テーマ:
11月26日の午後、神奈川県の海老名市にある「かながわ農業アカデミー」 を見学してきました。

1.校舎

同校は、専門性の高い農業の基礎から応用まで、体験を通して学ぶ実践教育を重視。座学で農業の知識や科学的理論を勉強しながら、実際に圃場で実習することで、高い専門知識と技術を身に着けることができます。

生徒の平均年齢は38.4歳。
実家の農家を継ぐという若者から、これから農業をはじめようというご年配の方まで様々です。

「プロの農業経営者」を育てるため、野菜・果樹・花き・畜産といった専門コースに分かれて学習していくそうです。


2.畑

こちらは野菜コースの皆さんの畑です。
すでに収穫が済んだところもあり、まばらですが・・・。
施設野菜や露地野菜の栽培方法、各種養液栽培装置を利用した栽培技術などを学習します。


3.牛

そしてこちらは畜産コースの牧場。
酪農・養豚・養鶏について実践的に学習します。


4.集合
私の右隣の方が北尾校長。皆さまありがとうございました。

農業人口の減少が著しい昨今、これから就農しようとする方を支援する取り組みは、素晴らしいことだと思います。
ご案内をいただいたアカデミーの北尾校長をはじめとする職員の皆様、寒い中お付き合いいただき、ありがとうございました!


さて、アカデミーを後にして向かったのは、大和市で加工食品の製造を営む株式会社ニッコー さん。

1984年の創業以来、子供たちの健康を第一に、食卓に「新鮮」「安全」「本物の味」を提供することに力を注いでおられます。

これまでも産直野菜、無添加にこだわり、生産者の顔が見える製品づくりをしていましたが、この度畑を借りて、自分たちで原料の野菜から作ることを始めたそうです。
自社農場で採れる野菜は、玉ねぎ・茄子・モロヘイヤなど・・・。
安心・安全にこだわるあまり、自身で野菜まで作ってしまおう!というお考えには脱帽です。

代表の山﨑社長には、企業の農業への参入に対する課題や可能性、その喜びなどを熱く語っていただきました。

6.ニッコー山崎社長
代表取締役の山﨑雅文さんと

「農業」のスタイルは年々進化しています。
未来の農業に
挑み続ける皆さまを心から尊敬し、これからも応援していきたいと思います。



5.花

かながわ農業アカデミーの花きコースの方からいただいたフラワーアレンジメントです。
赤やピンクのバラをメインに、華やかでクリスマスをイメージさせる素敵なアレンジですね。
早速自宅に飾らせていただきました。
温かなお心遣い、ありがとうございました。


かながわ農業アカデミー
 
神奈川県海老名市杉久保北5-1-1
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f420087/


株式会社ニッコー
神奈川県大和市代官1-10-3
http://www.nikkofood.co.jp/index.html











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

澁谷耕一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。