

 

 

そして私が今日一番楽しみにしていた、ここ(*´∀`*)

 

 

 

真ん中奥までずーっと下ってるのが一望できる。

 

 

ちゃんぽんに出る時通ってみて、ここ自転車なら絶対楽しいやつだと確信していました。

案の定すごく楽しかったですが、逆走は嫌かも…。

 

 

 

下り切ってもう少し先に進み、千々石の展望所でお目当てのじゃがちゃんを食べる。

もうじゃがいもを丸ごと揚げてるってだけで間違いないですね。

 

 

 

2個はそこそこボリューミー。

1個とカステラアイスにすればよかったかな。

あととにかく今日は暑くて、美味しかったけど冬に食べたいと思いました。

 

 

 

この側から海岸線に出るルートがあるはずなんですがよくわからなかった。

なので元来た道を少し戻って、小浜方面の57号に入る。

 

ずっと山を下って、ぱっと開けて海が広がる景色というのは、どこを見てもいいものです。

 

 

 

小浜といえばちゃんぽんのようなので店を探したものの、いまいち見つかりませんでした。

1軒は反対車線で、寄るのがめんどくさかった。

それで商店街に入ってみて、一番最初に見つけたニュー小浜というお店に決める。

 

 

 

具だくさんであっさり目のスープ。

カラーリングが華やかでいいですね。

あと、ここの奥さん(?)はウグイス嬢のごとく通る大変良いお声をされていました。

 

 

 

これがものすごく気になったのですが、さっきミルクセーキ食べたばかりなので我慢…。

シマイチする時はこれを食べたいです。

ちゃんぽんは色んな味を試したいので別の店で食べて、デザートにこれを食べたいです。

 

 

 

そういえば緑のトンネルってどこにあるのかな?と思って調べたら、既に通り過ぎていた。

ここから行って戻ると30分くらいのロス。

後の予定を考えるとカツカツになる気がしたので、今回は諦めました。

 

 

また大通りに出ると、かのアメリカ元大統領バラク・オバマ氏を発見したのでご挨拶。

実に気さくな方でした。

 

イエス、ウィー、キャン!

 

 

 

 

そして、今度は西登山口から雲仙へ向けて再び登ります。

13kmもある…(´Д`)

 

 

 

こちらにもあった雲仙アート。

車だったら絶対停まらないので、今日は停まって撮る。

 

 

 

雲仙は東西の登山口からだとずっとダラダラした登り。

ちょっと本妙寺から峠の茶屋までっぽい。

西側からの方が気持ち勾配きつめかな、と思いました。

 

 

そして再び雲仙地獄へ戻ってきて、今度はここから国見方面へ下る…

 

 

 

…と思っていたら、吹越峠まで3kmほどの登りでした。

 

 

私はもう下る気満々だったので、かなり萎えた。

でも登り切ってからの風景(この柵の左側)がなかなか壮大で良かったです。

残念ながら上手く撮れていなかったので割愛しますけど。

 

ただちょっと壮大すぎてヒュン、て感じがしました(語彙力)

なんだかこう、堕ちてしまいそうというか…。

 

 

 

ここからまたずっと下り。

道は広いし綺麗で油断するとすぐ60、70喜んでみたいなスピードになりそうだったので、気を付ける。

下った先で百花台公園を通りましたが、この公園、広さがものすごいですね。

 

 

そして島原市街への看板に従い、58号線に入って下っていく…かと思いきや。

なんだか桜島の外周を彷彿とさせるアップダウンが続く。

多分10数パーセントの坂もあったと思う。雲仙よりきつい。

 

何故だ、何故下らない巻ちゃん…

 

 

ハハハハって何かと思ったら、八八八八だった。

実際8888段の階段があるらしいです。

 

 

 

まゆやまロードの下りの道だ~と眺めながら

 

 

 

遠目に島原城をパチリ。

 

次のフェリーに間に合いそうだったので、途中の芝桜公園も、島原城もスルー。

一便遅らせたら寄れたのですが、もう疲れた。

 

 

 

予想通りの時間で間に合い、熊本港に帰着。

帰りの便でも、子供たちの集団が狂ったようにかっぱえびせんを投げていました。

えびせんがバカ売れでウハウハでしょう。

 

 

ルートがうまい事8の字になってご満悦だけど、もうこれは走らない。

だって疲れるからァ。

 

今日は本当に疲れないようにしてたので、限界の息切れもありませんでしたが強度的には全然ダメ。

まぁ私はゆるポタ派なので、それは置いておきましょう。

 

 

 

走行距離:90.5km (1662.3km)

獲得高度:2258m (19686m)

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

しのさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。